スポンサーリンク



目次ページ

とても参考になる釣りや料理等のブログです

プライバシーポリシー

« 国立科学博物館 深海2017に行ってきました | トップページ | 長浦港でイワシ釣り 2017 其の二 »

2017年9月 3日 (日曜日)

埼玉のとある川でスッポン釣り 2017

以前ウナギ釣りをしていたら(6年前かな)、近くで竿を出していた方とスッポン釣りの話題になり、なんと㊙ポイントを教えていただきました。

話しを聞いているときは興味津々だったんだけど、いざ釣った後の事を考えたら二の足を踏んでしまって。
YouTubeで捌く所を見たんだけど、なかなかあれですね。
グロさが半端ないです。
難易度とかの問題以前に勇気が必要だと感じました。

そんなワケでポイント知りながら6年間完全スルー状態だったスッポン釣り。
ここへきて再び興味が湧いてきました。
人間の好奇心って、時に後先考えなくなるんだな、って思ってしまいます。
Imgp1555
ポイントは埼玉県内のとある川。今回は横着にも橋の上から竿を出す事にしました。
Imgp1557
仕掛けは特に大きな工夫はありません。(亀狙いなだけに)中通し亀形オモリ10号にウナギ針13号、エサはオーストラリア産牛カルビ。家焼肉で余ったものです。
午前中は雨。予報では午後から曇りだったんだけど、青空がでてきてしまった。
雨上がりの曇りならイイ感じ、って思ってただけにちょっと残念。
まあいいや。
釣れたら釣れたで後が大変だし、あまり期待しないでやってみましょう。
Imgp1560
木陰を狙ってみる。
釣り開始から30分。
特にアタリなし。
竿先がモゾモゾしているようにみえるけど、今日は風があるのでアタリじゃないだろう、って思ってたら、、
竿先がゆっくり曲がりだした!
「流れてきたゴミが引っかかったかな」
って思って見てみるもゴミはない。
まさかね^^;
巻き上げると重い!!
Imgp1563
でた~~~!!
写真で見たことある魚影、ではなく亀影!
とんがった顔、地味な色。
こいつはスッポンですね。
しかし、橋の上まで持ち上げるハリス強度なく、プッチン^^;
スッポン釣り、橋の上からではダメな事がわかりました。
そして網が必要だという事もわかりました。
存在確認OK!
とりあえず気を取り直し、2本目の竿の仕掛けを回収です。
すると・・
おっ、重い!!
Imgp1564
またも見たことある亀影、だと思う。(1匹目と違ってちょっと自信ないです)
2人いれば1人が川岸に行ってタモアシストも可能なんだろうけど、単独ではそうもいかずジエンド。
何だかホッとしました^^;
そして私の本能的がここでスッポン釣りを終わりにさせました。
ここ、確かに㊙ポイントですね。
魚影、ではなく亀影かなり濃いと思われます。
多分釣ろうと思えば釣れてしまいそうなので・・
捌く心構えやメンタルの整理、家族への根回しをしっかりやった後にまた来てみよう思います。
来年以降に。
スポンサ-リンク

« 国立科学博物館 深海2017に行ってきました | トップページ | 長浦港でイワシ釣り 2017 其の二 »

つり スッポン」カテゴリの記事

コメント

ご一緒したいです。

あれ、アフリカ行ったG君ですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1327519/71594325

この記事へのトラックバック一覧です: 埼玉のとある川でスッポン釣り 2017:

« 国立科学博物館 深海2017に行ってきました | トップページ | 長浦港でイワシ釣り 2017 其の二 »