スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

潮干狩り アカニシ貝

2020年8月 2日 (日曜日)

金沢八景海の公園でアカニシ貝採り 2020

O君と一緒に海の公園に行ってきました。
4月8日に潮干狩り禁止となった海の公園は6月10日に限定解禁、そして7月1日にようやく全面解禁。
っていう情報はわかっていたんだけど、
貝の状況はどうでしょう。



この日の干潮時刻は9時半頃。
8時頃の到着を目指していたけど、首都高事故渋滞で30分遅れました。
取り返さなきゃ!


Imgp4642
ガラガラでした。大潮干潮時刻1時間前でこれだと・・ちょっと心配。
Imgp4698
アサリは2センチ以下を2キロ以内です。
Imgp4700
ガラガラだしこれは大丈夫っぽいですね。


新型コロナ第二波が襲来している影響か、公園内はガラガラ。
我々も構えて行ってみたけど、密とは程遠い状況に安心したような、
心配なような。


案の定、貝は去年に比べたら壊滅に近い状況。


Imgp4650
アマモの群生地帯を探るもヒトデや、
Imgp4662
イシガニばかり。
Imgp4645
やっと見つけたけど小さい^^;
Imgp4673
アカニシ、の貝殻の中にイイダコ^^


海に入って2時間。
数は小型が8個。
ってその前に、
アサリが全然いません。
どうなっているんだろう、今年の海の公園。


そんな中でも、北側の一部と南側の一部に家族連れが数組集まっていたので近づいてみると、小さいアサリをせっせと採っていました。
アマモ等の障害物は少ないけど、最後はその少し沖合調査。
すると、


Imgp4680
いました!


全体的に小型が多かったけど、
ようやく居場所を突き止める。
状況は完全に砂から出ているのではなく、少しもぐっている感じ。


Imgp4690
55個まで数をのばすことができました。


そこそこの大きさのもの10個程度含む55個。
何とかお土産確保に成功!


今シーズンもう一回くらい行っときたいね~、って話しながら、
密とは無縁の海の公園を後にしたのでした。


 





 


2020年7月 6日 (月曜日)

船で行く潮干狩り 2020

今年は上の子が高校受験という事で、
小4の下の子を連れての、2人での外出が増えそう。

もっとも、
それ以前に「外出自体そのもの」がどうなのかという問題も再燃していますが。

向かった先は千葉県市川市の林遊船さん
沖釣り、ハゼボートを柱に、初夏は潮干狩り渡船もやっている船宿です。
ポイントは三番瀬の砂地が主のようで、たかはし遊船さんのような岩礁地帯へは行かず。
大粒アサリがザクザクいるようなポイントではないけど、
ファミリーには安全な点が良いと思います。
料金もたかはし遊船さんより少し割安で(大人2700円小学生1000円)、無料駐車場あり、という点もありがたいです。

Imgp4551
昭和な建物の横は広い駐車場。駅は遠いけど、クルマで行くには便利だと思います。

Imgp4553
土手を超えて桟橋へ。我が家含め、ファミリーが多かったです。

Imgp4555
ハゼボートも賑わっていました。

Imgp4564
干潟到着。ホリホリ開始!

なんとなくわかってはいたんだけど、
今年はアサリがダメで、その他の貝もあまりよろしくない雰囲気。

実はこういった事情で、今回渡船での潮干狩りを選んでみたんだけど、
沖の干潟もよろしくないようでした。
みなさん、アサリやホンビノス諦め、マテガイをメインにやられているようです。

が、我が家はというと、
膝まで浸かるポイントでアカニシ狙い!

Dsc_1139
大粒のアカニシ貝、12個獲れました。とりあえずお土産にはなったかな。

Dsc_1137
その他、小型のハマグリ3つとアサリ2つ、最後にマテガイ1つ。

ある程度アカニシ貝獲った所でマテガイにシフト。
しかし、ここで痛恨の雨^^;

船宿の方が早上がりを促してくれて、我が家も他の2家族と一緒に早々に退散。
気化潜熱にて寒くなり始めたし、
もう充分です。

今回はマテガイたくさん獲ろう、って意気込んでの参戦だったけど、
息子が何故かホンビノスにこだわり、ポイントが少しかぶるアカニシ貝そこそこ、という結果になりました。
収穫は息子に「アカニシ貝の獲り方のコツ」を少し教えることができた点かな。
今度は専門で獲りに連れて行こう。

Dsc_1145
アカニシ貝は酢味噌和えが我が家の定番です。

水温か、タコの湧きが良いからか、
理由は定かではありませんが、

今年は東京湾の貝、全体的に不作という事で、
早くも来年に期待!

2019年8月 5日 (月曜日)

ふなばし三番瀬で潮干狩り 2019 其の二

普段ならこの時期、仕事はそんなに忙しくないんだけど、
今年はそうではなく、週末はまさかの日曜日のみのお休みでした。
そんなワケで、夏休みの子供たちは実家で戸田橋花火大会鑑賞&お泊り会。
残された夫婦二人は、、
ふなばし三番瀬公園の干潟でデートです。

埼玉の我が家を10時に出て、外環道通って船橋へ。
1時間かからず到着。
便利になりましたね~^^


本日の干潮時刻は13時20分頃。
まだちょっと早いけど、暑い事だしジャブジャブポイントまで歩きましょう!


Imgp3759
猛暑日だけあって海水が生温い。そして難所にはアカエイがいました。アカエイ対策、必殺すり足で!
Imgp3762
貝殻島にはボートで先客が到着していました。どうやら潮干狩りではなく、バーベキューを楽しんでいるようです。夏休みって感じですね~。


干潮までまだ1時間半あるので、潮の引きはイマイチ。
2人で膝まで海に浸かってホリホリ開始!
しかし、前回(3月)と同様、いや、それよりも渋いレベル。
ちょっと様子見とばかりに更に奥のポイントに行くも、
まさかの防波堤工事で立ち入り禁止に。
そういえば、去年ここで年配の方が2人、一昨年1人亡くなったってニュースでやってたような。
遠目から見て、なんとなく怪しいノボリが気になってはいたんだけど、
近づくとはっきり「立ち入り禁止」とか「危険!」とか書いてありました^^;
工事が終わればまた入れるようになるのかな~、でも無理かな~、って2人で話しながら引き返すのでした。


気を取り直して、元のポイントへ。
さっきよりだいぶ潮が引きました。
暑いので少し浸かってホリホリ再開!


いや~、渋いですね~^^;


しかし、何故がポツポツとアカニシが混じる。
そういえば、潮が引いて顔を出し始めた岩にアカニシの卵が結構ついていました。
これは、って思ってそれらしい所を散策すると、


Imgp3768
勇気を出して手を突っ込んでみたら、高確率でいました。カニや得体のしれない生物の卵?もいるので軍手必須!
Imgp3767
気づけばアカニシの卵があちこちにありました。ひょっとして幼少のホンビノス食べられちゃったか?
Imgp3770
帰宅後数えたら、ホンビノス46個、アカニシ49個、サルボウガイ5個、カガミガイ1個。良いのか悪いのか、まさかのアカニシ大漁!

Dsc_0167
干す!(3時間~半日位)


今年は渋いのか、それとも遅い時期なだけにホンビノス獲りつくされてしまっただけなのか。
アカニシに食べられてしまったのか。
とりあえず来年に期待、という事で干潟を後にするのでした。


それにしてもここでこんなにアカニシが獲れるなんて初めての事です。
アカニシも美味しいけど、
今回はホンビノスを思う存分獲りたかったな~。

 

2019年7月29日 (月曜日)

金沢海の公園で潮干狩り 2019 其の四

土日月の3連休。
最後の日くらい、何か海の幸を調達にでも^^

向かった先は今季4度目の金沢海の公園。
晴れ、だと思ってたら曇りで小雨混じりの天気だったけど、
気温は蒸し暑い位(むしろ猛暑)なので問題はありません。
前回たくさん獲れたアカニシ貝を再度調達しましょう!


Imgp3740
この日の干潮時刻は8時45分頃。朝早めでアカニシ獲りにはギリギリの潮の引きでした。そして相変わらず獲れるアカニシ貝はお食事中が多いです^^^
Imgp37477
まずまずのペース。前回のブログでも書きましたが、アマモ群生地帯に入る際は裸足や素手は厳禁。ワタリガニ掴んでしまうのは茶飯事、今回は1度ですが謎の魚(カレイ?エイ?)踏んでしまって超焦りました。
Imgp3754
今日は電車を使ってきたので程々の38個。道具も貝と一緒にクーラーボックスへ。


荷物が軽い行きは金沢文庫駅から20分位かけててくてくと。
荷物が重い帰りはシーサイドライン海の公園柴口駅経由で。


駐車場から海まで近いし、駅も近いし、監視員さんいるし、トイレ、コインロッカー、売店、シャワーなんかも常設だし。
浅いエリアでアサリ獲る分には安全安心で且つ便利なポイントなんだけど、
腰まで浸かる、アカニシがいるであろうアマモの群生地帯のみやや危険度高、というのが今季4回やってみての感想。
これは浦安のアカニシポイントでも同様ですね。
子供達を連れてくるときは特に気を付けようと思い、海の公園を後にするのでした。


アカニシ獲り、今回でだいぶ満足した感があるので、今年はこれが最後かな。
また来年!

多分^^;

 

 

2019年7月21日 (日曜日)

金沢海の公園で潮干狩り 2019 其の三

5月に初めてきてそこそこアカニシ貝が獲れ、満を持して6月に再度来てみたけど、南風強く潮あまり引かず。
3度目はどうでしょう?

本日は友人O君と2人で本気モードの潮干狩り。
妻なし、子供なし。お酒なし。
空模様はやや小雨まじりの曇天。
ドラクエなら間違いなくラスボスが海で待ってるパターンです。

Imgp3734

空模様が影響したのか、潮干狩りシーズンが終わりかけだからなのか、駐車場も海もガラガラでした。さすがに不安になりますね~。

Imgp3735

O君の後に続きます。

この日の干潮時刻は12時50分。到着は1時間半前の11時20分という事で、駐車場の混み具合が心配だったけど、こちらは3~4割程度の埋まりで全く問題なし。
貝いなくなっちゃったのかな、って心配したけど、海に入るとアサリはしっかりいました。しっかりいたどころが、かなりの量ですね。
とりあえずお土産は確保できそうだな、って内心ホッとし、ラバー軍手装着してアカニシがいるであろうアマモの群生地帯に向かいます。

Imgp3745

アカニシ、前々回はポツポツいたけど今回は果たして?

Imgp3739

あ、いた。ナイス^^

Imgp3744

こちらはお食事中。問題なさそうですね!

Imgp3741

油断してるとカニ(ガザミ)掴んではさまれた^^;結構力強くて痛い。

Imgp3738

アサリの埋蔵量は鬼レベル。小さいやつは間引いてポイ。

面白い!
気づけば、自分の中に眠っていた何者かが目覚めたかのように夢中になっていました。
1時間半位かな。
おじさん2人、足場の悪い海をカニの襲撃を避けながら歩き回り、予想以上のお土産確保に成功です^^
※アマモ群生地は大きなワタリガニや赤クラゲ、その他危険生物が隠れている可能性が高いです。行く際は充分注意してください。素手や裸足は絶対にNGです。

Imgp3750

この時点で数はわかりませんでしたが、潮干狩り用ネット2つにそれぞれ7割貝を入れてあります。

Imgp3756

O君、もう少しアサリほしいとの事で、再度海へ!最終的にアカニシ38個とアサリ1.5キロ程度、ツメタガイ8個獲れたとの事。

Imgp3758

帰宅後の写真。私はほぼアカニシ獲りに時間を費やし、アカニシ58個、ツメタガイ8個、アサリ0.5キロ位。

大漁と言って良いでしょう^^
アカニシ獲り、前日のタコ釣りと同じく、なんだか気が済みました。
そして来年も今年と同じように貝がたくさん育ってくれることを願いつつ、O君と海の公園を後にするのでした。
なかなかやるな、海の公園!


気づけば潮干狩りシーズン終盤戦。
これから潮の引きもどんどん悪くなるので、
8月の1週目の週末が今年の最終戦かもね。

季節はまた1つ過ぎ去っていくな~。


Dsc_0113

定番。自分が人間であることのありがたさを改めて感じました。

Dsc_0109

アカニシの醤油バター焼きとアサリの炊き込みご飯。ふと思い立って作ったアサリの炊き込みご飯だったけど、これが大成功!気づけばお釜が空になっていました。

Dsc_0120

ツメタガイはオーブンマヨネーズ焼き。一言でいうと、筋書きのないドラマのような味でした。

海の公園、また来年!

2019年5月19日 (日曜日)

金沢海の公園で潮干狩り

今日は私以外の家族3人がTDSに行ってしまったので、
潮干狩りにでも行こうかなと。大潮だし。

向かった先は八景島近くの「海の公園」。
毎年GWには大勢の人、人、人でにぎわう、テレビのニュースなんかでお馴染みの潮干狩り場です。

混雑する潮干狩り場という事で、今までなんとなく避けていたんだけど、
機会があれば一度は行ってみてもいいかな、って思ってはいました。

そして本日。
同行の友人O君が6歳の息子さんを連れてくるとの事でタイミング的に丁度いいかなと。
無料(ただしお持ち帰りは2キロまで)、砂地、駐車場から近い、自販機やお店あり、トイレ近い、シャワーや更衣室あり、迷子センターあり、等々。
調べた限り、ここは小さな子供連れに丁度いいんです。

Dsc_2468

混んではいるけど、想像していた程ではなかった。

Dsc_2484

駐車場は9時頃着で7割程度の埋まり。最悪、金沢八景駅付近のコインパーキングって思ってたけど無用でした。

計画的にちょっと楽観視しすぎかな、って思ったけど、結果無事に干潮の2時間前に駐車場到着。
駐車場から海まで近いので、すんなり潮干狩りをスタートできました。
あとは獲るだけです。

Dsc_2476

波打ち際はほとんどいなかったけど、膝まで浸かる所にはそこそこいました。

Dsc_2470

だんだん潮が引いてきて、膝まであったポイントがこんな感じに。

Dsc_2478

結構いました。

ちょっと深い、太もも付近まで浸かるような所で偶然アカニシを発見したので、足裏の感覚頼りにアカニシ狙いでやろうとするも、
赤クラゲが多数プカプカ。
しかもアマモに絡んでたりして相当わかりずらいです。
そして迷子の放送の合間に「本日は赤クラゲが多いので・・」なんて注意喚起も^^;
仕方なしに子供連れのO君は浅場でアサリ、
私は、、
危険を冒して貪欲にアカニシ担当となるのでした。

Dsc_2479

アカニシは11個獲れました。その他、ツメタガイ7個、サルボウガイ10個位、アサリ500g位。

今日は新しい場所開拓、そしてO君の子守りがてら、なんてゆるい発想で来てみたんだけど、
まあまあ獲れた方なんじゃないかな。

シーサイドラインの駅からも近いので、次回は電車で来てもいいかもね。

Dsc_2494

ツメタガイ、実は今回初めて食べてみました。歯ごたえあってなかなかイケますね~^^

2018年6月30日 (土曜日)

三番瀬でアカニシ貝獲り 2018 其の二

天気予報によると、なんと6月なのに梅雨が明けたそうです。そして暑いですね~。

今日は良い感じに潮が引きますが、南風が強くてイマイチ潮干狩りにはどうかな~って感じの日。
風が強い点で釣りも厳しいですね~。
江戸川河口の釣り船宿HP(ボートハゼ)見ると、「風強くてアタリとれず苦戦」って書いてありました。
スポンサ-リンク

暑い。
潮は引くけど風のせいでそこそこ。
情報戦、
あ、いや、消去法で海パン&アカニシ獲り決定!
Imgp2589
いました!ホンビノスもツぬけ程度にゲットです。
Imgp2586
前回に比べてクラゲが増えたような。
Imgp2593
アカニシは8個。数はイマイチだけど大物が4個獲れました。
ロシアも暑いらしいけど、三番瀬もまた暑かったです。
クルマをとめて、海まで歩くだけでもうバテバテ。
ちょっと寝不足、っていうのもあったんだけど、、
体力落ちたな~。
とまあ、程々に貝とって更にバテバテになったところで終了。
幸い、風はそこそこふいていたけど波はそうでもなく、干潮時は潮も意外と引いていました。
上陸後、喉カラッカラで持ち込んだソルティライチ500×2本一気飲み!
クラクラしたので脱水症状一歩手前だったかもね。
予定していたお昼ラーメン、食欲なくスルー^^;
更に予定していた境川でのハゼ試し釣りも体調不良によりスルー^^;
猛暑の日の潮干狩り、
改めて細心の注意をはらわないといけないな~、って学んだのでした。
スポンサ-リンク

2018年6月 4日 (月曜日)

三番瀬で潮干狩り(アカニシ貝獲り) 其の二 2018

6月3日。久々に家族4人で潮干狩りに行く事になりました。上の子が中学生になってからというもの、予定は格段にあわせずらくなっちゃいましたね~。

向かった先は三番瀬。
実は前日の6月2日夕方16時、外環道千葉側が高谷(湾岸道路)まで開通しました。
これを走ってみるのもこの日の目的の一つ。
いや~、超が付くくらい快適ですね!
潮干狩りに限らず、千葉全域、そして鹿嶋方面まで、格段に近くなりました。
スポンサ-リンク

さて現場到着。
天気は晴れ、風もなく気温も高そうです。
膝まで浸かってたくさん貝を獲りましょう!
Imgp2582 
良い感じにです。GWとは違って人はまばらでした。
干潮時刻の1時間半前、ビーサンはいで海に繰り出す。
沖にはわずかに干潟ができてた。
まずはみなでそこへ向かい、周辺で貝獲り開始です!
しかし、
ポツポツですね~^^;
人がまばらの原因はこれでしょうか。
今年はGWと干潮があたってしまったので、八景島みたいに獲りつくされてしまったのかな。
ちょっとヤバい展開ですが、
それでも少しずつですが、ホンビノス貝、サルボウガイ、アサリ、バカガイ等を見つけてくれ楽しんでるみたい。
ホッと一息^^;
Imgp2583 
サルボウガイ、バカガイ、ホンビノス貝。それにしてもここのホンビノス貝、白くてとてもきれいですね~。
Imgp2588
沖の干潟で逃げ遅れたマテガイ発見!
Imgp2587
アップ!
Imgp2599
獲れる貝はサルボウガイが中心でした。
Imgp2602
上の子が獲った今日イチホンビノス。まだまだなんだけど、ホンビノスダービーエントリー予定です。
ぽつぽつではあるけど、潮干狩りが軌道に乗ったところで私は離脱。
ちょっとアカニシ場に行ってきます!
2時間位かな。
数こそあまり獲れなかったけど、いい天気の中、楽しい時間を過ごす事ができました。
最後は岸辺でちょっと遅いランチ。
みなさん、お疲れさまでした。
Imgp2608
この日の2枚貝の成果。ホンビノス8、サルボウガイ16、アサリ3、マテガイ2、バカガイ1。ん~~、イマイチですね~。
Imgp2614
アカニシ貝12。こちらはまあまあですね。
Imgp2620
当日はアカニシ貝とサルボウガイ中心に料理を作りました。サルボウガイは妻のリクエストで佃煮です。赤貝の缶詰みたいな味になりました。
Imgp2619
クロアナゴ料理と一緒にね!手前はアカニシの肝炒め。意外と苦ウマなんです。
ホンビノスとアサリは後日頂こうと思います。
スポンサ-リンク

2018年5月31日 (木曜日)

三番瀬でアカニシ貝獲り 2018

ちょっと寒いけど、潮が引く平日休。

そろそろ浅場に集まってきたかな!
スポンサ-リンク

本日の干潮時刻は12時頃。
ゆっくり朝を過ごして9時ちょい前出発です。
アカニシ貝といえば、昨年船に乗って行く潮干狩りにて林遊船のサンドウィッチマン突っ込み担当の方より「サザエみたいだよ」って教えていただき、その存在が私の中、いや、我が家族の中で大きくなった貝。
情報によると5月末頃から産卵のために浅場に集まってくるとの事で、今がベストシーズンっぽい。
ホンビノスやアサリの潮干狩りよりも更に短期決戦。
寒かろうが雨が降ろうが、
ためらってなんていられませんね!
Imgp1143
夜は雨降ってたけど、いい感じに止みました。ナイス!
Imgp10977
この方にアカニシ貝を教わりました。因みに本名は伊達さんじゃないと思います。
私以外の家族が出かけたところで準備開始。
BSでやってるMLB(大谷が先発)がちょっと気になったけど、三番瀬のアカニシの方がもっと気になります。
さ~て、今年も獲れるかな。
到着は10時過ぎ。
心配した渋滞もそれ程じゃなく、ほぼ予定通り到着しました。
いや~、寒いです。
普通にしていれば気持ちいい気候なんだけど、
海に腰上まで浸かる気候じゃないですね^^;
でも、もう高速使ってきてしまいました。
後戻りなんてできません。
Imgp1201
ありました!
Imgp1145
1時間が限界でした。14個。今日はこのくらいで勘弁してください。
海に入って、ポイントに着く頃には既に全身バンプオブチキン!
寒い、寒すぎます。
風も程よく北風ですね。
気づけばポツポツ降り出したかな^^:
それでも何とか気合で14個。
干潮時刻を待たずに生命の危険を感じ、この日は沖上りを決断しました。
Imgp1219
大きいやつ4個はそのままグリルで、それ以外は金槌で貝殻割って料理の予定!
命がけ??で獲った14個のアカニシ貝、
今晩、アナコンダと一緒に頂こうと思います。
Dsc_1195
帰り道、迷わずラーメン二郎に寄り道しました。(西台店)
スポンサ-リンク

2017年7月 9日 (日曜日)

三番瀬で潮干狩り(アカニシ貝獲り) 其の三 2017

今日は大潮。潮干狩り日和なんだけど、ちょっと子供たちが飽きてきたっぽいので「家でダラダラ、せいぜい夕方ショッピングモール」って思ったんだけど、、

友人O君が「アカニシ貝獲りに行きたい!」ってLINE送ってきたので、ここは便乗して干潟にくり出すことにしました。

テレビでは猛暑予報。
我が家族、見るからに家でダラダラモードっぽいんだけど、、
前の日念のため、
「O君アカニシ獲りたいって言ってきたんだけど、一緒にいってみない?」
っておそるおそる聞いてみる。
すると、妻も子供達も、
「行く!」
一発返事^^
家でダラダラよりも、気分転換したいみたいでした。
ただ、大なり小なりの「きっかけ」が必要不可欠だったみたいです。
O君に感謝、かな^^
猛暑予報の日曜日。
水着とラッシュガード着用し、海水浴感覚でいってみましょう!
Imgp1206
潮はそれほど引かなかったので、膝上まで浸かっての潮干狩り。しかしながら、暑い暑い猛暑日なので問題なし!
向かった先は3連ちゃんの三番瀬。
2週間前にアカニシ貝が獲れる事がわかったポイントです。
ここの干潟はそれほど広くなく、基本ヒザ前後まで水に浸かっての潮干狩りになるポイント。
しかも、我が家族大好きなホンビノスがあまり獲れない点が更にマイナスなんだけど、、
サルボウガイ率そこそこだし、ハマグリやバカガイが気持ち程度だけど混じるし、しっかり潮引いて干潟が広がればマテガイもそこそこ獲れるし、もちろん深場ではアカニシ獲れるし。
釣りでいえば「五目釣り」が楽しめるので、その点は面白いポイントです。
そんなポイントでの本日のミッションはO君にアカニシを獲らせる事!
なので、本日は子供達を妻に任せ、初めから腰まで浸かる「アカニシ場」へ行く事にする。
O君はもちろん、O君の次男坊S君も頑張ってついてきました。
海パン、ラッシュガード、マリンシューズ、ラバー軍手。
頑張って獲りましょう!
Imgp1202
アカニシがメインの場合、潮干狩り、というより漁に近いですね!
3人でアカニシ場へ直行!
しかし、思った程獲れませんね~。
本日は日曜日。
前日の土曜日に獲られちゃったかな?
というワケで、前回獲れた一帯にこだわらず広範囲探ってみる。
すると、高確率でカニに手をはさまれながらポツポツ獲れだした。
10時から12時までの2時間。
大粒のアサリやサルボウガイなんかをまじえながら、何とか今宵の酒の肴には十分な量を確保です^^
そしてカニ恐怖症になりました^^;
Imgp1203
私14個。
Imgp1210
O君12個との事でした。
Imgp1209
子供達、最後は水遊び。思惑通りです。
アカニシ貝、ちょっと渋かったけど、何とか最低限の数と思ってた10個以上確保できてホッと一息。
O君には更に3個もらっていただきました。
これくらいあれば、晩の料理の材料には困らないかな。
そして妻と子供たちはというと、相変わらず器用に足の裏と手を駆使して2枚貝を獲っていました。
Imgp1217
アサリ、サルボウガイに続き、この日はホンビノスがそこそこ(15個)獲れたようです。その他ハマグリ2個。
暑かったけど、皆さん頑張りました。
次回は、
今度こそふなばし三番瀬公園で「とことんホンビノス」しようと思います。
追伸:
Dsc_0839
個人的にアカニシ貝はさっと臭み(ヌメリ)をとる程度に湯通ししたものを酢味噌で和えたものが好き。その他、山葵醤油ちょん、肝の甘辛煮。
111
O君は網で焼いたそうです。美味かったと言ってたので次回は我が家も真似してみようかな。

その他のカテゴリー

つり アイゴ つり アイナメ つり アオダイ つり アカイサキ つり アカエイ つり アカムツ つり アコウダイ、メヌケ つり アジ つり アナゴなど つり アブラボウズ つり アマダイ つり アユ つり イカ、タコ つり イサキ つり イシダイ、イシガキダイ つり イシモチ つり イセエビ つり イナダ、ワラサなど つり イワシなど つり イワナ、ヤマメなど つり ウシノシタ つり ウツボ つり ウナギ つり ウメイロ つり オイカワ つり オキメバル つり オニカサゴ つり カサゴ つり カジカ つり カニ、エビ つり カレイ つり キンキ つり キンメダイ つり ギンポ つり クエ つり クロアナゴ つり クロムツ つり サバ つり ザリガニ つり シマアジ つり シロギス つり スッポン つり タイ、ハナダイ つり タナゴ、フナなど つり テナガエビ つり ハゼ つり ヒラメ つり フグ つり ブダイ つり ベニアコウ つり ホウボウ つり マグロ、カツオなど つり マス、ウグイ つり マダラ つり メジナ つり メダイ つり ワカサギ つり 引っ掛け つり 準備、対策等 つり 遠征 タケノコ 地元のお店 家族 山菜等 料理 潮干狩り 潮干狩り アカニシ貝 磯、干潟遊びなど etc

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク