スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

« 平潟港でアナゴ釣り | トップページ | アカムツの煮つけ »

2019年11月 1日 (金曜日)

平潟沖でアカムツ釣り 2019

前日入りし、車中泊していたら寒くて2時におきてしまいました^^;
気温は9度。
もう冬はすぐそこなんですね~。


第15隆栄丸さんのアカムツ船は4時集合、4時半出船。
この日は平日にも関わらず、10人(満席?)の釣り客。
そして鈴木船長も元気な姿を見せてくれました。
何でも、春先に腰骨に神経が挟まる、といった症状(脊柱管狭窄症 )で入院・手術をされたとの事。
お客の荷物運びこそしていなかったけど、元気にお祭り処理にて船上を行ったり来たりしている姿を見て、なんだかホッとしました。

そんな自分の話半分に、
「ケミホタルや(マシュマロ)ボール持ってきてたら付けた方がいいよ」
との事。
サバ対策でどうしようか迷っていましたが、この一言ですんなり決断です!

Dsc_0108
帰港後撮影。日中はポカポカで穏やかな天気でした。

Dsc_0080
ポイントまでは1時間半。移動中は畳敷きのキャビンで眠れる点もこの船の良い所です。

Dsc_0086
エサのホタルイカ。乗船料とは別に700円。乗船料は15,000円。

Dsc_0096_20191031212301
途中、サバ釣れてエサ用に短冊にしました。新鮮なサバは時に劇的な特エサになってくれますからね~。

Dsc_0095
ビシアジタックル。赤のケミライト、黄色Lのマシュマロボール、2本バリ(ホタ針16号)、ハリス5号、オモリ120号(ポイントによっては150号らしい)。アカムツポイントには他の平潟の船(多分小名浜の船も?)4隻入っていました。水深は120~140位。

6時にポイント到着。
しかし、アタリ少な目。
船長、「潮が全然動いてないっぺよ」

これはやばい展開です^^;

Dsc_0092
釣り開始から1時間半後、ようやく!

何とか1匹釣るも、後が続かず。
周りもポツポツ。
最低でも2匹、って思っていたんだけど、この時それすら怪しいような気がしていました。

そして時計は終了時刻30分前の12時。
ようやくそれらしいアタリアゲイン!

Dsc_0101
アカムツ2、結構デカいアジ、ユメカサゴ2。何とか晩御飯のおかずになったかな。サバも5匹釣れたけど3匹エサ用。

何とか最低限の釣果は達成した、ってホッと一息。
正直、もうこれでアカムツは打ち止めと思ったけど、

Dsc_0104_20191031214401
終了間際に2本立続け!アカムツ4(36~32センチ)、アジ1(35センチ)はナイスなお土産です^^

最後は朝イチにやったポイントに戻ってアタリが頻発し、みなさんここで1~2匹追加したようです。
しかも、2本50センチオーバーと思われるものが上がってました。
そして船の反対側ではでっぷりしたマゾイも。
そういえばマゾイって釣ったことないな~。
50オーバーとマゾイ、次回以降の目標かな。

船宿の10月31日の釣果情報見てみたら、アカムツは1~5匹との事。(その他マゾイ、メダイ、アジ)
この状況を考えたら、4匹(アカムツと思われるバラシ2)は十分な釣果だったのだと思います。

上記にも書いた通り、私はハリス5号、ホタ針16号の2本針(3セット消費しました)、黄色のマシュマロボールL、赤のケミライト。
竿はビシアジ仕様のダイワディーオ2・180-100、リールはダイワハイパータナコン400にPE3号。
波崎仕様と同様、ですね。(竿はもうちょっと柔らかい方がいいな)

まわりを見てみると皆さんほぼ同様で、マシュマロボールがオレンジだったり、ケミホタル(水中ランプ)がグリーンだったり。
針が3本だったり、4本だったり。
私も1匹釣れましたが、みなさん結構な確率で大きなアジを上針でゲットしていたので「五目要素」を考えれば(サバ祭り無ければ)針数増やす作戦もアリなのかな。
因みに船長の弟さんが出している同港の第6隆栄丸さんは乗船料2000円安い13,000円。
10トン未満?のやや小さい船で電源はなし。移動中休めるキャビンも見た感じないような。
以前電話で「うちは氷以外何もつかないよ」って話していました。
なので、エサもライフジャケットもバッテリーも、もちろんタックルや仕掛けも持参だと思われます。
参考まで。

久々のアカムツ釣り。
船長曰く、あまり良くない日に当たってしまったとの事ですが、
それでも何だか十分満足した一日でした。

また仕掛けを作って参戦したいと思います。

Dsc_0110
私だけじゃなく、船中釣れたアカムツは殆どが30センチオーバーだったようでした。食べ応えありそうです。

Dsc_0112
とりあえず2匹は捌いて炙り!

Dsc_0118
酢飯でドンブリに。アジはナメロウです。その他アラでお味噌汁も。

残った2匹は甘めの煮つけにしようと思います。

« 平潟港でアナゴ釣り | トップページ | アカムツの煮つけ »

つり アカムツ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
旨そうなアカムツ丼ですね~(^-^)
お店であったら頼んじゃいますね。

マシュマロやケミホタルの色は、早朝と日中、水色とかでいろいろ能書きがあるみたいですね。
僕は、まだまだわかってないのでこっそり教えていただきたいです。
お疲れ様でした。

烏賊太郎さんこんばんは。
マシュマロやケミホタルの話、色々聞いてみました。
人それぞれ意見あるようですが、「平潟ではサバやサメに応じて使い分ける」ような事を言っていたのがどうやら一番信憑性ありそう。(黄>赤>なし)
ビシアジ竿は硬いので、早速アカムツ竿買いました^^;
来月また行こうかと検討中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平潟港でアナゴ釣り | トップページ | アカムツの煮つけ »

サイト内検索


  • カスタム検索

スポンサーリンク