« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月30日 (月曜日)

さいたま市の郊外でクチボソ釣り  2018

今日は朝からクチボソ釣り。

ここ、さいたま市郊外のしらこばと水上公園近くの水路はタナゴやフナも釣れるポイントなんだけど、
あえてクチボソを狙ってみようと思います。
スポンサ-リンク

父は生前、「釣りはクチボソに始まりクチボソに終わる」と言っていました。
察するに父の釣りはフナではなくクチボソに始まったのでしょう。
しかしながら、
最後はクチボソで終わる事ができなかったので、代わりにやっておこうかなと。
(最後はハゼ釣りの外道で釣れてしまったクサフグだったかな)
Dsc_1421
水位は若干多いかな。まあまあだと思います。
Dsc_1417
流れが緩やかなワンドがポイント。
Dsc_1392
エサは赤ムシを準備してみました。クチボソのエサといえばこれですね。
Dsc_1395
針は袖針ではなく秋田狐。今日は待ち、ではなく攻めの針で。
普段はタナゴ狙いのゲストで釣れてしまうクチボソなんだけど、今日は先に書いた理由にて専門で狙ってみます。
特に注意する点とかはないんだけど、こだわった点は、
・エサは赤ムシ
・針は秋田狐
・ウキはトウガラシウキ
の3点。
エサは卵の黄身を使ったおかゆ練りでももちろん良いんだけど、これだとフナやタナゴ率が上がるので今日は却下。
また、赤ムシだとエサもちも良いので、面倒くさくない点も良いです。
針は袖針でももちろん良いんだけど、今日は「アワセ」が有効な形状の秋田狐をチョイスしてみました。クチボソ釣りの面白味を重視するならこれだと思います。
最後にトウガラシウキ。
玉ウキよりアタリがわかりやすいし、こだわりと言うより何となくスタイリッシュなこのウキで今日はやりたいと思ったのでした。
Dsc_1399
トウガラシウキをしっかり立たせるには、買った時に袋に書いてある「オモリ(ガン玉)の号数」をつけるのが最適ですが、大抵袋はすぐ捨ててわからなくなるので板オモリで調整しながら、が確実だと思います。
Dsc_1401
釣れました。クチボソの棚は底ベタ、じゃなくて浮かせた方がいいかな。
Dsc_1414
7匹釣れました。
結構頑張ったんだけど、台風通過後の濁りとかの影響か、魚のいる所がピンポイントで難易度いつもより高め。
普段はどこでも釣れちゃうんですけどね~。
まあ、仕方ないです。
とはいえ、しっかりクチボソのアタリを楽しむ事ができたので満足です。
そういえば私の釣りの始まりは、、
今は釣り禁止の戸田ボートコースへテナガエビ釣りに連れていってもらって、ダボハゼ釣りに夢中になってたような。
私の釣りは「ハゼに始まり」、という事にしておこうかな、って思うのでした。
スポンサ-リンク

2018年7月15日 (日曜日)

ふなばし三番瀬で潮干狩り 2018

今年初のふなばし三番瀬での潮干狩り。

そして恐らく今年最後でもあります。
ホンビノス貝に関しては今までハズレがないこのポイント。
せっかくなので目一杯頑張りましょう!
スポンサ-リンク

家族4人っていう括りだと、上の子の期末テスト終了と部活休みが一番の難題なんだけど、この日はその2つをクリア^^
成績も悪くはなかったみたいだし、スッキリこの日を迎えることができました。
潮が程よく引く大潮の日曜日。
ちょっと・・いや、かなり暑い、いわゆる猛暑日っていうやつなんだけど、、
ここは万全の準備で出かけようと思います。
Imgp2672
船橋のニューカレドニア。今年もやってきました。
いやー、ふなばし三番瀬公園、外環道開通で無茶苦茶近くなりました。
家からふなばし三番瀬公園の駐車場までクルマで35分。
今までのほぼ半分です。
ネクスコ東日本さん、
遅いっすよ!!
Imgp2676
早速ホリホリ開始!
駐車場にクルマとめて、汗をかきかき20分干潟を歩いてポイントに到着。
時計は10時半ちょいすぎ。
そしてこの日の干潮時刻は12時頃。
暑さも厳しい事だし、潮干狩り時間は12時半までの2時間弱かな。
まあ、実績あるこのポイントなら十分でしょう。
Imgp2683 
子供たちは途中1/3位離脱していたみたい。暑いし丁度いいです。
とりあえず4人で掘り始めてポツポツ穫れだした。
今回も大きな移動せずとも大丈夫っぽいです。
ホンビノス獲り、やっぱり面白いですね!
ここは中型が基本だけど、たま~に大物が混じって面白さ倍増。
暑さなんて忘れてしまう勢いです^^
Imgp2681
十分です。
Imgp2691
正確な数はわからないけど、100は確実に超えてるかな。(帰宅後数えたらサルボウガイ5個、アサリ33個、ホンビノス139個でした)
ふなばし三番瀬公園での「とことんホンビノス貝獲り」。
気づけば我が家の欠かせない「夏の行事」の1つになっていました。
今回はは有料潮干狩り場が終わった後の1回だったけど、
来年は始まる前の「春の行事」としても行っておきたいです。
スポンサ-リンク

2018年7月14日 (土曜日)

月島川でハゼ釣り 2018

色々あって8時ちょい過ぎに行動開始。
本日は月島川でハゼ調査です。
スポンサ-リンク

月島川の最寄り駅は大江戸線勝どき駅。
地上に出て、歩いて5分位。
川の両サイドはマンションやビルに囲まれてるんだけど、
ポイントの近くまで入れる南側は残念ながら日陰は少なかったな~。
帽子かぶって水分多めに持ち込んで頑張りましょう!
(一応コンビニ近くにあります)
Dsc_1331
干潮に近づいていたので手前は干上がっていました。3.6mのちょっと長めの竿チョイス。
Dsc_1321
対岸は日陰ですね~。常連さんと思われる方達はこちらに陣取っています。水面まで高さあるので4.5m位の竿使ってました。
早速釣り開始。
が、アタってもなかなか釣れません。
そしてようやく釣れるも、
Dsc_1324 
6センチ位かな。小さいです。因みにエサはボイルホタテ。
まだシーズン早いのかな。
京浜運河より2~30%小型です。
ハゼ針4号でも大きいかもしれません。
袖針3号、準備しておけばよかった^^;
というワケで猛暑の中、悪戦苦闘ハゼ釣りとなりました。
1時間半。
潮が止まり活性が下がりました。
数は6匹とダメダメなんだけど、ここで潔く終了です。
Dsc_13255
6匹。暑い中、厳しい条件の中頑張った方だとおもいます。
感想としては、
・月島川、まだ時期早いですね。
・ここは秋口でも小型が多いように思えるので念のため袖3号持ち込んだ方が良いと思います。(そういえば昨年も同じ事思った^^;)
・川の北側が日陰になってたので、夏は長めの竿(4.5m)もしくはリール竿準備してこちらの方がいいかもね。
次回はお盆明け以降にでも行ってみようと思います。
Dsc_1336
ハゼ釣りとセットで恒例化しつつある二郎めぐり。今回はちょっと遠回りして目黒店(通称めぐじ)に行ってきました。なんとここはラーメン小500円!他の二郎より麺ヤサイは少なめですが、それでもかなりの量です。
ラーメン二郎目黒店、ここは雰囲気が独特ですね。
店主、助手、そして客が阿吽の呼吸で一連の動作をこなしていきます。しかもほぼ無言で。
ここに来るなら、まず他の二郎2~3店舗経験して、更にぐるなびの口コミか何かでローカルルールを予習してからが良いかと思います。
スポンサ-リンク

2018年7月 8日 (日曜日)

京浜運河でハゼ釣り 2018 其の二

今日は子供たち2人を連れて従妹達と遊ばせるために妹のマンションに遊びに行く日。

京浜東北線に乗って、東京モノレールに乗って、
天王洲アイルへとやってきました。
スポンサ-リンク

一時期の猛暑日は過ぎ去ったけど、それでも日中は暑いです。
子供たちは涼しい室内でゲーム三昧。
充分楽しそう。
・・
子供たち6人は勝手に遊んでるし、
あとは妹に任せて大丈夫かな^^
Dsc_1295
モノレールで一駅、大井競馬場前まで。一応釣り道具とボイルホタテ持ってきておいたので子供の状況次第で来る予定でした。
Dsc_1298
私に許された時間は1時間半。今日は宇崎日新の3.6mの竿に小型シモリ5個、ハゼ針4号の仕様です。宇崎日新の竿、一目ぼれにて諭吉さん+αで購入しました。
本日は小潮で、しかも午後はほとんど潮動かない日。
暑い中、そして厳しい条件の中で子供連れてくるのもしんどいので、
妹の協力のもと、1人で参戦する事にしました。
細かくポイント探って、
誘って誘って、
エサも頻繁にとりかえて、
何とか頑張ってみる事にしましょう。
Dsc_1301
近め遠め、そして少しずつ左にポイントずらしながら探っていってようやくアタリがでるポイント発見!
予想ではもっと厳しいと思ってたんだけど、しっかりウキに魚信伝わっていました。
潮あまり動かなくてもポイントによってはしっかり活性ありますね。
ただ、レジャーボートが通って波押し寄せて、
ポイントの底がかき混ぜられるとアタリが途切れてしまいました。
ここはレジャーボートほとんどこない早朝の方が良いのかな。
桟橋近くのポイントという事で、職業船は通過時しっかり減速してくれるのでそれほど波たたないんだけど、レジャーボートはそうはいきません。
それでも穏やかになれば活性上がったり、再び底かき混ぜられて活性下がったりの繰り返しで1時間半経過。
何とか19匹確保です。
Dsc_1309 
意外と型良かったです。帰宅後測ったら7~11センチ。
昨日の北十間川に続いての2連チャンハゼ釣り。
どちらも短期決戦だったけど、
何だか充分。
暑かったし^^;
これからまだ湾奥界隈浅場ポイントで3か月、
涸沼や深場ボートハゼいれれば5か月。
今シーズン、ロングランできそうです。
Dsc_1316
ハゼ天、やっぱり美味かった!
スポンサ-リンク

2018年7月 7日 (土曜日)

ソラマチでハゼ釣り 2018

本日は休日なんだけど、午前中と夕方に用事あり。

最近、なかなか丸一日自由時間とはいきません。
とはいえ、空いた時間は有効に使わないとね。
スポンサ-リンク

かるーくハゼ釣りにでも、って思うも潮見表を見てみると潮はあまり動かないみたい。
海沿いのポイントは活性悪そう。
なら、潮が動かないなりに釣れるであろうポイントに行ってみる事にしましょう!
Dsc_1285 
相変わらず真下から見上げると迫力あります。
Dsc_1276
駅近く、コンビニ近くどころか、おしゃれなお店多数。不自由はありません。
Dsc_1286
噴水の影響か、流れなくてもハゼの活性は終日良いです。
Dsc_1284
ピーカンの日も雨の日も、橋の下は良いですね~。
久々にやってきました。
本日は今シーズンの下町界隈ハゼを占う、貴重な試し釣りです。
ここの良い点は、水門の開け閉めで流れが発生し、活性上がったり、
それがない時でも噴水近くで終始釣れたりと、
なんといっても「潮の影響を受けない点」かな。
それと、橋の下で雨や直射日光が防げる点もいいね!
たまにヒネが釣れる程度で小型中心だったり、
そもそも個体数が少なめな点は置いておくとして、
当たり外れなく程々に楽しめる点がナイスなハゼ釣り場だと思います。
そんなワケでとりあえずやってみましょう!
Dsc_1280 
予想通り7~8センチ中心!
Dsc_1282
1時間半で7匹^^;エサはボイルホタテを持ち込みました。
私としたことが・・
手違いで替え針忘れてきてしまいました。
仕掛けについてる針はハゼ針5号。
今の時期、このポイントでは大きすぎです。
アタリは結構あったんだけど、
針掛りせずエサとられた、が、かなりありました^^;
袖3号位ならかる~く3倍以上は釣れたと思います。
因みに竿は1.8m使用。
水深1m、ほぼヘチ狙い。
広範囲探るなら2.7mが良いかもね。
が、橋の下でやるなら1.8mがお勧めです。
まあ、予想通り今年も釣れるという事で無事調査終了。
二郎でも食べて帰る事としましょうかね!
Dsc_1273
ラーメン二郎千住大橋駅前店。ここは無料トッピングでラー油がある点がポイントだそうです。
おわかりになるだろうか。
スープの上層部に約1センチの油の膜。
ブタ食べて、ほんの少しスープすするのが私の必勝パターンなんだけど、、
これ、無理です^^;
スポンサ-リンク

2018年7月 1日 (日曜日)

さいたま市郊外でザリガニ釣り 2018

明日から上の子は期末テスト。居間でママに付き合ってもらって勉強しています。

というワケで、私と下の子はどうやら邪魔みたい。
特に体力有り余ってる下の子、ね。
スポンサ-リンク

私:「パパと2人で釣りにでも行こうか」
下の子:「ザリガニ釣り行きたい」
お、イイネ~!
ハゼ釣りを想定したんだけど、
このくそ暑い中、子供連れて1時間以上かけて行くのも何なので丁度いいや。
近所、とはいかないけど、
実績ある「岩槻付近にある浦和競馬トレーニングセンター裏の水田地帯」に行ってみる事にしました。
Dsc_1251
行く前は心配だったけど、今年もザリガニしっかりいました。
Dsc_1263
小2ともなれば完全に1人でできますね。楽ちんです。
Dsc_1265
あっという間にツ抜けました。
本日は昨日に続いての猛暑日。
子供連れてという事で、熱中症対策は万全でいかないといけません。
とはいえ、クルマはポイント近くにとめられるし、自動販売機も5分位歩いたところにあったし。
500のアクエリアス1本準備して帽子かぶらせればOKかな。
45分位。
「アイス食べたい」宣言が出たところで終了としました。
Dsc_1269
お持ち帰りは家の水槽にオスが1匹いるので、お嫁さん候補にメス1匹。くれぐれも共食いに気をつけてください。
家にLINEすると、妻と上の子は「マック食べたい」宣言。
私は「ビール飲みたい」宣言!
スポンサ-リンク

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク