« 横浜でアカエイ釣り | トップページ | 鴨川沖でベニアコウ釣り »

2016年12月 5日 (月曜日)

アカエイ料理 メモ

クロアナゴを狙っていたら釣れてしまったアカエイ。

美味しい魚と聞いていたので、釣れた時はリリースせずに持ち帰ろうと思っていました。(アカエイ釣り
しかし、いざ釣れてしまうとためらってしまいますね~。
まず、心構えができていません。
そして、この風貌から料理のイメージが湧きません^^;


・・


挑戦あるのみ!
スポンサーリンク



Dsc_0080
とりあえずまな板からはみ出してしまうサイズ。この状態で数分途方に暮れた。
Dsc_0082
まな板敷いてまずは安全のために尻尾を切る。アカエイ料理はここがスタートライン!

尻尾を切り落として思ったこと1つ。
ヌメリが半端ない!
しかし、台所に常備してあるたわしを使ってしまうと、後でたわしにヌメリやニオイが残ったりして妻に怒られてしまいそう。
ん~~~。

Dsc_0081
カニの罠を自作しようと思ってとっておいた材料をヌメリ取りに使う事にしてみた。
Dsc_0083
よし、何とか取れる!

かなりゴシゴシやらないと取れないけど、徐々にヌメリがなくなっていった。
(もちろんひっくり返して腹側もやる)
因みに、似たような形状?で比較すると、ヒラメのウロコ取りの方がはるかに楽です。
5分位で終わると思ってたんだけど・・
約4倍かかりました。
そしてこの作業が終わると、今度は解体に入ります。

予めネットの色々な(といっても数件)サイトでアカエイ料理について知識を得る。
とりあえず皆さん、アカエイをステルス戦闘機で例えると翼の部分と燃料?(肝)を食用として使っているみたい。
私もそれに習い、解体してみる。
まな板が小さい、というより、アカエイが大きいのでやりにくい!皮の硬さも相なってやりにくさ倍増!

何とか翼を切断。そして皮を剥ぐ。
煮つけなら皮は剥がなくても良いみたいだけど、ここはとりあえず全て剥いでみる。
なんだか、ヌメリ取りの工程でやたらヌメリが気持ち悪く感じていたので、それがついていた皮をどうにも食用にしたくないという思いが働いてしまった。

その皮取り。
ヌメリは取ったにもかかわらず滑ってやりずらい。しかも硬い。
1/3位まで進めばあとはエイヤー、って力技できれいに剝がれるんだけど、表も裏も、そこまでが大変!
何だかんだ、ここまで1時間以上かかってしまいました。
アカエイの解体、結構大変!

しかし、ここまでくるともう後は楽なんです。
軟骨はあるけど、小骨がない!
翼の部分には、ね^^

Dsc_0089
翼の部分だけだけど、これでもまな板からはみ出る量!
Dsc_0101
切り身。これ見て進撃の巨人を思い出した。
Dsc_0088
これが例のエイ肝。焼酎に漬けてみた。結構大きいです。

解体が修了しました^^
使用した部位、全体の約1/3。たくさんの生ゴミが残ってしまいました。
冷凍庫に入らない量なので、これは35リットルクーラーボックスに氷と一緒にいれてゴミの日まで保存です。もちろんゴミ袋2重にして^^;

ふ~~~っ。
他の魚の例では全くといっていいほど参考にならないアカエイの解体。
疲れました。。
もう、完全にガス欠状態です^^;
なんていったって、前日5時起きで仕事、そのまま22時から夜釣り、翌9時半帰宅し解体作業ですからね!
(因みにこの後色々あってようやく床についたのは夜8時でした)

Dsc_0093
翼の先側の部分は8%位の食塩水に1時間漬け、その後ザルにのせて冷蔵庫で6時間乾燥。そして炙る!いわゆる私の大好物「エイヒレ」。醤油とマヨネーズでいただきました。軟骨の歯ごたえが最高に良い!
Dsc_0096
翼の付け根側はから揚げにしてみた。これも軟骨がイイ感じに歯ごたえを演出してくれた。薄味に作ってちょいポン酢が最高!
Dsc_0104
肝と身で煮つけも作ってみた。肝はトロトロですね!醤油、みりん、砂糖、ショウガで作ったやや濃い目、甘目のたれで!



酒のつまみとしては最高ランクに値します!
付け加える言葉はありません。
ただ1つ言える事、


美味い!


※エイヒレカツも美味い!
※すいません、エイの料理は自己責任でお願いします。
スポンサーリンク

« 横浜でアカエイ釣り | トップページ | 鴨川沖でベニアコウ釣り »

料理」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

凄いですねぇ!
ステルスを捌くとは(^_^;)
骨がどこにあるのか、ぜんぜんわからないのでどこから包丁を入れていいやら(・・;)
ちゃんと旨そうな料理にできる腕前はさすがです(._.)

ヤンさんご無沙汰しております。
コモンカスベというエイをフグ釣りで釣ったことあるのですが、
アカエイでしたか^_^;
船でアカエイがかかると、船長が危険だということで、ハリス
毎切っちゃいますよね。調べたら、昔は美味で重宝されたいた
とのこと…捌いちゃうのは流石です~
大きいと引き味はすごかったでしょうね。お疲れ様でした。

凄い参考になりました。

でもグロですね。。。。

たまに釣りあげますが。。。
いつの日か、調理する日が来るのでしょうか。。。私にも。。。

調理しました勇気に乾杯です!

烏賊太郎さんこんばんは。
ステルスは翼と肝だけ食用にしました。
ズバリ、大変です^^;
でも、また釣ったら1匹だけ持ち帰りたいです^^
個人的には低温でじっくり揚げたから揚げが最高です。軟骨が生きます^^
追伸:
17日は下の子のお遊戯会でNGです。すいません。

しおどめさんこんばんは。
アカエイは確かに危険ですよね。
しかし、噂通りなかなか美味しい魚でした。
解体は結構大変でしたが、慣れれば意外と早くできるかもしれません。
また釣れたら持ち帰ろうと思います。

じょんてていらーさんはじめまして。
確かに捌くには勇気いりますね^^
その前に持ち帰る事に勇気いりますね^^
次回釣れたら、是非持ち帰って調理してみてください。
私もまだ正しい捌き方がわかっていません^^;

お疲れ様ですgood
「まいりましたcoldsweats01」の一言ですね。
調理を見守っているご家族の様子をレポートして欲しいですねheart04
年末ですが、竿納めはどうされるのですか?

gomarin_qpさんこんばんは。
家族がいない所で捌いたので・・次回は見せながら捌いてみます。
今週末に深場船に乗ろうと計画中ですが、その後は未定なんです。
ひょっとしたら厳しいかもしれません。
年明け7日に手軽なもの、と思っているのですが・・
ちょっと先ですが、ご予定ありますか?

赤エイ食べたのですね!結構おいしかったでしょ、私も2度食べましたヌルヌルを取るのにステンレスの網たわしを使いました。(*^-^) ただ、毒針だけは注意してくださいね私は船で刺されて足が紫色に腫れあがりました。ぬるま湯に浸すと痛みは取れましたが治るまでに2カ月ほど掛かりました。 釣れたらまた食べようと思っています。(o^-^o)

いしもちさん
おはようございます。
なかなか美味しい食材でした。しかし、毒針には本当に気をつけなくてはいけませんね。私もまた釣れたら気をつけて持ち帰って料理しようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327519/68705112

この記事へのトラックバック一覧です: アカエイ料理 メモ:

« 横浜でアカエイ釣り | トップページ | 鴨川沖でベニアコウ釣り »