スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

« 久里浜沖でワラサを狙う | トップページ | 2011ウナギ釣り最終戦 »

2011年10月 3日 (月曜日)

久里浜沖でマダイを狙う

8月にトライした駿河湾のカツオ釣り、沖釣りではじめてのボウズを経験しました。それと同時にコマセ釣りの難しさを目の当たりにしました。同じようにコマをビシにつめたつもりでも、同じようにセワークしたつもりでも、回収したビシに残ったコマセはマチマチ。殆んど出ていなかったり、なくなっていたり。そして針に付けたオキアミも回収してみるとついていたりなくなっていたり。エサ捕りに捕られたかも知れないけど、ひょっとしたら投入時にとれたんじゃないかと疑心難儀になってしまいます。2度目のボウズになった時、一時的に“コマセ釣り恐怖症”になりましたが、1日、2日と時間が経つにつれて「こうしたらよかったんじやないか」とか考えるようになり、この悪いモヤモヤを払拭したくて仕方がなくなる毎日

これって負けず嫌いなんですかねぇ。

スポンサ-リンク

そんな中、「コマセ釣りの基本はマダイ。マダイが釣れるようになれば他の魚にも通用する」という、カツオ釣りの時に吉田丸の船長より頂いた言葉を思い出しました。

これはマダイ釣りに行くしかない!

Cimg0678

実はカメラも携帯も忘れてきてしまいました。前回の写真を使いまわします。


子供が小さい事もあり、しばらく沖釣りは月にに1度、という妻と約束しているのですが、急遽妻と子供達は実家へ里帰りする事に。ニヤリ!

先週と同じく釣り船宿は横内丸さん。釣り物はマダイ・ワラサ五目。他の釣り船宿がワラサ船としているのに対してここはマダイも掲げています。実は横内丸さん、色々な方のブログを拝見する限りマダイ釣りに対して評判がすこぶる良い。実際、前回同席させていただいた常連さんの話しでもマダイの話題が多く出てきました。前回と同じ釣り船でのリベンジ、コマセ釣りの基本のマダイに挑戦、そしてマダイに縁のないヒロへのお祝魚&離乳食(白身魚)のため、大義名分は整いました。

前回と同じく乗船料9000円を払って乗船し7時出船。久里浜沖に向かいます。仕掛けは「マダイ狙いでもワラサ仕掛けでOK」という船長の言葉を受けてワラサの6号8m仕掛けをチョイス。エサはオキアミ2匹掛けです。投入方法はワラサと同じですが、コマセワークはあまりコマセ(オキアミ)を出さないようにし、ちょろちょろ2、3匹出るようなイメージで棚(底から2m)にあわせます。因みに今回の竿は1.8mのビシアジ竿ではなく、2.4mオモリ40号負担のヒラメ竿(と個人的に思っている)をチョイス。こちらの方がマダイ竿に近いと思ってね。

釣りはじめて2時間が経ちました。船中ポツポツとワラサ・マダイがあがっているようです。しかし私は・・なんだか最近おなじみのいやな展開。「コマセはイメージどおりでてるかな?エサはちゃんとついてるかな?」なんて事ばかり考え不安になる始末。そんなモヤモヤが脳裏をよぎっている中、確かなアタリ!

写真はありませんが、40センチに迫るゴマサバです。いやー、サバが釣れてこんなに嬉しいのは初めてです。とりあえずボウズ脱出!青物リベンジ成功(でいいかな)!そしてオキアミの針付けも大丈夫である事を確信!少し自信がでてきました。

その後、釣れない時間が長く続くも、丁寧にコマセワークと棚合わせを続けます。「コイ、コイ!」・・「キテくれ!」・・「お願い、きて下さい」・・。

すると時計の針が午後にさしかかった頃、願いが通じたのか竿先にモゾモゾしたアタリ!緊張して竿を持ちなおすと今度は大きく竿が弓なりに。手ごたえ的にいわゆる“三段引き”のマダイっぽいです。夢中で合わせをいれ電動巻上げスタート。やがて予想通りの赤い魚影が水面に姿を見せてくれました。

Dvc00079

帰宅後、まな板の上で撮影しました。なんてセクシーなんだろう!


本日のミッションは終了!(というよりこの後釣れなかっただけですが)39センチのキレイなマダイ1尾、もう大満足です!

これでコマセ釣りの基本ができるようになったとは思えませんが、少なくとも自信はつきました。私の基本の“新たな挑戦”も、コマセ釣りカテゴリーで続けられそうです。

Dvc00089

塩漬け30分、酢漬け30分。シンプルに作りました。


因みにゴマサバで作ったシメサバ、脂が乗ってめちゃくちゃ美味かったです!

Cimg0673 Dvc00085

お米とタイの離乳食。このパパの苦労をいずれ分かってくれる日がくるだろうか?


マダイは刺身とお吸い物とヒロの離乳食。家族全員で釣った魚を堪能しました。めでタイ、めでタイ!

追伸:

Cimg0675 Cimg0676

以前作ったアンチョビはこの食べ方(ピザトースト)が好きです。そしてサバブシ、まだ木のように硬くはないけど、ゆっくりと順調に硬くなっています。

途中経過、という事で。

スポンサ-リンク

« 久里浜沖でワラサを狙う | トップページ | 2011ウナギ釣り最終戦 »

つり タイ、ハナダイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久里浜沖でマダイを狙う:

« 久里浜沖でワラサを狙う | トップページ | 2011ウナギ釣り最終戦 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク