スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

« 買い物 | トップページ | 横十間川でハゼ釣り »

2012年10月 1日 (月曜日)

佃掘でハゼ釣り

4時33分、蕨から大船行きの京浜東北線始発電車に乗る。そして御徒町で大江戸線に乗換え、月島下車。

Cimg2488 Cimg2487 

始発電車を待つホームはさすがに人影はまばらだ。そして空には満月が。そう、本日は大潮です。

スポンサ-リンク

Cimg2489 Cimg2517 

御徒町で大江戸線に乗換え。なれない地下鉄乗り換えにちょっと戸惑った。東京メトロと都営の違いってややこしい。これでも10年前は地下鉄を自在に乗りこなす営業マンだったはずなのだが。

Cimg2516 Cimg2490 

月島駅構内で地図を確認。佃掘に近い6番出口を目指す!そして空はもう明るい!


もんじゃを食べにきたのではありません。

釣りにきたのです!

Dvc00069

前日の晩に妻に「明日は3時半起き」と言ったら「そんなに早起きしてどこ行くの?」と聞かれたので「釣りに行くんですが何か?」と返してみた。私に対して野暮な質問だ。


随分と前から、つり丸、釣り情報という釣り雑誌(沖釣り専門)を愛読していますが、2年前に友人と居酒屋で小鯵の唐揚げを食べてから防波堤サビキ釣りに興味を持ち、磯投げ情報という釣り雑誌(海水汽水丘っぱり専門)も読むようになった。すると、当たり前だけど丘っぱりの別の分野の釣り記事も読むワケで・・最近、丘っぱりも興味だけは多岐にわたっている。

そこで今回は、その中でも最も手軽な釣りの一つである「タウンハゼ」とやらをやってみる事にしてみました。

因みにタウンハゼとは磯投げ情報の記事によると「街にとけ込むスタイルで、近場の水辺を釣り歩くハゼ釣り」といった事のようだ。

ふらっと電車で出かけて、ハゼが釣れそうなポイントを見つけては竿を出し、適当に釣りを楽しんだら一杯引っ掛けて家路につく。


全部当てはまる完璧な再現タウンハゼは今回できないけど、自分なりにアレンジしてやってみよう!


・目的地に到着

Cimg2491 

ベンチやトイレがあり、足場も整備されていて第一印象はベリーグッド!

Cimg2497 

近所の常連さんと思われる江戸っ子達。なにやら既に酒が入っているっぽい。夕方、じゃなくて朝6時です。落語っぽい口調で会話が弾んでいた。そして潮止まりの中、竿を出していた。

Cimg2492 

水面から20cm位のヘチにハゼがびっしりついている光景に驚き!どんだけいるんだろう。


事前に調べた所によると、本日は大潮で只今満潮の時刻。しかし、そんな事を忘れてヘチにびっしりついてる無数のハゼ達に唖然とする。「見釣りで入れ食いじゃん」なんて安易に考えて釣りの準備をしていると、常連さんらしき釣り人が話しかけてきて、

「しばらくだめだよ」

と一言。

どうやら潮が止まっている今の状態では、ハゼは口を使ってくれないらしい。

しかし、せっかく来たのだから竿をだしてみる。

・・

案の定、ハゼの目の前にエサのアオイソメを落としても全然反応がない。水路の中央付近を見ると、ボラの大群が水面で口パクしてる。酸欠っぽい。

めげずにこまめにポイント変えて釣り歩いてみる。

すると、ウッドデッキの下のハゼがエサに興味をもったみたいでしゃぶりだした。そして、

Cimg2493 Cimg2496 

釣れた!ポイントはウッドデッキの下のヘチ!


食い込みは浅いのでしっかりアワセを入れないといけないけど、何とか釣れた!しかも見えるやつ!

見釣りで、しっかりアワセを入れて丁寧に釣る事1時間。ようやくつ抜け(10匹越え)た。すると、この頃からまるで引潮が始まったのを見計らったように釣り人が集まりだした。そして入れ食いが始まった。

(本日の潮周りを事前に調べて本当に見計らったのだろう!)

Cimg2503 Cimg2501 

小さな女の子が楽しそうに釣りをしていたのが印象的。「4匹目~!」とか楽しそうに叫んでいた。因みに私の仕掛けは、袖4号のシモリウキ仕掛け。見釣りなのでシモリはあまり機能していなかったが、一応あったほうが便利であった。


この頃になると、ヘチにいたハゼもだいぶ少なくなった。底に戻っていったと思われるが、それでもヘチにはまだ無数のハゼ達がいる。そのハゼ達の前にエサを落とすとすぐに取り合い。オモリのガン玉やヨリモドシにも食いつくありさま。こうなると、もうどうやっても釣れる状態だ。

結果、ラスト30分強で29匹のトータル39匹。あまり釣りすぎても帰宅後の下処理が大変だし、7時半で納竿としました。

Cimg2500  Cimg2506 

最後の1匹とトータル。5~12cmです。


せっかく来たんだし、朝早くからやってるもんじゃ焼きのお店も確かあったはずなんだけど・・でも、本日は真っ直ぐ我が家に帰宅。8時50分、我が家に着くと休日は朝寝坊の家族が起きたばっかりの寝ぼけ眼で出迎えてくれました。

家族との1日はこれから。さて、今日はどこに連れて行きましょうかね。

私流のタウンハゼ・・家族との時間を有効利用するための“早朝タウンハゼ”でした。

・ちょっとおさらい

常連さんに聞いた話、釣り後ちょっとぷらぷら歩いてみた現場の感想等メモメモ。

まずは潮。満潮の上げ止まりは釣りにならない。下がりだした頃からが狙い目で、底が見えるか見えないかになるとどこで釣りをしても入れ食いだそうだ。しかし、下がり始めでのヘチの見釣りでも入れ食いであった。

私は今回3mの延べ竿を使ったけど、2m位で十分だと思った。心配であれば2mの竿+リールで広範囲狙うのも手。

エサはアオイソメを5mm位に切って使った。多分、ハゼにはこのエサが万能だと思われる。事前にネットで調べた限りでは、エビの切り身や魚肉ソーセージ、ミミズ等、色々なエサが紹介されていたが、常連さん含め皆イソメを使っていた。

Cimg2510 Cimg2509

トイレと駐車場も近くにありました。

Cimg2514 

こんな感じ。見ずらい場合はクリックすると大きくなりますよ。


トイレと駐車場、コンビニやマックも釣り場の近くにあってとても便利。子供を連れてきても困らないと思った。

Cimg2508 Cimg2512 

趣のあるお堀です。


下町の風情が色濃く残る佃掘。こんな釣り場があるなんて今まで知らなかった!

知らないってもったいない!

追伸:

Cimg2523_2 Cimg2524

江戸前天婦羅!


釣れたハゼは、ヤン流・腹開き干物風に下処理し、見かけはメゴチみたいな天婦羅。台風接近のフェーン現象とかで久々に暑かったこの日の夕食は、多分今年最後の冷麦となりました。

パリパリサクサクッ!最高の天婦羅ネタですね!

スポンサ-リンク

« 買い物 | トップページ | 横十間川でハゼ釣り »

つり ハゼ」カテゴリの記事

コメント

ヤンさん
今朝、出勤途上の電車の中でブログを拝見し、立て続けの予想外の出撃スタイルに驚いております
ご家族のお目覚めタイミングに帰宅できるなんて、思いやり釣行ですね
あまりの興味深さに、本日夕方、築地にオフィスを持つお取引先に訪問した帰りに、現場を覗いてきてしまいました(所用があるので、、、なんて言いながら、客先を早めに切り上げたりして):
下町の風情たっぷりの街中に、ものすごくレトロな雰囲気の船溜りですね。船宿なんかもあったりして、少しビックリしました。地元に住んでると思われる小学生とご高齢の皆さん5人ほどが釣りを楽しんでおられました(ポツポツ釣り上げていました)。
日も暮れて、皆さん帰り始めたので、釣り場の近くにある住吉神社にお参りをして、佃大橋をわたって帰ってきました。なんだか気分転換のできる風景でした。
 (コメント返信なのに、私のブログ報告のようで恐縮です)
思いがけず、リフレッシュのきっかけを作って頂き感謝です。
次回の更なる意外な展開を期待しています!!! 

gomarin_qpさん
いつもありがとうございます。
ハゼ釣り報告で驚かれてしまうって、いったい私の今までって・・^^
まさか、早速佃掘にお立ち寄りされてるとは思いもよりませんでした。情緒ある下町風景の残るハゼ釣り場、思わず竿を出したくなる所ですよね。
10数年前までは水質が悪く、釣りどころではなかったそうですが、地域の方々の努力で生まれ変わり、ダイオキシン濃度も問題なくなり、こうして安全なハゼが釣れる場所になったそうです。
もう偵察はばっちりなので、そのうち家族が寝ている間、ではなくて、一緒に来てみたいです。
私も住吉神社にお参りしました。「オータムジャンボ当たりますように」って^^

>ヤンさん
いったい何処まで行ってしまわれるのか・・・。毎度、奇想天外な展開に驚くばかりです

江戸川さん
いつもありがとうございます。
発想的には雑誌・磯投げ情報の「タウンハゼ」の記事を参考にしただけなんですけどね^^;
面白かったし、餌も余っているので(イソメは冷蔵庫で1週間が限界なので)来週も検討しています。

初めまして。
私も今年から、この近くのオフィス勤務になり、
堀でハゼ釣りされている皆さんの姿、
さらには上からうじゃうじゃいるハゼに興味深々でした。

釣り初心者なんですが、先日、池の釣り堀で
子どもとブルーギルの入れ食いを経験して、
ぜひトライしてみたいなと思いました。

どんな竿や仕掛けを用意すればいいのでしょうか。

とらぱぱさん、はじめまして。
素晴らしい環境のオフィス勤務、羨ましいです。
早速タックルと仕掛けについてですが、

竿:初心者や子供さんであれば、2m前後の延べ竿が使いやすいかと思います。個人的には1.8mが理想だと思いました。
仕掛け:道糸は1号前後、小型ヨリモドシを介して袖針3~4号、ハゼ針なら5号の小さめがが良いかと思います。
オモリは、ガン玉か板オモリを針から3センチ位の所につけておくと、見釣りにも底釣りにも対応できて良いかと思います。
ウキはなくてもいいですが、念のためシモリか小型玉ウキつけておくと良いかもしれません。
餌はブログにも書きましたが、アオイソメが万能です。5mm~1cm位と小さめにつけると針掛りよいです。

と、簡単に書かせていただきましたが、一般のハゼ仕掛けより小柄を意識した仕掛けで充分です。
テクニックも特にありません。釣れるときは誰でも入れ食いなので楽しいですよ。
是非、お子様との佃掘でのハゼ釣りを楽しまれてください。

とらぱぱさん
すいません、追伸なのですが、
佃掘は青潮の発生で、ハゼが釣れなくなってしまったようです。時間が経てばまたハゼが戻ってくるかもしれませんが、多分今年は終わりの可能性大です。
ただし、横十間川ではまだ釣れているようです。近々行かれるご予定でしたらこちらをおすすめします。因みに仕掛け等は佃掘とほとんど変わらずでOKです。

先日は、佃堀でのハゼ釣りのアドバイスをありがとうございました。

今日、ぽかぽか天気になった初冬の昼。

佃堀の奥の、隅田川の川べりから皆さん、
長い竿を出して、ハゼ釣りされてました。

食いが浅いらしく、竿がしなることはなかったですが、定期的に竿をあげると、大きなハゼがついてましたね。 今は隅田川のほうにいるんですかね~

とらぱぱさん
コメントありがとうございます。
ハゼは深場に落ちていったようですね。
そろそろハゼ釣りも終盤といったところでしょうか。
私はまた来年のお楽しみという事に使用と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佃掘でハゼ釣り:

« 買い物 | トップページ | 横十間川でハゼ釣り »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク