スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

つり ヒラメ

2022年11月12日 (土曜日)

鹿嶋沖でヒラメ釣り 2022

11月1日。茨城海域のヒラメ釣りが、鹿嶋沖に限って部分解禁しました。
ぴーぴーさんのお誘いでGO!


Imgp0009_20221112192701
大春丸は18人満席。加瀬丸の応援にて2隻出しでした。


Imgp0001_20221112192801
こんな感じ。


Imgp0005_20221112192801
こんな感じ。


4時半集合、5時頃出船、だったかな。
2時にぴーぴーさん宅を経由して、鹿嶋へ。
座席を並んで確保し、お清めの儀式。
鹿嶋ヒラメ、開幕から好調とのことなので、期待しています^^


因みに氷は帰港後にもらえるそうです。
なので、自前である程度用意してきた方が良いかも。


Imgp0011_20221112193401
ポイントは港からあまり遠くないデス。


Imgp0013_20221112193401
マッドバイパースティングとイッツIVC。


ポイントは20分位走った所。
予想通り近め。
出だしはケミホタルグリーンをつけてやってみます。


すると、周りでポツポツ!
私も小型ポツポツ^^


Imgp0024_20221112193701
0.5キロ位。


水深22~23m。底は砂地っぽい。
大物、というより、キロオーバーは釣れてる様子ないな~。
とはいえ、船中まんべんなく・・むしろ四隅より胴の間でアタリが多いような。
船は横流しではなく、風がワリとあるとかで、エンジン流ししています。
??
ミヨシ有利っぽいんだけど、よくわからない状況^^;


やがて船長このポイントあきらめ、水深30mの漁礁ポイントへ。
ここでもあまり大きいヤツは掛からない様子。でも、さっきより大きいヤツ(キロオーバー)も混じっているようでした。


Imgp0033_20221112194301
数重ねる。


船はまた大きく移動。
風力発電が目の前に見える、水深6~8mの、ぴーぴーさんも経験したことないという超浅場へやってきました。
すると、キロオーバー、2キロオーバーらしきヒラメが周りで釣れだしました。
私も何とかキロオーバー確保!(帰宅後はかったら53センチ1,4キロ)


Imgp0043_20221112194701
陸岸から近い!


Imgp0041_20221112194801
レインボー^^


Imgp0053_20221112194901
規定数到達^^小さめばかりだけどね。


Dsc_7902
1.4キロのヤツ。


10時50分に規定数(10匹)到達。
型はイマイチだけど、
ま、楽しめましたよ。
途中、雨に降られたけど、
暖かい一日でした。


オモリロスト2,仕掛け全ロスト2,替え針交換2。


ぴーぴーさんお疲れ様でした。


Imgp0067_20221112195601
下船後にこれとお茶頂いた。


船長も仲乗りさんも、
おかみさんも、


とても素晴らしい船宿です。また乗りたい!


 

2022年1月 1日 (土曜日)

鹿島沖でヒラメ釣り 2021

大晦日。
大寒波襲撃中のクソ寒いさなか、鹿島に3人の釣り仲間とともに集結しました。

ぴーぴーさん、烏賊太郎さん、sayaさん、私。
烏賊太郎さん、sayaさんはかなりお久しぶり。ぴーぴーさん1週間ぶり(1週間前、実は痛恨の港解散でした)。

Imgp0044_20211231171201
ちょい小ぶりの釣り船・大春丸。すごくアットホームな船宿の印象。

Imgp0043_20211231171201
末広がり!

風の予報は??だったけど、鹿島灘は大丈夫との事で出船です。
がしかし、なかなかの時化模様でした。
そして寒い^^;

手持ちでの釣りは早々にあきらめ、
ぴーぴーさん方式でやっていこうと決心。

Imgp0005_20211231171901
みよしにこんな波風よけの幌?が設置されていました。これ、冬の釣り船にはかなり効果的です。

Imgp0007_20211231171901
幌の中より。どったんばったん。

Imgp0004_20211231171901
烏賊太郎さんから頂いたエナジードリンク!

30分以上??走ってポイントに到着。早速釣り開始。
風強く、釣りをはじめる前に手前祭りです。私とした事が^^;

「根掛り気を付けて~」
と船長。

そんなこと言ったって・・ねぇ^^;

置き竿釣法は「コマンドのレバードラグがやりやすいなぁ」なんて思いながら、底少し切りつつ、たま~に底トンを心がけます。

すると、びみょ~なアタリ!

Imgp0015_20211231172801
34センチの小型でした。

とりあえず坊主回避!
何となくミヨシ側有利な展開のようです。

Imgp0019_20211231173001
2匹目も同じようなサイズ。

これはマコガレイでまあまあの型、って思うようにしよう!
そういえば久しくマコガレイ釣ってないな~。
来年こそは!

Imgp0018_20211231173201
マッドバイパースティング240S、ダイワイッツICV150、PE3号、仕掛けは市販のハリス6号トリプルフックのもの。オモリ100号。

Imgp0028_20211231173501
サイズアップの3匹目が微妙に1キロまでわずかに届かないサイズ(40センチ)。トータル4匹。

Imgp0039_20211231195001
40センチ、37センチ、34センチ×2。40センチ(約1キロ)はこの時期のヒラメらしく、そこそこの肉厚でしたね~。

朝方よりうねりは収まったように思えたけど、漁協の決定により早上がり。
8時20分で納竿となりました。

今年の鹿島は夜イカといい、修行を通り越していましたね~。

しかし、その旨(早上がり)を妻に伝えると、ラッキーとばかりにお昼ご飯の調達と庭の掃除を依頼されてしまいました。
4匹釣れた旨も手伝って、晩御飯の準備も。

トータル的に、大みそか釣行としてはこの「早上がり、お土産確保」は家族のためには良かったのかもね^^;

Dsc_5207
定番カルパッチョ、エンガワ刺、兜煮つけ、ヒレホネせんべい。カルパッチョはプチ改良重ね、味付けはほぼ完成形!

Dsc_5213
ヒラメのヒレ酒。予想外にイイ出汁出てマス!

Dsc_5219
〆に年越しそば。ハス、オクラ、ハゼ、小ハナダイ。冷凍庫の整理も兼ねて。

時系列がグダグダですが、

あけましておめでとうございます。

 

2021年11月 6日 (土曜日)

北茨城沖でヒラメ釣り 2021

そろそろ沖釣りかな、
という事で、ヒラメ釣りに出かけてきました。

向かった先は北茨城の平潟港。
毎度の15隆栄丸さん。
船長もおかみさんも元気そうで何よりです。
今の時期はアカムツ主体との事ですが、人が集まればヒラメにも出るそう。
私としてはどちらでもよかったのですが、
小名浜でのヒラメ面白かったし、
ここ(15隆栄丸)のヒラメはどうかな、っていう興味もあったので、調査がてら今回乗ってみる事に。
連休初日の金曜日、天気もまずまず。
のんびりやってみましょう。

Imgp0003_20211106063201
19トン。快適です。

Imgp0006_20211106063201
くじ引きで釣り座は真ん中辺りになりました。

Imgp0011_20211106063301
エサの冷凍イワシ。使い切ったら船長に言えばもらえるそうです。(とはいえ、無駄遣いしないように)もっと大きいイワシ持ち込んでる方も多数いました。

Imgp0014_20211106063301
今日はハリス8号の出来合いの仕掛けでやってみます。船でもオモリと仕掛け買えるそうです。因みにオモリは80号。

Imgp0015_20211106063301
ポイントは小名浜港やや北の沖合、水深30~60m。

4時半集合、5時出船。
12人の釣り人を乗せてポイントに向かいます。
隆栄丸のお客さん、全体的に年配者が多い印象ですが、この日も私が一番若いかな^^;
リールは電動ばっかり、手巻きは確認した限り私ともう1人の2名でした。
全くもってガツガツ感とか殺気はありません。船長は真面目な方で釣らせる気満々なのですが^^;

出港前、一応船長に釣り方確認。

誘いはいらないっぺよ。
アタってもあわせちゃダメ。向こうアワセでいいっぺよ。待ってれば竿突っ込むから。

茨城なまりが心地よいです^^
光勝丸さんとほぼ似たようなレクチャーかな。当然と言えば当然ですが。

というワケで、置き竿スタイル多め。
中には2本針(孫針入れると4本針)仕様の仕掛けでやられている方も。
聞いてみると、この仕掛けでヒラメのダブルやった事あるそう。
へぇ~^^

Imgp0023_20211106065301
私のタックル。マッドバイパースティング240sは最高にイイ竿デス。

Imgp0026_20211106065401
1投目でバラシ!これが後々になって痛恨である事がわかりました。

40分走ってポイント到着。
船長の「やりま~す」のアナウンスで釣り開始、ですがみなさんのんびり準備^^;
雰囲気最高です^^

そしていきなりアタって、すっぽ抜け。
今日は期待できるかな、と思いきや、
その後はアタリ少なめ、というよりほぼなし。
船長も「水色が悪い」ってポヤいています。
これはまずい展開ですね~。

出だしのポイント諦め、漁礁のポイントへ。
早速船中根掛り多発!

Imgp0027_20211106070701
根掛りの原因の1つ。もじゃもじゃ頭ことオキノテズルモズル。

頑張って根掛りしないように、かつあまり底から離さないように操作していると、
「ズドン!」「ガンガン!」
なんだかドデカいやつが掛かった予感!
なかなか重くて巻けません。
ようやく5m位巻いたら、今度は糸グイグイだされて、根に潜られてしまいました。
ジ・エンド(涙)

痛恨のバラシ2回目^^;

船中、ヒラメは0~1。
ま、自然相手ですからね~。
とはいえ、久々に超悔しい釣行でした。
帰港後、船長に対策聞いてみると、

ドラグは、5キロ以上のヒラメは思いっきり引っ張ってズルズル出る位じゃないとだめ。
漁礁のポイントは、思い切って底から2m位切った方がいいっぺよ。

との事。
とはいえ、漁礁ポイントはややきつめのドラグ設定にした方が良いかも、って思う。

バラした獲物は余裕で5キロ以上の大物、だったと推測。
次回は必ず!!

Dsc_4781
クロソイ3匹。

Dsc_4786
もういっちょ。

ま、一応漁礁ポイントで小さめのエサ使ってお土産は確保しました。
仲良く全部1.1キロ。40センチ前後かな。
真ん中と右の2匹は体高あったのでマゾイかと思ったんだけど、目の下に2つ、しっかり棘あったのでクロソイだと思われます。
光勝丸の松原船長は「(マゾイに比べたら)美味しくない」と言っていたけど、
そんな事ないと思うんですけどね~。

Dsc_4804
ホントはヒラメで作りたかった。ま、クロソイでも美味しいです。オリーブオイル多め!

Dsc_4798
刺身、ナメロウ、肝、胃袋、皮の5点盛り。軽く湯がいた皮は特にイイネ!ポン酢との相性最高です。

Dsc_4801
尻尾折り曲げました。定番ですね~。

Dsc_4802
意外と酒蒸しが家族に人気でした。気づけば私の分、コンブのみ^^;

とりあえず5キロオーバー釣るまでポツポツ通う予定!(アカムツは11月末で終了し、ヒラメは12月になったら本格的に再開するそうです)

因みに今期のマダラは水温高く、金華山沖まで遠征しないと釣れないそうです。なので、乗合はやらないとの事でした。

Imgp0038_20211106081601
これ1本で埼玉まで安全運転にて帰れます!

2021年8月29日 (日曜日)

小名浜沖でヒラメ釣り 2021

以前から気になっていた小名浜、北茨城沖のヒラメ釣り。
ワクチン打って、少ない情報を頼りに行ってきました。

お世話になった船宿は小名浜の光勝丸さん。
1人で何でもこなし、面倒見の良い、明るくて謙虚な船長さんの船です。
この海域での釣りは、15隆栄丸さんの方がよく乗るんだけど、こちらも次いで。
関東方面からだと約20分違うし、
15隆栄丸さんも良い船で良い船長だし。
要は両方ともとてもおすすめできる、という事です。

Imgp0056_20210829055901
今年初めて!

集合4時、乗船料金エサと氷付きで11,000円。12時半まで。
エサはヒラメ狙いだけど、「冷凍イワシ」という点が特殊で、仕掛けや釣り方なんかが未知数だったけど、
それが醍醐味であり、面白い所であり。

4時20分出船。
1時間走ってポイントに到着しました。

出だしの水深は20~26m。
とりあえずやってみます。

Imgp0007_20210829060101
ハリス10号、孫針仕様。ステ糸50センチ。オモリ60号。道糸PE3号。手巻き大半、一部のお客さん電動でした。

Imgp0018_20210829064901 
良い凪です!

Imgp0013_20210829060201
エサは冷凍イワシ15~20センチのものが支給。使い放題です。

Imgp0015_20210829060201
こんな感じにつけてみます。


投入すると、グイ!
はいエサ取られました。

2投目グイグイ!
ヒラメ40の繊細なアタリとは無縁。
早々とボウズ回避!ナイス^^

Imgp0021_20210829060801
帰宅後計量で1.4キロ。小名浜サイズじゃないけどまずまずかな。

因みに釣り方は、底から0.5~1.5mの間にエサを置くイメージ。
デッドベイトだから動かした方が良いのかと思いきや、
そうではないみたい。
そしてアタリはガツンときて一気に喰い込む事が多いとの事。
また、仕掛けはハリス8号~10号が基本との事。
(船長より)

実際、ヒラメらしいアタリがあって待つと、イワシは大抵かじられているか、なくなっているか。
待って喰い込ませた方が良い場合もあるかもしれないけど、
この日このパターンはなかったです。
この点が生き餌での釣りとの大きな違いかもね。

Imgp0028_20210829062601
2枚目。サイズアップで1.9キロ!

Imgp0031_20210829062601
3枚目。更にサイズアップで3.9キロ!イイネ~^^

Imgp0029_20210829062701
ぴーぴーさんもハリス6号で大判上げていました。素晴らしい!

Imgp0035_20210829062701
クロソイ、だそうです。

Imgp0040_20210829062801
ソイ(マゾイ?)。船長「これは美味しいよ~」との事。マゾイなら確かに超美味いはず。

Imgp0042
回収直前で掛かりました。オハツ!

Imgp0026
船長曰はく、もじゃもじゃ頭。根掛りの原因その1。

Imgp0051_20210829062901
最後に4枚目の1.3キロ。完全に小型扱いデス。

Imgp0053_20210829062901
十分ですね^^

出だし水深20~26m、中盤以降40~45m。
結構根掛りあるので、オモリと仕掛けの予備多めに。
(※船で仕掛け売っていないので注意)

北の海域らしいゲスト混じってお土産十分。
何故か南のお魚マヒマヒも混じったのも良かった!

Imgp0059_20210829064801
次回は5キロ超えたいな~!

Dsc_4317
疲れたので、当日は小型1枚だけ。

疲れたけど、
何だかスッキリ!
来年は開幕の7月に計画しようかな^^

2014年12月 7日 (日曜日)

日立沖でヒラメ釣り

12月最初の休日。妻との申し合わせにより自由に使えることになりました。

という訳で釣りです!

Cimg6353

こじんまりとして何故か落ち着く船でした。最後までどこにあるかわからなかった女性用(大用)トイレは操舵室の真下にあるそうです。

今回お世話になった船宿は、gomarinさんの常宿の一つである日立久慈港の大萬丸さん。汐留さんに勧めていただいた日立丸さんがいっぱいだったので、ここに決めました。

gomarinさん曰く、「快適さを求めるなら他の船がオススメだけど、何故かまたきたくなる船宿」なんだそうです。
ちょっと奥が深いこの助言、乗って確かめるしかないですね!
Cimg6316 Cimg6317
日立久慈港についたら、中央防波堤突端の大萬丸の船の前にあるボードから希望の釣り座の番号札(ペットボトルキャップ)を取る。寒ヒラメ釣りはもちろん寒さ対策万全で!
Cimg6318 Cimg6319
釣具屋に行く暇がなかったので船宿で仕掛けを購入(1つ400円)。根がかりは少ないが難易度高いシングルフックであった。因みにオモリは80号。
Cimg6345 Cimg6346
今回アジ用の電動リールを持ち込んだけど、船に電源がないので手巻きリールとして使用。水深20~30m位だったので問題なしであった。どうしても必要ならmyバッテリー持参しよう。

「寒さに耐えて釣ったヒラメは美味い」って、夏ヒラメを釣りに行ったときに聞き、「今年こそ」と満を持しての参戦。特に12月解禁の常盤ヒラメ、中でも日立方面のヒラメは大判でそれはそれは美味しいという噂を聞いていたのでかなり前からロックオンです。
港集合は5時半だけど、4時チョイ過ぎには到着。しかし、釣り座はすでに12席中2席しか残っておらず、右舷ミヨシ2番を確保する。みんな早いなぁ~。
そして荷物を降ろし、クルマを駐車場に移動させて乗船。準備を始める。
船はまだ暗いうちに出航し、15分位で最初のポイント到着。近っ!
Cimg6323 Cimg6328
満月がキレイでした。そしてやや明るくなるとポイントは銀座になっていました^^;

最初のポイントはやや南下した所にある沖堤防のすぐ外側のポイント。ここは根がかりが多いとのことで棚を1m切るようにと船長から指示があった。因みに後で常連さんから聞いた話では、イナワラが結構混じるポイント・時間帯でもあるので、もう少し棚を上げても面白いとの事。実際このポイントで船中数本のイナワラが上がった!
Cimg6333
1キロ(45センチ)と0.8キロ(39センチ)のイナダ2本釣れました。一応お土産確保^^

この日は普段来ないらしい大洗の船も集まってきた為、ポイントは銀座状態。「これじゃーヒラメすぐいなくなっちゃうよ」ってぼやき声が聞こえた。そして船は沖のポイントへ移動。
すると船中ポツポツヒラメが上がりだした。
Cimg6347 Cimg6336
沖のポイントで見つけた、今回乗れなかった赤い船の日立丸さん。ざっと見たところでは20人は乗っていた!みよしの常連さんは沖のポイントで立て続けに2枚!ヒラメ釣り、やっぱり腕の差でるんだなぁ。
Cimg6325 Cimg6343
どうやらイワシはセルフで2匹ずつバケツに入れておくらしい。お隣の立て続け2枚に焦り、私は折角のアタリを痛恨のバラシ!イタタタっ^^;

今年は昨年に引き続き、千葉(特に銚子方面)では好調が伝えられているヒラメ釣りだけど、改めて難しさを感じる。ヒラメ40とはよく言ったもので、早合わせはもちろん、ここぞという合わせのタイミングが難しい。遅すぎると餌を取られてしまったし。
頭の中こんがらがりながら、船はまた移動。今度ははじめのポイントの逆、沖堤防の内側です。
Cimg6337 Cimg6349
堤防の内側のポイントは比較的波が穏やか。初心者向きかもね。因みに右の写真は釣り座。手作りっぽい^^

外海より波が穏やかなため、個人的には底が取りやすく集中しやすいと思っていたらすぐさま待望のアタリ!
待って待って・・
引き込んだところで合わせる!
乗った!!
Cimg6339
やりました!後で計量し、2.8キロのナイスサイズでした!

船長もナイスサイズと褒めてくれた1枚!イナダも2匹釣れたし、とりあえずはお土産十分かな、と思い気が楽になる。そして、
Cimg6342
わかりづらいですが、同じくらいのサイズを追加しました。

このポイントで2枚目!何故かこのポイントでは船中私だけが調子良かった。
そして船が1隻、また1隻と集まってきた所でまた沖のポイントへ移動。
船長、どうやら混雑が嫌いみたいです^^;
沖のポイントでは船中ポツポツヒラメが上がり、私はというと2回アタるもののバラシてしまい、12時の沖上がり時間を迎えました。
Cimg6352
この日の釣果。お土産十分、という事でヨシとしよう!
Cimg6357
大萬丸さんの冬の名物カレーうどん。温まります^^

今週は仕事が忙しかったけど、youtubeや釣りビジョンでヒラメ釣りを勉強して挑んだ今回の釣り。バラシ4回と思った通りにいかなかったけど、良い経験値になったかな。特にうねりがある沖のポイントで。トリプルフックの場合はいきなり食い込む場面も多いけど、シングルフックはそれはあまり期待出来ないという事も分かりました。
前日に比べてアタリが少なく、ボウズも数人出た、比較的悪い日にあたってしまったけど、何とかお土産確保できたし、何より日立沖の寒ビラメ釣りを実践できて楽しかったです。
そして船長と女将さんの人柄がなにより暖かい船宿でした。またお世話になろうと思います^^
Photo
HPの地図だけだと少々わかりずらいので作ってみました。ご参考まで。


追伸:
Cimg6361
12時15分港着、うどん食べて12時50分帰路に着く。14時半に自宅につき、お風呂に入って楽々調理に取り掛かることができました。
スポンサ-リンク

2013年8月18日 (日曜日)

飯岡沖でヒラメ釣り

アジ釣りの後はヒラメ釣りにやってきました。

今度は沖釣りです。

船宿は以前(3年前)ハナダイ釣りでお世話になった飯岡の梅花丸さん。

震災で自宅兼待合所が流されてしまったとHPにありましたが、ご苦労の末、約半年で釣船業を再開されたそうです。

震災から約2年半。ちょっと遅くなりましたが・・

釣りという口実で僅かながらお金を落としにやってきました。

Cimg3893 Cimg3895

全体撮れませんでしたが、綺麗な船宿になっていました。釣り座は入口にあるマグネットを取って確保!私は右舷トモ2番を確保!夜中の12時にかかわらず先客いた。


スポンサ-リンク

本当は追っかけアジとハナダイのリレー船に乗ろうと思ってたんだけど、今回は昨年から空前の絶好調の知らせが伝えられているヒラメ釣りを選択。1枚釣れれば御の字は何処に?といった具合で釣れているらしい。因みに前日もここ梅花丸さんではトップ8枚で他の船(外川方面)ではツヌケも記録していた。

ボウズもいたという事でちょっと怖いけど・・

折角の機会、挑戦あるのみです!

初挑戦という事で、

目指せ、何とか1枚!

Cimg3922

本日は手前が17トンのハナダイ船、奥が19トンのヒラメ船。大きくて快適です。


さてここ飯岡のヒラメ釣り、基本的にノーマルタックルとライトタックルの2種類が存在しているそうだ。それぞれ、オモリ60号仕様と40号仕様でこれに合わせたタックルとの事。

因みに梅花丸さんではオモリ60号のノーマルタックル。

という訳で、オモリ60号仕様でコーディネイト!

Cimg3899 Cimg3900

リールは手巻きでちょうど良いのがないので、アジ用のハイパータナコン400。手持ちでも問題ない軽さです。それと竿はイナワラやカツオ用にタックルベリーで見つけたマッドバイパースティング240s。いい感じにしなります!

Cimg3902 Cimg3905

これもタックルベリーで買った60号オモリ3つ。なんと40円!結果的に2つロストしたけど、あまり悔いはない!

Cimg3896 Cimg3897

船宿仕掛けは孫針トリプルフック。餌のイワシには背中に掛けないとすぐに根がかりするそうだ。

Cimg3906 Cimg3908

この日は20名満席!胴の間でシイラ掛かって大変な事になった^^;餌のイワシは1人20匹との事。


一応、ネットの釣行記とか動画とか、釣りビジョンのヒラメ釣りを録画したりして研究してきたんだけど、やはりというかちょっと不安に駆られる。なので、ちょっと若い船長らしき人に「ヒラメ初めてなんでよろしくお願いします」と声かける。ここは「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」精神だ。

何はなくともこれだけで少しホッとして、あわよくば釣りの最中、「あたってるよ」とか「もうちょっとゆっくり巻いて」とかアドバイスもらえるかもしれない!社内営業ならぬ船内営業です^^

と、その船長らしき人、よく聞くとハナダイ船の船長との事^^;でも「まだ時間あるから」とばかりにアタリの取り方をレクチャーしてくれた。「この竿ならこの位が前アタリでここまで来たらゆっくりあわせて」「今は荒根がポイントだからオモリは少し浮かして」

ありがとうございます!頑張ります!

程なくして出船!

Cimg3907

朝から暑かったけど、風が気持ちいい!真夏のこの一時、沖釣りの醍醐味の一つ!


約50分程走り、何だか最近見慣れたような?発電所の景色が見えてきた。そしてスローダウン。どうやらポイントは鹿島沖のようだ。

そしてすかさず準備。イワシを優しく捕まえて、上顎に掛けて背中に掛けて・・

Cimg3910 Cimg3909

水深は30~40m位。電動リール便利!


緊張の第一投。とりあえず出船前に教わったとおり、底を少し切った状態、たまにトントンで待つ。すると、なにやら多分前アタリ!緊張が走る!

「ぶるっぶるっ」イワシが暴れてる!「クンクン」ちょっとしゃぶったか?「ググーン」キター!このセオリー通りの流れ、間違いなくヒラメでしょう!

Cimg3911

実は2枚目の1.7キロです^^;(1枚目は単独写真撮っていませんでした)1枚目は・・

Cimg3912

下の方の0.5キロが本日の1枚目!いわゆるソゲ!


初めてのヒラメなのでデカいのか小さいのか良くわからないけど、とりあえずはグングン引いて重い。しかも動揺して舞い上がっている自分がいる!初めて狙う魚で本命かかるといつもそう!これだから釣りってやめられないんですよね^^

そして根がかりやらお祭りやらのちょいトラブルを経た2時間後、今度はいきなり竿が引き込まれた!そして電動でラクラク巻き上げてネットイン!2枚目!

って、簡単そうに書きましたが・・

いやー、難しいです。同時点で隣りのオオトモの常連さんは、ポイントが荒根を知っての孫針シングルフックにもかかわらず4枚。ヒラメ40と言われるけど、待ちすぎてアタリが遠のく事もしばしば。食わせ方がまずいのかと悩む所だけど、早合わせはもっとダメ。確実にスッポ抜けた。

なんて悩みながらまたきた前アタリ!待って待って待って・・40秒過ぎて・・

2分位待っても変わらないので上げてみると、

Cimg3917

定番外道のマトウダイでした!


こういうパターンもあること忘れてた^^ここは沖ですからね。

外道だけど、ちょっと嬉しいのでキープ。

どうせならイナワラ、ヒラマサこないかな~。

って欲をかいたのも束の間、またアタリに悩む。

もう、ここはとことん悩もう!

ボケ防止のために。

そんなこんなでまた時間が過ぎていく。イワシもたくさん使って、桶には最後の3匹を入れた。残り時間も1時間切ってると思う。更にだんだん暑さでバテてもきた。そして悩まなくなってきた。

そしたら「ググン!」

青物か?

と思ったら、途中から一定の重さ。ヒラメだ!

Cimg3920

11時半で終了!初めてにしては上出来かな。


はじめ0.5キロ、続いて1.7キロ、マトウ挟んで最後は1.4キロ。うんうん、よくできました。自分!

先月の平潟に続いて訪れた飯岡。埼玉の自宅からはちょっと交通の便悪いですが、のどかでとても雰囲気の良い所です。今度は追っかけアジとハナダイにでも来てみますかね。

こうして船宿で賑わっている街が元気でいてくれる事に感謝です。

Cimg3934 Cimg3931

帰宅後は刺身とムニエルいただきました。夏ヒラメということで脂ののりはイマイチでしたが、もちもちで美味しかったですよ^^因みに縁側は抜群に脂のってた!


タックルetc

竿:マッドバイパースティング240S

リール:ハイパータナコン400fbe

(大半が手巻き使ってました)

道糸:PE4号

オモリ:60号(2個ロスト)船宿で1つ300円

仕掛け:船宿仕様2つ入りで500円

Cimg3897

1つロスト。船でも売ってるとの事です。

代金:11500円でHP割引500円=11000円(氷つき)

4時船宿集合です。

スポンサ-リンク

その他のカテゴリー

つり アイゴ つり アイナメ つり アオダイ つり アカイサキ つり アカエイ つり アカムツ つり アコウダイ、メヌケ つり アジ つり アナゴなど つり アブラボウズ つり アマダイ つり アユ つり イカ、タコ つり イサキ つり イシダイ、イシガキダイ つり イシモチ つり イセエビ つり イナダ、ワラサなど つり イワシなど つり イワナ、ヤマメなど つり ウシノシタ つり ウツボ つり ウナギ つり ウメイロ つり オイカワ つり オキメバル つり オニカサゴ つり カサゴ つり カジカ つり カニ、エビ つり カレイ つり カワムツ つり キンキ つり キンメダイ つり ギマ つり ギンポ つり クエ つり クロアナゴ つり クロソイ つり クロダイ つり クロムツ つり コブダイ つり サバ つり ザリガニ つり シマアジ つり シロギス つり スズキ つり スッポン つり タイ、ハナダイ つり タチウオ つり タナゴ、フナなど つり テナガエビ つり ハゼ つり ヒラメ つり フグ つり ブダイ つり ベニアコウ つり ホウボウ つり マグロ、カツオなど つり マス、ウグイ つり マゾイ つり マダラ つり ムラソイ つり メジナ つり メダイ つり メバリング、アジング つり メバル つり ワカサギ つり 引っ掛け つり 準備、対策等 つり 遠征 タケノコ バイク 地元のお店 家族 山菜等 料理 潮干狩り 潮干狩り アカニシ貝 磯、干潟遊びなど etc

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク