スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

« 京浜運河で潮干狩り 2020 | トップページ | 川崎沖堤防でマダコ釣り 2020 »

2020年7月 6日 (月曜日)

船で行く潮干狩り 2020

今年は上の子が高校受験という事で、
小4の下の子を連れての、2人での外出が増えそう。

もっとも、
それ以前に「外出自体そのもの」がどうなのかという問題も再燃していますが。

向かった先は千葉県市川市の林遊船さん
沖釣り、ハゼボートを柱に、初夏は潮干狩り渡船もやっている船宿です。
ポイントは三番瀬の砂地が主のようで、たかはし遊船さんのような岩礁地帯へは行かず。
大粒アサリがザクザクいるようなポイントではないけど、
ファミリーには安全な点が良いと思います。
料金もたかはし遊船さんより少し割安で(大人2700円小学生1000円)、無料駐車場あり、という点もありがたいです。

Imgp4551
昭和な建物の横は広い駐車場。駅は遠いけど、クルマで行くには便利だと思います。

Imgp4553
土手を超えて桟橋へ。我が家含め、ファミリーが多かったです。

Imgp4555
ハゼボートも賑わっていました。

Imgp4564
干潟到着。ホリホリ開始!

なんとなくわかってはいたんだけど、
今年はアサリがダメで、その他の貝もあまりよろしくない雰囲気。

実はこういった事情で、今回渡船での潮干狩りを選んでみたんだけど、
沖の干潟もよろしくないようでした。
みなさん、アサリやホンビノス諦め、マテガイをメインにやられているようです。

が、我が家はというと、
膝まで浸かるポイントでアカニシ狙い!

Dsc_1139
大粒のアカニシ貝、12個獲れました。とりあえずお土産にはなったかな。

Dsc_1137
その他、小型のハマグリ3つとアサリ2つ、最後にマテガイ1つ。

ある程度アカニシ貝獲った所でマテガイにシフト。
しかし、ここで痛恨の雨^^;

船宿の方が早上がりを促してくれて、我が家も他の2家族と一緒に早々に退散。
気化潜熱にて寒くなり始めたし、
もう充分です。

今回はマテガイたくさん獲ろう、って意気込んでの参戦だったけど、
息子が何故かホンビノスにこだわり、ポイントが少しかぶるアカニシ貝そこそこ、という結果になりました。
収穫は息子に「アカニシ貝の獲り方のコツ」を少し教えることができた点かな。
今度は専門で獲りに連れて行こう。

Dsc_1145
アカニシ貝は酢味噌和えが我が家の定番です。

水温か、タコの湧きが良いからか、
理由は定かではありませんが、

今年は東京湾の貝、全体的に不作という事で、
早くも来年に期待!

« 京浜運河で潮干狩り 2020 | トップページ | 川崎沖堤防でマダコ釣り 2020 »

潮干狩り」カテゴリの記事

潮干狩り アカニシ貝」カテゴリの記事

コメント

アカニシ、良いですね。自分も行ってきました。ホンビノス、25キロくらい採れました。買い物かご一杯かな。
前回が数個しか採れなかったのでリベンジ成功です。

天くんさんおはようございます。
江戸川河口、賑わっていたのを観ました。
ホンビノスもいる所にはいるんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京浜運河で潮干狩り 2020 | トップページ | 川崎沖堤防でマダコ釣り 2020 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク