« 本牧沖でイシモチ釣り 2022 | トップページ | ハナダイ料理 »

2022年10月16日 (日曜日)

片貝沖でハナダイ釣り 2022

週末。雨予報が晴れ予報に代わり、
急きょ予約。
しかし、フタを開けてみると雨模様で風もそこそこ。
ま、何とか釣りは可能なレベルデス。

Imgp0057_20221016024701
帰港後撮影した直栄丸さん。

今回お世話になったお宿は、片貝の直栄丸さん
片貝の船は過去に5件お世話になり、直栄丸さんで6件目。
色々カラーはありますが、片貝の中では特におススメできる船宿という印象。
真面目で優しい船長さんと仲乗りさんの、息の合ったコンビでした。

Imgp0004_20221016025301
仕掛け1組とオキアミエサ、氷が配られました。氷は帰港後も貰えます。

Imgp0005_20221016025401
糖質ゼロプリン体ゼロでお清め。

4時半集合、5時出船。11時半までやって12時帰港。
3時40分に到着すると、左舷大トモは取られていましたが、右は空き。
クーラーボックスと竿を置いて、釣り座を確保しました。
因みに、港に立てかけてある「竹竿」を立てて釣り座を確保しても良いそうです。
船指定の仕掛けはイサキ用、かな。ハリスは2号。
常連さんは喰い渋り用に1.7号、逆に喰いが良い時にハリス切られないよう2.5号も持ち込んでいるそうです。
次回は準備しよう、って毎回思うも、いつも船宿仕掛けオンリー^^;
そして、ここ直栄丸さんは、基本ウイリーではなく、付けエサ用を推奨しているとのこと(常連さん)。
理由は聞かなかったのですが、「細かいことはあまり考えず、のんびりやろうよ」といった雰囲気を感じました。
間違っていたらスイマセン。

Imgp0008_20221016030501
釣り座で準備しているとアミコマセが配られました。途中、仲乗りさんが様子を見にきてくれ、少なくなると足してくれます。

Imgp0009_20221016030501
左4名、右2名。左はお仲間さんのようです。なので、右舷はゆったり。そして私以外のみなさん、電動リールでした。(水深25m)

Imgp0012_20221016030601
お隣の源七丸さんが先に出ていきます。狙いはヒラメでしょうか。

この日の天気は二転三転し、前日朝は晴れ予報だったものの、夕方には雨予報。
妻が洗濯物を外に干す予定が狂い、気象予報士にブツブツ文句を言っている最中、釣りの話題はできませんでしたが、私も心の中で「え~~」。
船は出るレベルの天気でも、できれば晴れ、もしくは曇りがいいですからね。
雨ポツポツ、白波チラチラ。何度か仕掛けが絡んじゃった。

ま、釣れれば!

Imgp0015_20221016031701
喰いによっては尻尾を半分ちぎって小さめにしてつけると良い時もあるのですが、この日は関係ないようでした。

Imgp0018_20221016031701
6:4のお気に入りの竿と手巻きリール。ビシは黄色の60号。糸は1.5号が巻いてあります。

Imgp0019_20221016031801
ファーストヒットは置き竿でダブル^^;

30分走ってポイントに到着。
「はじめてくださ~い、25m~17mを探ってくださ~い」と、ものすごくフレンドリーなアナウンスで釣りスタート。
頑張りましょう!
しかし、朝一は渋い模様。
無駄にコマセを消費しているだけ、といった、疲れるパターンデス。
周りではポツポツ上がっているようですが・・この釣りに慣れていない、しゃくりがヘタクソな私はなかなか釣れません。
こういう時は、ジタバタせず置き竿で朝ごはん^^

すると、竿先ガンガン!
作戦的中、かな^^;

置き竿が功を奏したのか、ダブルで掛かっていました。
釣れた時はハナダイダブル、って思っていたのですが、写真を改めてみると、1匹はマダイかな。
25センチ位のマズマズの型が見れてホッと一息。

やがて少しずつ魚の活性は上がっていき、8時の2回目の小移動後は入れ食いモードに。
船中、電動リールの音が鳴り響きます。
こうなると、しゃくりとかタナとかはさておき「手返し命」ですね~。

Imgp0025_20221016033101
ダブル連発。トリプルも2回ありました。

Imgp0027_20221016033101
割り箸があると、針外しがラクです。因みに半分位は針飲み込まれました。

Imgp0028_20221016033401
慣れるとかなり重宝します。

Imgp0034_20221016033101
海面にピンクの魚が浮かぶと気分いいですね~。

Imgp0031_20221016033201
イシガキダイも1匹釣れました。この日、船中結構混じったそうです。

Imgp0052_20221016033501
お向かいさんはマハタゲット!うらやましい^^因みに一番上の針についていました。意外と浮いてるんですね~。

Imgp0039_20221016033201
ソーダガツオ。ヒラとマルの区別がこの時つかず、持ち帰って同定した所、残念ながらマル。根魚用の短冊になって頂きました。

Imgp0037_20221016033201
桶はあっという間に。

8時過ぎから入れ食いタイムがはじまり、10時半過ぎに落ち着いてきたものの、それでも誘えば喰う状況。
11時頃にはハリス切れで仕掛けがなくなって、絡まって1度捨てた仕掛けに応急処置を施した「1本針」を作って、残り30分をこれでやってみる。
ま、この時点で既に「やっちゃったレベル」のハナダイ確保してたし^^;

Imgp0042_20221016034301
1本針の置き竿で32センチのマダイが掛かりました。マダイ=置き竿のイメージ。

Imgp0044_20221016034401
やらかしました^^;

ハナダイ40匹、マダイ3匹、イシガキダイ1匹、マルソーダ2匹。風がワリと強くて手前祭り多数。磁石版必要だったかな。
マルソーダは仕掛け回収時、中層(15m位)で喰いつきました。
ヒラソーダなら良かったんだけど・・どちらにしても気温がまだ高いこの時期、ソーダカツオは危険かもね。

晴れ、凪、とはいかなかったけど、
十二分に楽しめました。
今日のポイントは一言「タナ」かな。
入れ食いとはいえ、タナによって釣れる魚のサイズが違いますね~。
因みに底付近は小型ばっかで、できるだけ上で喰わせるようにするとサイズが良くなるようでした。
日によってパターンはあるかと思いますが、今日はこういう日、ということで。

Imgp0053_20221016035301
帰港後お弁当をいただきました。船でパン3つ食べたのでお腹いっぱいだったんだけど、頑張って詰め込む^^

Imgp0059_20221016035301
大漁にもかかわらず、お土産を調達。冷凍して後日いただきます。楽しみ!

 

« 本牧沖でイシモチ釣り 2022 | トップページ | ハナダイ料理 »

つり タイ、ハナダイ」カテゴリの記事

コメント

ヤンさん
ご無沙汰しています!!
片貝、、、、懐かしいですね。クラーボックスも賑やかですね。
私も近場に出かけてみようかを思っています!!

gomarin_qpさんこんばんは。
こちらこそ大変ご無沙汰しております。
何年ぶりでしょうか?久々にハナダイたくさん釣って・・下処理で死にました^^;
近場ですか、私も最近お手軽な近場小物が増えてきました。
タイミングあうようでしたらいかがでしょう?

記事を読んでハナダイのごま漬けが食べたくなりました。
引きも良いし食べて美味しいけど、40匹捌くのは大変ですよね...。
色々な魚種が混じるのも魅力的です。

まるかつさんこんにちは。
40匹捌くのに3時間位かかってしまいました^^;
今年は型は小さいですが、今の所釣れているようです。
釣れ続けていれば、もう一回くらい行ってもいいかな、って思いました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本牧沖でイシモチ釣り 2022 | トップページ | ハナダイ料理 »

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク