家族

2017年4月23日 (日曜日)

バッパ

仙台弁で「おばあさん」の意。ネットによると北茨城から福島、仙台辺りまで使われているらしい。

私がまだ幼稚園児だった頃(だと思う)、我が家にバッパがやってきました。
私と妹を溺愛してくれ、何から何までの世話をしていただいた。
当時にしては(多分)珍しく我が家は共稼ぎで、父は市役所勤め、母は自分の勉強傍ら書道教室をやっていた。
そんな我が家にベビーシッターのような形でやってきたのだそうだ。
私とのつながりはというと、母の母のお姉さん。
北茨城でご家族を亡くされた後に一人暮らしをしていたところ、我が家にくることになったらしい。
そんなバッパも亡くなって24年。
我が家のお墓を作り、そのお隣にバッパのお地蔵さんを作る形で入っていただいた。
実は昨年23回忌だったのだけど、申し訳ない事にすっかり忘れてしまっていて、お盆のお墓参りの際に気が付き、1年遅れの本日行った。
大変失礼いたしました。
そんなわけで改めて23回忌の法事。
お寺での行事を済ませ、川口の「川福」といううなぎ屋さんで会食です。
私の両親、私の家族、妹の家族の計12名。
うち、子供6名!
賑やかですね~^^
縁側と座敷を仕切る障子を破らないかヒヤヒヤでした。
子供たちは希望により全員鳥のから揚げ。
それと、だし巻き卵を念のためつけてみる。
案の定、早々に食べ終わり遊びだした。
大人6人はというとゆっくりコース料理と酒。
いつもここでは天ぷらなしのコース料理なんだけど、今回はせっかくなので??つけてみた。
枝豆、天ぷらに続き、鯉の洗い、鯉こく。
そして最後にお新香とうな重が運ばれてきた。
案の定、うな重まで6人中5人がたどり着けず。
折にして持ち帰り、晩御飯になりました。
唯一、妹の旦那さんが半分手を付けることができてましたね^^;
まぁ、最初の天ぷらでやられました。
エビ2本、シロギス、ピーマン、レンコン、マイタケ、イモ。
ちょっと失敗だったかもね^^;
Dsc_0570 
上座の大人の席には天ぷらと枝豆がすでに置かれていた。障子が心配で仕方がない。
Imgp0481
世界一美味しい鯉の洗い!
Imgp0484
世界一美味しい鯉コク!これについてはマジでそう思います。
Imgp0485
普通に美味しい!でも、いつも半分以上折にしています^^;
話しを戻してバッパ。
北茨城で家族を持たれ、人生の大部分を過ごされたとの事で、コテコテの茨城弁でした。
平潟・第15隆栄丸の船長と同じ話し方をするのです。
沖釣りにて断トツでよく行く北茨城。
バッパに呼ばれてるのかな、って最近よく思うのでした。
スポンサ-リンク

2017年3月 6日 (月曜日)

三峯神社へいってきた

浦山ダムでの冒頭とかぶりますが、さかのぼる事30年以上前。妻は母(私にとって義理の母)にお姉さんと一緒に3回三峯神社にドライブがてら連れてきてもらったそうです。そんな思い出話をたま~に聞かされていたんだけど、ここへきて「行きたい!」とはっきり言ってきた。

ここは踏ん切りつけて家族で行く事にしました。

スポンサ-リンク

そう、三峯神社は私にとって「踏ん切り」が必要な場所。
三峯神社は自宅のある蕨市と同じ埼玉県にあるんだけど、位置的に端と端。
片や東京千葉に近い蕨市と、片や山梨や長野に近い銭形のとっつぁんの生まれ故郷・旧大滝村(現在は秩父市)。
ネットでルートを検索すると129キロ。
129キロなんて北茨城に釣りに行くと思えば楽勝、って言ってしまえばそれまでなんだけど、埼玉県秩父地方に私のアドレナリンを放出させるに足るキンキやメヌケ、アブラボウズはいませんからねぇ。
魅力と距離を比較&考慮すると、私にとっては相当な踏ん切りなのです。踏ん切りも踏ん切り、思いっきり切ってみました。
三峯神社。
妻から母と姉の3人でよく行ったと聞かされた以外でも何となく知っていたんだけど、
その前になんで父がいないのかというと、
おっと、そういうダークな話題はやめておきましょう。因みに(義理の)お父さん、今でもお元気です。
話しを戻して三峯神社。
何やら相当なパワースポットらしく、そのパワー、関東で1番なんだそうです。
そして、とあるテレビ番組でかの有名な浅田舞さんが妹の真央さんのためにお守りを買いに行った事(自分の分のついでに妹の分もという説も?)から相当有名になったらしく、毎月1日は神社まで続く1本道が渋滞するらしいです。
そう、実は浅田舞さんが買われたお守りは、毎月1日にのみ授与(2,000円)される特別なもの。真っ白なおマオリ、ではなくお守りに「氣」と書かれたものでそれはそれは強いパワーを放出してくださるものなんだそうです。
ただ、我々家族は1日は都合がつかないし、そもそも子連れで混雑はつらいので、ゆる~く3月5日の日曜日に行ってきました^^;
Dsc_0437
実は白以外なら他の日に授与可能です。1,000円。因みに妻は紺色購入、(義理の)お姉さんのお土産分はピンク、私は緑。真央ファンの妻は「真央ちゃんと色違い!」って喜んでた。
Dsc_0435
素材は同じ!桐の箱に入っているか否か、白か否か。
話しは前後してしまいますが、「氣の御守」は1日以外でも手に入れる事は可能です。
効果のほどはどれだけ違うかというと、これからわかることでしょう!
色は違えど、ケースは違えど、納めた額は違えど・・
私達にとって大きな氣になってくれるには違いないです。
話しは戻って、
三峰神社の駐車場に到着した時間は12時ちょい過ぎ。
お昼の時間です。
この日は1日ではないため、大きな渋滞こそなかったけど、天気の良い日曜日とあって駐車場はそこそこ埋まってました。
因みに駐車料金1日510円。消費税とかの関係での500円+10円だと思うけど、両替なんかの手間暇考えたら500円でいいんじゃないかな、って個人的に思うのでありました^^;
そして駐車場近くのお店に入る。
妻にとって幼いころにここで食べた山菜そばと味噌田楽は思い出の味!
って、しきりに車中で語っていた、が、
本人まさかの味噌田楽注文し忘れ^^;
慌てて追加注文。
子供たちのメニュー選びに気を取られたそうです。
母親って、父親に比べて数段尊い立場なんだなぁ、って改めて思いました。
私なんか、「わらじカツ丼とは何ぞや」って事ばっかり気にしていたもんね^^;
Dsc_0398
駐車場からも見えるお土産屋さん兼ごはん屋さん。昔と変わらない雰囲気だったそうです。
Dsc_0408
山菜そばと味噌田楽。750円、200円。妻はこれが食べたかったらしい!
Dsc_0411
私は「わらじかつ丼」を注文。1000円。秩父市内走っている最中、「わらじかつ丼」の看板よく見かけ、気になっていたらここでもあったので。甘辛タレがカツにあってた。後から知ったんだけど、写真左上の丼のフタがこの料理の重要なポイントだったみたい。
まずは腹ごしらえ。
妻はこれを食べる事も今回の目的の1つ、と言っていた2品。
旅に食は欠かせません^^
うどん好きの子供たちは山菜うどん。
私は気になっていた謎のメニュー・わらじかつ丼。
何やらこのわらじかつ丼、秩父のB級グルメらしい。生い立ちとかよくわからないけど、甘辛ダレがかかっていて、なかなか美味しい1品でした。
ただ、大きくてちょっと食べにくい。
後で調べたら、2足のわらじ(カツ)のうちの1枚は、はじめは丼のフタにおいて食べはじめるのが正しい食べ方なんだとか。
なるほどね、だからちゃんとフタがついているのね。
下の子はうどん半分残したけど、そこは私がフォロー。
おなかいっぱい!
ごちそうさまでした。
さて、ようやくメインイベントです。
Dsc_0416
三峯神社の信仰はオオカミ。漢字だと大神とも書くそうでそれこそ「神の遣い」なんだそうです。そしてこの鳥居は三つ鳥居という貴重な鳥居なんだそうです。
Dsc_0424
奥宮遥拝殿(見晴らし台)。下の子、おうち(我が家)が見えると言っていた。周りの方々は私達を地元の人間と思ったに違いない。
Dsc_0418
随身門。この先神聖な場所、っていう雰囲気に満ち溢れた門であった。参道の脇にある白いものは実は雪。門の先は滑るため「通行止め」であった。う回路にて三峰神社へ向かう。
Dsc_0427
御手洗(みたらい)。高校時代に御手洗さんという同級生がいたんだけど、神聖なご先祖様の末裔なんだなぁ、って今になって思った。因みに3月初旬の三峰神社の御手洗、凍ってて使えず。代わりに神主さんんのシャカシャカならぬ大幣(おおぬさ)が置いてあった。
Dsc_0431
そしてたどり着いた三峰神社。両サイドには御神木。
Dsc_0434
写真では収まりきれない立派な装飾がありました。
Dsc_0439
神社の両脇にそびえ立つ樹齢800年の御神木。3回深呼吸してから触れてお願い事を!
実は三峯神社には今回いってみた本殿だけではなく、奥宮という、山道をさらに1時間かけて行かないといけないパワースポットがあるそうです。
今回は小さい子供がいた事でいかなかったけど、次回は是非こちらにも行ってみたいと思いました。
また、三峯神社表参道(2009年に廃止になった旧ロープウェー駅)からの登山道というのもあって、古き良き古道を2時間かけて歩くルートもまた面白いんだとか。
新緑の季節なんてよさそうです。
因みに裏参道という、更にマイナーな古道もあるそうです。
三峯神社、3月の暖かい日にも関わらず参道に残雪あり、空気が違いました。
冷たいだけじゃなく、何か緊張感あるような落ち着くような。
ここはパワースポットなんだな~、って信じずにはいられないですね^^
今週も頑張れそうな氣がしてきました。
山奥にありながら、クルマやバスで近くまで行ける便利さもまた良いです。
何をしにいった、っていう訳でもないんだけど、何故かきてよかったっていう氣に満ち溢れました。
良い結婚相手に最大の条件は「同じ価値観を持っていること」ってよく聞きます。
妻に神社参拝時、また御神木での願い事、何かと聞いてみたら、
「宝くじ1等!」
ほぼ同じ価値観で良かったです^^
因みに私は前後賞付きでお願いしました。
スポンサ-リンク

浦山ダム(秩父さくら湖)見学

妻が「三峰神社に行きたい」って言ってきた。

さかのぼる事30年以上前、妻がまだ小学生の頃の話。
妻の母親(私にとっての義理の母親)が好きだったみたいで、ドライブがてら3回ほど連れてきてもらったみたい。
今でも鮮明に当時の楽しい記憶が残っているらしく、下の子がある程度成長した頃にでも、って密かに狙っていたそうです。
調べてみると、なにやら強力なパワースポットである三峰神社。
子供たちも予定通り成長した事だし、お願いしたい事もあるし、
ドライブがてら行ってみましょうかね!
スポンサ-リンク

って、せっかく高速道路使って秩父方面へと行くのに目的地が三峰神社だけではもったいないので浦山ダムに寄ってみる事にした。
ここは何やら大きなダムで、重力式コンクリートダムと呼ばれるダムとしては奥只見ダムに次いで2番目に大きいダムとの事。そして、その上歩はちょっとした公園に整備されていたり、内部を見学できたり、ちょっとした観光地化されているとの事です。
そして何より、ここはワカサギ釣りの穴場的ポイントとの事で個人的にチェックを入れていた場所だったので、どんな湖か興味があった訳でして^^;
(これが大きいです)
自宅の我が家から三峰神社まで約3時間。2時間地点のここで休憩がてら、偵察がてら!
Dsc_0375
駐車場から。
1488715321301
3時間のドライブの途中休憩がてら。
Dsc_0381
この小槌に触ってお願いすると願いが叶うらしい。これから神社に行くけど、その前に同じお願いしてみた。
Dsc_0377
ん~、どこでワカサギが釣れるんのだろう。情報によると、写真左奥らしいのだけど、ここからじゃ見えない。
Dsc_0386
ワカサギは置いておくとして、とりあえず社会科見学。ダム内部へはこのエレベーターでむかう。
Dsc_0387
エレベーター降りるとこんな感じの通路があった。階段上ると通路沿いに展示物あり。
Dsc_0390
156m。鴨川沖中深場、といった所か。
Dsc_0393
食堂があって、ダムカレーが名物らしい。ラーメン500円、うどんそば450円。
秩父盆地が一望でき、レストランあり、ダム内部見学施設あり、もちろんトイレあり、休憩スポットとしてはなかなか良い場所でした。
肝心のワカサギ釣り場としての偵察は・・
多分、湖をぐるり1周しないとわからないかもね。
っていうのも、ここは貸しボートがなく、丘っぱりもしくは持ち込みマイボート(ダム管理者の許可必要)でしか狙えないため、相当難易度高いワカサギ釣り場なのです。
ネット(ワカサギ情報PRESS等)で何となく釣りができる場所が紹介されているけど、それでも時期によって水量が変わるだろうし、釣りにくる場合、釣れる釣れない以前に出来るか出来ないか、結構な賭けになりますね。
とりあえず蕨の自宅から高速道路使って2時間、という事はわかりました。
因みに遊漁料は800円で、近くのコンビニで買えるらしいです。
滞在時間1時間弱。
たくさん深呼吸したところで、この日の本命三峯神社に向かうとしましょう!
スポンサ-リンク

2016年10月 3日 (月曜日)

秋の味覚を掘りにいこう2016

去年行けなかったさつまいも掘り。

急きょ10月最初の日曜日が休める事になったとあれば・・
是非とも行かないとね!
Imgp0315
川越の荒幡農園さん。2年ぶり^^
Imgp0300
さつまいも畑は広大です!
スポンサ-リンク

自宅からクルマで約1時間。ママは美容院との事なので、子供達を連れて3人で川越へとやってきました。
駐車場でクルマを止め、ノボリの前にいたライオンズの帽子をかぶったおじさんに1,000円払って受付済ませ、いも掘り開始!7株分掘っていいとの事です。
さて、頑張ってもらいましょうかね!
Imgp0301
ビニール袋はもらえました。スコップは一応レンタルできるけど・・
Imgp0311
素手でホリホリ!
Imgp0309
出てきました!
Imgp0310
いい感じです!
Imgp0312
デカい!
Imgp0316
大漁(量)でした^^
Imgp0318
いも掘りの後は納屋のような所でふかし芋をごちそうになりました。
Dsc_1162
ニンジンも3本100円で掘らしてくれる^^その他大根や里芋も掘れるらしい。
Dsc_1160
こういう事だそうです。来年は大根や里芋も掘ってみようかな。
Dsc_1166
ニンジン、まだ細いとの事で5本(×2で200円)にしてくれた。スイマセン^^;
結構人気のいも掘り農園みたいで、予約しないとダメとの事。当日今から、っていう電話を受けていた園のおじさんが「スイマセン」って断っている姿を見て実感です。
因みに私は3日前に予約入れました。
「んん~~~大丈夫です」
との返事。
どうやら危なかったみたい^^;
Imgp0324
しばらくサツマイモには困らないだろうなぁ。
雨続きで今年もダメかと思ったイモ堀り。
良い日にピンポイント日曜休が取れてとてもラッキーでした。
来年も是非お世話になりたいです。
Dsc_1174
市販の大学イモの素で作りました。便利~^^
スポンサ-リンク

2015年7月28日 (火曜日)

ホタル鑑賞

前日は仕事が終わってそのまま小名浜へ。

小名浜港でアナゴ釣りを楽しんだ後は3時間程度仮眠をとりアブラボウズ釣りへ。
帰ってきたら魚を捌く、の予定が急遽変更!
子供たちをホタル鑑賞に連れて行くことになりました^^;
ちなみに妻はこの日、調剤薬局事務とかなんとかの資格試験で疲れたらしく、家でお休み。
・・
元気な私??が担当です^^;
Cimg7369 
川口グリーンセンター。毎年7月の第4土日に公開するそうです。因みに料金無料!駐車場のキャパ考えてPM6時着を目指しました。

帰宅後、釣り道具を洗って、シャワー浴びてレッツゴー。
次回の釣行も快く許可頂くためにはもうちょっと体を酷使しなくてはなりません^^;
そして何より子供たちにホタルを見せたいです。
その昔、小学生くらいの頃に初めてホタルを見たとき、子供心に何だかとても感動した記憶があるんですよね。
Cimg7370
疲労を更に助長させる長蛇の列が・・

時刻は6時チョイ過ぎ。公開は暗くなる8時ころだそうです。
2時間近く待たなくては。
仕方がない、私が並んで子供たちにはその辺りで遊んでてもらおう。
上の子が9歳のおねーちゃんだと、こういう時便利です。
・・
そして時刻は7時50分。
ようやく列が動き出しました!
Cimg7371
写真じゃうまく伝わらない!基本メイン会場では写真NGなんだけど、周りの草むらでもそこそこ見られたのでそこで1枚!小さい子供連れで長時間並びたくなければ、ここだけでもいいかもね。

賞味15分位でしょうか。すごい幻想的な光景でした。
子供たちも長い待ち時間忘れて感激していました。
この記憶、生涯残ってくれるかな。
来てよかったし、並んだ甲斐がありました。
来年もまた来たいです!
ただし、釣行はずらして^^;
スポンサ-リンク

2015年6月20日 (土曜日)

小江戸散策

5日前。

下の子が土曜日に幼稚園で球技大会があったので月曜日は代休だそうです。

ついでに妻もパートを休みにしたので、もともと仕事が休みだった私含め3人平日休み。
小学生の上の子には悪いけど、せっかくなので3人でお出かけです。
(かる~く小物釣りと思ってたんだけどダメでした)
Cimg7177 Cimg7178
駅で地図もらって歩く!

目的地は小江戸こと川越。
蔵造りの建物が並ぶ情緒あふれる街並みなんだそうです。
一度行こう、って思いつつなかなか行く機会がなかったんだけど、電車好きの上の子に特急レッドアロー号乗せるついでに行ってみる事にしました。
小さい子供連れて行くには、ちょっとアダルトチックな所なんだけど・・
菓子屋横丁なるポイントもあることだし、まぁ大丈夫かな^^;
さて川越。行きは東武線川越市駅を利用したんだけど、なんだかわかりにくい。
東武線とJRの川越駅、西武線の本川越駅、そして東武線の川越市駅。
西武線の本川越駅が余計かな、川越駅か川越市駅にくっつけて作ればよかったのに、って思ったんだけど、実はこの余計な駅が一番歴史が古いそうです。
ダメじゃん、JR、東武!
Cimg7183 Cimg7180
川越市駅からは10分位歩くと蔵造りの街並みにたどり着くことができました。因みに駅からのバスは5分おき位に走ってる事を後で知りました。
Cimg7181 Cimg7187
途中、名物らしいおまんじゅう買って、かき氷食べて。この日は真夏日だった^^;
Cimg7189 Cimg7190
ねこまんまおにぎりも買ってみる。今度自分で作ってみたくなった。
Cimg7195 Cimg7196
そして目的地の菓子屋横丁。残念ながら月曜のためか半分のお店が閉まってた^^;
Cimg7198 Cimg7197
しかしながら、子供向け駄菓子屋はあいてたのでホッとしました。
Cimg7201 Cimg7202
帰りはレトロな巡回バスで本川越にGO!1時間に3本位走ってるみたいです。
Cimg7206 Cimg7207
そしてメインイベントの特急レッドアロー「小江戸」号。しかし乗って十数分後、3人とも寝た^^;

暑い一日だったけど、レッドアロー号の中で飲んだビールがとてもうまかったです^^
気分転換がてらの丁度いい平日のお散歩でした。
スポンサ-リンク

2014年9月24日 (水曜日)

秋の味覚を掘りにいこう

子供たちが学校や幼稚園に行く平日休みなら間違いなく一人で釣りに行くところなんだけど、休みの日となると・・いつもの事ですが、当然そうはいきません。

当日は秋分の日。昼と夜の長さが(ほぼ)同じの日。
天気は秋晴れ!
芋掘り日和、かな^^
Cimg5879_2 Cimg5936
左の「荒幡農園」さんが○!右の「あらはた園」さんは芋掘りやっていません。親戚かな??ちょっとややこしい!
スポンサ-リンク

向かった先は埼玉県川越市にある荒幡農園さん。
その昔、城下町として栄えた小江戸・川越は「川越イモ」というさつまいもが有名、って数年前テレビで知ってから、そのうち行こうと決めていたんですよね!
※品種名は「ベニアズマ」との事。
多分最後に芋掘りしたのって、幼稚園くらいの時だったたような。
ほぼ初体験に近い状態だったので、準備するのにドキドキしてしまいました^^;
因みにここ川越界隈には似たような芋掘り農園が数箇所あり、どこも9月下旬から11月位までやっているらしい。
今回お世話になった荒幡農園さんは、今年は9月20日から。電話予約必須で料金は7株1,000円。4人家族なら十分すぎる量だとの事。
うんうん、この手のレジャーにしてはかなりお手軽!
Cimg5876 Cimg5880
準備するものは軍手と長靴と・・
Cimg5887 Cimg5878
スコップとビニール袋は準備されていたので、後は念のため帽子かな。(何故かこの日、子供達はつり丸キャップをチョイス)
Cimg5881 Cimg5886
予約さえすれば、その日の営業時間内なら何時に行ってもいいとの事。でも、だいたい午前中に集中するみたい。7株の区画は白線で区切られています。
朝、あーだこーだとバタバタいるうちに出発が遅れ、到着は11時。到着すると、結構家族連れで賑わってた。
クルマをとめ、準備し、案内しているライオンズの帽子をかぶっているオヤジさんに1000円払って芋掘り開始!とりあえずコツもなにもないかと思ってたんだけど、一応「芋が傷つくからできれば軍手はめて手で掘った方がいいよ」との事。でも、子供にはちょっと辛い土の硬さかな。念のため借りたスコップ持たせる。早速「エイっエイっ」て掘り出す^^
Cimg5888 Cimg5896
芋掘りは小さな子供でもわかりやすい、って思った。
Cimg5898 Cimg5904_2
上の子、頑張って最後まで掘る!下の子、途中で脱走!
7株なんてすぐに掘ってしまうかな~、って初めは思ってたんだけど、これが結構重労働でかなり疲れた。秋風が心地よかったのが救いでした^^;
Cimg5908 Cimg5909
大きいビニール袋2つ分とれました。右はお隣さん。きれいに余計な根っこを取り除いてビニール袋にしまってた。O型家族と(多分)A型家族の差か!?
30分以上かかってようやく終了!
パパ2株、ママ3株、上の子2株、
下の子お手伝い程度^^;
はい、お疲れ様でした!
Cimg5913 Cimg5915
芋ほりが終わったら、近くの休憩所で手を洗ってトイレを済ませて・・
Cimg5912 Cimg5922
これぞ農家、といった住居に隣接している休憩所で一休み。お土産に三東菜(さんとうさい)をいただいた。
Cimg5924 Cimg5927
お茶と蒸し芋をいただいた。30分蒸した、と言っていたこの芋、むちゃくちゃ美味かった!
子供相手の超お手軽でジャーかと思っていたんだけど、意外と大人も楽しめました。
そしてここで掘った芋、しっとりしてて甘いです!
秋の休日、良い時間を過ごせました。
・・
腰がいた~い!
Cimg5938 Cimg5939
晩ご飯は、お蕎麦とイモ天と三東菜の炒め物。腰が痛かったので簡単に済ませてしまった。明日以降、もっと料理がんばろう!

スポンサ-リンク

2012年11月12日 (月曜日)

森林公園

正確には“国営武蔵丘陵森林公園”というらしい。

埼玉県北部の滑川町にある、とてつもなく大きい公園です。

因みに園内を1周するサイクリングロードは17キロ。

実は今年のゴールデンウイークに家族で行ってきたんだけど、あまりにも混んでて疲れ果ててブログに書かずじまい。

「今度は平日休みにこようね」と家族で約束し、先週の金曜日、子供の授業参観日の振り替え休日を利用しリベンジ。ようやく森林公園を満喫できました。

Dvc00311 Dvc00310

緑の日に行ったら運良く入園無料!しかし、そのためか子供の遊具エリアが近い中央口、西口の駐車場は満車。遙か遠い南口に何とかです。

Dvc00313 Dvc00317 

園内は広いので散歩する分にはいいんだけど、遊具は大混雑!

Dvc00325 Dvc00334 

結構並んだけど、ポニーに乗るイベントなんかもあったりして悪くはなかったかな。しかし、相変わらず遊具は大混雑なんだけどね。

Dvc00338 Dvc00335 

水遊び場ももちろん大混雑。帰りは30分位並んでバスで南口へ。この頃、歩く体力もうありませんでした。


とはいえ、結構楽しめたんですけどね。子供が迷子になりそうでヒヤヒヤでした。

そして11月9日の金曜日にリベンジです。

Cimg2670 Cimg2662

すんなり遊具エリアに近い西門エリアに駐車。紅(黄)葉真っ盛り!

Cimg2659 Cimg2653 

アスレチックコーナーにきました。貸切に近いです。長女曰く「ここ、子供にはヤバイ」そうです。

Cimg2658 Cimg2661 

昼時なのにこの閑散状態!下の子もそう簡単に迷子にはならない!

Cimg2665 Cimg2667 

大玉あそび、そして最後はキッズドームで!


因みに駐車場代600円、入園料大人400円、子供80円。

受付のおばちゃんが「平日は良いでしょー」って言っていた。

高速使えば蕨市の我が家から約1時間。自然豊かで気持ちよい一日でした。

また天気の良い家族そろっての平日休みはきてみようと思います。

スポンサ-リンク

2010年9月27日 (月曜日)

茨城千代田で栗拾い&梨狩り

茨城県は栗の生産が日本一だそうです。そんな茨城県にあって、特に旧千代田町(現かすみがうら市)付近は、栗をはじめ、秋の味覚の農園が点在しています。

9月ももう終盤。ようやく秋っぽい気候になってきたので、果樹の町・千代田へ栗拾いに行ってきました。

ついでに梨狩りも。

スポンサーリンク

常磐道の千代田石岡インターを降りると、観光農園が10件ちょい点在していて、それぞれ梨が得意だったり、ブドウが得意だったり・・農園によってカラーが分かれていますが、ここ千代田は栗が特に有名なので、栗が得意な“からたち園”に行ってみました。

Dsci1630 Dsci1631

入園料、キロ単価か時価だそうです。上記料金はご参考までに。


前日に念のため電話をいれ、状況を確認。栗の状況は良いようだ。また、ここは梨狩りと芋掘りもやっていて、この日は梨狩りも開催しているとの事。栗~梨のリレーだと、後半の料金が100円引きになるらしい。もちろん、計画段階でやってみる予定!

ここ、からたち農園の開園はAM9時。既に開園前に3組の家族連れがきていて受付を待っていた。ちなみに栗拾いは開園から1~2時間が勝負。特に晴れた休日は。大きい栗から順番になくなってしまうのでね!

ちなみに我が家族は開園10分前の8:50に到着。4番目に受付を済ませて、栗拾いへレッツゴー!

Dsci1641 Dsci1646

小さいバケツ(一杯で約1キロ)とトングはレンタルできます。


受付のある建物から1分位で栗の木が立ち並ぶ目的地に到着。子供たちの歓声が聞こえてきます。こういうのって大人でもワクワクしるし、子供ならなおさらですね。

Dsci1649 Dsci1651

シーズン初めだったので、まだ木には緑色の毬栗(イガグリ)がたくさんついていました。

Dsci1648 Dsci1654

4歳児の子供でも簡単に拾えます。

Dsci1655 Dsci1656

大きい栗なので、拾い応えあり!右は私の手と栗。 

Dsci1663 Dsci1667

子供の手だと、1個しか持てないです。


30分位で小さなバケツ2つ分(約2キロ分)の大きい栗が拾えました。ホントでかいです。拾った栗は、キロ850円で購入。栗ご飯4回分位(2合で500g)かな。

Dsci1640 Dsci1684

40分茹でると美味しくできるそうです。

Dsci1685 Dsci1686

大きくてやわらかい栗なので、ナイフで半分に切って、スプーンでほじくって食べました。


栗拾いから帰ってきたら、茹で栗を試食できます。ホクホクでやわらかくて美味しいです。薪で茹でる釜がビジュアル的にGOOD!

Dsci1676 Dsci1674

梨狩りは8月中旬~10月中旬まで。今の時期は豊水だそうです。ゴザと包丁とまな板とカゴはレンタルできます。お弁当を持ってきている家族もいました。

Dsci1675 Dsci1677

大人は少し腰をかがめて移動。梨はつかんで持ち上げるように採ると、キレイに採れます。


4個食べてお腹一杯になりました。ちなみに持ち帰りは、キロ550円だそうです。

Dsci1642 Dsci1671

芋掘りは10月からとの事でした。


お土産ももちろんそろってました。

・栗ご飯を作る

Dsci1697 Dsci1698

とりあえず、拾った生の栗は40分以上茹でるといいそうです。そして、栗に茹ですぎはないそうです。茹でた栗は、下の薄い色の所を包丁で切り、手で剥きます。長期保存したいのなら、茹でた後、冷凍しても良いです。

Dsci1703 Dsci1709

実が柔らかいのでボロボロになりました。しかし、農園のおばちゃん曰く「ここの栗はやわいので、形が崩れても気にしないで剥いて」と言っていたので、気にしないです。


栗といえば、やっぱり栗ご飯。これしか思い浮かばなかっただけですけどね。いやぁ~美味しかったです。レシピは・・

2合分栗ご飯だと・・白米1.5合分、もち米0.5合分、茹でて皮を剥いた栗500g分、酒100cc、醤油大さじ1、昆布だしの素小さじ1、水は通常の2合分の水。これで炊飯器で炊くだけ。意外と簡単ですよ。

千代田の栗拾い、10月中旬頃まで楽しめるそうです。

スポンサーリンク

サイト内検索


  • カスタム検索

釣った魚等のレシピブログ

目次ページ

スポンサーリンク