スポンサーリンク



目次ページ

とても参考になる釣りや料理等のブログです

プライバシーポリシー

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月27日 (日曜日)

長浦港でイワシ釣り 2017

友人O君とアジ釣りの話題になり、それがトリックサビキの話題になり、

長浦港で釣れているらしい「イワシ釣りに行こう!」っていう運びになりました。

とはいいつつ、昼間はなかなか予定が合わないし、お盆明けから暑い日が続いていたという事もあって、「週末の夜釣り」にてスケジューリング。
はじめて行くポイントでの夜釣りはちょっと不安だけど、偵察がてらのんびりやってみましょう。
釣り場の詳細は海釣りドライブマップとグーグルアース頼りに、そしてぴーぴーさんのブログ「ぴーぴーの釣り日記」を参考に。
Imgp1485 
23時ちょい過ぎに到着。土曜日の晩ということもあり、意外と釣り場はにぎわっていました。埼玉の日中は暑かったけど、夜中のここは過ごしやすかったです。
Dsc_1137
いつもお世話になってます。
釣り場はそこそこの賑わいだけど、コミコミという訳ではなかったので難なく場所は確保できました。
とりあえずこの時点でホッと一息。
そして豆アジ用のトリックサビキ(針2.5号)を準備し、釣りをはじめる。
はじめは棚がわからないので、O君ベタ底、私は徐々に上げるようにして探ってみる。
そしたら底から2m位の所で、ベタ底とは雲泥の差のレベルでアタった!
その後は入れ食いというやつです^^
Imgp1501
多点掛け狙ったら速攻祭ってしまったので1~2点掛けを心がけました。まだまだ修行がたりません。
Imgp1507
カタクチイワシ、かな。140位。十分です。
途中、近くに停泊していた大きな船が出航していき、その影響で群れが散ってしまったのか1時間以上アタらない時間があったけど、その時間帯以外はイワシたちやる気満々!
めんどくさくなって、後半空針で糸垂らしたけど、それでも前半好調時の50%位のペースで掛かってくれました。
そして5時ちょい前。
うっすら空が白んできたところで終了。
まだまだ入れ食いは続いていたけど、、
O君すいません、私、諸事情で8時までには確実に帰らなくてはいけないので^^;
Imgp1494
カニマンションも仕掛けてみたけど、こちらは不発に終わりました。
O君にとってはサビキ釣りデビュー戦という事だったけど、
やや難易度高のトリックサビキ、難なくこなしてくれてよかったです。
次回はまたココか、もしくは鹿嶋アジにでもいってみましょうかね!
追伸:
1503797521096
O君早速刺身にしてみたそうです。素晴らしいですね^^因みに私は無難にオールから揚げの予定です。
Dsc_1140
内臓のみ取りのぞいて片栗粉で揚げました。イイネ~!
スポンサ-リンク

2017年8月26日 (土曜日)

小学校高学年 夏休みの自由研究

小学校6年生にもなると、基本宿題は勝手にやるので親としてはラクです。ある程度は「勉強しなさい」って催促しなくてはいけないんだけど。

そしてそれは自由研究も然り。
って思ってたらとんでもない!

まず、課題は理科系の研究限定なんだそうです。
そして構成もなんだか本格的な論文っぽい。
タイトルがあって、はじめに、きっかけ、研究内容、予想、実験内容、実験結果、考察、まとめ。
こんな感じにまとめなさい、ってプリントに書いてあった。
これは計画的に、そして本格的にやらないとダメなパターンですね。
しかし、
案の定、我が子は計画的になんてやっていないどころか、
全くの手付かず^^;
聞くと何やら「どうしていいのかわからない」オーラをかもしだした。
そういう事なら、
強制的に既に実験が終わってると思われる「貝の研究」にしてもらいましょう!
Dsc_1057
まあ、私と妻が監修すれば完成までトータル6時間ってところかな。何気に妻も貝の知識かなり備わってきました。
Dsc_1065
そういえば今年は大まかに4つのポイントに行きました。改めてそれぞれの特徴考えると結構面白かったりする^^
Dsc_1059
レア度はポケモンGOからヒント得て付け加えてみたようです。こういう遊び心も大切な要素ですね。美味しい度は私と妻と子供で意見が割れ、結構白熱した議論になりました。もちろん最終的には子供の意見尊重だけど^^
貝は生物、という事で理科系。
構成もプリントに書いてあった通りに、半ば強引にまとめてみた。
よし、OKかな。
基本、主要な所は子供に考えさせたんだけど、
家族4人の力作です!
※下の子は実験(潮干狩り)に加わったという事で。
・・
改めて見直してみると、
これ、自由研究というより「三番瀬潮干狩りHOWTOマニュアル」ですね。
しかも、㊙の詳しいポイント情報や地元の方に教わった㊙テク等が書いてあるので、
そんじょそこいらのアウトドア雑誌顔負けの内容だと思います。
ネットで公開したら、地元の潮干狩り愛好家の方からお叱り受けてしまいそう^^;
まあ、公開場所が小学校の廊下限定だし、
いいでしょう。
ピアニストの辻井伸行さんは4歳から本格的にピアノをはじめたそうです。
フィギアスケーターの羽生結弦選手は4歳からスケートをはじめたそうです。
F1で最年少優勝したマックスフェルスタッペン選手は4歳ではじめてレーシングカートに乗ったそうです。
我が長女は4歳から潮干狩りをはじめました。
将来が実に楽しみです^^
花火大会が終わって、
家族旅行が終わって、
自由研究が終わって。
庭で鳴くコオロギ。
はかない夏の終わりを告げてるように思えます。
今年も余すところ4か月。
あっという間に冬がくるんだろうな~。
深場釣りとワカサギ釣りの準備、そろそろはじめないといけませんね~。
スポンサ-リンク

2017年8月25日 (金曜日)

小学校低学年 夏休みの自由研究

先日、小学校1年生の下の子の自由研究のためにジュズダマで数珠を作ったんだけど、

どうしても「自分で釣った魚での魚拓作り」があきらめきれないとの事です。
妻が。

まあ、釣りはもちろん悪くないし、魚拓もそういえば作った事ないし、
せっかくやる気になってるのでやってみましょうかね!
繰り返しになりますが、、
妻が!
まずは魚の調達。
初めは60センチオーバーのアメリカナマズって思ってたんだけど、
実際問題不向きかな、自由研究的には。
逆算して考えていくと、まずベースになる半紙のサイズは基本35センチ×25センチ。
事実上、魚のサイズは30センチ以下(20センチ以上)が望ましいです。
じゃあ半紙を2枚くっつけたり書初め用の大きいやつを準備すれば、大きい魚でもいいじゃん、って思ったりもするけど、
そうすると額縁調達が少々難しくなる(というより高額になる)のです。
学校で展示されることを考えるなら、確実に額縁はほしい所なのでこれは外せません。
因みに半紙サイズの額縁なら、量産品が他のサイズに比べて格段にたくさんあるので安く手に入ります。
という訳でニジマス釣りとなったのでした。
そしてナイスな事に29センチのニジマスゲット!
早速作ってみましょう!
Dsc_1097 
材料はこんな感じ。
Dsc_1100
主役のニジマス。バックミュージックはもちろんシューベルトの「マス」!
準備したものとしては、
・半紙
・筆(大小)
・ポスターカラーの黒
・スタンプ用消しゴムとスタンプ台
・メジャー
・額縁
その他古新聞、テッシュなど。
上記のうち、額縁のみ300円で他は100円。
ただ、100均の大型店に調達にいき、そこの300円コーナーで額縁見つけたという事で、事実上100均で全て材料調達を済ませました。
便利な時代です。
また、当初は墨汁を準備してたんだけど、これだと後で食する事を考えると洗うのが大変らしく、更に墨独特の「臭い」が残ってしまうようなのでパス。
色が落ちやすく、無臭のポスターカラー黒色を使う事にしました。
因みに最近はこういう絵の具類も間違って口に入れても健康上問題ない素材で作られているようなので、多少絵具が残っていても問題なさそう。
すばらしいです。
とりあえず作ってみましょう。
1.まずは魚を準備。
内臓は既にとってもらっているので、あとは塩まぶして洗ったりしてヌメリをとって水分をよく拭きとる。
ニジマスはウロコが細かいのでどうやってもとれてしまうけど、そこは仕方がないです。
潔くあきらめました。
そして終わったら新聞紙の上とかにのせましょう。
2.塗る
ポスターカラーの黒(絵具タイプ)と水1:1位でやってみました。
もう少し薄めてもいいかもしれません。
筆(大)で目をさけて塗って、テッシュをテルテルボウズ状にしたものでポンポンし、筆の跡がなくなるようにならす。
慣れないうちは結構濃い目にやってしまいがちなので、4~5枚練習のつもりでやってみましょう。
私と子供もはじめは真っ黒な魚拓を作ってしまいました。
Dsc_1103
これだと塗りすぎ!そして濃すぎ!
3.半紙に写す
2人(私と妻)がかりで半紙をピーンと張って魚の中央(胴の部分)からかぶせていき、子供が中央(胴)から空気を抜くように全体に貼っていく。
多少失敗してもそこはOK!それはそれでイイ味となったと思う。
そして、ゆっくり剥がしていく。
半紙は破れやすいのでゆっくり丁寧に。
そして乾かす。
多分1回では満点のものができあがらないと思われるので、また魚を洗って絵具塗って・・の作業を繰り返し、お気に入りの1品ができるまで作ると良いかと思います。
Dsc_1104
丁寧に、を心がければ問題ないと思います。
Dsc_1107
失敗を繰り返しましょう!
4.書く
その前に「目」を入れましょう。これによってググッと魚拓が生き生きしてきます。
そして魚の名前や釣り人の名前等を筆(小)で書く。
正式には魚の名前、釣った日付、サイズと重さ、釣った場所、自分の名前、確認者の名前を書くようですが、そこは小1の自由研究。
省略バージョンで良いと思います。
余談ですが、筆ペンよりも断然筆(小)がおススメ。筆ペンよりも難しいですが、その難しさが逆に良い味だしてくれました。
Dsc_11099
まずは練習!
5.捺印
スタンプ用消しゴムで名前の印を作ってポン!
しっかり専門の石に篆刻すると、それはそれは大変なので簡易バージョン。
これ1つで飛躍的に印象がかわります!
朱色の持つ力ってものすごいパワーだと思いました。
Dsc_1118
写真の角度悪いです。
Dsc_1114
ついでに私も作りました。ウツボ、目が小さくて描けなかった^^;
細かく書きましたが、
ズバリ、簡単です^^
もちろん、上手く作ろうと思えばキリがないと思うのですが、、
これ、小学校低学年の自由研究としてはおススメできますね!
追伸:
Dsc_1124
魚拓に使ったニジマスで作りました。美味しかったです。
スポンサ-リンク

2017年8月24日 (木曜日)

浄蓮の滝でニジマス釣り

家族旅行最終日は伊豆高原の「八幡野温泉郷きらの里」でゆっくりまったり。

この宿はチェックアウトが12時とかなり遅めだし、更に温泉が充実してる事もあって早朝ウツボ釣りにも行かずに朝から温泉三昧する事にしました。
まあ、ウツボは前日に1匹確保してるし。
余裕綽々っていうヤツです。

朝ごはんはビッフェじゃないものの、ご飯とパンがおかわり自由との事で当然のようにごはんおかわりし、パンも3種類(バターロール、白パン、クロワッサン)制覇!
初日に続き、お昼ご飯いらないレベルまで詰め込みました。
もう十分元とりました。
胃袋的に。
とはいえ、このまま帰るだけなのもなんなので、、
浄蓮の滝(天城国際鱒釣場?あまご倶楽部?)に立ち寄ってマス釣りをやってみようと思います。
ちょっと心残りだった下の子の自由研究(魚拓)の材料調達を兼ねて。
Imgp1463
平日の13時頃。意外とにぎわっていました。
Imgp1383
概要はこんな感じ。基本オールレンタルのようです。因みに持ち帰れる魚の数は30分3匹、1時間6匹、2時間12匹、1日15匹まで。また1匹追加につき300円、15分延長で400円だそうです。
Imgp1385
入漁料、エサ、貸し竿、替え針がセットになったコミコミセットなんていうのもあって、それぞれ30分1220円、60分1980円、120分3710円、1日4515円だそうです。我が家は60分×2人でエントリー。因みに魚の難易度マス★、あまご★★★!
Imgp1389
天城国際常設鱒釣場。どうでもいい事かもしれないけど、何をもって「国際」なのかよくわからない点が個人的に引っかかった。
Imgp1462_2
エサはイクラ(15粒位)とブドウ虫(6匹)の2種類から選択可能。我が家は2人(竿2本)参戦という事で1種類ずつ頼みました。追加はそれぞれ110円だそうです。
道具一通り借りて川へ向かう。
そしてとりあえず子供たちにやらせてみる。
上の子(12歳)は針にエサつけてあげれば1人で一連の動作はできたけど、
下の子(6歳)は完全サポート必要^^;
まあ、仕方ないですね。
また、ここにはニジマスだけじゃなく、アマゴも放流されているとの事で是非釣らせてみたいって思ったんだけど、
その前にここ、そこそこ難易度高い管理釣り場かもしれません。
途中からアマゴどころではなくなりました^^;
川の流れが早いのでポイントへの打ち返しを頻繁にやらなければならないし、竿も3m位と管理釣り場としては長いので、木の枝等に引っかかりやすいし。
また、ミャク釣り(ウキなし)なので、棚調整が難しいし。
池の管理釣り場とはレベルが違いますね。
そんなワケで、とりあえず感じたコツ等を並べておきます。
・エサはブドウ虫が触れればこちらの方がいいかもね。エサ持ちが格段に良いので子供にやらせるには断然良いです。ただ、日によって食いは左右すると思われるので、できれば110円追加で払って2種類準備が望ましいです。
・針はスレ針(返しのない針)なのですが、飲み込まれるとかなり厄介。針外しは貸してくれますが、自作と思われるプラスチックに凹みを付けただけのものなので使いずらかった。可能なら市販の金属製のものを準備した方が良いです。
・釣り方はエサを魚より下(底)に落としてはダメです。魚は上を見ているので上にもっていきましょう。(釣り番組でもいっていました)
この3点(特に3つ目)を把握するのに30分位かかってしまいました^^;
結果、
上の子3匹。
下の子4匹。
ママ1匹。(下の子に代わり途中参戦)
計8匹。
結果的にはまあまあの数だったんだけど、惨敗と紙一重。
危なかったです。
※因みに下の子(6歳)の釣果はほぼ私です。
Imgp1468 
狙う先は45度上流側!最後に入ったこのポイントで数が伸びました。何の釣りでもポイント選びは重要です。
Imgp1466
簡単に釣ってるような一コマですが、釣らせる事って大変だと思い知らされました。足場が悪いのでサンダルはやめた方がいいかもね^^;
Imgp1473
とりあえずマイナスイオンはたっぷりな釣場です。ただ、私がそれを感じたのは出だしの数分^^;
Imgp1470
8匹。既定の12匹にとどかなかったけど、多分頑張った方だと思います。60分を選んで良かったです。30分エントリーだったら1匹でした。
Imgp1476
受付に持っていって下処理してもらう。我が屋分は内臓とってもらっただけだけど、その場で焼いたり、バーベキュー用に塩ふってもらったりも可能だそうです。お持ち帰り用に発泡スチロールも有料であるそうです。
見える魚はなかなかエサ追ってくれないし、周りでもあまり釣れてないし。
はじめはマジで焦りました。
1匹でも爽やかだったウツボ釣りとは違って、濃い~汗でTシャツびっしょり。
しかしながら・・
何とか釣らせることができて本当に良かったです!
下の子の魚拓の素材確保できて本当に良かったです!
今回はもう、この二言に尽きますね^^;
追伸:
Dsc_1127
妻のリクエストで押し寿司作りました。あと、酢でしめたお刺身使ってサラダと骨せんべい、アラかき揚げ。ウツボのから揚げとあわせて美味しかったです。
魚拓もしっかり作りました。
こちらはまた改めて。
スポンサ-リンク

2017年8月23日 (水曜日)

伊豆でウツボ釣り 2017

旅のメインイベントといいますか、そもそも家族旅行自体がウツボ釣りのサブ的存在といいますか。

兎にも角にも、今年も海水浴よりも温泉よりも楽しみにしていたウツボ釣りにやってきました。
伊豆は本当にウツボの魚影が濃いんですよね~!
大人げなくワクワクしてしまいます。

という訳で、とりあえず旅行2日目の早朝。
朝ごはんの時間から逆算すると、温泉の時間を含めホテルには7時までに戻らなくてはいけません。
「パパのせいでスケジュールが遅れた」なんて事になってはいけませんからね。
短期決戦のウツボ釣り、何とか頑張ってみましょう!
やってきたのは昨年と同じポイント
計画通り朝4時半にホテルを出発です。
本当はもっと早くに起きたんだけど、ウツボのポイントは常夜灯がない小さな防波堤。
真っ暗だとさすがに危険だし、なにより怖いので、やや空が白む夜明けの5時頃に着くようにしました。
Imgp1410
5時ちょい前に到着。やや空が明るくなってきたところです。
予定通りやや明るくなり、そしてまだ陽が昇らない、いかにも釣れそうな雰囲気のポイントに到着しました。
バッチリ狙い通りです。
そしてすぐさま支度し、糸を垂らします。
さーて、今年はどうでしょうかね!
Imgp1412
今年の仕掛けは、針は太刀魚用でブラクリっぽくアレンジしたものを作ってきました。特に意味はありません。余った部品で作ったらこうなっただけです。
Imgp1416
仕掛けを落として5センチ位底を切る。そして待つ。このぶっこみスタイルで待つのが最高に心地イイ!
エサで準備したサンマは2匹。うち1/4のみエサで使用しました。
残りはコマセがわりに使用。
そして待つ事10分。
キタ~~~!!!
Imgp1418
ちょっと小型だけどイイネ~!
Dsc_1074
魔風破でクーラーボックスへ。今年も君に出会う事ができてよかった!
相変わらずあまり引かず、ゴミが引っかかったような手ごたえ。
面白味なんていりません。
針にかかって上がってきてくれればそれでいいんです。
ナイス、ウツボ!
これは幸先良いかな!
なんて思うも、この後が続きません。
そして明るくなるにつれて防波堤下には小魚が集まりだしました。
多分ネンブツダイですね^^;
アタリもないので、、
5時40分に終了としました。
Imgp1423
撤収!
1匹釣れたし、ヨシとしましょう!
というより、もう大満足です^^
この早朝の防波堤での一時。
最高に贅沢な時間でした。
この後の温泉、そしてビッフェ朝ごはん。
そして海水浴。
ちょっと眠かったけど、、
この日は豊かな心のまま、心地良い時が過ぎていきました。
追伸:
Dsc_1121
ウツボはやっぱりから揚げですね~。
スポンサ-リンク

伊豆旅行で恒例化したもの

我が家毎年の恒例行事、伊豆旅行に2泊3日で行ってきました。

一昨年、昨年ともに台風の影響で旅のメインイベントである「白浜大浜」での海水浴は中止になり、近くの「外浦海水浴場」や「白浜中央海水浴場」の防波堤で囲まれた一角等での海水浴を余儀なくされたんだけど、、

天気予報注視し、台風ナシ、梅雨みたいな関東地方の天気の影響ナシ。
今年は風波に弱い白浜大浜に初日、2日目と行く事ができ、本当に良かった~って心の底から思ったのでありました。
なんてったって4人で2泊3日の旅。
我が家にとっての大金が動きますからね~。
そして今年は上の子と下の子がダブル小学生(6年生と1年生)の最初で最後の年。
更に上の子(女の子)が中学生になると、部活やら塾やら、反抗期やらパパ離れやらで家族4人での旅行なんて今年で最後になるかもしれないし。
夕方ホテルの駐車場で聞いたヒグラシの泣き声が感慨深かったです。
そんな伊豆への家族旅行も、今回でかれこれ5回目。
恒例化したものを中心にダイジェストでブログに残します。
蕨の自宅を首都高渋滞を避けるために4時40分に出発。
首都高は6時過ぎると渋滞が一気に加速するのでこれは必須ですね~。
そして沼津経由でクルマを走らせ、浄蓮の滝で7時ちょすぎにトイレ休憩。
朝早すぎてお店がやっていないので、とりあえず滝を見に行く。
もう浄蓮の滝見学も「これを見ないと伊豆にきた気がしない」レベルまでの恒例行事となりました。
長距離ドライブで腰が痛くなった私にも丁度いいお散歩です。
そして8時半白浜着。
駐車場は白浜大浜北側の「見目弁財天神社」近くをチョイス。
実は白浜、駐車場の料金に行程さが随分とあって歩く距離に応じて高くなっていくらしく、ここは日曜1500円、平日1000円、シャワー2分100円でした。
4年前に利用し、ちょっと安くて便利な駐車場だったので今回は迷わず!
因みに、もっと先の海岸真ん中付近ファミマ近くの駐車場だと2000円の1500円、逆に白浜プリンスホテル近くのそこそこ歩く駐車場だと土日平日一律500円みたい。
事前に知っておいて予算と必要に応じて選ぶと良いかと思います。
そしてメインイベント!
今年は曇ってたけど、たまに日差しもあっていい感じ。
いつもは不快に感じるムシムシした夏の暑さも、海水浴の日に限っては大歓迎ですね。
簡易型テントを設営し白浜大浜で遊びましょう!
Imgp1400 
海水浴は楽しんでくれたみたいでよかったです。
Imgp1428
意外と日差しもありました。
白くて長い砂浜。
白浜大浜、この辺りの海水浴場では別格の砂浜ですね!
5時間も遊べば、もうぐったり、そして大満足です。
そしてホテル。
ルームチャージ型の伊豆高原近くにあるホテルヴィラージュ伊豆高原を利用するのも我が家の恒例。
何だかんだ、家族連れだとこういうルームチャージ制のホテルがお得です。
とはいえ、いつもはここで2泊するんだけど今回の2泊目は食事付きのややランクアップのお宿を選択してみました。
たまにはプチ贅沢してもバチあたんないでしょう、という事で^^;
Dsc_1073 
初日はホテル内の自動販売機で何故か売っているオリオンビール買ってカンパイも恒例化!さっぱりしてて結構好きなんです。
Imgp1438
2日目はちょっと奮発して「八幡野温泉郷杜の湯きらの里」という旅館に泊まりました。ゆっくりしすぎてあまり写真撮りませんでした。
Dsc_1082
敷地内にある「離れ」の温泉は、専門の手さげかごにタオルや着替えを入れて移動する仕組みなんだそうです。
Dsc_1078
専用の浴衣のような着物と雪駄もいい感じに雰囲気ありました。
Imgp1448
コース料理のメインである「海鮮しゃぶしゃぶ」。イセエビ、キンメ、ワラサなんかがありました。もちろん美味しいんだけど、性に合わないとも思ってしまう^^;自分ってマジで貧乏性だと再確認した瞬間です。
Imgp1445
ん~、なんだか異次元のメニューです。
Imgp1456
朝ごはん。ヴィラージュのビッフェで目一杯昼ご飯分まで食べるのとは一転した料理でした。
運転がちょっと疲れたんだけど、良いリフレッシュになりました。
小学6年生の上の子はもう大人と同じ感覚で旅行連れていけますね。
下の子はまだコース料理とかダメですね。
DSとか持っていかないと大人がゆっくりできません^^;
伊豆旅行、とりあえずこんな感じ。
2日目早朝のウツボ釣りと3日目のニジマス釣りに続きます。
追伸:
Imgp1481
私の中で昨年より恒例化となったワサビソフト。美味しいかといったらそうでもないんだけど、ツーンという刺激は好きです。300円。因みに他の3人はバニラを選びました。
Imgp1457
念願の「猪最中」を購入!浄蓮の滝の手前に大きな看板があって気になっていたんです。
Dsc_1091
猪の型以外は普通の最中に見えるけど、皮はパリッとしててワサビソフトのコーンとはあきらかに違いますね。中のあんこはなかなか手間かけた感があって濃厚でした。なんといってもスタイリッシュ^^買いです!
スポンサ-リンク

2017年8月15日 (火曜日)

ジュズダマで数珠作り

下の子が小学1年生になったので、今年の夏休みは当然のように宿題がだされた。その中には当然自由研究があって、これが結構面倒だったりするんです。

小学校低学年の自由研究なんて特に。
半分どころか、下手したらほぼ100%親への宿題ですからね。

という訳で、親の力量次第で子供のメンツが大きく左右する大仕事。
なんとかやってみましょう!
あ、いや、手伝ってみましょう。
って、本当は別の壮大な計画を立てていたんだけど、連日の雨でこちらは残念ながら中止。
エサ買って、仕掛け作って、半紙と墨汁と筆買って。
ん~~~、
今週末は家族旅行だし、
夏休みは27日で終わりだし、
60オーバーの霞ブルーキャット魚拓計画は来年ですね^^;
という訳で代替案。
タイトルにもある通り「ジュズダマで数珠作り」です。
自由研究といっても、1~2年生は絵とかカンタンな工作で良いらしいので、今年はその言葉を信じ、簡単にいく事にしました。
まずは材料のジュズダマの実(正式には実ではなく苞の鞘が変化したもの)の採取。
しかしながら・・
このイネ科のジュズダマ、意外とない!
どこを探してもなかなか見つからないのです。
実は上の子が低学年時も自由研究で作ろうかな、って思ったんだけど、これが理由で断念しました。
一度はあきらめ、そのままだったジュズダマ採取だったんだけど、
偶然2日前、お墓参りの帰り道にプチ群生地発見!
「おお~~~っ!」
思わず雄叫びをあげてしまいました。
これはご先祖様のお導きとしか思えません。
数珠作って、自由研究の宿題終わらせ、
子供と一緒に、改めて作った数珠を持参し手をあわせに行かないといけませんね。
Dsc_1010
こんな感じで7~8mにわたって生えてました。まだ時期早くて緑色のものが多かったけど、黒くて硬くて艶やかな「摘み頃のもの」も結構あってホッと一息。
Dsc_1020
52個。とりあえず数珠2つ位作る量が確保できました。
ジュズダマの黒い実(繰り返しますが正式には実ではありません)を採取したらあとはカンタン!
1.雨の中採取したこともあり、半日乾燥。
2.針と糸と、女子の髪を束ねるゴムを準備。糸は念のため細めのミシン用を使ってみる事にしました。
3.あとは針でジュズダマの実?を子供に通させます。
4.ゴム使って環状にする仕上げはもちろん私。
(器用な方ならゴムいらないかもね)
とりあえず至れり尽くせりの準備は必要だけど、6歳児が「自分で作った」レベルには到達できると思いますよ。
Dsc_10299
2回指に針を刺してしまったようです。ツバつければ大丈夫、って昭和の教えで乗り切らせる。
Dsc_1032
出来上がり!
Dsc_1034
おねえちゃんの分もね。
ちょっと手伝ってあげれば6歳児でもカンタンにできてしまうんだけど、
なんといっても、埼玉でジュズダマが自生している所を探すのが難しいです。
この先、摘んで数珠、ネックレス、お手玉なんかを作るか、っていったら疑問なんだけど、
それでも2日前の群生地発見、とても貴重でした。
ナイスでございます、ご先祖様!
出だしで「結構面倒」なんて書きながら意外と楽しく作る事ができました。
追伸:
Dsc_1277
お彼岸にお数珠持ってお墓参りしてきました。
スポンサ-リンク

2017年8月14日 (月曜日)

たかのチェーン東川口店

「灯台下暗し」とはよく言ったもので、先日近所で肉の青木というお店を見つけ、そこのお惣菜、特にメンチカツが安くて美味しい事がわかり(スコッチエッグなんていう変わり種も発見したり)、思わずブログに残し地元のお店という新しカテゴリーを作ってみました。

もう10年以上住んでる街なのに・・
気づかないものですね~。
何だかこういう類の散策も面白いので、ちょっとずつ見つけていったり、昔発見したお店を再訪したりしていこうかな、って思います。

というワケで今回は「たかのチェーン東川口店」。
地元と呼ぶには私の住む蕨からはちょっと距離があるんだけど、新婚当初住んでいた街ということで、私にとっては準地元といいますか第二の故郷といいますかアナザースカイといいますか。
久々に立ち寄ってみました。
ここは名前の通り、チェーン店。
「和」を基調とした甘味やお惣菜、お弁当なんかを置いているようです。
おだんごやら海苔巻きやら。
夏場はソフトクリームやかき氷なんかもあり、意外とメニューが豊富なんです。
そして全品安くて素朴で美味しいんです。
しかし、なんといっても圧倒的に美味しい一品は400円のから揚げ弁当!
日本一、いや世界一美味しいから揚げ弁当といっても過言ではありません。
そもそも食に対する価値観は十人十色ではあるので、私1人が言った所でグレーな言い回しにはなってしまいますが。
でも、それくらい美味しいんです。
出逢いはこうである。
さかのぼる事12年前。
つわりで苦しむ妻が、
「けやき通りの武蔵野線ガード下辺りにあるお弁当屋さんのから揚げ弁当買ってきて!」
一瞬耳を疑った。
つわりで苦しいにもかかわらず、から揚げ弁当が食べたいと言い出したのである。
聞くと、以前買い物帰りに何気なく買って食べてみたらビビビッときたらしい。
松田聖子の「ビビビ婚」で有名になったあの「ビビビ」。
死語である。
それでもから揚げって、言わずと知れた揚げ物。
しかも、使用する具材が肉である。
つわりの合間で多少気分が良いからっていっても普通安定期に入る前の妊婦さんにはあり得ない、って思った。
そしてそのから揚げ弁当、コンビニとかのミニ丼レベルではない。
そこそこのボリュームである。
一体どれほどビビビッてきたのであろうか。
って、あれこれ考えてもしょうがない。
現実問題として今、妻がから揚げ弁当を必要としている。
そしてから揚げ弁当も妻を必要としている(気がする)。
それだけの事である。
すぐさま出かけ、言われた通りのお店でから揚げ弁当を購入。
この時点で私も大いに興味ありなので、数は2つ。税込800円。
そして帰宅。
目の前には妻がつわり中にもかかわらず食べたいと言ったから揚げ弁当。
見た目はごく普通のから揚げ弁当である。
しかし、食べてみたら普通ではなかった。
気が付くと、目の前には空になったブラスチックケースと割り箸があった。
食べている最中、完全に言葉を失っていました。
Dsc_0915
上からの写真ではわかりませんが、山盛りから揚げ5個の他にシュウマイ、(から揚げで見えませんが)卵焼き、お新香。から揚げの下には気持ち程度の千切りキャベツ。醤油も絶対に欠かせないアイテムです。
Dsc_0908
11時10分時点で8個ありました。家族4人分4個購入で税込1600円(税込がまた嬉しい)。6歳の下の子だけごはん1/3とから揚げ1個、お新香を残したけど、そこそこの量なのでよく食べたと思います。勿体ないので残りは私がかたずけました。
Dsc_0907
他のお弁当も美味しいんだろうけど、買ったことありません。多分美味しいと思います。
Dsc_0909
お団子もモチモチで美味しいんです!
Dsc_0917
適当に買いました。
本日のお昼、久々にたかのチェーン東川口店のから揚げ弁当を頂きました。
あの時、妻のつわりの原因だった上の子も残さず平らげました。
改めてはっきり断言できます。
ここのから揚げ弁当は世界一美味しいです!
スポンサ-リンク

2017年8月13日 (日曜日)

月島川でハゼ釣り 2017

本日はお昼ちょい前にお墓参りに行く予定なんだけど、早くに目が覚めてしまったので、ちょっと釣りでも行こうかなと。この前、スイカのチャージもたっぷりしたし!(3000円だけど)

最寄り駅の蕨から始発電車に乗って御徒町。都営大江戸線に乗り継いで勝どき駅。そこから徒歩10分。6時ちょい前、月島川に到着しました。
境川の状況はダメダメだったけど、ここはどうでしょうか。
調査してみる事にします。

本日は上げ止まりが8時半頃。
という事で7時半位までが勝負かな。
正味1時間半。
ハイボールとワンカップとじゃがりこでいい感じに時間が過ぎていきそうです。
のんびりまったりいきましょう!
因みに仕掛けとエサは前回の境川と一緒です。
さて実釣。
仕掛けを垂らしてまもなく、ウキひょこひょこ。
はい、1匹目!
イイネ~!
大丈夫そうですね。
でも、針はちょっと大きかったかな。
袖3号でいいかもね。
まあ、大きな問題じゃないですが。
それにしてもハイボールが美味い!
ワンカップも買っておいてよかった!
まだ8月中旬だけど、何だか秋の装いに感じました。
涼しい風とゆらゆら揺れる景色が。
Imgp0294
大きくてもせいぜい10センチ位でした。ここは何故かヒネが釣れたためしがないんです。
予定通り7時半まで。
釣果は30匹位。
針を小さくして、更にエサ持ちが良いイソメにして、更に更にお酒がなければ2倍は釣れたかもね。
まあ、本日はまったり調査釣行という事で。
スポンサ-リンク

2017年8月10日 (木曜日)

クルマが故障して学んだ事 其の二

2日前、通勤途中でクルマが故障し、久々にマジで焦りました。

しかしながら、保険屋さんの神対応により会社へは15分の遅刻で済み、何より当日の費用負担が0円で済み、職場で警察沙汰ネタでイジられた以外はほぼ通常の日常を過ごす事ができました。
保険屋のCM、ダテじゃないですね。
恐れ入りました。

そして帰宅後、保険会社に電話し、レッカー移動で一時保管してあったクルマの修理先を自宅近くのネッツトヨタに手配してもらい、とりあえずめでたしめでたし!
のハズだったんだけど、、
ネッツトヨタ、明日から16日までの6日間、お盆休みなんだそうです^^;
えええぇぇぇ~~~!
まあ、仕方ないですね。
サラリーマン、お互い休める時はしっかり休みましょう。
とはいえ、私にも予定というものがあるので色々考えなくてはいけません。
まあ、いわゆる自分のクルマが戻ってくるまでの「低燃費走行」というヤツです。
まず代車。
保険の契約では15日間まで無料との事。
トヨタレンタリースから8日に借りてるので、22日までタダという事になります。
そして毎年恒例の伊豆へのウツボ釣り兼家族旅行。
日程は20日から22日まで。
最終日がちょっと忙しいけど、ギリギリ代車がタダの期間で旅行が可能です。
はい終了!
代車、あの超低燃費で名を馳せている「アクアハイブリッド」なんですよね~。
ここは目一杯低燃費代車の恩恵にあずかる事としましょう!
そして何事も前向きに行きましょう!
というワケで、本日仕事帰りにトヨタネッツに立ち寄ってきました。
もちろん、故障原因と修理費用を聞くためです。
実は故障する前日に人間ドッグを受けてきたんだけど、その結果通知より遥かにドキドキでした。
人間って現金な生き物です。
Dsc_0997
本当は電話で聞くだけでもよかったんだけど、故障したクルマに置きっぱなしだったETCカードとサングラスと長靴を回収したかったので立ち寄る事にしました。
原因は燃料ポンプ故障との事でした。
実は実際感じた症状的に(特にリスタート時)予想通りの結果。
工賃入れて5万位かな~、って思ってたら1万高かったのがささやかな想定外因子でした。
ネッツトヨタの担当者さんには代車15日タダの件と旅行の予定がある旨話し、22日引き取りでスケジューリング依頼。
改めてお盆明けに連絡を頂く事となりました。
って、さすがにこれだけ時間あれば修理終わるでしょう!
今度こそめでたしめでたし^^
任意保険って改めて重要だと思いました。
そして良い勉強になりました。
それにしても、、
静かさと低燃費。
今のハイブリッド車ってすごい!
デカいクーラー必要なアブラボウズ釣りさえ我慢すれば、アクアでいいかな。
トヨタの陰謀にハマったかもね。
スポンサ-リンク

2017年8月 8日 (火曜日)

クルマが故障して学んだ事

いつものように朝起きて、いつものように会社に出かけました。

到着まで残り1/3。
いつも通り、ちょっと早めに着きそうなので缶コーヒーでも飲もうかな、なんて考えていたら、
プスプスッ。
!?
エンジン停止。
オーマイゴーーーット!

ハザードボタンON。
道路のできるだけ端に停止。
そしてサイドブレーキぎゅーー。
1回深呼吸して再始動を試みる。
動きません(涙)
ヤバい。
これは例のあれですね。
故障というヤツです。
すぐさま保険屋に電話。
レッカーや台車の手配と保険内容の確認です。
そして念のため警察に電話。
プチ渋滞ができてしまっていましたからねぇ。
最後に会社に電話。
「かくかくしかじかで遅れまーす」
って、冷静になんてできるわけもなく、保険屋さんにおんぶにだっこ状態でした。
・電話内容
私:クルマが故障して動かなくなりました(汗汗汗汗)
保険屋:保険証書番号かクルマのナンバー教えてください。
私:クルマのナンバーは大宮ナンバーOOもOO-OO(汗汗汗)
保険屋:お名前と生年月日を教えてください。
私:OOOO、OOOO(汗汗)
現在地を教えてください。
私:国道OOのOO辺り。下り車線です(汗)
保険屋:それではレッカー車を手配します。クルマから出ずにお待ちください。それと、念のため警察に連絡してください。
また、お客様の契約内容ですと、本日中の交通費は1万円まで保険負担、レッカー代15万円まで保険負担、レンタカー代本日から15日間保険負担です。
保険屋が神様に思えました。
なんていったって、目先の費用がタダというのが何よりの鎮静剤。
これを聞いて血圧が100は確実に下がりました。
人間って現金な生き物です。
交通整理をしてくれた警察にお礼を言い、レッカー車で近くのコンビニまで乗っけてもらい、そこでタクシーよんで会社に向かうのでした。
Dsc_0988
なんとトンネル内で故障。こういう所では警察来るまでは絶対車外に出てはダメなんだそうです。
Dsc_0987
110に電話して来てもらいました。朝っぱらからスイマセン。
最後に大仕事。
会社での昼休憩中、妻にLINEで報告です。
私:行く途中、クルマが故障した。
妻:どうやっていったの(怒)
私:タクシー。
妻:いくらしたの(怒怒)
私:4000円位。
妻:クルマはどうしたの(怒怒怒)
私:多分エンジンの故障。レッカー車で修理工場に運んでもらった。
妻:いくらするの(怒怒怒怒)
私:わからない。
妻:明日からどうするの(怒怒怒怒怒)
私:代車借りた。
妻:いくらかかるの(怒怒怒怒怒怒)
私:任意保険で賄えるのでタダ。因みにレッカー代も賄えるしタクシー代も戻ってくるみたい。
妻:代車の車種は(^^)
※カッコ内は絵文字だったのを私のフィーリングでの漢字になおしました。
人間って現金な生き物です。
事故じゃなくて良かったです。
出勤途中で良かったです。
釣りに行く途中だったら最悪でした。
スポンサ-リンク

2017年8月 6日 (日曜日)

境川でハゼ釣り 2017

昨日は戸田橋の花火を観に行ってきました。実家がマンションの12階という事で、そこからの観覧が我が一族の毎年恒例行事となっています。

花火はちょっと遠めに観る事にはなりますが、
妹とその子供達4人も集まり、キッズは出だしの10分以外、花火そっちのけでおおはしゃぎ、そして大人は終始酒盛り。
お決まりの一コマ、そして平和な証拠、という事で^^;
みなさん、お疲れ様でした。

そして今日。
皆さんお寝坊だと思うので、家族の隙間時間を利用して1人で早朝ハゼ釣りです。
やや二日酔い気味だけど、
思いっきりムシムシした真夏の朝だけど、
時間は有効に使いましょう!
Imgp1374
曇り空はいいんだけど、相当蒸し暑かったです。飲み物は必ず持参ですね!
向かった先は浦安の境川。
本日の潮の上げ止まりは6時頃。
始発電車で行けば丁度下げが効きだす7時に着けるかな、というワケで4時起きです。
4時起きなんていつもは楽勝なんだけど、
今日は辛かったな~。
予定通り電車で爆睡です。
Imgp1371
エサは今回蒸しホタテを使いました。竿は懐かしのOLYMPICの2.7m、針はハゼ針赤4号が私のここでの基本パターン!
7時ちょい前に新浦安駅着。
駅前のコンビニで飲み物買い、歩いて15分。
いつものポイントにつきました。
早速やってみましょう!
しかし、
釣れない、というよりアタリませんね~。
周りにちらほら釣り人いましたが、1人、また1人と早々に道具をかたずけてどこかへいってしまいました。
潮は動いてるんですけどね~。
下げ潮じゃダメなんですかね~。
1時間経過しアタリなし。
しかし、
Imgp1375 
ようやく!
あきらめかけてた時にようやく1匹!
ただ、アタったのではなく、あげたらついてた。
そして、
Imgp1377
2匹目!
1匹目と同じくアタリなし。
目の前にきたエサをくわえてそのまま動かず、っていう感じですね。
ハゼはいるみたいだけど、活性は最悪です。
その後、9時まで粘りましたがサッパリ。
下げ止まりも近づいてるし、
残念だけど本日は終了としました。
Dsc_0970 
話しは前後しますが、昨日の花火はきれいでした。
終了した後、散策がてら河口方面に向けて歩いてみたんだけど、意外とにぎわってて驚き。
そしてとある地元の方らしき釣り人が「渋い」って言ってたけど、バケツには10匹前後入ってた。
話しによると、青潮少し入ってるみたい。
特有の硫黄臭は感じなかったので、たいしたことはないと思うんだけどね。
直接聞かなかったけど、
こういう時は河口付近の方がまだマシなのかな?
雰囲気的にそんな感じでした。
江戸川ボート屋のHPチェックして、青潮解消の情報が聞こえてきた頃にでもまたきてみる事にしましょうかね。
追伸:
Dsc_0977
本日は今年2度目の土用の丑の日。本当はアメリカナマズ釣ってきて蒲焼きにしようと思ったんだけど、妻の猛反対にあい、仕方なく正攻法です。近所のうなぎ屋さんでウナギ弁当調達してきました。
Dvc00208
普通じゃなんか悔しいので、イナゴの佃煮100g450円もあわせて。
スポンサ-リンク

2017年8月 5日 (土曜日)

そうめんかぼちゃ

家庭菜園をされてるご近所さんから、とてもありがたい事によく野菜のお裾分けを頂くのだけど、先日「そうめんかぼちゃ」という今まで見たことも聞いたこともない野菜を頂いた。

調べてみると、そうめんかぼちゃとは正式名「金糸瓜(きんしうり)」。
茹でると繊維がほぐれて麺状になる事からこう呼ばれるようになったらしい。
更に詳しくは・・
興味がありましたらググってください。
色々と詳しい事がわかるはずです^^;

そして問題の食味。
興味津々です。
早速料理してみましょう!
といっても、そうめんかぼちゃを目の前にして何をしていいかわかりません。
ググってみます。
Dsc_0903
ふとスロットマシーンを思い出した。こういうフルーツの絵があったような。
Dsc_0906
断面はこんな感じ。この時点で何となく繊維質の雰囲気が垣間見れますね~。
まずは下処理。
ネット情報によると、15~20分水から茹でるのだそうです。
(電子レンジでもできるみたいです)
そして冷水で冷やし、繊維を手でほじくり出す。
茹で加減次第でシャキシャキだったり、しなしなになったりするみたいなので、下処理は特に重要な行程ですね~。
貴重な1個、慎重にやってみましょう!
Dsc_0922
4等分にぶつ切りにして、そのうちの2つを茹でてみた。15分経った所でで菜箸刺してみたらやや硬いと感じたので20分。因みに種は茹でる前にとった方がいいらしいですが、まあ問題なかったです。
Dsc_0923
茹で終わったら水で冷やして手でほぐす。本当にそうめんみたいにほぐれてきた。なんだか新感覚で面白い!
Dsc_0927
キレイに皮と身に分かれました。
とりあえず下処理は95点かな。はじめてにしては上手くいったと思います。
マイナス5点は・・
芯に近い所がまだ熱くて火傷しそうになった。
ちょっとそのままの状態でつまみ食い。
皮に近い外側しんなりだけど内側無理矢理シャキシャキ、風味は熟したかぼちゃなんだけど強引に若いみかんの香りも混じった。
思いつきで例えるなら、実年齢は50歳過ぎなんだけど17歳って言いはってる声優みたいな野菜。
さてと、
なんとなく全貌が見えてきたところで料理。
そうめんかぼちゃ料理の定番らしい炒め物とサラダを作ってみる事にします。
Dsc_0939 
この写真だけなら春雨料理にしか見えないですね!
・マヨネーズ和えサラダ
シャキシャキ感は残ってるけど、風味はなくなった。
でも美味しかったです。
マヨネーズ味には絶妙にあいますね。
・中華風炒め物
シャキシャキ感は半分残ってるけど、風味はなくなった。
でも美味しかったです。
味付け次第(うで次第)ですね、この料理は。
とりあえず両者ともに風味なくなりました。
風味がなくなると・・
刺身のツマですね。
しかし、刺身のツマっていっても馬鹿にしてはいけません。
美味しいヤツは美味しいですよね。
不味いやつは不味いですが。
そうめんかぼちゃはもちろん前者であります。
改めてそうめんかぼちゃ。
料理へのアプローチが実に面白い野菜だと思いました。
そしてネットで検索してみると、実に多彩なレシピがありました。
また料理する機会があったら、色々試してみたいと思います。
スポンサ-リンク

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »