スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

つり ハゼ

2018年6月10日 (日曜日)

京浜運河でハゼ釣り 2018

今日は土曜日。妻と上の子は外出予定なので下の子とお留守番です。

いやいや、
我々もお出かけしましょう!
スポンサ-リンク

向かった先は昨年開拓した京浜運河。
今シーズン初のハゼ釣りにやってきました。
6月上旬、という事でまだちょっと早いかな、っていう思いもあったけど、
同時に調査も必要かな、っていう思いもあり行ってみる事にする。
天気も良さそうだし、開幕当初のデキハゼはスレてないと思われるし、
子供連れのかる~い釣りにも向いてると思ってね。
朝の天気予報によると、ちょっと蒸し暑くなりそうだけど、
何とか頑張ってもらいましょう!
Imgp2637
大井ふ頭中央気品公園。足場がごつごつした磯なのでサンダル履きは危険かな。運動靴必須!
到着は9時ちょいすぎ。
この日の下げ止まりが8時なので、これを見測って潮が動き出す時間帯に合わせてきてみました。(潮MieYell 参)
そしてここで妹夫婦の従妹達と合流。
妹こそ所用でこれなかったけど、
これぞ私の思い描いていた「夏休みのハゼ釣り」って感じです^^
まあ、まだ夏休みじゃないですけどね^^;
今日は夏休みのプレシーズンマッチという事で経験値つませてもらいましょうかね!
Imgp2636 
エサはボイルホタテを準備してきました。そしてこの日は3粒使用。使わない分は冷凍保存しておけるので、余っても無駄にならない点がイイネ!
まずは出だし。
思惑通りじゃないけど、子供たちがポツポツ釣ってくれました。
ここの6月のデキハゼ、見た感じ水深30~50センチに集まっていますね。
2.7mの竿を用意したけど、ちょっとこの時期だと長かったみたい。
9月の終盤は水深1~1.5m付近にたまっていたので、むしろ3.6mが丁度いいと思ったんだけど。
まあ、浅い近場狙うも深い遠目狙うも、万能に使うなら竿は2.7mがベストかもしれませんね。
因みに針はハゼ針4号赤。ここは9月の終盤戦でも4号、せいぜい5号で充分かな。
Imgp2639
とりあえず出だしで釣れてホッとしました。6~8センチ。Imgp2641
そして男性陣2名離脱し3DSに走る。子供5名はさすがに忙しかったのでちょうどいいや^^;
潮が少しずつ動き出し、まずは小6の一番上の子がコツをつかみだした。
こういうコツ、感覚的な事なので意外と言葉で伝わりずらいんですよね~。
離脱した2名はおいておいて、残った小5、小1の子にうまく伝わっていません。
「大きいハゼの前にエサを置いてやるといいよ!」
との事だけど、
更に付け加えるなら、やや活性低めだったのでエサをゆらゆら動かす事も必要だったのかもね。
しかしながら、何とか2人も粘ってボウズ脱出してくれてよかったです^^
Imgp2643 
そして1時間後、子供たち全員離脱。何だか勢いで岩をひょいひょい登ったり降りたり。危険な香りがプンプンです^^;
男性陣に続き、小1の一番下の子離脱、続いて竿頭の上の子、最後の1人と離脱していきました。
まあ、これも予想通りの展開なんだけど、、
離脱した先がまずい!
ここは公園とはいえ(人工)磯なんです。
動きまわる子供たちから目が離せませんね^^;
案の定、ちょっと目を離した隙に1名コケて足擦りむいてしまいました。
最新の注意を払わなければならないと改めて反省です。
そんなプチ事件を経て、
子供たち釣り復帰!
後半戦は男性陣がポツポツとハゼを追加してくれ、潮が止まってきたお昼頃、終了としました。
因みに子供たち全員ボウズは脱出。
我が家の小2の長男坊も何とかダボハゼ2匹(リリース)のマハゼ1匹。
大漁とはいかなかったけど、
ホッとしました。
Imgp2648 
何匹だろう?20匹位いったかな。
調査釣行にしてはちょっと慌ただしい内容でしたが、
今年も短いシーズン、楽しませてくれそうなハゼの沸きを感じられてよかったです。
ここに2018年、ハゼ釣り開幕を宣言する事にします!
34963343_1434052153367275_743130466 
妹がFBに投稿。ハゼは南蛮漬けにしたそうです。イイネ~!
スポンサ-リンク

2017年11月29日 (水曜日)

江戸川放水路の深場ハゼ釣り 2017 其の二

今度こそ今年最後かな。

1週間前に急きょやってみた江戸川河口付近、といいますか工場地帯での深場ハゼ釣り
これがなかなか楽しかったので再釣行してきました。

今回お世話になったボート屋さんは前回と同じく妙典のたかはし遊船さん
HPによると、11月17日の出だし以降たくさん釣れる日が続いていたけど、ここ数日はだいぶ数にばらつきが出てきたとの事。
今年はハゼがたまってるポイントが小さいらしく、もう場荒れ気味なんだそうす。
(2人乗りボート平日料金3,000円、エサ代500円)
ちょっと厳しい釣りになるかもしれないけど、
のんびり今晩のおかず分がんばろうと思います。
Imgp2153
朝一の6時15分の便は8名。小型ボート引き連れて河口付近のポイントに向かいます。そして2便(7時30分)で5隻やってきました。今回準備した竿は160センチのワカサギ竿2本。イイ感じでした。
Imgp2157
仕掛けは手作り3本針と市販の2本針を持ち込みました。3本針は置き竿にする作戦です。
Imgp2170
この日はたかはし遊船以外にも林遊船、伊藤遊船のボートも加わってました。全部で35隻。平日でも銀座状態です。深場ハゼ、人気ですね~。
前回はたかはし遊船のボートのみだったので結構自由に動き回れたり、投げてさびいたりもできたんだけど、今回はそうはいきません。
ポイントが狭いしボート数多いし、
なかなか厳しいですね~。
それでも上げ潮が効いている朝方から10時位まではポツポツ。
前回の半分位のペースです。
そして型はやや小さくなったかな。
さすがに10センチを下回るハゼは釣れなかったけど、アベレージ12~13センチといった所。
因みに15センチオーバーは6匹でした。
Imgp2177
最大17センチ。良いサイズがかかるとやっぱり面白いですね。今回は前回よりやや奥のポイントに陣取り、水深なんと9m。ハゼで9mって驚きの深さです。
Imgp2165
ダブルは1回ありました。
感覚的に食いが悪い、というよりスレてきたような感じ。
アタってもなかなか針掛りせず、かかってもきわどい掛かり方が多かったです。
前回とは違って、置き竿は厳しく、誘ってアタリをだしてあわせないとダメな日でした。
ちょい投げさびき、が有効だったかな。
混雑していなければ遠くに投げられたけど、それができない点も数が伸びない原因の一つだったかも。
初めはのんびり、なんて思ってたけど、途中からとんでもない!
最低でも20匹、とばかりに真剣モードに移行していきました。
同じポイントでのハゼ釣りなんだけど、前回とは全く違う釣り物です^^;
Imgp2180 
11時頃大型船がブザー鳴らしながらポイントに入ってきてしまいました。みんな退避!
この日の上げ止まりは12時頃。
10時過ぎ、潮が落ち着いてきたらしくアタリがなってきてしまいました。
そして11時過ぎ、大型船がただでさえ狭いポイントにドーンと入港。
まさに痛恨の一撃というやつです^^;
船長によると、大型船が入ってくるとスクリューで底かきまぜ、ハゼがびっくりしてしまってその後1時間は食いが悪くなるとの事。
潮止まり、そして大型船の入港。
晩のおかずは確保したし、この日の釣りはおひらきです。
ま、予定通りなんだけどね。
(12時で終わりにした釣り客私含めて2名でした)
Imgp2185
とりあえずお土産には十分かな。12時で終わる場合は船長に向けてオールたてて合図!
Imgp2186
たくさん釣れる予定で持ってきたけど、そういう日に限ってダメですね~。
前回に比べて渋い日となってしまいましたが、
それでもそこそこのサイズのハゼが釣れ、
深場の落ちハゼ釣り、楽しませてもらいました。
置き竿で数が延ばせる日はもちろん、
攻めないと釣れない今日みたいな日も、ある意味面白かったです。
針のサイズおとしたり、エサのサイズかえて試したり、誘ってさびいて。
思わず真剣に向き合ってしまいました。
Dsc_0331
やっぱハゼは天ぷらですね~!
2017年ハゼ釣り、今年も十分楽しませてもらいました。
涸沼に行ければ言う事なしだったのですが、
代替で湊川白狐川に行けたし、江戸川河口の深場ハゼもできたし。
充実したシーズンだったと思います。
来年もさらなる開拓と、
のんびりまったり釣行を充実させたハゼシーズンにしたいです。
追伸:
Dsc_0329 
軽くグリルで焼きました。あとは冷蔵庫で乾燥させようと思います。
天婦羅はもちろん、15センチオーバーの6匹は焼き干しにしてお正月まで冷凍保存。
新年はこれでお雑煮作ってみようと思います。
スポンサ-リンク

2017年11月21日 (火曜日)

江戸川放水路の深場ハゼ釣り 2017

2017年のハゼ釣りは涸沼でしめようと思ってたけど、急きょ湊川白狐川に変更となりました。

釣れればよかったんだけど、、

あまり釣れなかったので往生際悪くもう1回!

とはいえあまり選択しないし、あれこれこの時期の釣り場を調べるのも面倒なので、無難な所で江戸川放水路ボートハゼです。
たかはし遊船さんのHPを何気なく見てみると、
何やら11月17日から深場のポイントに連れてってくれるとの事。
深場ハゼ??
デカそう!釣れそう!そして何だか面白そう!
出撃決定!
Imgp2099
始発電車に乗って5時45分妙典駅着。江戸川放水路のたかはし遊船さんには5時55分に到着しました。
Imgp2095
深場への曳舟は上記の通り。12月17日までやるんですね~。
この日は久々に電車釣行。
恐らく朝一6時15分の出船時間、電車の客にあわせてくれてるのだと思います。
6時出船でもギリギリ到着可能ですが、着いてからの準備考えると15分って貴重です。
トイレとか、支払いとか。
あ、ボート代は平日3000円(休日3500円)でエサ代(イソメ)500円だそうです。
Imgp2103
釣り客は高橋船長操舵の大きいボートに乗って、小型ボート(2人乗り)を引き連れてポイントへと向かいます。ポイントまで約20分。寒い、寒すぎます。この日は今期一番の寒さ(最高気温10度で最低気温3度)だと天気予報で言ってました。
Imgp2109
ポイント到着。1人ずつ小型ボートに乗る。因みにライフジャケット必須。前日、落っこちた人がいたそうです。
Imgp2111
オモリ30号負担のコンパクトロッドとワカサギ用コンパクトロッドを持参しました。念のためカレイもかかる事があるらしいので網も。竿は何でもいいと思うんだけど、ワカサギ竿が軟らかくて面白かった。
桟橋をでて20分ちょい。
海に向かって行き、更に右折して工場群のような倉庫群のような所に到着しました。
どうやらここがポイントらしいです。
みなさん、順番に小型ボートに乗り移ってそれぞれのポイントへ移動。
私もとりあえず適当にみなさんとセパレーションとってアンカリングします。
船長から1つ注意事項。
「小はバケツ使って、大の時は呼んで!」
だそうです。
Imgp2127 
岸壁から5m位離れた方がいいかもね。岸壁近くでも釣れるんだけど、牡蠣の貝殻多くて根掛りするんです。
常連さんと思われる釣り客は真っ先にとある地点にかたまりだした。
まあ、釣れるポイントなんだと思います。
そして3~4本の竿を並べてます。
しかも渋い竹の和竿。
いわゆるハゼ専用竿、っていうやつですね。
こだわっるな~。
このこだわりも、釣りという趣味の大きな醍醐味ですね~。
そして私はというと、
ちょっと東に離れた所で質素に2本竿。
まあ、いつも通りのんびりいきましょう。
Imgp2119
いい感じに釣れます。しかも型がいいです。12~18センチ。
Imgp2123
ダブルも4回ありました。イイネ~!
基本、お酒多めの置き竿作戦でやったので、投げてさびいたりはせず釣れなくなったら小移動。
寒いのでたまに漕ぐといい運動になったりします。
それでも7時ちょい前から12時までで4回の移動で済みました。
後半の下げ止まり近くこそ渋くなったけど、それまでは飽きない程度に。
因みに水深は岸壁付近で5m、少しかけ下がりになっていて岸壁から10m離れると水深7mでした。
そして7mでもしっかり釣れるんです。
ハゼで7mなんて相当深場ですよね。
驚きました。
エサは船宿で購入したイソメでそれを3~4センチにカット。
ハゼ用の小さい天秤もってなかったのでシロギス用片テンビン使用、オモリ5号を使用。(オモリは竿の負荷にあわせてでいいと思います)
仕掛けは市販の2本針で、初めは5号針だったんだけど、飲まれたりエサだけとられたりが結構あったので8号針に変更。
アタリをとってしっかりあわせればどっちでもいいと思うんだけど、置き竿だと大きめの8号針が有利かな、というより楽でした。
Imgp2129
ジップロックに入れてクーラーボックスへ!
Imgp2142
12センチクラス10匹位、アベレージ15センチ前後、最大18センチでした。
時計は12時。
水路の真ん中あたりで釣りをしていた船長が沖上がり希望者を確認しにきました。
7隻のボートのうち、私含む3隻が沖上がり希望。(3名のうちトップは72匹)
残りの4隻は寒空の中、14時まで頑張るようです。(束越えもいたようです)
私の釣果はちょうど50匹。
なんだか予想外に「釣り」を楽しめました。
そして、
とても寒かったです。
お酒、もっと多めがよかったかな^^;
Imgp2138
因みに。
予定外の平日休に急きょきてみた深場ハゼ釣り。
これ、なかなか面白いかもしれません。
ジーパンの下にヒートテック、靴の足先に小型カイロがあれば尚可な一日でした。
まだあと1か月弱やるとの事なので、
ポツンと取れた平日休にまたきてみてもいいかもね。
可能性的にハーフハーフかな。
Dsc_0300
大きいのでお刺身でもイケそうだけど、やっぱりハゼは天ぷらが好きです。
スポンサ-リンク

2017年11月17日 (金曜日)

富津の湊川でハゼ釣り 2017

本当は今年絶好調の涸沼に行こうかと思ってたんだけど、電話で貸しボート屋さんに電話して状況をきいてみると台風通過後に終わってしまったとの事。

なので、以前から気になっていた富津の湊川(と白狐川)の「プランB」を決行してみました。

ここはJRの上総湊駅(かずさみなとえき)からも近く、電車釣行も可能との事。
※BABAさんが運営されているハゼブログを参考にさせていただきました。
ただし、「駅すぱあと」によると我が埼玉の蕨市からは約3時間かかってしまうようなので今回はクルマをチョイス。
父と2人ならこっちの方が効率いいかな。
天気もいいし、のんびりやってみましょう。
Dsc_0246
父は基本、釣れなくても動かずのんびりやる派。ポイントにあたれば良いけど、あたらないと厳しいね~。
埼玉県蕨市の自宅を5時に出発。
アクアライン経由で6時40分にポイントへ到着しました。
潮は下げていて、下げ止まりは9時半頃。
とりあえず1stステージは8時半までかな。
早速やってみましょう。
Dsc_0244
竿は4.5mでエサはアオイソメを準備しました。針はハゼ針5号。無難な仕様です。
初めは湊川の電車鉄橋付近に陣取り適当に動きながらやってみる。
が、どこもフグの猛攻。
偶然にも1匹だけハゼ釣れたけど、後が続きません。
仕方なく湾内に移動してみるも、今度はアタリすらなし。
マズいですね~。
色々歩き回り、1時間経過しても状況は変化せず。
しびれを切らし、白狐川へ移動となりました。
しかし、白狐川は更にダメダメのため、9時半の潮止まりの時間に再度湊川に戻ってくる。
2ndステージは上げ潮に期待し、このまま昼頃まで粘ることにします。
Dsc_0257
小さいフグにエサ取られてばかり。たまに針掛り、たまにハリス切れ。アタらないよりは面白いんだけど。
Dsc_0249
初ハゼ。10センチ位です。江戸前ハゼより透明感があるように思えました。ここ、川側でやる場合はデッキ部分に水たまってるので長靴あるといいかもね。長靴ない場合は所々の階段からやる事になるので最低4.5mの竿が必要だと思います。
10時過ぎ、やや潮が動き出しました。
父は動くのが面倒との事なので、鉄橋付近に残して私は湾内の船溜まりへ。
すると、港と川の境目あたりに地元の方らしき釣り人発見。
ちょっと話してみると、
昨日も今日もほとんどアタらないとの事。
あらら~。
湊川の現状を知ってしまうも、遠くからわざわざきたことだし、、
仕方ないので小移動繰り返し地道に探ってみる事にします。
Dsc_0267
ポツポツ。
すると、、
ポツポツですね。
アタリはあまり勢いよく引くわけでもなく、ひょこひょこウキが動く感じ。
あきらかに活性悪いです。
湾内を一通り探って父の様子を見に行くと、、
まさかの根掛り、そして痛恨の竿先ブレイクとの事。
ハゼは1匹も釣れなく、フグと遊んでいたようでした。
状況良くないし、
残念だけど、ここで終わりかな。
11時ちょい前、トータル4匹で終了となりました。
Dsc_0273 
大きさも期待した15センチサイズには程遠い結果に終わりました。時期が遅いのかな~。とりあえず来年に期待、という事で。
ここ湊川、白狐川と同じく雰囲気はなかなかいい感じですね。
静かで素朴な田舎の川と魚港です。
内房線の鉄橋も良い味だしてます。
埼玉からだと時間かかってしまいますが、電車で酒多めできてみるのも面白そう。
クルマも田舎のルールといいますか、みなさん適当にとめてるようでした。
(因みに港近くに駐車場もありました)
帰り道に駅前の「たかなし食堂」がやってれば更によかったのですが、あいにく時間が早かったようでまだ準備中。
時間もまだ早い事だし、
養老渓谷の紅葉ドライブがてら、勝浦タンタンメンを食べて帰る事となりました。
Dsc_0279
勝浦の山の中にある「はらだ」のタンタンチャーシュー800円。激辛でした。
Dsc_0286
とにかく店がわかりずらい。看板は一切なく、店を示すものは暖簾のみ。因みに駐車場は道路はさんだ向かいに5か所ありました。
12時ちょい前到着。
すんなりお店に入る事ができ、席もなんなく確保できましたが帰る頃には待ち客7名。
ネットでの噂通り、勝浦タンタンメン屋さんの中では人気店のようですね。
注文の際、普通、薄め、辛めのどれかを選ぶようで父も私も迷わず辛めをコール。
一口目で2人してむせました^^;
そして麺がなくなった終盤、挽肉と多めの玉ねぎをうまくレンゲで寄せて食べているとアルマゲドンのテーマ曲(のサビ)が頭の中でリピート再生されました。
額の汗必須です。
これ、初めは辛さが一気にくるけど、慣れてくるとクセになりますね。
辛美味しい!
お店が家の近くなら明日にでもまた食べたいです。
追伸:
Dsc_0288
少量でも酒が欲しくなりますね!
スポンサ-リンク

竹岡の白狐川でハゼ釣り 2017

正確には富津市竹岡、かな。東京湾のカワハギポイントで有名な竹岡沖の真横という事ですね。

その昔、12チャンネルか7チャンネルの釣り番組で紹介されていた時に、とても景色が良いハゼ釣り場だな~って思った記憶があるのを覚えていたので調査がてらにきてみました。

実はこの日、本命釣り場はクルマで5分程北に位置する湊川。
定年後、10年ほど暇している父をさそってきてみたんだけど、開始1時間で私ハゼ1匹のフグ多数、父ハゼ0匹フグ多数。
という事で早々に場所移動という訳です。
Dsc_0264
川幅はそれほどなく、河口付近でも干潮時で10m位、満潮時で15m位。
Dsc_0263
4.5mの竿でやりました。しかし、満潮時の事を考えると基本ここはリール竿でちょい投げがいいかもね。
対岸では若干紅葉はじまってました。
こじんまりしていて、テレビ見て思った通り、とても環境は良いです。
海側ではルアーマンが何か大物狙っているみたい。
ルアーマン、川沿いの道横のスペースにクルマとめていたので、それに続いておかせていただきました。
早速延べ竿で準備。
河口付近は対岸(南側)がどん深になっているので、そこを目指して仕掛けを投入してみる。
が、釣れないどころか、ノーピク。
朱色の神社か何かに続く橋付近で釣りしていた父が通りがかった地元の方に聞いたところ、ここ何年もハゼはダメらしい。
全く釣れないワケではないらしいんだけど、数は相当少なくなったとの事。
更に、「湊川がいいよ」って言われたとの事で、再度道具を片付けて湊川へ向かうのでした。
「フグ釣りでもするかっ!」
そうですね、そうしましょう。
少し待てば潮も上に変わってくるし、
状況かわる事も期待しつつ!
スポンサ-リンク

2017年11月 3日 (金曜日)

京浜運河でハゼ釣り 2017 其の三

台風が過ぎ去り久々に青空が戻ってきました。

24日は平日休みなので色々な角度からの可能性にかけて電話してみると、

外海はまだ波が高くて船は出ないようです。
湖は桟橋の修理とか非難したボートを出したりとかですぐには営業とはいかないそうです。
タナゴはポイントの用水の水が間違いなく引いてないです。
東京湾は可能だけど、先日のアジ爆釣りにて私自身「東京湾船釣り恐怖症」に陥っています。
(正確には魚の下処理恐怖症)
東京湾の船が大丈夫なら、
運河なら問題ないかな。
完璧な消去法です。
Dsc_0094
大井競馬場前駅の向かい。初めはあまり好きな釣場じゃなかったんだけど、不思議な事に3回も通うとお気に入りの釣り場になってきました。
消去法、と書きましたが、実は1つ試したい事がありまして。
前回の釣りで使った竿は3.0m。
本当は3.6mの竿を使いたかったんだけど、ネットで買うも到着が間に合わず。
なのでこの竿で釣りをしてみたくて。
なにせ3.6mの竿、ここでのハゼ釣りのために買ったようなものですからね。
(浦安の境川もいいかな)
しかも、私が今まで買った延べ竿8本、全て英世さん未満。
(800円×2、500円×1、300円×1、200円×4)
今回買った9本目の3.6mはなんと税抜きで一葉さん。そして定価は諭吉さん超え。
宇崎日新、メイドインジャパンです。
Dsc_0090
速攻でハゼの仕掛けをセットしました。
Dsc_0087
未使用品だそうです。「流」の中では硬さは中くらい。
格安でいいかな、って思って探していると、段々良いやつが欲しくなってきてしまいました。
また、送料考えると格安品は逆に損なんじゃないの、って思うようにもなってきました。
大事に、そして末永く使おうと思います。
さて、そんな思いで購入した竿のデビュー戦、
Dsc_0096
台風で心配した濁りは問題ありあせんでした。
Dsc_0098
軽くて良い竿です。
釣れません。
というより引きません^^;
大井埠頭中央海浜公園のしおじ磯をほぼ端から端まで歩いて探ったんだけどダメですね。
因みに潮は13時半まで下げ。10時から12時までの2時間やりました。
終わっちゃったかな、ここの2017年ハゼ。
そういえば地元の釣り人皆無。
物語ってますね。
季節は秋終盤。
今年も下町ハゼ、大いに楽しませてもらいました。
タイミングが合えば最後に涸沼の大ハゼで締めくくりたいと思っているのですがはたして。
追伸:
Dsc_0129_2 
結婚記念日は我が家族大好物のコージーコーナーのチョコレートホールケーキでお祝いしました。
また台風きちゃいましたね^^;
スポンサ-リンク

2017年10月13日 (金曜日)

ソラマチでハゼ釣り 2017

せっかくの平日休が雨。しかも寒いです。

仕方ないので昼間酒な一日かな、って思うも・・
それもなんだかもったいない時間の使い方なので、往生際悪く雨でもOKな釣り場にでも行ってみる事にしました。

ワカサギドーム船、東大島駅下ハゼ、北十間川ハゼ。
雨でもカッパなしでもOKな釣り場はざっとこんな所ですかね。
時計は6時過ぎ。
とりあえずワカサギドーム船は消えました。
残るは2つ。
深く考えるのも面倒だし、
家から近い方の北十間川に決定です。
Cimg7895
雨は降ったり止んだり。スカイツリー、辛うじて見えました。
上野から銀座線に乗って浅草下車。
隅田川を渡ってスカイツリーを目印にてくてく歩きます。
傘さして小雨降る中歩く下町もなんだか乙ですね。
ちょっとした文化人になった気分です。
途中、いもきんで有名な満願堂もありました。
妻が好きなのでお土産に買っていきましょう。
Cimg7775
朝9時からやっているそうです。
さて、15分程歩いてスカイツリー前の北十間川に到着しました。
過去のブログ見てみると2年ぶり。
昨年はきてなかったんですね~。
近くのコンビニでハイボール買って、橋の下に陣取ってハゼ釣り開始です。
Cimg7902 
いつものハゼセット。
Cimg7909
到着と同時に雨脚が強くなしました。
水は濁り。
そして水門開けてるみたいで流れがやや速い。
雨だし仕方ないですね。
目印の小型玉浮きが川の流れで真横にいってしまいます。
が、真横にいってしまう玉浮きが更にス~~~って動きました。
はい、1匹目^^
時期的にどうかな、って心配だったけど、まだ大丈夫みたいです。
釣り人かいない点も心配だったんだけど、これはそもそも雨の日だし仕方ないですね^^;
Cimg7913
14匹!
ハゼ、いる事はいるし、活性もある事はあるんだけど、
川の流れが速いとやっぱり釣りずらいです^^;
雨の日は難易度高ですね。
正味2時間。
1.8mの竿で終始流れが比較的緩やかなヘチ狙い。
橋の下という狭いポイントなので、釣れなくなっても大きな移動ができない点が難点でした。
しかしながら、
しっかり小気味よい引きを楽しむことができました。
まあまあ満足。
ほろ酔いでボーっと。
そして無心に。
何とも言えない一時です。
帰りは傘をさして歩くのが面倒になったので、
すぐ近くのとうきょうスカイツリー駅から帰る事にしました。
スポンサ-リンク

2017年10月 9日 (月曜日)

京浜運河でハゼ釣り 2017 其の二

3日前に新たに開拓したハゼポイントへ再度行ってきました。
「おそらくなのですが、勝因は潮の影響かな」
前回釣行時のブログで、はぜつき磯でも潮次第で釣れるような曖昧な文章を書いてしまった事がなんとなく気になっていたので、

休日の早朝を利用して検証釣行です。
Imgp2012 
始発電車に乗って京浜運河のはぜつき磯へとやってきました。
到着は6時前。
本日の上げ止まりは8時頃だし、混雑が予想される祭日(体育の日)だし、
チャンスは1時間、せいぜい1時間半が勝負かな。
サクッと検証して帰りましょう。
ポイントへ着くと既に先客2名。
しっかり釣れていました。
見た感じでは2.7mの竿にシモリウキ仕掛け。
針のサイズまではわからなかったけど、4とか5号といった所でしょうか。
足元にセットされたズック魚籠が何ともおしゃれでありました。
これを見る限り、ほとんど大きなポイント移動はしてないと思われます。
検証、終わってしまいました^^;
って、このまま「めでたしめでたし」で帰るのも何なので、先客をさけて左隅の橋脚付近でやってみる事にします。
Imgp2021
釣れそうな雰囲気満点!
今回準備した竿は3.0m。
3.6mはネットで注文したけど本日間に合わず。
しかしながら、
意外とバッチリ!
前回の2.7mに比べて30センチの差は結構大きいです。
エサは蒸しホタテ、針はハゼ針赤4号。
開始早々、しおじ磯と比べてやや小ぶりっぽい、8~10センチのハゼだけどほぼ入れ食いいで釣れだしました。
やっぱり釣れると楽しいですね。
Cimg3825
しおじ磯のハゼよりやや小型で、お腹が白かったのが印象的でした。26匹。
Imgp2035
参考までにしおじ磯で釣れたハゼ。お腹がやや黄色みがかっています。両方マハゼだと思うんだけど。
出だし入れ食いだったんだけど、次第に食いは渋っていき、1時間も経たずにアタらなくなってしまいました。
そろそろ潮が止まってきたかな。
今日は十分な収穫あったし、引き上げる事としましょう。
満足しました。
それにしてもハゼのお腹の色の違い、ネットで調べてもよくわかりません。
おわかりになる方、是非教えてください。
スポンサ-リンク

2017年10月 7日 (土曜日)

京浜運河でハゼ釣り 2017

海老取川でのハゼ釣りが不発に終わったので、

天空橋からモノレールに乗って流通センターへとやってきました。
今度の目的地は京浜運河。
大井競馬場前駅と流通センター駅の間にある「大井ふ頭京浜海浜公園」です。

事前に調べた限りでは、この公園には人口の磯や干潟が整備されていて、ここにハゼがたまっているようです。
釣り場が磯や干潟という事で釣り方は「比較的長い竿で立ちこみ」が基本っぽく、なんとなくのんびり感がなかったので今まで敬遠してきたんだけど、
繰り返しになりますが本日の第一弾が不発だったので、急きょきてみました。
なんとかお土産確保して帰りたいと思います。
Imgp2007
流通センター駅側の環七から見た京浜運河。結構幅があります。
Imgp20299
ポイントはA:しおじ磯、B:夕焼けなぎさ、C:はぜつき磯。ネット情報をまとめると、その名の通りの「はぜつき磯」が好ポイントらしいけどはたして。
流通センター駅から歩いて10分。
まずは「はぜつき磯」でやってみる。
水位もだいぶ下がってきたみたいなので2.7mの竿をチョイス。
因みに本日は1.8m、2.7m、4.5mを持ち込みました。
ギリギリ、かな。
3.6mがあれば丁度よかったかもね。
Imgp2016
朱色のオブジェあたりでやってみましたが・・
Imgp2023
何とか!
小移動しながらやってみるも1匹のみ。
ほっとしたような、不完全燃焼なような。
13センチと型がよく、良い引きを味わえただけになおさらもっと釣りたい気分に駆られました。
はい、移動!
Imgp2024
夕焼けなぎさ。釣り人多数いたので期待したんだけど・・
若干賑わいを見せていたんだけど、全然釣れてる気配なし。
しかもここはポイントが岸から遠そう。
因みにみなさん、ちょい投げでやられていました。
あきらめようかとも思ったけど、
期待せずにダメ元で最後のポイントへ移動。
Imgp2031
最後のポイント、しおじ磯。時計は下げ止まりまであと1時間の10時半。イイ感じに潮が引いていました。
先客が1名。
見ているとポツポツだけど釣っている!
とりあえず近くでやらせていただく。
すると私もポツポツ釣れだした^^
Imgp2033
みんな10センチ以上とまずまずの型なので結構引きが楽しめました。
Imgp2036
11時までで21匹釣れました。
タックル等を改めて整理。
竿:2.7mののべ竿
針:赤ハゼ4号
オモリ:中通し0.2号
エサ:蒸しホタテ
因みに紅サシは全然ダメでした。
おそらくなのですが、、
勝因は潮(時間帯)のおかげかな。
「しおじ磯」も潮が引いていくにつれ徐々に食い良くなったし。
初めの「はぜつき磯」でも同じ時間帯でやれば釣れたんじゃないかなと思います。
竿は海老取川と同じく3.6m~4.5mがいいですね。
ポイントとなる磯と砂地の接点が2.7mだと潮が引いた状態でギリギリ狙える長さでした。
ちょっと失敗しました。
ただ、夕焼けなぎさ以外はリール竿必要ない、というより向いてないと思います。
引きずると根掛り必至ですからね。
最後の最後、なんとかお土産確保できてホッとしました。
座ってのんびり、っていう釣り方が難しい釣り場なんだけど、
そこそこの型がそろったので面白かったです。
家からちょっと遠い釣り場ですが、
また1つ、新たなポイントが開拓できました。
追伸:
ハゼ釣り場開拓の後は二郎も開拓!
今回は品川店に行ってきました。
ここの豚は脂少なくて食べやすいです。
その他は別として。
Dsc_0033 
これを食べてる時、「生きてる」っていう実感が湧きます。
スポンサ-リンク

2017年10月 6日 (金曜日)

海老取川でハゼ釣り 2017

京浜東北線、京急と乗り継いで天空橋へとやってきました。

本日の目的地は海老取川の多摩川との合流点付近。
愛読書の海釣りドライブマップによると、ここはマハゼの一級ポイントらしいので以前から1度きてみようと思っていた場所です。

到着は上げ止まりちょい過ぎた早朝6時。
これから11時半頃まで下げ潮です。
ハゼの活性的には上げ潮よりは劣るけど、
まあ、のんびりいきましょう。
って思い、天空橋駅にてお酒を買って飲みながらやる計画だったんだけど、駅中、駅前にコンビニもキオスクもありません。
辛うじて自動販売機2つ。
朝だけど午後ティー買って釣り場に向かうのでした。
Imgp1972
飛行機のエンジンをモチーフにしたデザインの駅舎。とにかく駅前何もないです。旧羽田駅。
Imgp1973
駐機場のすぐ横。圧巻ですね~。
Imgp1977
この何の変哲もない橋が駅名の由来だそうです。実際は「てんくうはし」らしい。
Imgp1982
穴守稲荷神社の名残の鳥居。色々曰く付きのパワースポットらしいです。
Imgp1998
祠。関東大震災の際、ここに多くの被災者が流れ着いた事から、それを弔うために建てられたそうです。因みに海老取川西側は水深あって足場が非常に良いです。
Imgp1985
天空橋駅から歩いて10分の弁天橋付近。東側は斜面になっていて浅いです。
Imgp1991
エサは蒸しホタテとワカサギ釣りで余った紅サシを持ちこんでみました。何が良いか悪いか全くわからず。
まずは足場の良い西側に陣取ってやってみる。
水深は満潮少し過ぎた時点で弁天橋の近くで2m、祠付近までくると50センチまで浅くなります。
上げ止まりが近づけば干潟になりそうです。
そして底にちらほらハゼが見えます。
早速釣り糸垂らしてみるも、
食いませんね~。
そこそこ流れはあるのでイケると踏んだんだけど、
とりあえずいろいろ探ってみましょう。
Imgp1995 
ぽつぽつダボばかり。
西側、橋を渡って東側と試してみるもダボハゼがたまに釣れる程度。
釣り人チラホラいるけど釣れてないみたいですね~。
しかもみなさん、タックルはリール仕様でちょい投げしてます。
地元の方らしき釣り人とお話してみたら、ハゼはこの時期深場に落ちはじめてるとの事です。
延べ竿では厳しいかな。
因みにここでやるなら3.6m以上の延べ竿かリール竿がいいと思われます。
西側は水深あるし、東側は手前石ゴロゴロなので砂地との切れ目を狙うなら、やっぱり長さが欲しいです。
とりあえず地元の方とのお話しを境に粘る気になれなくなったので、
海老取川に見切りをつけ、もう一か所の気になるハゼポイントに行ってみる事にします。
Imgp1994
間近に飛行機の着陸が見えます。雰囲気はとても良いんですけどね~。
スポンサ-リンク

サイト内検索


  • カスタム検索

スポンサーリンク