スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

« 戸田の焼き鳥屋・逢来房 | トップページ | 山菜の季節 »

2018年4月23日 (月曜日)

タケノコ下処理 メモ

私にとってこの時期欠かせない食材といえばタケノコ。

昨年は嵐山の道の駅まで買いに行ったんだけど、今年は母がたくさんもらってきたとの事で2本おすそ分けをしてもらいました。
早速いただきましょう!
スポンサ-リンク

といっても、ご存知の通りタケノコは他の野菜と違って下処理(あく抜き)をしなくてはいけません。
あく抜きのやり方はググれば色々出てくるのですが、
私は母から教わったやり方一筋でこれまでやってきました。
まあ、どのやり方も似たようなものなのですが、
とりあえず母から教わったやり方メモメモ。
<準備するもの>
・タケノコ2本
・大きなお鍋
・米ぬか一握り分
・鷹の爪5~10本位
Dsc_1011
買いに行こうと思ってた矢先のおすそ分け。イイネ~!
鷹の爪はなくてもいいらしいのですが、あった方がえぐみが和らぐそうです。
また正確な数値は分かりませんが、保存性も良くなると言っていました。
<あく抜き>
まずタケノコ2本を半割。
そして先っぽ残して皮を剥ぐ。
お鍋に米ぬかと鷹の爪を入れ水を張り、さっとかき混ぜたらタケノコをドボン。
水のうちにタケノコを入れるのがポイントだそうです。
Dsc_1013
繰り返しますが水から、が一番のポイントだそうです。
強火で沸騰させたら弱火にして10分。
時間で火を止め粗熱とる。
手で触れる位になったらお鍋から取り出して洗う。
先っぽに残った皮のかたい部分を慎重に取り除く。
Dsc_1014
相当な量のあくがでました。
Dsc_1016
慎重に先っぽのかたい部分だけを取り除きましょう!
水に浸した状態でジップロックやボールに入れておけば1週間くらい持つそうですが、、
私はいつもすぐに食べてしまうので検証できていません^^;
Dsc_1018
鶏肉とこんにゃくと一緒に煮てみました。これ、毎年のお楽しみなんです^^
今シーズンもう1回は仕入れようと思います。
スポンサ-リンク

« 戸田の焼き鳥屋・逢来房 | トップページ | 山菜の季節 »

料理」カテゴリの記事

コメント

初夏みたいな季節ですが、春の味わいですね。
タケノコご飯は作らなかったのでしょうか? 私は大好きですが、、、
「今月こそは海上へ!」と思いながら、もうGWです:泣
未だ見捨てないで、お付き合いください

gomarin_qpさんおはようございます。
たけのこご飯、第二弾調達で頂きました。美味しかったです。
海上へはだいぶご無沙汰みたいですね^^;
5月は予定埋まりつつあるのですが、6月に鹿浜橋の松陽丸さんのシロギスでも、って考えています。ちょっと先ですが、ご予定あればいかがでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タケノコ下処理 メモ:

« 戸田の焼き鳥屋・逢来房 | トップページ | 山菜の季節 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク