スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

« 南房でベニアコウ釣り 2018 其の二 | トップページ | 磯釣りについて 沖磯編 »

2018年12月14日 (金曜日)

磯釣りについて 竿編

せっかくの平日休だったんだけど、

外海も内海も、風が強そうで釣りっていう雰囲気ではなさそうです。

そういえば12月に入ってから釣りに行ってないな~。
そしてブログの更新もしていないな~。
というワケで、ちょっとメモ更新。
お題は「磯釣りについて」
の竿について。
って、磯釣りについて私はまだまだ初心者なので、
そういう目線でのメモという事で。
釣り道具の中で最も種類が豊富といっても過言ではないですよね。
海釣りでは船用、磯用、砂浜(サーフ)用、防波堤用。
更に細分化していくと、
もう結構な種類です。
特に船用なんてほぼ魚種ごとですからね~。
そんな中での磯竿。
大まかに分けて、1号、2号、3号、4号、5号。
5号の上には石鯛用やクエ用なんていうものも存在しているようです。
その他、磯でのルアー竿。ハタやアイナメなんかを狙うタイプや、青物を狙うタイプかな。
これは主にシーバスロッドと共通しているかと思うのですが、調べてみるとヒラスズキ狙いでの磯ルアー専用竿(やや長さがあるルアー竿)としても存在しているみたい。
日本の釣り竿メーカーさん、素晴らしいですね。
話は戻り、磯竿1号、2号、3号、4号、5号。
何やらこの5種が磯釣り竿の基本っぽいです。
特に1号、(1.5号)、2号。
この辺りが磯釣りの王道、メジナやクロダイ狙いでの「ウキふかせ釣り用」とされているもの。
4号、5号に関しては、カゴ釣り遠投サビキ釣り等に使う、遠投用と呼ばれるガイドが大きめのものが主流のようです。
因みに号の前の数値はハリスの太さの目安との事。
オモリ換算(目安)だと、1号≒3号、2号≒5号、3号≒10号、4号≒15号、5号≒25号。
1~2号ウキふかせ、4~5号カゴ釣り遠投サビキ。石鯛用、クエ用、ルアー用。
調べた結果、用途はだいたいこんな所でしょうか。
って、3号がやたら中途半端な立ち位置だという事に気づきました^^;
更に調べてみると、「磯ブッコミ」というカテゴリーが浮上。
ターゲットは何やら、
何でもいいようですね^^;
因みにこのブッコミというカテゴリー、遠投とはちょっと違っていて、
かといって調べてみても明確な定義はなさそうでして、
定義はなさそう、という事で私が勝手に思い描いているイメージで書いてしまうと、
「足元から100m位までのちょい投げ」
といった所でしょうか。
そんな磯ブッコミ。
面白いものとして、とあるHPで「ライト石物釣り」というカテゴリーを見つけました。
何やら3~4号の磯竿で2キロまでのイシダイ、イシガキダイを狙うようです。
特にイシダイに比べてそれほど大型化しないイシガキダイが主なターゲットっぽい。
そして裏本命はブダイ、なのかな。
うんうん、なかなか面白そう。
実際、先日のアシカ島でイシダイ2キロを見たけど、そこそこ良いサイズでした。
またその2キロを釣った方によると、なかなか2キロを超えるサイズは釣れない、とも話していました。
更にはイシダイやイシガキダイ、ブダイは大きいサイズになると毒性のあるイソギンチャクを食べだすらしく、体内に毒(シガテラ毒)を持ってしまう個体も出てくるそう。
尚更持ち帰って食べる派には本格派石物釣りよりもライト石物釣りの方が向いているのかもね。
Dsc_1930
上から2号4.5m、1号5.4m、4号5.3m(ガイドが小さいので遠投用ではなさそう)。以前よくわからず、豆アジイワシ用に中古釣具屋で800~1000円(税別)で購入していました。年代物の竿とはいえ、NFT製という事で結構信頼しているし、実際軽くて気に入っています。
たまたま衝動買いに近い形でMY豆アジブーム時に購入した3本の磯竿。
これから意外と活躍するかもね。
スポンサ-リンク

« 南房でベニアコウ釣り 2018 其の二 | トップページ | 磯釣りについて 沖磯編 »

つり 準備、対策等」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。磯釣り、はまっていますね。伝わります。
戸田の上州屋、つぶれたの残念です。

天くんさんこんばんは。
上州屋なくなってしまいましたね。残念です。
キャスティングには頑張ってほしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 磯釣りについて 竿編:

« 南房でベニアコウ釣り 2018 其の二 | トップページ | 磯釣りについて 沖磯編 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク