スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月22日 (日曜日)

コンパクトロッド

先日初島でウツボ釣りをしたんだけど、実は竿を一本折ってしまった。

根がかりでちょっと強引に引っ張ったらバットがポキッ!
中古釣具屋で300円で買ったコンパクトロッドなので、その時は後悔も何もなかったんだけど。
「ま、いっか~」ってな感じで。
旅行から帰宅後。
ウツボ釣りの反省点を考えていると、いろいろ出てきます。
エサ、仕掛け、ポイント選定等々。そしてタックル。
細々あるんだけど、
結論、
より上質で長く使えるコンパクトロッドが欲しくなりました!
(反省、じゃないかな^^;)

Cimg6790 Cimg6791
ダイワ リバティクラブ ライトパック 20-240。シマノや海外メーカーからも良さそうなのがでてるんだけど、こいつに決めました。ネットで調べると、一応万能だけど、基本ボートや船用のバーチカルな設計みたい。
Cimg6793 Cimg6792
振り出しはやっぱりガイドがちゃっちい。特に仕舞うときには丁寧に扱わないとね。
Cimg6794 Cimg6795
バットがやや短いけど、長さも240あるし、いい感じです。7:3でやや硬めに感じたけど、実釣りではどうかな~。そしてなんといっても仕舞った状態でのこのコンパクトさ!すばらしです^^

衝動買い・・
いや、釣りの反省点から「絶対必要」と判断して購入したこの竿、
私の守備範囲で可能な釣りものは、
船のLTアジやイシモチ、シロギスはOKかな。
オカッパリのサビキアジやアジングもOKかな。
ウナギやウツボもイケルだろう。
ハゼも問題なさそう。
ゴロタのムラソイやギンポも。
クルマ釣行にはあんまり似合わないかな。
考えてるだけで何だか夢が広がります!
早くこいつを持ってどこかへ出かけたくなりました。
来月からプライベート以外が更に忙しくなるんだけど、
時間を作ってこいつとともに気分転換に繰り出したいです。
スポンサ-リンク

2015年2月19日 (木曜日)

片貝沖でアコウ釣り

2015年初の深場釣りに出かけてきました。

お世話になった船宿は片貝旧港の勇幸丸さん。以前は年明けからGW頃まで毎日のように深場船を出していたのですが、先代が亡くななって1船体制になってからはハナダイやイカ船の合間にポツポツとの事。
今回、その「ポツポツ」に丁度休みが重なったので乗ってきました。
Cimg6781
先代の船はキャビンにベッドがついていたそうだけど、「第二」はテーブルを囲むタイプのキャビンでした。すいません、写真ありません。アコウ船は乗船料税込16,500円。
スポンサ-リンク

集合4時、出船4時半。釣り座は先着順でクーラーボックスを置いて取っておく、といったシステムです。因みに深場船は左舷に並んでトモからの投入。千葉にしてはめずらしく「右手掛け枠左手オモリ」で投入する伊豆スタイルです。そして船べりに仕掛けを並べてオモリをポイは(多分)なし!ん~、これだけでレベル高の雰囲気です
^^;
千葉スタイルで仕掛けを治具に巻いていたので、速攻2組伊豆スタイルに巻き直し、エサを付けキャビンに潜り込む。
もう、手がかじかんで痛いです^^;
おやすみなさい!
船は東の方向にひた走ること1時間半。ようやくスローダウン。朝日が眩しい片貝海溝のポイントへとやってきました。
Cimg6770
朝6時。朝日に向かってトモから順に第一投!
Cimg6763 Cimg6767
この日の釣り客は7名。因みにここはコマンド9以上が基本。8は・・まあいいよ、との事。そして基本バッテリーは個人持ち込み。って、持ってなかった私は特別に船宿でお借りしました。「次回からは持ってきてくださいね~」と女将さん。「はっ、ハイ(汗)」・・そろそろ買おうかな。
Cimg6765 Cimg6769_2
仕掛けは使いまわしたいので扱いやすい6本針を作成。念のため7組作ったけど、しっかり巻き直して使ったので、お祭りロスト2組マイナスの計3組で済みました。お隣さんは15本針仕掛けを使い捨てで使ってた。作る事を考えると気が遠くなる。因みにオモリは500号。
Cimg6772 Cimg6774
ポイントの水深は400~500m位。潮は落ち着いていたので底は取りやすかったです。
投入回数7回、12時ちょい前終了で港到着は13時半。
はい、本命0でした^^;念のため持っててきた大きい80リットルクーラースカスカ!
(皆さんも50リットル以上を持ってきていたようなので期待してたんだろうなぁ)
胴の間でメダイが上がってたけど、アコウは船中アタリすらなかったみたい。
裏本命でアブラボウズが釣れれば最高だな、って思って挑んだんだけど・・
Cimg6780
久々にお会いしました^^;
最後の流しの巻き上げで食ってきたサバ1匹でまさかの終了。
船長曰く「水温低かったからかな」
深場とはいえ、急激な水温の変化はいけません。
残念だけど、しょうがないですよね^^;
自然を相手にしているわけだしね。
(泣)
Cimg6783 Cimg6785
お土産にアジの干物とお昼ご飯の焼きそば、ゆで卵、それとお茶をいただきました。焼きそばが美味かった!
釣れれば釣れたでまた行きたくなるけど、釣れなければリベンジのためにまた行こうと思ってしまいます。
負の連鎖ですね^^;
でも、準備が大変な深場釣りはちょっと間をあけようかな。
釣りの後、仕事が忙しくてブログに手をつけられない状態でした。
・・
やっぱり釣れなくてよかったのかもしれません^^;
(って思う事にしよう!)
スポンサ-リンク

2015年2月 4日 (水曜日)

初島でウツボ釣り

4年ちょい前、初めて初島旅行に行った時の反省1つ。

ノーフィッシング!
初島は防波堤でのメジナやクロダイ、タカベ、磯でのイシダイ、イシガキダイ、ゴロタでのムラソイ等、釣り魚の宝庫である事をこの時知らなかったのです。
なので、今回はやってみました。
スポンサ-リンク

ターゲットはタイトルの通り!
初島、実はウツボの宝庫でもあるらしいのです^^
Cimg6696
初島の食堂の前の水槽にアジやタカベと一緒にいました。この風貌、存在感ハンパない!

見かけは悪いが美味い(らしい)!
実は私の中で一度釣って食べてみたかったターゲットでありました。
Cimg6591 Cimg6597
カン付き太刀魚針にヨリ戻し付きスナップ2つ付けてチモト強化しました。ウツボ、歯が強力みたいなので。

タックルはコンパクト振り出し竿に中古PE4号巻いたスピニングリール、上記の針を使ったヒラメ仕掛けっぽい捨て糸仕様の仕掛け。根がかり多そうな所を狙うのでこうしてみる。
Cimg6635 Cimg6641
エサはサンマのぶつ切り、匂いにつられてよってくるらしいので。釣り方はお手軽なブッコミ釣りで狙います^^

旅行当日。ホテルについて少しゆっくりしてから家族みんなで防波堤へやってきました。
初島にはフェリーが発着する漁港と、そこから10分くらい南西に歩いた所にある第二漁港の2箇所に防波堤があるんだけど、この日は買い物もしたいのでスーパー近くの漁港に行ってみる。そしてぶっこむ!
しかし釣り始めて30分。竿はうんともすんともいいません。
妻と下の子は温泉に入ると言ってホテルへ帰ったけど、上の子は釣れるところを見たいらしく釣り場に残った。
・・ううっ、プレッシャー感じる。
Cimg6639 Cimg6640
ポイントもテトラの間に変えたりしてみたけどダメ。夜行性のウツボ、昼間は釣れないのかな。遠くで雨が降ったのか、虹がキレイでした。

しかし、季節は冬。寒さで子供が風邪ひかないか心配になりだし、釣りどころではなくなってきた。
賞味1時間弱。残念ながらここで終了。我々もホテルに帰って温泉に入ることにしました^^;
2日目。
初日で釣れれば、この日はブラクリ仕掛け片手にゴロタに行ってムラソイなんかを狙ってみようかと思っていたんだけど、当然前日釣れなかったのでリベンジです。
早朝、まだ薄暗い、というより真っ暗な海に向かいます。今度のポイントは第二漁港の堤防。
Cimg6646 Cimg6645 
常夜灯がないのです。真っ暗!

朝5時半。かなり怖いです。なので恐る恐る防波堤突端へ向かいます。そして仕掛けを準備して15m位投げてみる。
しかし、微妙な鈴の音(アタリか風かわからないが)での回収時にオモリを引きずりすぐ根がかり。ここは底にかなり岩があるみたいです。
そしてあっという間に針は最後の1つ。
仕方がないので足元に糸を垂らし、根がかり対策で10センチくらい底を切ってみる。
すると、竿に付けた鈴が、今度は元気よくリンリンリン!
おお~~っ!
しかし、2秒位でリンリンリンは終わりその後が続きません。エサ取られたかな。
回収!
すると、ゴミがついたような重さを感じる。そして針に大きい昆布のようなものがついてくる。
しかし、その昆布らしきものをよーく見てみると、
Cimg6647
イェーイ!久々に喜びのアドレナリン爆発です^^

なんと1.1キロの本命君でした^^
冬だからなのか、意外とウツボって暴れないんですねぇ。
そして最後のハリスぐちゃぐちゃ、記念撮影しているうちにPEラインも切られ、ここで釣り終了としました。
めでたしめでたし^^
Cimg6654 Cimg6650
6時半。帰る頃になってようやく明るくなってきました。右の写真、遠くに富士山!
Cimg6657
コイツを子供たちに見せてあげたかったんです!予想通り、子供達、そして妻もナイスな反応してくれました^^「こわーい!」「気持ちわるーい!」
Cimg6673
大海を制した気分です!

磯のギャングと呼ばれ、外道で釣れて嫌われる魚なんだそうだけど・・
あまり情報がない中、色々試行錯誤し、初日は撃沈し、
そして翌日のリベンジ釣行、最後の仕掛けでゲット!
かなり感激しました。
ウツボ、私の中では磯の王者です^^
って、防波堤で釣ったんだけどね^^;
追伸:
Cimg6704 Cimg6705
どうやって捌くか!?ちょっと途方に暮れた後、結局うなぎみたいに目打ちして背開きにしてみました。意外と革硬い!
Cimg6706
妻から「うつぼを感じさせない料理にして」とリクエストされたので^^(当然怒られた)バーナーでよーく皮を炙って作った刺身です。皮が美味いです!身はモチモチ!旨み的にもう一晩寝かせたほうがもっと良かったかな。
Cimg6708_2
小骨が多いとされる下半身は唐揚げ。皮が美味い!でもやっぱり小骨が気になる。
Cimg6709
家族にウケた刺身、じゃなくて蒲焼き!また釣ってきたらコレは欠かせないかな^^
Cimg6713
アシタバの肉巻きフライと合わせて夕食のおかずになりました。初島づくしです^^

ウツボ、とても美味しい魚だけに神出鬼没な小骨対策を考えなくてはいけないと思いました。
また釣ってきて料理してみようと思います。
スポンサ-リンク

初島でアシタバ摘み

旅行前、初島に何か面白い植物ないかな~、って調べてたら「アシタバ(明日葉)」という植物が自生している事がわかりました。なんでもアシタバとは、伊豆諸島で多く見られ、この地域のスーパー等では普通に野菜としても売られているらしいです。

※初島は伊豆諸島ではありませんが。

Cimg6671 Cimg6676

アシタバ、ハンディ植物図鑑の「海辺の植物」のページに載ってた!島にはピッタリの植物なのかな。

味は独特のクセがあるので、ソテーとか揚げ物とか、火を通す料理がいいらしい。そして青汁の原料にもなるようで、栄養価も非常に良いそうです。
Cimg6666
椿油で揚げた天婦羅が伊豆大島の名物らしい。偶然にも初島で椿の種を見つけたけど、椿油にするには少なすぎました。

そうとわかれば当然摘んで食べてみたい、と考えるワケです。
せっかく初島に行くわけですからね^^
旅行2日目。この日は朝食後家族で島1週の散歩。
もちろんハンディ植物図鑑片手に!
Cimg6667_2 Cimg6669_2
まずはホテル裏の海沿いの遊歩道を散策!
Cimg6672
ツワブキ、っていう植物(だと思う)発見!図鑑によると食べられないようだ。パス。

そして遊歩道で目を光らせながら歩くこと20分位、
Cimg6677 Cimg6675
背丈1m位。ビンゴ!

図鑑で確かめると、どうやらそれっぽい植物。
冬ということでやや枯葉も目立つけど、よーく見ると新芽もある!
アシタバ、2~3月に芽吹くと本にあったけど、この特徴も一致かな^^
(この日は2月1日)
Cimg6678
コンビニの小型ビニール袋イッパイに摘みました。因みにアシタバは「摘んでも明日また切った部分から新芽が生えてくる」のでアシタバ(明日葉)という名前なんだそうです。とても生命力高い植物なんですねぇ。
Cimg6712 Cimg6708
摘んだアシタバは豚バラ肉で巻いてフライ、それと天婦羅にしていただきました。因みに天婦羅と同じ皿にのっているものは同日の朝に釣れた魚の唐揚げです^^;

火を通すと独特のクセとやらは感じられないです。
やや固めですが(湯通しが甘かったか)、美味しくいただきました。
因みに明日葉は多年草。年間を通して緑の葉をつけているそうです。
ただし、新芽は2~3月なので、食用にするならこの時期が積むには良いみたい。
またいずれ初島に行ったら、晩ご飯のおかず分摘んでこようと思います。
スポンサ-リンク

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク