スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

« ハゼの甘露煮作り方メモ | トップページ | 平潟湾でハゼ釣り »

2014年9月24日 (水曜日)

秋の味覚を掘りにいこう

子供たちが学校や幼稚園に行く平日休みなら間違いなく一人で釣りに行くところなんだけど、休みの日となると・・いつもの事ですが、当然そうはいきません。

当日は秋分の日。昼と夜の長さが(ほぼ)同じの日。
天気は秋晴れ!
芋掘り日和、かな^^
Cimg5879_2 Cimg5936
左の「荒幡農園」さんが○!右の「あらはた園」さんは芋掘りやっていません。親戚かな??ちょっとややこしい!
スポンサ-リンク

向かった先は埼玉県川越市にある荒幡農園さん。
その昔、城下町として栄えた小江戸・川越は「川越イモ」というさつまいもが有名、って数年前テレビで知ってから、そのうち行こうと決めていたんですよね!
※品種名は「ベニアズマ」との事。
多分最後に芋掘りしたのって、幼稚園くらいの時だったたような。
ほぼ初体験に近い状態だったので、準備するのにドキドキしてしまいました^^;
因みにここ川越界隈には似たような芋掘り農園が数箇所あり、どこも9月下旬から11月位までやっているらしい。
今回お世話になった荒幡農園さんは、今年は9月20日から。電話予約必須で料金は7株1,000円。4人家族なら十分すぎる量だとの事。
うんうん、この手のレジャーにしてはかなりお手軽!
Cimg5876 Cimg5880
準備するものは軍手と長靴と・・
Cimg5887 Cimg5878
スコップとビニール袋は準備されていたので、後は念のため帽子かな。(何故かこの日、子供達はつり丸キャップをチョイス)
Cimg5881 Cimg5886
予約さえすれば、その日の営業時間内なら何時に行ってもいいとの事。でも、だいたい午前中に集中するみたい。7株の区画は白線で区切られています。
朝、あーだこーだとバタバタいるうちに出発が遅れ、到着は11時。到着すると、結構家族連れで賑わってた。
クルマをとめ、準備し、案内しているライオンズの帽子をかぶっているオヤジさんに1000円払って芋掘り開始!とりあえずコツもなにもないかと思ってたんだけど、一応「芋が傷つくからできれば軍手はめて手で掘った方がいいよ」との事。でも、子供にはちょっと辛い土の硬さかな。念のため借りたスコップ持たせる。早速「エイっエイっ」て掘り出す^^
Cimg5888 Cimg5896
芋掘りは小さな子供でもわかりやすい、って思った。
Cimg5898 Cimg5904_2
上の子、頑張って最後まで掘る!下の子、途中で脱走!
7株なんてすぐに掘ってしまうかな~、って初めは思ってたんだけど、これが結構重労働でかなり疲れた。秋風が心地よかったのが救いでした^^;
Cimg5908 Cimg5909
大きいビニール袋2つ分とれました。右はお隣さん。きれいに余計な根っこを取り除いてビニール袋にしまってた。O型家族と(多分)A型家族の差か!?
30分以上かかってようやく終了!
パパ2株、ママ3株、上の子2株、
下の子お手伝い程度^^;
はい、お疲れ様でした!
Cimg5913 Cimg5915
芋ほりが終わったら、近くの休憩所で手を洗ってトイレを済ませて・・
Cimg5912 Cimg5922
これぞ農家、といった住居に隣接している休憩所で一休み。お土産に三東菜(さんとうさい)をいただいた。
Cimg5924 Cimg5927
お茶と蒸し芋をいただいた。30分蒸した、と言っていたこの芋、むちゃくちゃ美味かった!
子供相手の超お手軽でジャーかと思っていたんだけど、意外と大人も楽しめました。
そしてここで掘った芋、しっとりしてて甘いです!
秋の休日、良い時間を過ごせました。
・・
腰がいた~い!
Cimg5938 Cimg5939
晩ご飯は、お蕎麦とイモ天と三東菜の炒め物。腰が痛かったので簡単に済ませてしまった。明日以降、もっと料理がんばろう!

スポンサ-リンク

« ハゼの甘露煮作り方メモ | トップページ | 平潟湾でハゼ釣り »

家族」カテゴリの記事

コメント

ヤンさん 私も20年くらい前(^_^.)に
あらはた農園さんにイモホリにいったこと
あります。いっぱい掘りすぎて、嫁に怒られ
ました。芋掘り楽しいですよね。!(^^)!

おはようございます。
いつもありがとうございます。
荒幡農園、そんな昔から芋掘りやらせてくれる農園だったのですね。環境よく面白かったのですが、腰痛めました^^;
また、魚と違って酒のつまみになりづらいので、ちょっと消費ペースが遅いです^^;
こういう家族サービスの積み重ねで、妻から土曜日釣行勝ち取っていきたいです!

いいですねぇ~!俺も行ってみようかな?

かと吉さん
コメントありがとうございます。
色々な料理で食べていますが、なかなかなくなりません^^;
とはいえ、子供連れのレジャーには丁度良いですよ!

ヤンさん
こんばんは・・・
季節の風物詩が”秋”になっちちゃいましたね
愚息が幼稚園・低学年の頃に、毎年のように芋掘りを楽しみました。美味しいですよね。
ご家族での楽しい休日がなによりです

gomarin_qpさん
いつもありがとうございます。
来年以降も毎年行くことになりそうです^^;
イモ、美味しいです!が、ちょっと飽きてきました。
しかしながら、コロッケはちょっとしたお酒のおつまみになって意外とアタリでした^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の味覚を掘りにいこう:

« ハゼの甘露煮作り方メモ | トップページ | 平潟湾でハゼ釣り »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク