スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月23日 (月曜日)

中古釣具品を買うという事

不動産と中古品って大抵世界でたった一つしかないんですよね。それだけにすぐに見極めて決断する事が大事だと思います。もたもたしていると他の誰かに買われてしまうからね。

ネットオークションでも頻繁に釣具品を中心にチェックしているのですが、手にとりより深く品評する事が好きなので、とある埼玉県内の中古釣具店にちょくちょく出入りしています。そして、たまに消耗品やら掘り出し物を見つけては購入しているのだけれども・・

Cimg0150

4,200円で購入。かなり使い込んでいるみたいだけど、軽くてそれほどグリップも太くなく、使いやすそうだったので見つけた翌日に決断しました。


本日は9mの鮎竿を購入してしまいました。何で鮎竿を買ったかというと・・なんとなく。いわゆる衝動買い。まあ、強いていえば川俣湖対策って所です。5.4mの渓流竿では限界を感じていたし。

因みにこの鮎竿、釣りカテゴリーの中では有名でかつ最も難しい部類の一つである“友釣り”で使うものだそうだ。正確な定価はわからないのだけど、硬中硬で9m(鮎竿ではスタンダードのようだ)だと相場は8万円以上らしい。これだけで良い買い物した充実感イッパイ!

改めて思うに伝統の“鮎の友釣り”ってコスト面で敷居が高いんだなぁ~って思う半面、お手軽鮎の友釣り新ジャンル、通称鮎友ルアー釣りに期待している今日この頃です。

中古品購入もお手軽鮎釣りも、お小遣い制サラリーマンの“生活の知恵”という事で。・・前者はたまに失敗もあったけどね。

今回は大成功に違いない!

追伸:

ちなみにこの鮎竿、NFTというちょっと聞きなれないメーカーの竿らしい。NFTとは、日本フィッシングタックルの略で元々日本のグラスロッドの“職人派”草分メーカーだったそうだ。しかし、時代はカーボン素材に変わっていき、負の連鎖的にてシマノに吸収されたとの事。ただし、NFTの技術はグラスにしてもカーボンにしてもかなり高かったようで、今でもNFTファン(特に磯竿)はネットを検索する限り大勢いると思われます。

ひょっとしたら相当な掘り出し物か??早く使ってみたいです。

Cimg0157

どういう思惑なのか、小さく、そしてさりげなくなされているNFTの印刷。しかもNFTだけだと一見社名かどうかわかりずらい。当時の社長にお話しを伺ってみたいです。

スポンサ-リンク

2011年5月22日 (日曜日)

2011ウナギ釣り ソロ活動 

子供の夜泣きで最近寝不足気味です。そうなってくると当然疲れも溜まってきます。・・ウナギを釣らなきゃ!

仕事の都合上、次週からはもうほとんどウナギ釣りに行く事が出来ないと予想されるので妻に断りを入れての釣り。今回は後輩のGクンは行けないとの事で久々のウナギ部ソロ活動です。

そうなると・・本当に久々のミミズ掘り!

Cimg0138

写真をクリックすると拡大してもう少しグロイ写真になります。こういうのが嫌いな方はこのままで!


仕事帰り、いつもの場所で熊手を使って一掘り!一発目でフトミミズゲット!さすがはミミズパラダイス!10分程度で20匹位のフトミミズを確保。この薄っすら紅がかかったキレイなフトミミズ、私にはルビーより貴重な存在です。たぶん!

Cimg0140 Cimg0141

いつもの3本竿に加えてペットボトルで手前を狙いました。以前はなぜかここでヘラブナが釣れましたが今回は不発。


場所をいつものウナギポイントへ移し18時ちょい前釣り開始。今回はペットボトルで遠投がいらない水門ポイントにも仕掛けをたらしてみました。因みにリール竿では橋の脚付近を狙います。すると・・

Cimg0144 Cimg0145 

なかなかのサイズのナマズ。そういえば最近はマナマズもなかなか釣れなくなったと何処かのHPに書いてありました。そう考えるとここは改めて貴重なポイントかも。


リール竿でウナギに引きが似ているナマズをゲット!

水面から顔をのぞかせた瞬間ゾッとするくらい大きなヤツでした。このナマズ、2年前なら若気の至りで料理すべく持って帰る所でしたが、今は別。私も成長しました。

持って帰ると妻にウナギ釣り禁止令が出される可能性が高いのでリリースです。そして15分後、またもナマズ!今度は取り込み前に運良く?バラしました。

さらに20分、アタリこそナマズに似ているけど独特の引き!ビンビンきてゆるくなってまたビンビンきて・・

Cimg0147 

50センチ弱の本命クン。毎回思うのですが、上から見たときの丸っこい胸ヒレが蝶ネクタイみたいでカワイイヤツです。


待望の本命ゲット!この時もう19時20分。このポイントの地合いを考えると何とか意地の1本!

今期2度目のウナギ釣り、欲を言えばもう1匹欲しかったのですが、ウナギ釣りに不向きなピーカン天気が続いていた割には1匹確保できたのでヨシという事にします。

溜まった疲れも・・久々にボーっとブッコミ釣りで多少解消できたし。

来月は育児だけではなくて仕事上ウナギ釣りどころではなくなるのでベストシーズンの梅雨真っ只中にこれなくなる可能性大。ちょっと寂しいけど、家族と仕事と家のローン?を抱える身、今年は我慢ですかね。

自由度が増したらバンバン来たいです。

スポンサ-リンク

2011年5月18日 (水曜日)

奥鬼怒・川俣湖で山菜摘み 2011初夏

5月中旬、川俣湖周辺はまだ日陰には残雪が残っているものの新緑が目立ち始めます。新緑の季節・・山菜摘み!

Cimg0110

11時に釣りを切り上げ山菜摘みにシフトです。


スポンサ-リンク

川俣湖周辺の道路沿いにもあるのだけど、せっかくなので一昨年見つけた本流付近のポイントに分け入ってみると、

早速コゴミがありました。

Cimg0104 Cimg0111

更に分け入ってみると・・今度はコシアブラ!

Cimg0105 Cimg0106

ハリギリも発見!

Cimg0107

本当はウドも採りたかったのだけど、時期的に少し早かったみたい。この辺りでウドを摘むなら6月上旬ですね。

そして桟橋に戻りクルマでタラノ芽のポイントに移動。しかし、もう誰かに入られた後だったみたい。残念だけど、わずかに残ったたらの芽はそのままにして帰ることにしました。

Cimg0131 Cimg0130 

左はたらの芽。下の方の新芽は全部摘まれていました。残念。右は山椒。


山菜摘みって、宝探しみたいで楽しいですよ!

って、去年も同じ言葉で締めくくったような。

春の川俣湖、満喫です。

追伸:

Cimg0119

川俣湖近くには“またぎの里”という軽食&お土産屋さんがあり実に興味深いお店です。何故かと言うと・・

Cimg0122 Cimg0124

メニューが本当にまたぎっぽいのです。

Cimg0118

特にこの看板にあるサンショウウオ。お店のご主人が「今日のはメスだから美味しいよ」と言っていたし、この時期しか食べる事はできないらしいので注文してみると、

Cimg0125 Cimg0127

ん~、一口目が勇気入る一本。感想はお腹の卵がプチプチする鶏レバー。

瞳を閉じればきっと美味しい!

気を取り直して丼物を注文。

Cimg0128 Cimg0129 

左が私が頼んだ熊丼、右がGクンが頼んだ鹿丼。熊肉と鹿肉を約半分交換してみます。感想は・・

熊:脂は乗っているけど固め

鹿:熊より柔らかいけどあっさり

と、簡単に書くとこんな所。ブログネタ的には最高のお昼ご飯でした。

そして新婚で今年秋にパパになるGクンがお土産を購入。

Cimg0120 Cimg0121

自分や奥さんへのお土産ではないようだけど、奥さんに見つかったらどう説明するつもりだろうか?って、詳しくは書きませんが帰りのクルマで話し眠気が飛びました。

折角の盛りだくさんの遠征だったので帰って妻に写真を見せると、サンショウウオ串焼きのところで「何やってるの~」と一言。

どうやらサンショウウオを捕まえて自分達で焼いて食べたと思ったらしい^^;

さすがにそこまでは・・と一瞬思ったけど、それもアリですかね!?

今度この時期にここへ来る時は“ズ”(サンショウウオを捕まえる罠)を作ろうかな。

スポンサ-リンク

奥鬼怒・川俣湖でボート釣り 2011初夏

鬼怒川温泉から更に一時間程山道を進むと、そこには美しいダム湖があります。

Cimg0117_2

今年は放水量が多いのか?5月中旬にしては水量が少ない川俣湖でした。


スポンサ-リンク

水位は満水より5メートル以上減っていましたが相変わらず癒されます。 今年もなんとかここに来る事ができました。

当日、3時間弱の道のりを走り、4時半前に川俣湖大橋ドライブイン駐車場に到着。前もって電話をしていたのでボート屋のおじさん(おじいさん?)が外で待っててくれました。早速遊漁料(1,000円/1人)とモーターボート代(9,000円)を支払い、すぐさまボートに乗り込み出発!最高にワクワクする瞬間です。 

Cimg0079 Cimg0080

モーターボートで静かな水面を進む。ちなみに貸しモーターボートは5馬力なので船舶免許が必要です。


今回は会社の後輩と一緒。ボート屋のおじさんの話だと昨日はダムサイトで結構釣れたらしい。

けど、やはりというか景色のすばらしい流れ込みのポイントへ向かうことに。私のお気に入りの景色をGクンに見せてあげる事も今日のノルマだし。

とはいえ、今日は水位が低いのでいつものポイントまでは行く事ができず途中のポイントでやってみる事に。

Cimg0088 Cimg0083

いきなりサクラマスゲット!棚は3メートル位と浅めでした。


すると後輩のGクン、早速小型だけどサクラマスをゲット!釣った時はわからなかったけど後に写真を解析し判明!今度はちゃんと図鑑みて勉強してから行かないとね。

Cimg0086 Cimg0084

川俣湖のウグイ。海で例えたらサバのようなものか!?


その後、私はこのポイントでウグイを3匹。マスらしきアタリもあったけどバラしてしまった。Gクンはアタリもなし。AM8時までねばったのだけど場所移動を決断。

次のポイントはダムサイト。本当は鬼怒川源流ポイントへ行きたかったのだけど水量が少なく断念。ルアーならいけそうだったけど、のんびりエサ釣りには不向きでした。

Cimg0090 Cimg0094

移動してダムサイトへ。ここは風の通り道なのである程度の風予想の日だと釣りにならないです。しかし、この日はなんとかもってくれました。


釣りを再開して1時間。陽が高くなりだいぶ暖かくなってきた。気持ちいい!素晴らしい!!・・釣れない以外は。

そんな中、

Cimg0096 D0163339_2235196

キレイなネイティブレインボーでした。


ウキが消えて合わせると確かな手ごたえ!デカイ!0.8号ハリスなので慎重にやり取りし取り込むと37センチのキレイなレインボーでした。もう大満足!

その後、同ポイントでGクンが20センチクラスのレインボー2匹を追加して11時納竿。

Cimg0101

2人での釣果。ちなみにサバ、ではなくてウグイはリリース。


そう簡単に大漁に恵まれない川俣湖にしてはまあまあの釣果、という事にしておきます。

追伸:

Cimg0135

我が家定番の鉄板ムニエル。美味しかったです。

スポンサ-リンク

2011年5月 9日 (月曜日)

ペットボトルでテナガエビを捕まえる

私(私の会社)には関係ないGW。その最終日の日曜日は良い天気に恵まれました。今日は半袖が似合う夏日。なんとなく空気が甘く感じます。

そんなポカポカ陽気の中、お出かけしないのもなんなんで家族4人で公園に行く事にしました。目的地はさいたま市の別所沼公園。

別所沼といえばテナガエビ!

スポンサ-リンク

Cimg0053

製作時間約15分。昨年は釣りをしたけど今年はコイツで!


せっかくなので急いでペットボトルにて手作りビンドウ(小魚なんかを捕まえる罠)を作成。

Cimg0054 Cimg0055

手作り感満点!もうちょっとキレイに作ってもよかったか!?


空の1.5ℓペットボトルが2つあったので、とりあえず2つ。上部を切り取り逆さにしてハメて穴を開けてタコ糸で固定。底の部分は熱した鉄串を使って穴をたくさん開けて水切りを作成。最後に引き上げる時に入り口が上を向くようにヒモを取りつけ完成!約15分で作った割にはまあまあかな。

作っている最中、子供が興味津々。「これでエビさんを捕まえるんだよ」と説明すると、もう早く行きたくてしょうがない様子になってきた。子供ってこういうのが楽しくてしょうがないんですね。

Cimg0057 Cimg0058

道具は全てリコが運ぶ。もう捕まえる気満々!そしてポイント到着。

Cimg0056 Cimg0064

エサは冷凍庫にあったちりめんじゃこを使用。前から気になっていたのだけれども、改めて確認すると去年の8月に加工されたものだった。人が食べるには古すぎるけど、エビのエサにはもってこい!

Cimg0060

そして第1投。


1投目はリコが待ちきれず、10分で引き上げ。この引き上げ、なんともいえないドキドキ感があって楽しい!なんとなく深海魚釣りの巻上げに共通しているような・・

Cimg0065  Cimg0069

2つのビンドウで何とか1匹確保。リコも興奮!獲れてよかった~!

Cimg0067 Cimg0061

2投目を終えるとリコとママは公園へ。私は仕掛けたビンドウ近くでヒロのお守り。

Cimg0075 Cimg0072

30分位こんな風に遊んでたみたいだ。

Cimg0066

ヒロは良い子にしてました。


そして、2投目のビンドウを引き上げると、

Cimg0062

2匹追加。1投目に獲ったヤツは飛び跳ねて逃げてしまった・・

Cimg0071

小さいし、最後はバイバイ!


本当はもっと獲れるんじゃないかな、なんて期待していたのだけど、結果3匹。でも手作りビンドウでテナガエビが獲れるところをリコに見せてあげられたのでヨシとしよう。

何より本人もまた来たがっていたしね。ただ、今度家族で来る時はヒロの首がすわってからかな。思いのほか気を使って疲れたし。

只今、別所沼のテナガエビはまだ3センチ前後。今月末位にならないと釣るには難しそう。

って、隣りでクチボソばっかり釣っていたおじさんがつぶやいていました。

スポンサ-リンク

2011年5月 5日 (木曜日)

かせくり器

長い毛糸で毛糸玉を作る時、かせくり器というものが重宝します。

今でこそ編み物用品店では毛糸玉で売られていますが、昔は長い毛糸をそのまま結うかたちで売られていたようで、これで毛糸玉を作る場合、家族に両腕をかりて毛糸をまいてもらって作るか、かせくり器を使うかだったようです。

日本では少々馴染みの薄い道具ではありますが、北欧では嫁入り道具の一つにもなるという、それはそれは歴史と伝統につつまれた便利な道具。

嫁入り道具=編み物道具という事で、かせくり器かどうかはわからないけど子供の頃、“牧場の少女カトリ”というアニメのエンディングで出てきた大掛かりな編み物の道具?を思い出しました。

Cimg0041

便利な道具、という事で早速現代版折りたたみ式かせくり器をネットオークションにて2,000円位で購入!

このかせくり器、なんで私が購入したかというと・・

Cimg0047

こういった深海魚釣り用の仕掛け作りのためには、

Cimg0048

当然大量の糸が必要になるわけで、それらを安く買おうとするとボビン巻きではなく、いわゆる“かせ状”で買う必要があり、

Cimg0049

当然、うまく使わないとグジャグジャになってしまいます。細い糸は特に。そこで、

Cimg0044

かせくり器が必要になったワケです。現代版かせくり器は安い折りたたみ傘っぽいのですが、それでもさすがは伝統と歴史がなせる道具、かなり便利です。というより、もうこれ無しでは深海魚釣りの仕掛けは作る自信がありません。恐るべしかせくり器、恐るべしカトリ!

現在ストック22個。仕掛けばっかりたまってしまいました。

6月に使う予定です。ターゲットは只今選定中!

追伸:

Cimg0014 Cimg0018

無事、ヒロの初節句が終わりました。めでタイ!ちなみにこのタイはお店で買ってきました。「釣ってこようか」と言ったら却下されたので^^;

スポンサ-リンク

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク