スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

家族

2020年7月19日 (日曜日)

沼津港深海水族館(シーラカンスミュージアム)

小4の息子が何やら深海魚に興味を持ち始めました。とても良い傾向です。
ただし、これは私の趣味の影響ではなく、
「どうぶつの森」の影響。

ま、影響の源はどこでもいいかな。

向かった先は沼津港。
去年、銭洲に行った際にお世話になった舵丸さんが拠点にしている港です。
本来ならば、イナンバに行くために訪れる予定だったんだけど、
今年はイナンバ、黒潮直撃でダメみたい。
巡り巡って、
とまではいかないけど、
息子と2人で来ました。
当初の予定からすると、かなり想定外な事です。

とはいえ、個人的にも沼津港深海魚水族館は一度行ってみたかったので丁度いいや。
今年は上の子が受験生という事で夏旅行は中止。
(新型コロナの影響も)
男2人でドライブがてら、ぷらっと!

Dsc_1197
これ見て大人げなくワクワクしました。

Dsc_1204
料金はこんな感じ。現金のみだそうです。

Dsc_1205
残念ながら、今日はメンダコの展示はお休みだそうです。(飼育が難しく産卵シーズンお休みとの事)

Dsc_1211
入ってすぐ。コロナ忘れて思わず雄叫びあげてしまった。マスクしてたし、セーフ!

Dsc_1210
こんな体勢まで。このアブラボウズ、サービス精神ありますね~!

Dsc_1209
すげ~感動!

そういえばすっかり存在を忘れていたけど、
ココには生きたアブラボウズも展示されていたんだっけ。
見た限り、10キロにとどかない若い個体だと思うんだけど、
このサイズが美味しいんですよね~。
デカすぎるヤツは脂がノリすぎてて。
って、第一印象がこれでした^^

この後、生きた深海生物を見てまわり、館内を進みます。
オニカサゴやアヤメカサゴ、キンメダイやスケトウダラ。
ヌタウナギといった、釣って食べた事がある魚もいたりして面白い。

そして2Fに上がり、クライマックスへ。

Dsc_1222
冷凍シーラカンス!

Dsc_1223
うわ~、本物だ。

Dsc_1224
剥製!

Dsc_1221
魚拓にすると味がありますね~。

Dsc_1230
ダイオウグソクムシ。以前かすみがうら市水族館で観た事あるけど、これももう一度生で観てみたかった。感動!

Dsc_1237
昨日から展示が始まった駿河湾産メガマウスの剥製。地元テレビ局もきていて息子が写ったかも。カメラマンさんから「顔出していいですか?」って聞かれたし。

Dsc_1218
何気に盛りだくさんでした。

期待していった沼津港深海水族館。
それほど大きい水族館ではないけど、
っていうより、どちらかというと博物館的な感じだったけど、
何だか当初の期待通り大満足。
滞在時間40分程だったけど、1人だったら軽く3倍はいられたかな。

上の子の受験が終わったら、今度は家族4人できてみたいと思いました。

Dsc_1242
水族館の周りにはお土産屋さんや食事処沢山。むしろ、こちら目当てのお客さんの方が多いんじゃないかな。

Dsc_1246
沼津インター利用より、愛鷹PAスマートインター利用の方が沼津港までの道空いてるっぽい、って思った。舵丸に行く際もこちらを使おう。

Dsc_1253
お土産。シーラカンスのぬいぐるみ(Lサイズ)、なんと6700円。大奮発です。息子がどうしてもこれが欲しかったそうだ^^;

アブラボウズのぬいぐるみがあったら、LLサイズ即買いなんだけどね!

2020年3月30日 (月曜日)

いろいろ

新型コロナの猛威が止まりません。
10日程前には混雑を避け外で歩く事を推奨されてたけど、
もう、そんな事を言う専門家は誰もいませんね。

それどころか、
かなり深刻といいますか、相当怖いウイルスなんだと思うようになりました。
イギリス発20歳代の重篤感染者のYouTube投稿、志村けんさんのエクモ治療等。

未知のウイルスだけあって情報の信ぴょう性もイマイチなので、
自分なりに優先順位を考え行動していかなくてはいけません。
最低限、自分と家族が感染しないように。

「必要最低限とは?」
当たり前ですが人それぞれですよね。

志村けんさんの訃報をこのブログアップ直後に知りました。ショックで言葉になりません。心からご冥福をお祈りします。

Dsc_0720
この状況を少しでも有意義に、って考え、ひっぱり出してきたアイテム。本体が小さい!

カセット入れるタイプは大学生の時にお世話になりました。
かまいたちの夜のバッドエンディングで怖くて眠れなくなったり、ドンキーコングでセーブポイントのわずか手前でゲームオーバーになって絶望したり、
フローラかビアンカで悩んで講義が身に入らなかったり。
「ゲームって面白いな」って、初めて思ったのがこれだったなぁ。

そして2年前に手に入れた、最初から21のゲームソフトが内蔵されているタイプ。
プレステとかスイッチといった、最先端のゲーム機に慣れている我が子達、初めは「クソゲーばっか」とか言って食いつき良くなかったけど、
週末、私が出してきてやってたら2人とも大ハマり!
特に私も昔苦労したドンキーコングのチームプレイ。
最後は、中盤戦にてセーブできるポイントの一歩手前でゲームオーバーになり、
「クソゲー!」って吐き捨て、眠りについていました。
親として同調してはいけない場面だけど、
その気持ち、わかる!

Dsc_0724
満開の桜と雪。これはこれでなかなか美しい光景だなぁ。

雪の日曜日。
今の日本にとっては恵みの雪なのかもしれません。

木曜金曜とは打って変わってガラガラ、かつ品数豊富な日曜午前中のヨーカドーにて、
長男の誕生日パーティー(もちろん家族4人で)用の食材等を、
「人間って現金な生き物なんだな~」って思いつつ購入。
と同時に、「食料品の在庫は十分にある」の情報は本当なんだな、って改めて実感。
いかんいかん、
最近少し疑い深くなってしまったかもね^^;

不要不急の外出自粛。

とりあえず・・
昼間から恵みの雪を見ながらイッパイ。

冷凍庫に魚の在庫があれば最高でした。

2020年3月23日 (月曜日)

老神温泉旅行

世間では3連休。
しかし、我が職場は何とか土日2連休^^;
天気良さそうだし子供たちを里山に連れだそう、って思っていたら、
急きょ、実家でいとこたちとお泊り会、という事になりました。

ならば久々に沖釣りにでも、って思うも、
妻も何気にストレスたまっているようなので、釣りの「つ」の字も言い出せる雰囲気ではないなぁ。

というワケで、

約15年ぶり。

夫婦2人での一泊二日温泉旅行へGO!

Dsc_0690
老神温泉。予想以上に寂れた、「わびさび」の温泉街。

Dsc_0682
個人的な感想は「なんとなく鬼怒川っぽい雰囲気」。紅葉の時期はきれいだろうなぁ。

Imgp4485
お世話になった宿は伊藤園ホテル三楽荘。伊藤園ホテルグループは料金がお手軽で、且つ夕食時お酒飲み放題な点がいいね!新型コロナの影響で空いてるかな、って思いきや、スキーヤー多くそこそこの賑わい。

Dsc_0696
街を散策したら至る所にフキノトウ。ササッとフキ味噌分に20個位。

Imgp4456
初日の観光は赤城山。大沼は氷薄く、ワカサギ釣りはやっていないとの事。ワカサギの穴釣り、一度やってみたいなぁ。

Imgp4481
老神きたら「吹割の滝」も見ておかないとね。

Imgp4467
雪はないのに・・遊歩道は立ち入り禁止。残念。

Dsc_0672
私のわがままでここで昼食!

Dsc_0675
小ラーメン麺少な目。余裕ですね!妻は麺半分で結構いっぱいいっぱいだったみたい。

Dsc_0713
帰り道にノビルもゲット。また塩昆布漬け作ろう!

クルマで移動、極力マスク着用。

妻曰はく、
「ラーメン二郎が余計だった」との事でしたが、
しっかりリフレッシュできました。

・・

そろそろ沖釣り行きたい。

2020年1月27日 (月曜日)

奥久慈旅行

前から気になっていた、というより一度行っておきたかった奥久慈・大子温泉。
家族で一泊二日、のんびり温泉にでも行こうか、っていう流れに乗っかっていってきました。

我が家は私以外、皆出不精。
上の子は・・ちょっと違う雰囲気なんだけど、
妻と下の子は正真正銘超出不精。
旅行も、温泉宿に缶詰め状態が大好きのようです。

ま、楽でいいです。

私も今回に限っては、結構ハードな5日間缶詰状態での研修明け、という事で、
むしろ、出不精のペースでの「のんびり」が最高でした^^

話は戻って、奥久慈・大子温泉。
場所はというと、魅力度ワースト1の茨城県。
(ってテレビで言ってた)
個人的にはNo1なんだけど、何故か人気無いみたいですね~。
北茨城は深場、日立はフグやイセエビ、大洗那珂湊はカレイやタコやフグ、鹿島はヒラメや夜イカ、涸沼はハゼ。
マジで引っ越したいです。

・・

話それました。

そんな茨城県。
その昔、潮干狩りの相方O君が独身時代住んでいて、
大子温泉近くの袋田の滝に連れて行ってもらう予定立てるも、
前の晩、飲みすぎてつぶれて叶わず。

ようやく念願が叶った、というワケです^^:

Imgp4317
いくら出不精といっても、1か所位は観光しておきましょう。
Imgp4319
料金はこんな感じ。
Imgp4322
トンネルの向こう側に滝があるそうです。
Imgp4329
水量少ないけど、結構良い感じのマイナスイオン!
Imgp4332
エレベーターあって、
Imgp4334
ちょっと上方から。
Imgp4340
戻って、吊り橋渡って、階段上って、
Imgp4344
登って、
Imgp4345
まだ上って。子供達は元気なんだけど、大人はもうこの時点でクタクタ。
Imgp4348
生瀬の滝まではここから数分。月居(つきおれ)山頂まではあと60分。山頂はあきらめよう。
Imgp4352
ママぐったり。
Imgp4351
遠くに生瀬の滝が見えました。紅葉に時期は絶景だろうな~。
Imgp4366
宿は昭和の雰囲気タップリ。
Dsc_0447
カニ食べ放題(足だけだけど)プラン。妻と上の子カニ大好きなのでこれが宿選びの決め手でした。私はビール飲み放題だけで最高!
Dsc_0450
朝のビッフェは温泉卵があればそれだけで最高!
Dsc_0452
ああ昭和。

たまには、ね。

2019年11月16日 (土曜日)

清水公園フィールドアスレチック

平日休。
長男も学校行事の振替休日で平日休。
妻は長男に合わせて平日休。
長女学校&部活。

晩秋の気持ち良い晴れの日、
私、妻、そして長男の3人でお出かけです。

思いっきり体を動かしましょう!

Imgp4075
何だかすごくキレイな施設に生まれ変わっていました。大人1000円、小学生700円。

Imgp4073
かなり本格的なフィールドアスレチックです。

Imgp4077
要は運動靴意外NG。ペットOKなんですね~。

Imgp4078
9時開園。終了時刻は写真の通り。

Imgp4079
トイレもキレイに生まれ変わっていました。

Imgp4080
ロッカー、シャワーも。因みに売店は平日やってない(飲み物の自販機は別)ので、平日はお弁当持参が良いかと思います。

平日だったので、良い感じに空いていました。
以前、日曜日に来たときは入園だけで20分位ならんだ記憶があったんだけど、この日はすんなり。

狙い通りです^^

小型ロッカー(100円)にお弁当と着替えを預け、まずは水上コースから行ってみましょう!

Imgp4084
水上コースは全20ポイント。人気コースなので土日は混雑必須との事です。この日(金曜日)はガラガラでした。

Imgp4085
ウォーミングアップに縄はしご。

Imgp4087
でました水エリア!因みにここ、結構テナガエビがいるんです。よ~く見るとヘチにびっしり。

Imgp4090
落ちたらもちろんポチャん。着替えは必ず持参しましょう。

Imgp4089
脅しじゃありません。実際、1人ポチャんを目撃しました。

Imgp4091
自信ないポイントはバイパスルートで。

Imgp4094
親は冷や冷やだけど、当の本人はイケイケ!

Imgp4096
危険なポイントには脅し的な注意喚起が。水深は130センチだそうです。

Imgp4095 
ホッとするポイントも。

Imgp4098
最後の難所。長男先にクリアしママに「落ちろ~!」

約1時間かけて水上コース完了。
とりあえずこのコースを2人にやらせたかったので、私はもう満足です。
後は消化試合。

Imgp4148
後は冒険コース(40ポイント)とチャレンジコース(40ポイント)。子供の選択にて冒険コースからになりました。

Imgp4101
水がないので何だか安心。

Imgp4102
その代わり、水上コースよりもバーチカルな作りです。

Imgp4111
結構きつい^^;

Imgp4149
気づけば紅葉がキレイ!

Imgp4150
最後はチャレンジコースだけど、私と妻はバテバテで半分以上バイパスしました。

帰宅したら、かるい筋肉痛になってました。
妻はこの時点でかなり激しかったそうです。

2019年8月25日 (日曜日)

家族旅行 2019


妻に聞いたら、
「10回目位じゃない?」
って言っていました。
記録を調べればすぐにわかる事なんだけど、
とりあえず妻を信じ10回目の伊豆旅行、という事で。



お盆休み後半。2泊3日。
その昔、旅行代理店に勤務していた妻は、半年前から宿の予約を取っていたようです。



そんなに好きなら、、
定年後は伊豆に移住かな!
って提案したら・・それはそうでもないらしい。
海、川、山。
船、防波堤、磯。
アマゴ、イシダイ、ウツボ、キンメ。
キンメ、キンメ、キンメ。
銭洲、御蔵、そしてイナンバ!



伊豆、いいのにな~。


 



8月16日。
台風10号が心配だったけど、中日の17日以降はノーファクターになりそう。
今年の伊豆旅行は観光、海水浴、そして観光のBプランで決行!



とりあえず波が高くて海に入れそうにない初日と、
海に入るにはかったるい最終日は観光。
今まで行った事のないスポットを多く絡めてまわってみましょう。



浄蓮の滝 ☆☆☆
沼津ルートで行くようになってから、我が家必須の立ち寄りスポット。
毎年朝8時頃着くので売店がやってないんだけど、それはそれで静かでイイネ。
以前は子供をだっこして長い階段を降り、滝を見にいったんだけど、今では大人2人が後からヒーコラ言ってついて行くようになりました。
浄蓮の滝を通じて子供の成長を感じています。
ちょっと難易度高いけど、ニジマス、アマゴ釣りができる点も◎。


Imgp3811
もう定番になりました。もう子供抱っこできません。


Imgp3814
釣りもできます。結構難しい!


Imgp3816
上りは特に離される^^;


 


天城隧道 ☆☆☆☆☆
10回目の伊豆旅行にして初めて行きました。
何だろう、、
行って良かった。


Imgp3817
この角度でトンネルが見えた時は鳥肌が立ちました。


Imgp3818
オレンジ色のライトが良い味出してる。約500m。対向車いない事を確認し前進。


Imgp3820
左下心霊か、って一瞬ビビったけど息子だった。



河津七滝(かわづななだる)☆☆☆☆
2017年より一番奥・7つ目の釜滝まで行けるようになったらしい。
予想外にキレイに整備されていて、かつ自然な感じの遊歩道は歩いていて気分が良かったです。
おススメはワサビソフトクリーム。


Dsc_0189
願い事を言ってから石を投げる。乗っかれば成就!実はこの写真の投球、乗っかりました!ただ、何願ったかは教えてくれなかった。この辺はプチ反抗期か。


Dsc_0192
初景滝の前に伊豆の踊子ブロンズ像。暗いときにくるとちょっとビビりそう。


Dsc_0193
たまには2ショットで。


Dsc_0201
最終地点に釜滝。落差は一番あるかな。


Dsc_0203
お土産屋さんなんかは充実していました。



石廊崎(石室神社) ☆☆☆☆
今回初めて知ったのですが、大昔にあったジャングルパークの跡地にオーシャンパークという商業施設ができていてびっくり。
駐車場から石廊崎(石室神社)がぐぐっと近くなりました。
(本来の石室神社の参道は下の船着き場からなのだそうです)
世界一、窓から見える海原の景色がすばらしい神社。


Dsc_0208
駐車場から10分位で行けるようになりました。波が高くて迫力満点の景色!


Dsc_0222
更に先端部まで行けます。


Dsc_0211
500円奉納しゲット。


Dsc_0212
小さな御手洗にアシタバ。よく見ると、伊豆には至る所に生えてますね~。特に海岸線ね。


Dsc_0219
突端から見た石室神社。すごい所にあります。


Dsc_0220
情報誌によると一応周りは磯釣りの好ポイントらしいんだけど、今日はむりですね~。


Dsc_0205
1日500円。知らないで港の駐車場にとめて坂道を汗カキカキしてやってきました。隣に高速のパーキングエリアみたいな商業施設があるのでとても便利。


 


竜宮窟 ☆☆☆
吉永小百合出演のCMで一気に有名になったらしい。我が家族も10回目?の伊豆旅行にして初。
上から見るとハート形に見えるとか、ジブリ映画・「紅の豚」の隠れ家に似ているとか、
30分位でまわれる、決して大きい観光スポットではないんだけど、見どころは満点だと思います。


Dsc_0229
上から。ハートっぽいです。


Dsc_0225
上からその2。写真にはありませんが、結構にぎわっていました。


Dsc_0235
下から。


Dsc_0237
紅の豚の、ポルコの隠れ家っぽい。



堂ヶ島 ☆☆☆
洞窟の中を行くので、海が少しでも荒れると観光船は出ないらしい。そしてこの日も欠航。
その代わりに遊歩道があるので、ここから海岸や洞窟の一部を見てまわれる。
やっぱり船に乗りたかった。


Imgp3851
西伊豆、初めて行きました。船欠航は残念。


Imgp3854
手すりがない所も多くあり、意外と気をつけなくてはいけないと思った。



三四郎のトンボロ ☆☆
堂ヶ島の少し南側にある4つの島で、大潮の干潮時に歩いて渡れる。
駐車場が狭くて入り口が分かりずらい。
うまく大潮の干潮時に合わせて行く事ができたけど、思ったほど感動がなかった。


Imgp3861
堂ヶ島から見たトンボロ。もうそろそろ渡れるかな。


Imgp3868
こんな感じ。



・台風接近
・今回泊まった宿は比較的割高の宿(北川、修善寺)なので宿を満喫したい
・ウツボ釣りの価値が自分の中で下がってきた
・年を感じてきた



上記4つの理由で、今回早朝ウツボ釣りはなし。



まあ、たまにはこんなのんびり旅行もアリかもね。


Imgp3829
南伊豆・白浜大浜にて。やっぱり子供たちは海水浴が一番楽しかったみたいです。


 


以上、調べてみたら7回目の伊豆旅行でした。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-7480629899795353"
data-ad-slot="5454743795"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true">


2019年8月14日 (水曜日)

小4の夏休みの自由研究

予定していた沖釣りが台風の影響で中止になってしまいました。
3日前より2日前、3日前より前日というように、茨城方面のうねりの予報は落ち着いていったので、「ひょっとしたら」って思ったんだけど、
そこは船長の判断。ジタバタしても仕方ありませんね。
むしろ、無理に出るよりも「釣り人ファースト」な判断なのだと思ったのでした。

というワケで何をしようかな。
貝獲りとかハゼ釣りとか、アウトドア選択肢はとりあえず雨が降るとの最悪予報で却下。


・・


子供の宿題を1つ、かたずけましょうかね。


Dsc_0168
相変わらず子供の自由研究には貝を使ってもらいます。
Dsc_0169
うまくまとまりました。
Dsc_0179
あ~むなしい。


実験は既に終わっていたので、あとはまとめるのみ。
まとめるといっても、何だか強引に結論まで誘導したような。
ポイントはできるだけ子供にやらせ、そして考えさせる、なんていう超当たり前な事なんだけど、
これがなかなか難しいね。
その昔、面倒な実習を経て教員免許を取ったんだけど、
人に教える仕事って個人プレーに走る私には向かないな。
って改めて思ったのでした。


それでも賞味2時間。
一応完成!


そして上の子は、
親主導?の自由研究は中1で卒業したっぽい。
というより、ガリレオに出てくるような化学式を使った自由研究なんて、私も妻も関われないや。
因みに内容は私のポロシャツについたタコの墨をとる、といった内容含む実験。化学の力でしっかりきれいにしてくれました。ナイス!


Dsc_0182
守谷まで行ってきました。小ラーメン、あと2口分入らずギブアップ。ヤサイの上のほぐしブタがポイント高かったです^^;


午後、私以外の家族は映画「ドラゴンクエスト」を観に行ってしまったので、一人で二郎へ。
因みに映画の感想は「フローラがかわいそう」だそうです。

2019年4月 8日 (月曜日)

いちご狩り

4月7日の日曜日。気づけば久々に家族全員そろってお休み。

大朝寝坊はできないけど、2年ぶりに行っておきましょうかね。

この日は大潮。
暖かくなる予報だし、気分的には海(干潟)かな、って思ったんだけど、
民主主義の原則に則ってイチゴ狩りに決定。
まあ、埼玉、特に北の方面は桜もまだいい感じだし、
結果的に一石二鳥だったのかな。

Dsc_2306

埼玉県久喜市の「むさしの園並木」。2年ぶりです。

Dsc_2308

こんな感じで。

Dsc_2312

45分、小学生以上1600円、だったかな。

Dsc_2311

練乳使い放題!みんな30個は食べたかな。

Dsc_2320

開園10時。15分くらいしたら結構混んできました。

Dsc_2323

ウサギのエサやりサービスつき。

Dsc_2326

これが結構子供たちにうけていました。

Dsc_2332

ヤギも。

Dsc_2334

確か2年前、ここにブタがいたと思ったんだけど。最近「約束のネバーランド」という漫画にハマってて、、この光景が妙に切なく思えました。

下の子が小学生になると、

とても楽になる反面、出費もかさむな~、って思った一日でした。

Dsc_2337

見沼用水沿いの桜。今年は持ちましたね~。

Dsc_2302_1

ラーメン二郎越谷店のイッパイ。二郎の中でも、かなりハイレベルなイッパイだと思います。

 


2019年2月 3日 (日曜日)

伊香保温泉旅行

妻の提案により、家族で伊香保温泉に行ってきました。

伊香保温泉といえば、情緒ある石段で有名な温泉街、という認識はあったのですが、それ以外は特によくわからなかったという事でウィキペディアで調べてみたら、
何やら発見されたのは戦国時代。武田兵の療養所として真田昌幸に命じて整備されたのが始まりなんだとか。
まあ、そんなこんなで歴史は相当古いようです。

伊香保温泉の歴史の話はひとまず置いておくとして、、
到着して少し歩いての感想は、
「思ったよりはるかにぎわってる!」
大変失礼ながら、伊香保温泉含む群馬一帯の古い温泉街は私の中で結構さびれたイメージがあって、
石段を一歩外れると、空き旅館や空き店舗等が高確率であるような終末感を思い浮かべていました。
イメージはドラクエ6。
魔物が街を支配し、人々の悲しみや欲望を糧にし、更にはそれらにのまれて墜落していく様を見て楽しんで。
それでも反抗する勇気ある者は魔法か何かで石に変えてしまう、っていうやつ。
バス停から石段に向かう途中に少し道に迷ってしまって、その時に「看板が剥がれたパチンコ屋の成れの果て」を見つけた時は、もう完璧にそうだと思い込んでしまって。
しかし、実際に石段に着いてみたら、
ナイスミドル・ミディを中心に若いカップルや外国人の方々、我々のような家族連れまで、かなり幅広く人が集まって、そして賑わっていました。
スイマセン、伊香保温泉殿。
そんな予想外??に経済がしっかりまわっていた(と思われる)伊香保温泉の旅。
あとは写真と一緒に残します。
Imgp3346
今回は電車の旅。パパは楽ちんでした。
Imgp3345
特急の到着はテンション上がりますね~。
Imgp3348
お昼ご飯は大宮駅で買っただるま弁当。これ、私の中でメインイベントに近い!
Imgp3358
素朴なんだけど最高に美味いんです!
Imgp3363
渋川駅からは路線バス。30分位。
Imgp3391
みなさん、伊豆の深場船みたいに全員右側に座ってた。ちょっと傾いてたような^^;
Imgp3373
有名な伊香保の石段。結構人で溢れてた。
Dsc_2065
おもむろに置かれていたペヤングのオブジェ。何か理由はあるんだろうけど、私の中でどうでもよかったので気にせず。(後で調べたら、ペヤングの製造元・まるか食品さんの本社が群馬にある事で実現したコラボなのだそうです)
Imgp3370
温泉まんじゅうならぬ湯の花まんじゅう。伊香保は温泉まんじゅう発祥の地らいい。
Imgp3377
お宿はこちら。老舗っぽいです。料理もコースで美味しかったなぁ。
Dsc_2068
初めはこれだけ?って思ったら、天ぷら、魚の包み焼、鰻の蒸し物、茶碗蒸し、うどん、ご飯物、デザート、って運ばれてきた。コース料理は慣れていないので食べるペースがつかみずらかったなぁ。
Imgp3383
タダでした。いいね~!
Imgp3394
2月3日という事で帰りは恵方巻。
初めは「なんでペヤング祭り?」って思った伊香保温泉でしたが、
特に古き良き温泉街を台無しにするのではなく、良い感じに笑いをとれる企画で、これはこれでアリかな、って思ったり。
歴史を残しつつ、しっかりと整備するところは整備している温泉街。
ドラクエ6とはまるで別物の街である事で再認識です。
子供の成長も感じられ、
久々のまったり旅行でした。
とはいえ・・
次回は海の近くで、
早朝フィッシング可の場所希望!
スポンサ-リンク

2018年8月 2日 (木曜日)

小学校低学年 夏休みの自由研究 2018

午前中はハゼ釣り

午後は昼寝、
とはいきません^^;
スポンサ-リンク

余裕があるうちに宿題をかたずけましょう。
子供の、ね。
Dsc_1426
100%とはいかないけど、できるだけ本人にやらせないとね。
小学校低学年の自由研究。
どこまで親がかかわるか、
どこまで本人に任せるか、、
ん~~~、、、
まあ、我が家にはワケあって貝殻がたくさんあるので、これで風鈴でも作らせようかな、って思って、
サポートしながら子供と作ってはみたんだけど、
小学校低学年にしてはかなりレベル高な課題だって、
途中で気づきました。
Dsc_1430
子供が積極的にかかわれる作業はここまでかな。
貝に色を塗るのはOK。
絵もOK。
一部、中二のおねえちゃんが描いてたけど、
まあいいでしょう。
貝に穴をあける作業は子供だめです。
全部で28か所。
電動ドリル使わないとまず無理。
ホンビノスの貝殻、硬さハンパない!
穴にタコ糸通す作業。
小さい穴のビーズはNGでした。
相当器用な6、7歳児ならいけるかもしれないけど、
結構タコ糸って先っぽがほつれで難しいんです。
貝はOK。
ドリルの穴、やや大きめだったし。
まあ、何とか共同作業で乗り切りました。
Dsc_1438
一応2人の渾身作。何とか半日で作り終えました。
来年は何にすっかな。
スポンサ-リンク

その他のカテゴリー

つり アイゴ つり アイナメ つり アオダイ つり アカイサキ つり アカエイ つり アカムツ つり アコウダイ、メヌケ つり アジ つり アナゴなど つり アブラボウズ つり アマダイ つり アユ つり イカ、タコ つり イサキ つり イシダイ、イシガキダイ つり イシモチ つり イセエビ つり イナダ、ワラサなど つり イワシなど つり イワナ、ヤマメなど つり ウシノシタ つり ウツボ つり ウナギ つり ウメイロ つり オイカワ つり オキメバル つり オニカサゴ つり カサゴ つり カジカ つり カニ、エビ つり カレイ つり カワムツ つり キンキ つり キンメダイ つり ギンポ つり クエ つり クロアナゴ つり クロムツ つり サバ つり ザリガニ つり シマアジ つり シロギス つり スッポン つり タイ、ハナダイ つり タナゴ、フナなど つり テナガエビ つり ハゼ つり ヒラメ つり フグ つり ブダイ つり ベニアコウ つり ホウボウ つり マグロ、カツオなど つり マス、ウグイ つり マダラ つり メジナ つり メダイ つり ワカサギ つり 引っ掛け つり 準備、対策等 つり 遠征 タケノコ 地元のお店 家族 山菜等 料理 潮干狩り 潮干狩り アカニシ貝 磯、干潟遊びなど etc

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク