スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

« 和賀江島で磯あそび | トップページ | 料理して食べる所までが釣り »

2010年4月 5日 (月曜日)

つくしとさくら

JR埼京線の、浮間舟渡駅の目の前に浮間公園がある。予想通り、春の訪れを告げるお花見で大賑わいでした。私たち家族3人も敷物を広げてお昼ご飯。今年も3人できれいな桜の下でお弁当が食べられる事に感謝です。

Dsci0218 Dsci0214

お腹を満たした所で、公園を北に抜けて荒川の土手を登る。そこから土手沿いに赤羽方面に歩いてみました。土手からは以外と広範囲が見渡せ、所々ピンク色に色づいている。土手を歩きながら見下ろす桜は、これもまたきれいです。

遠くの桜を眺めながら足元も注意してみてみると・・これも春の訪れを告げる代表選手のつくしを発見。このつくし、見た目がなんとなく愛嬌があり、周りの植物と同化していない事も手伝い、子供でも簡単に発見できる所がうれしい。早速つくし摘みがはじまった!

Dsci0226 Dsci0227

土手でつくし摘みに夢中!

Dsci0225

大きいのが採れた!

土手を歩きながらのつくし摘み、あっという間にビニール袋いっぱいになった。これ以上採ったら食べきれなくなると思い、つくし摘み終了。子供はちょっと物足りないみたいだけど、「むやみやたらに植物を摘まない」という事もちゃんとわかってもらわないとね。

帰宅後、摘んだつくしを料理。まず“はかま”を取らなければならない。このはかま、植物的には“葉”に当たるそうだ。

・・このはかまを取る作業、結構大変!昨年、イイダコという小さいタコを40匹位釣ってきて墨袋を取った時の事を思い出した。どちらも地道な作業という事です。

Image032

ちなみに・・去年釣ったイイダコです。ラッキョウで釣れます。

Dsci0232 Dsci0237

左ははかまつき。右は取り除いたもの。結構大変!

30分位かけてはかま取り作業を終え、サッと下茹でをし、にんじんと混ぜて炒めて味付けをし、ご飯に混ぜると「つくしごはん」の出来上がり。たいして香りがあるわけではないのですが、ビジュアル的に春をたっぷり味わえる一品でした。

Dsci0240_2

・・本当は桜が主役の一日になる予定だったんだけどね!

レシピ:

ご飯2合

つくしひとつかみ

にんじん一かけら

ゴマ油大さじ1

しょうゆ大さじ2

→炒める

→ご飯に混ぜる

そばつゆ大さじ3

みりん大さじ1

→さらにご飯に混ぜる

お茶碗によそって出来上がり!

スポンサーリンク

« 和賀江島で磯あそび | トップページ | 料理して食べる所までが釣り »

山菜等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つくしとさくら:

« 和賀江島で磯あそび | トップページ | 料理して食べる所までが釣り »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク