« ウナギ釣りで今期最高記録 | トップページ | ウナギ釣り2010前半戦をふり返る »

2010年7月23日 (金曜日)

「土用の丑の日」に向けてウナギ釣り

今シーズン10回目のウナギ釣り。昨日は今シーズン前半戦を締めくくるべく、いつものポイントへウナギ釣りに行きました。

何事もメリハリが必要だと思っているので・・前半戦の締めくくりは「土用の丑の日」用のウナギ釣りに設定。

ちなみに土用の丑の日とは、各季節の最後の18から19日間で、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥の順で「丑」にあたる日だそうだ。つまり、夏の土用の丑の日だと、大概は7月19日か20日から土用がはじまり(土用の入り)、8月6日か7日まで(土用明け)の間の丑の日、という事になる。子丑寅卯…は12日あるので、年によっては土用の丑の日は2回存在することもあり、この場合、2回目を「二の丑」と言うそうだ。そして、この日にウナギを食べる習慣は、幕末の発明王・平賀源内が、ウナギ屋さんに夏場の商売繁盛を相談され、「本日土用の丑の日」という張り紙を出した事がきっかけであるらしい。以外とテキトーな設定の割には現代まで続いている事を考えると・・平賀源内という人の偉大さを改めて感じる。

スポンサーリンク

さて本日の本題は、実は後輩G君の話。一昨日、生まれてはじめてウナギを捌いて蒲焼きを作ったそうだ。泥抜きをしている最中、かなり情が沸いてしまったと言っていたので心配しましたが・・ウナギに“嫌いな先輩”の名前をつけて乗り切ったそうだ。「こういう方法もあるのか」と関心しつつ、何も知らない“嫌いな先輩”が少し可愛そうになった。

タレを作る時、砂糖と塩を間違えたらしい。まさに“男の料理”だ。カッコいい!

私も今シーズン最大のウナギ68センチを含む3匹をキープしたので、土用の丑の日に家族で食べたいと思います。ちなみに3匹のうち1匹はG君が釣ったウナギ。週末実家の千葉(茂原)に帰る予定らしく、それまでに捌けないとの事なので、ありがたくいただいた。それにしても実家が房総の茂原だなんて・・うらやましい!

Dsci1102

一番小さいやつも何気に44センチです。

Dsci1084

包丁と砥ぎ石も新しく手に入れました。


今年はシラスウナギが不漁で、国産・外国産共に養殖ウナギの値段が高いそうだ。こんな年でも国産天然ウナギが食べられるなんて・・とても幸せな事だと思います。

追伸:

竿とリールが持っていかれました。ウナギだとしたら何センチの大物だろう・・。

翌日、代わりの竿とリールを買いました。ウナギ釣り後半戦に備えて。

100723_171407

トータル1,060円。こういう買い物は、釣具店よりホームセンターの方が良かったりする。

スポンサーリンク

« ウナギ釣りで今期最高記録 | トップページ | ウナギ釣り2010前半戦をふり返る »

コメント

64センチでかいっすね!
後半戦で70オーバーいきましょー!

G君こんばんは。
つくばへの長期出張おめでとうsmile
とてもためになると思うので頑張ってね!
レオパレスの目の前には牛久沼があるので。

後半戦で是非70オーバー釣りたいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327519/35859911

この記事へのトラックバック一覧です: 「土用の丑の日」に向けてウナギ釣り:

« ウナギ釣りで今期最高記録 | トップページ | ウナギ釣り2010前半戦をふり返る »