スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

« 平潟沖でアブラボウズ釣り その2 | トップページ | ウナギ釣り 伊豆下田遠征 »

2012年8月15日 (水曜日)

江戸川でボートハゼ

本当は7月中に行こうと思っていた江戸川ボートハゼ。しかし今年はなかなかハゼの活性があがらないとかで、シーズン初めはどこの貸しボート屋さんも慎重な釣果報告が目立っていた。

今年はダメなのかなぁ~、って思っていたら・・

8月にはいってすぐ大城屋さんのHPを見てみると、ようやく釣れはじめてきたとのコメントが書かれだし、数日後ようやく「ボートはじめました」とのコメントが書きこまれた。

スポンサ-リンク

大城屋さんは江戸川の貸しボート屋の中では上流部に位置し、下流のボート屋よりハゼが釣れだすのがちょっと遅いため、活性が上がらない今年は特に遅れに遅れてしまったようですが・・

ようやくです!

Cimg2132

既に2年前から準備万端です。って、涸沼想定だったんだけどね。

先月平塚沖に娘を連れて数釣りが期待できるサバ釣りに出かけたけど、まさかの撃沈。私としてはかなり心苦しい“ほろ苦い思い”をさせてしまった。今回はそのリベンジです。

実は前回のサバ釣りをチョイスする際、ボートハゼも候補だったのだけど、下流部の貸しボート屋にてポツポツ始まっている程度だったのでパス。子供、特に女の子を連れて行くのに都合が良いと個人的に思っている大城屋さんの開幕を待っての今回の釣行となりました。

その“都合が良い理由”ですが、

・桟橋近くに駐車場付きのお店を構えていて何でも揃っている

・そのお店は新しい建物なので当然トイレもきれい

・桟橋の近くに道路の橋があり、その下のポイントは日よけになっている

3年前だったかな、アナゴ釣りでお世話になった時に上記メリットがあることがわかったので“子供を連れてくるならココ”と決めていたんですよね。

とりあえずその“都合”はさておき、今回こそは何とか釣らせないと。失敗は許されないし。

Cimg2169

江戸川の土手を挟んだ所にお店がありここで受付。女性連れだとトイレが安心なボート屋さんです。

Cimg2170 Cimg2171

レンタルやエサ、氷、仕掛け類も一通り揃っているので手ぶらでも安心かな。


朝6時、大きな渋滞にはまる事なく目的地の大城屋さん着。受付でボート代3000円+エサ(イソメ)代500円=3500円払って桟橋へ向かう。途中草がかなり覆い茂っていて「東京側のボート屋さんとはかなり雰囲気が違うなぁ」なんて思いながら歩く事約1~2分、趣のある桟橋が見えてきました。

Cimg2176 Cimg2177

てくてく歩いて行くと・・

Cimg2178 Cimg2179 

桟橋。

Cimg2174 Cimg2173 

まだ型が小さいという事で本日はワカサギ竿をチョイス!


桟橋に着くと、お店から連絡を受けていたにいちゃんがボートを準備していた。挨拶をして乗り込むと、ポイントまで引っぱってくれるとの事。助かります!

Cimg2180 Cimg2181 

先の日曜日にはここで入れ食いだったらしい。


アンカーまでセットしてもらい、至れりつくせりのサービスを受け釣り開始!水深は1m位。のべ竿でよかったかな。

自分の仕掛けを落とし、リコに底を取るよう徹底させていると、私の置き竿の穂先がプルプル!

Cimg2187

5センチ位。ハゼ達よ、私のエサじゃなくてリコのエサ食ってください!


幸先よく1匹ゲット!しかし後が続きません。しばらくしてにいちゃんがやってきて対岸のポイントに連れてってくれる。こちらは小型だけど安定して釣れるポイントとの事。

どうか入れ食いになってください、と思いつつ釣り再開。

すると、

Cimg2189

ヤッター!ホッと一息です。


リコが釣った!約1ヵ月半の時を経てサバ釣りのリベンジ達成です!

Cimg2185 Cimg2186

丘っぱりで狙ってる釣り人多数。3~4mののべ竿でやってました。日差しがきつい時は橋の下で。


その後、小移動繰り返しポツポツ。アタリはあるけど、魚が小型なのでなかなか針掛りしない。かといってエサを小さくするとアタらないし。

・・

・・

釣りはじめて1時間半。日差しはさほどではないけど、風がなく蒸し暑い。言葉にはしなかったが、リコから帰りたいオーラが感じられはじめた。

Cimg2188 

アタリが遠退き集中がかけてきた。もう限界か。


おもむろに「もう1匹釣れたら終わりにしようか」って声かけてみると「わかった」と一発返事。うちわで扇いであげるも、もう暑くて汗が止まらないようだ。そういえば最近出不精気味でクーラーの効いた部屋に1日中いるもんなぁ。しょうがない・・

Cimg2191 Cimg2190

短い時間ながら何とか形になったかな。


私3匹、リコ4匹。

暑かったけど、楽しかったそうです。多分、もっと引っぱっていたら楽しくなくなってしまったかもしれないかと思うと、朝方の2時間のリベンジ釣行、まずまずだったのかもしれません。

数は少ないけど・・

釣れてよかった!

因みに私一人(ハゼ釣りの腕、中の下位の大人1人)だったら、同じ時間で20匹は釣れたであろう雰囲気でした。数がいかなかったのは決して大城屋さんのにいちゃんのポイント選びのせいではない、という事で。

追伸:

Cimg2197 Cimg2198 

釣ったハゼは①熱が通りやすいように②存在感高めに、というワケで干物みたいに腹開きにしたらメゴチみたくなった。

Cimg2202 Cimg2203

そしてお決まりの天ぷら。

Cimg2207 Cimg2209

頭も骨も柔らかくて美味しかったです。


爆釣の便りが聞こえてきたら、また連れて行ってみましょうかね。

スポンサ-リンク

« 平潟沖でアブラボウズ釣り その2 | トップページ | ウナギ釣り 伊豆下田遠征 »

つり ハゼ」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
ボートでのハゼ釣りを楽しまれたようですね。
ご家族での夕食で堪能できたのなら、釣果はOKとしましょう。この時期のボート釣りは、直射日光を遮るものが無いので、絶対に無理は禁物です。
もう少し涼しくなると、型も良くなるので、リベンジされたら如何でしょう。
娘さんには、草木染めともども、夏休みの良い思い出になりましたね。

gomarin_qpさん
いつもありがとうございます。
釣果はボウズではないということでOKでした^^
確かに、無理はさせてはいけないという想いがあったので、早め早めで決断するよう心がけていました。結果、よかったと思っています。
リベンジは今年かどうかはわかりませんがやってみようと思います。江戸川ハゼは美味しい事がわかりましたし。
草木染めは・・思い出で終わりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸川でボートハゼ:

« 平潟沖でアブラボウズ釣り その2 | トップページ | ウナギ釣り 伊豆下田遠征 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク