スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

« いろいろ 其の六 | トップページ | タケノコ採り 其の二 »

2020年5月23日 (土曜日)

タケノコ採り

25日に我が埼玉県で緊急事態宣言が解除されそうな雰囲気になってきました。
ようやく!

「遅いんじゃないの?」
「いやいや、まだ早いでしょう」

立場等により色々あるかと思います。

「本当は解除したくないけど、経済が破綻してしまうので仕方なく解除してやる」

こんなような本音かどうかはわかりませんが、
とりあえずあまり油断はせず、
且つ、
少しずつ心の豊かさを取り戻していこうかなと。


さて、そんな「豊かさ」を探して買い物帰りにちょっと寄り道。
まだ緊急事態宣言は解除されていないので、「お買い物帰りの寄り道」程度に抑えておこうと思います。
今回の寄り道ポイントは、距離的には家からスーパーが「2」だとすると、「1+√3(ルート3)」。
グーグルアースで調べたら、家、スーパー、寄り道ポイントの3点が直角三角形っぽい感じでした。

つまらない前置きすいません。

Dsc_0785
とある河川敷のハチクの竹林。

この竹林は河川敷の一角にあって、ほぼ手入れはされていないのかな、って思うほど密集して竹が生えています。
そしてこの時期になると、ハチクのタケノコは勢力を拡大しようと、すぐ横の土手にも雑草に紛れて生えてきます。
しかしながら、結構早いサイクルにて市は草刈りの予算を組んでいるようで、雑草ものともタケノコを刈ってしまうのです。

「刈られる前に採ってしまおう」

という魂胆での寄り道。
本来ココはセリのポイントなのですが、
運よくハチクのタケノコも採れる事を知り、
今年からはこちらが主になりそう。

因みにハチク(淡竹)。
一般的に竹と言ったら真っ先に思い浮かべるモウソウチク(孟宗竹)よりもかなり細めで、タケノコは(関東では)5月中旬頃に生えてくるのが特徴。
多分、マイナーなタケノコなのだと思います。
私も「山菜ガイドブック」を買って読むまでは知りませんでした。

Dsc_07941
山菜ガイドブックにて。愛読書の1つです。

Dsc_0948
ありました。良いサイズだと思います。

Dsc_0946
遠くに2本。これは成長しすぎかな。草刈りついでに刈ってもらいましょう。

Dsc_0939
不揃いなもの10本ほど。

成長しすぎのもの、まだ土から出たばっかりのもの、20~30センチの丁度いいサイズのもの。
とりあえず本日は調査という事で、食べきれそうな分10本を持ち帰る事にしました。
因みにこのハチクのタケノコ、40センチ位までのものが食用の対象なのだそうです。

Dsc_0940
皮を取り除きました。

一番大きいやつ(手前)の根本部分はちょっと固そう^^;
しかしながら、それ以外のやつは良い感じかな。
モウソウチクほど香りは強くない感じ。爽やかな枝豆っぽい。
そして、灰汁もモウソウチクより少なく、人によっては灰汁抜きせずに料理する事もあるようです。

ま、かる~く米ぬか等使わず水のみで灰汁抜きやっときましょう。

Dsc_0953
普通のタケノコ(モウソウチク)と比べて簡単!ただ、タケノコ独特の香りは半分以下かな。

水から入れ火にかけ1時間。
そのまま放置し、あら熱とった所で水を替え冷蔵庫へ。
そして半日放置予定。

多分良い感じ^^

今晩が楽しみです。

25日、我が埼玉県で緊急事態宣言が解除されそうな雰囲気になってきました。
ようやく、です。

遅いんじゃないの?
いやいや、まだ早いでしょう。

色々意見が分かれております。
しかし、多少前後したところであまり変わらないような気がします。

「本当はもっと継続したいんだけど、経済が破綻するから仕方なく解除してやる」

 

« いろいろ 其の六 | トップページ | タケノコ採り 其の二 »

タケノコ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いろいろ 其の六 | トップページ | タケノコ採り 其の二 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク