つり タイ、ハナダイ

2017年1月 8日 (日曜日)

片貝沖でハナダイ釣り

2017年初沖釣りはめでたいタイ釣り!

めでタイといえばマダイ!
ではなくて、ハナダイ釣りに行ってきました。

Imgp0712
片貝港の洋一丸さん。なんとホームページありません^^;釣果情報はサンスポで。

前から何度か乗るチャンスはあったものの、なんとなくすれ違いでここまできてしまいました。
そして再びチャンスが巡ってきたものの、そんな時に限って釣果がイマイチだったので、別の所に変更しようかとgomarin_qpさんと検討したんだけど・・
「今回乗らないとまたしばらくチャンスはなさそう」
って思っての(私の希望での)強行!
「癒し系」のハナダイ船、一度乗っておきたかったし^^;
そして「めでたい赤い魚」を家族全員で食べたかったし。
gomarin_qpさん、無理行ってすいませんでした。
という訳で、今回はgomarin_qpさんとご一緒。
初の釣り船宿で常連さんと一緒に釣りができることほど安心な事はないですね。
おかげで準備段階での緊張感に欠け、釣り方の予習、サボりました^^;
今回はビシアジ釣り水平展開作戦でいきましょう!
スポンサ-リンク


当日はいつものように前日夜中着で車中泊。
駐車場は船の真ん前が釣り人に優しいです。
数日前に片貝港の釣り場案内?のようなものを見ていたら、今の時期シタビラメが釣れると書いてあってやろうかどうか迷ったけど、寒いし、到着が遅かったし、寝る時間考慮し今回は却下。
シタビラメ、そのうち気が向いたらやってみましょうかね。
集合は5時(出船5時半)。念のため目覚ましをちょい早い4時半にセットし、予定通り起きると船の前に赤い車。
gomarin_qpさんが到着していました。
釣り座は右舷トモから2つ分確保し乗船。(釣り座に荷物を置く、早い者勝ちシステム)
気温0℃。寒い、寒すぎます!
準備を終えたら即キャビン。
あ~寒い!
Dsc_0079
タックルは手巻きリール(とPE3号)にダイワディーオⅡのオモリ30号負荷1.65m。船長曰く「竿が短い!」コマセしゃくりとか食い込み考えたら、もう少し長い竿がいいんだそうです。ビシはプラビシ60統一。
6時半に8名の釣り客乗せた船はポイントに到着。魚の反応探して釣り開始!
今日は釣果が好転すると信じていたんだけど・・
厳しいです^^;
それでも周りではポツポツ釣れだした。
よし、自分も!
って思って、せっせとコマセふってたら、

Dsc_0082
ウマさん!
やりました^^
実は密かに狙っていたウマズラ!
カワハギに比べると鮮度落ちやすく、血抜きもしっかりしないと生臭さが気になるらしいけど、逆にそれらをクリアするととても素晴らしい食材なんです。
2匹目標にしてたけど、37センチのこのサイズなら1匹で十分かな。
妻と2人分の肝和え材料、確保成功です^^
幸先良いかと思ったんだけど・・
後が続きません。
まわりはポツポツ釣れてるんだけど。
(自分だけ釣れないと気になる!)
やがて付けエサのオキアミが仕掛け投入中にくるくる回ったのか、仕掛けがヨリだらけになってしまった。
そうそう、書き忘れましたが、付けエサのオキアミは乗船料金10,800円に入っています。
ついでに氷無料支給、船宿指定仕掛け(空バリハリス2号3本針)300円。電源はないので使用するなら予約時にバッテリーのレンタルを申し込むと良いでしょう。
しかしながら、狙う水深は30m位なので手巻きで十分かもね。
実際半数以上が手巻きでした。
Imgp0705
仕掛けは出船前に2つ買いました。因みに船でも買えるのとの事です。   

話しを戻し、ヨリだらけ仕掛けは当然お役御免。
ハリス1.75仕掛けに交換しました。
これが良かったかどうかはわからなかったけど、この後すぐにハナダイゲット!
その後もポツポツ釣れて、11時50分の終了時間までトータル4匹。
(船中スソでした)
28~33センチと型はまずまずなのでお土産は十分です。
本命??ウマさんも1匹釣れたし!
・・
ん~~、欲を言えばもうちょっと、、
ツ抜けしたかったな~~~^^;
また次回のお楽しみという事で。
因みにこの日のトップは9匹。
gomarin_qpさんはゲストで45センチのアジなんていうのもあげていた。
45センチのアジ、初めて見ました(驚)
このサイズのアジ、片貝名物なんだそうです。
Dsc_0085
全釣果。お土産には丁度良い、という事にしておきましょうかね。クーラーボックス20リットルで余裕でした^^;
Imgp0714 
帰港後にいただいた素朴なラーメン!思わずヤサイアブラカラメ、って言いそうになった。(ウソです)。美味かった!温まった!そして癒されました^^   
次回、ツ抜けが期待できそうな知らせを聞いたらまた行ってみようかな。
天気良く、凪良く。
朝方の寒さは厳しかったけど・・
それでも、のんびりした雰囲気に癒された1日でした。
スポンサ-リンク

2011年10月 3日 (月曜日)

久里浜沖でマダイを狙う

8月にトライした駿河湾のカツオ釣り、沖釣りではじめてのボウズを経験しました。それと同時にコマセ釣りの難しさを目の当たりにしました。同じようにコマをビシにつめたつもりでも、同じようにセワークしたつもりでも、回収したビシに残ったコマセはマチマチ。殆んど出ていなかったり、なくなっていたり。そして針に付けたオキアミも回収してみるとついていたりなくなっていたり。エサ捕りに捕られたかも知れないけど、ひょっとしたら投入時にとれたんじゃないかと疑心難儀になってしまいます。2度目のボウズになった時、一時的に“コマセ釣り恐怖症”になりましたが、1日、2日と時間が経つにつれて「こうしたらよかったんじやないか」とか考えるようになり、この悪いモヤモヤを払拭したくて仕方がなくなる毎日

これって負けず嫌いなんですかねぇ。

スポンサ-リンク

そんな中、「コマセ釣りの基本はマダイ。マダイが釣れるようになれば他の魚にも通用する」という、カツオ釣りの時に吉田丸の船長より頂いた言葉を思い出しました。

これはマダイ釣りに行くしかない!

Cimg0678

実はカメラも携帯も忘れてきてしまいました。前回の写真を使いまわします。


子供が小さい事もあり、しばらく沖釣りは月にに1度、という妻と約束しているのですが、急遽妻と子供達は実家へ里帰りする事に。ニヤリ!

先週と同じく釣り船宿は横内丸さん。釣り物はマダイ・ワラサ五目。他の釣り船宿がワラサ船としているのに対してここはマダイも掲げています。実は横内丸さん、色々な方のブログを拝見する限りマダイ釣りに対して評判がすこぶる良い。実際、前回同席させていただいた常連さんの話しでもマダイの話題が多く出てきました。前回と同じ釣り船でのリベンジ、コマセ釣りの基本のマダイに挑戦、そしてマダイに縁のないヒロへのお祝魚&離乳食(白身魚)のため、大義名分は整いました。

前回と同じく乗船料9000円を払って乗船し7時出船。久里浜沖に向かいます。仕掛けは「マダイ狙いでもワラサ仕掛けでOK」という船長の言葉を受けてワラサの6号8m仕掛けをチョイス。エサはオキアミ2匹掛けです。投入方法はワラサと同じですが、コマセワークはあまりコマセ(オキアミ)を出さないようにし、ちょろちょろ2、3匹出るようなイメージで棚(底から2m)にあわせます。因みに今回の竿は1.8mのビシアジ竿ではなく、2.4mオモリ40号負担のヒラメ竿(と個人的に思っている)をチョイス。こちらの方がマダイ竿に近いと思ってね。

釣りはじめて2時間が経ちました。船中ポツポツとワラサ・マダイがあがっているようです。しかし私は・・なんだか最近おなじみのいやな展開。「コマセはイメージどおりでてるかな?エサはちゃんとついてるかな?」なんて事ばかり考え不安になる始末。そんなモヤモヤが脳裏をよぎっている中、確かなアタリ!

写真はありませんが、40センチに迫るゴマサバです。いやー、サバが釣れてこんなに嬉しいのは初めてです。とりあえずボウズ脱出!青物リベンジ成功(でいいかな)!そしてオキアミの針付けも大丈夫である事を確信!少し自信がでてきました。

その後、釣れない時間が長く続くも、丁寧にコマセワークと棚合わせを続けます。「コイ、コイ!」・・「キテくれ!」・・「お願い、きて下さい」・・。

すると時計の針が午後にさしかかった頃、願いが通じたのか竿先にモゾモゾしたアタリ!緊張して竿を持ちなおすと今度は大きく竿が弓なりに。手ごたえ的にいわゆる“三段引き”のマダイっぽいです。夢中で合わせをいれ電動巻上げスタート。やがて予想通りの赤い魚影が水面に姿を見せてくれました。

Dvc00079

帰宅後、まな板の上で撮影しました。なんてセクシーなんだろう!


本日のミッションは終了!(というよりこの後釣れなかっただけですが)39センチのキレイなマダイ1尾、もう大満足です!

これでコマセ釣りの基本ができるようになったとは思えませんが、少なくとも自信はつきました。私の基本の“新たな挑戦”も、コマセ釣りカテゴリーで続けられそうです。

Dvc00089

塩漬け30分、酢漬け30分。シンプルに作りました。


因みにゴマサバで作ったシメサバ、脂が乗ってめちゃくちゃ美味かったです!

Cimg0673 Dvc00085

お米とタイの離乳食。このパパの苦労をいずれ分かってくれる日がくるだろうか?


マダイは刺身とお吸い物とヒロの離乳食。家族全員で釣った魚を堪能しました。めでタイ、めでタイ!

追伸:

Cimg0675 Cimg0676

以前作ったアンチョビはこの食べ方(ピザトースト)が好きです。そしてサバブシ、まだ木のように硬くはないけど、ゆっくりと順調に硬くなっています。

途中経過、という事で。

スポンサ-リンク

2010年9月19日 (日曜日)

エビでタイを釣る 其の弐 (飯岡でアジ&ハナダイ)

今年の3月にハナダイを釣って、「(マ)タイを釣ったよ」なんて、家族と友人を騙そうと思っていたんだけど・・結局釣れず。恐らく、釣りの神様に一喝入れられたに違いない。しかしながら、この時それなりに悔しかったのでブログの最後に、“I will be back!”なんて書いてしまった。

なのでbackしてきました。

Dsci1571

妻と子が里帰りした休日・・これは釣りに行くしかない!と思い、まず思い浮かんだ釣り物がタチウオ。しかし各釣り船宿のHPを見てみると、この時期はだいぶ深場を狙っているようでLT(ライトタックル)をやっている所はごくわずか。個人的に、LTをある程度攻めてから深場の釣りに手を出したいと思っているので今回は見送る事にしました。そして次に思い浮かんだ釣り物はハナダイ。早速HPを見てみると・・いきなりクーラーボックス満タンの写真が飛び込んできた。前回のリベンジもあるし、即決定です。今度こそっ!

スポンサーリンク

・釣りに行く

朝4時、飯岡の梅花丸の駐車場で目を覚ます。実は今回、前日のうちに移動し、深夜12時に到着していた。ここは朝4時集合、5時出船、しかも埼玉の自宅から片道2時間半かかるため、通常の寝て起きて移動パターンだとかなりキツイ。なので、ちょっとイレギラーな移動です。

Dsci1520

4時になると明かりが灯り、受付ができるようになる。


受付で料金税込8400円(通常9450円。HPのコピーで1000円割引)を払い、ついでに仕掛けも購入。この時期梅花丸さんでは、朝のうちは近場でアジを1~2時間程度狙い、周りが明るくなってきたらハナダイを狙う、というリレーをやっているそうです。そしてそのアジ釣りですが・・面白い事に、コマセを使わずにサバの皮が付いた10本針のサビキ仕掛けのみで釣るとの事。この釣り方、この辺りでは“追っかけアジ”と呼ばれているそうだ。

Dsci1523

ハナダイの仕掛けは、私の竿は2.1メートルなので3本針にしました。2.7メートル以上だと、5本針のものでもいいかもしれません。アジの仕掛けは、サバの皮付きのヤツ!


朝4時半、港へ移動し船に乗り込む。まだ辺りは真っ暗な中、定刻より20分早い4時40分に出船。船長より「港を出てすぐの所でアジをやるのですぐに仕掛けを入れられるようにしてください」とアナウンスが入る。この追っかけアジ、船長が群れを追って見つけたらすぐ船を止めて釣りが始まるので、すぐに仕掛けを入れる事と、釣れた後の手際が鍵。誘いのテクニックとかもあるかもしれないけど、とにかくスピードが命です。そして港を出て10分、船が止まり早速釣りの合図。

Dsci1528

まだ薄暗いうちがアジにはいいそうです。


仕掛けを投入すると、ブルブルッていう、アジ独特のアタリ。アタリがあってから5秒くらい待ってから上げると・・

Dsci1537 Dsci1541

入れ食い!最高8点掛けを記録しました。


釣っている時間より、魚を針からはずしたり、絡まった仕掛けを直している時間の方が長い・・進歩無いなぁ。

Dsci1532 Dsci1535

岸から比較的近い所でのサビキ釣りとはいえ、20センチ前後あります。


そして、やっぱりサバの猛攻もあったりする。早速2匹の猛攻で竿先が折られた。あ~あ、お気に入りの竿が・・

Dsci1547

スペアの竿がないので、これで続けるしかない。


開始1時間でアジ48匹、ゴマサバ2匹。しかも皆20センチ前後。6月に行った、アジ釣り午前船で30匹で大漁なんて喜んでいたのはなんだったんだろう。まだこれは、本日の序章にすぎないのに。

ふと私の小型(12リットル)クーラーボックスを見ると・・既に1/3以上埋まっていた。これはヤバイ、と思い、勝手にアジ釣り終了。こんなの初めてです。

周りの方達も、私より遙かに大きいクーラーボックスとにらめっこし、ポツポツとアジの仕掛けをはずしだした。いったい何匹釣ったのだろう?そして私もアジの仕掛けを外した時、船長が「そろそろタイ(ハナダイ)に行きます。アジの仕掛けでも釣れるから、タイ(ハナダイ)の10点掛け目指してみてくださいね。ただし、エサはつけなきゃ駄目ですよ」なんて言い出した。遅いよ~!※梅花丸さんのHPによると、アジのTOPは147匹だそうです。

・本命のハナダイ釣り

アジ釣りでもうお腹いっぱいになったのだけど、ここからが本番。なんだか、飲み会に早く着いてしまって、先に軽く飲んだつもりがそうではなくて、バリバリに出来上がってしまったみたいだ。もう、しめのラーメンで良いかも・・さっき船長が言っていた“アジの10本針で10点掛け”なんてやったら・・ちょっと恐ろしい。クーラーボックス的にも後処理的にも。・・我が家では私が魚料理担当。釣った魚は私が捌かなくてはならない。ご近所さんに配る手もあるけど、唯一家族ぐるみでお付き合いしているお隣さんは現在夫婦喧嘩中で、旦那さん別居しているそうなのでこれは無理。せいぜい実家とかに干物にして持っていく位か。・・まあいいや、後の事は。

Dsci1545

外房らしからぬ長閑な海でした。


アジのポイントから更に15分位走り、ハナダイ釣り開始。そしてまたも入れ食い。なんなんだ、この活性の高さは。今日の状況では、釣り方的に基本も何もあったものではないけど・・一応ハナダイ釣りの基本は、

①オモリをそこまで落とし、すぐに糸ふけをとる

②オモリがそこから離れないように誘いをかける

③ツンツンッとアタリがあったら、軽く合わせる、というか、乗せる感じで竿を少し立て、5秒くらい待って追い食いさせる。

④引きを楽しみ、何匹ついているかなぁ~なんて考えながら糸を巻く

Dsci1544

ちなみにエサのエビは、尻尾を取り、エビがまっすぐになるように針に刺します。丸まってしまうと、海中でくるくる回ってしまうらしいです。写真はちょっと丸まっていますが・・そこはご愛嬌!


こんな感じです。しかし、今日は3点掛けは狙わないで、極力1点掛けであわよくば外道を多く釣る作戦にしてみました。追い食いでは外道はかかりずらいし、何より私の中で“釣りすぎ注意報”発令しているし。

Dsci1564

たまに狙ってないのに3点掛け。


とりあえずは小さいハナダイはリリース。そして作戦は的中し、結構外道が混じってきた。主な外道は・・30cmオーバーアジ×2、22cmウマズラ×1、31cmカワハギ×1、そして24cmマダイ×1。

Dsci1546 Dsci1554

左は本命ハナダイ1匹目。65匹釣り、うち35匹持ち帰りしました。右はデカカワハギ。マックでもらったハンバーガーストラップとGショックが小さく見える。

Dsci1552

人生初ウマズラ。結構嬉しい1匹!


マダイが釣れた!今回は妻にちゃんと「ハナダイを釣ってくる」と言ってきたので、その正直さが釣りの神様に認められたか!・・まあ、友人は騙そうと思っていたんですけどね。とりあえずその騙す手間?は省けたので良かったです。ついでに、マダイは一度釣ってみたかったので、そのうち一つテンヤでマダイを狙ってみようと思っていたのですが、その手間も省けたのもGOOD。いや~素晴らしい!・・そしてなにやら後ろの釣り人から話し声が聞こえてきた。「ハナダイを近所にマダイの子供って言って配ろうかな」だって。人間って見栄っ張りな生き物なんだなぁ~って、改めて思いました。

Dsci1556 Dsci1558

人生初マダイ!まさに“エビでタイを釣る”!黒縁の尾びれがセクシーです。


翌日の梅花丸さんのHPによると、ハナダイTOP126匹だそうだ。多分、釣る人はアジもたくさん釣っていると思われるので、合計200以上なのだろう。なんてこった・・

そして船長も皆の雰囲気を察し、定刻より1時間早い11時に早上がり。もうお腹いっぱいで苦しいです。

Dsci1567

クーラーボックスも苦しそう。ボーナスたくさんでたら大きいヤツ買わなくては。・・ボーナス次第。


という訳で、竿を折りながらも3月のリベンジは果たせました。釣りって楽しいですね!その料理(下処理)は過酷ですが。ちなみに、午後2時に帰宅し、下処理&料理が終わったのは7時。嫁と子供が実家から帰ってきたのが6時半なので、丁度良かったです。ひどく疲れましたが。

しかしながら・・魚もビールも、最高に美味しかったです。

・料理(写真)

Dsci1575 Dsci1579

サバ味噌煮とハナダイの塩焼き。定番の煮と焼き。

Dsci1582 Dsci1586

アジの刺身とマダイの刺身。湯引きも作ってみました。マダイとはいえ、小ぶりなのでこんな感じです。

Dsci1593 Dsci1594

以外とイケたゴマサバのシメサバと、カワハギとウマズラの肝和え。ウマズラ、負けてませんね!相変わらずサイコーです。

Dsci1595 Dsci1580

一応今日の主役のハナダイ。簡単創作レシピで美味しくできました。鱗と内臓を取ったハナダイ2匹を素焼き、ではなく塩焼きにし、お米2合に酒50cc、細切れの生姜少々、市販の昆布だしの素小さじ2、蕎麦つゆの素大さじ1で炊くだけ。

Dsci1600 Dsci1601

翌日の晩御飯に、最後のアジ14匹を使ってアジハンバーグ。ウサギ仕様。アジのタタキにパン粉と卵1個を加えて焦げ目をつける程度に焼き、電子レンジで1分チン。山葵醤油で食べたら美味しかった!子供は相変わらずケチャップ派!

Dsci1591 Dsci1615

余ったハナダイとアジは干物です。これ以外にも、冷蔵庫でアジ8匹作っています。嫁のママ友さん達に配らなきゃ。 

スポンサーリンク

サイト内検索


  • カスタム検索

釣った魚等のレシピブログ

目次ページ

スポンサーリンク