スポンサーリンク



目次ページ

姉妹ブログ

プライバシーポリシー

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。

タケノコ

2020年5月30日 (土曜日)

タケノコ採り 其の三

「新しい日常」
この5文字に込められた大きな意味を感じつつ、
せいぜい後悔しない人生を過ごそうと思います。

向かった先はとあるハチクの竹林。
前回のポイントとは違う、新たなポイントです。

一度ハチクの特徴を覚えてしまえば、グーグルアースのストリートビューでポイント探しができる点は素晴らしい!

アウトドアもテレワーク・・
何だか不思議な時代です。

Dsc_0974
埼玉県内の、とある河川敷のうっそうとしたハチクの竹林。今回、ストリートビューの恩恵をものすごく感じました。

今回はO君を誘っての新規開拓。
草むらは蛇やら小動物やら有害昆虫やらが潜んでいてもおかしくない、
ちょっとあやしい埼玉県北のポイント。
長袖、長ズボン、長靴、軍手。
油断せずにいきましょう!

Dsc_0969
タケノコ探し、意外と1人だと心細いのです。バディ制がイイかもね!

とりあえず、目指した竹林がハチクであることが分かってホッと一息。
そしてイイ感じのタケノコもあってホッと二息。
人を誘っておいて「お土産なし」はカッコ悪いし。

Dsc_0973
ありました!

Dsc_0972
これは育ちすぎ!

Dsc_0977 
私の分。十分すぎるくらいです。

もう何か所かグーグルアースでハチクのポイント見つけたけど、
行動範囲と収穫時期的に、
十分かな。

もう1回行くか行かないか、
多分行かないかも。

そんな感じ。

Dsc_0991
時期的なのか、緑がかったタケノコが多かったですね~。

Dsc_0994
今季3度目の鍋二郎にハチクの自家製メンマ。なんか贅沢!

また来年!

・・

多分^^;

追記:

Dsc_0921

春巻きって結構手間かかる事がわかりました。美味しいけどね!

2020年5月24日 (日曜日)

タケノコ採り 其の二

昨日採ってきたハチクのタケノコ。
予想通り美味しかったのでアゲイン!

本日は・・

すいません。ついでではなく専門で。
せめてと思って、
早起きして、人が少ないであろう早朝に出かけてみました。
しかしながら、
同じ考えの方々、かどうかはわかりませんが、
土手をウォーキングする人は結構多く、10時台とほぼ変わらないような^^;

言い訳にはなってしまいますが、
それでもソーシャルディスタンスは余裕で守られていたと思います。

Dsc_0950
雑草かき分け1つめ発見!

Dsc_0951
ダブル!

Dsc_0945
ボーボーの草むらでダブル!

Dsc_0952
食用になりそうなサイズのもの12本!

膝上まである雑草かき分け、土手を上り下り。
虫たちの攻撃?をかわしてポイントへ。

足で雑草を踏み倒しながら進んで良型サイズを見つけると、
これが結構、といいますかかなり嬉しかったりします。

まだ10センチに満たないものも結構あったので、
また来週、再来週辺りも採れるかも。

草刈り業者がこなければ、ですが^^;

今日は結構広範囲を探し歩いてしまいました。
おかげで久々に清々しい汗かきました。
不要不急、と言われてしまえば何もいえないのですが、
良いリフレッシュになりました。

来週末はせめて、
緊急事態宣言が解除されているといいな。

Dsc_0959
昨日採ったハチクで定番煮つけ。緑の部分も意外と食べられることが分かりました。

15902219652082
O君に半分引き取ってもらったら、自家製メンマ作ったそうです。ビールにあうみたい。今晩我が家でも試してみよう。

都県またぎなし。
混雑なし。
お土産あり。

緊急事態宣言解除されれば、
悪くない気分転換だと思います。

2020年5月23日 (土曜日)

タケノコ採り

25日に我が埼玉県で緊急事態宣言が解除されそうな雰囲気になってきました。
ようやく!

「遅いんじゃないの?」
「いやいや、まだ早いでしょう」

立場等により色々あるかと思います。

「本当は解除したくないけど、経済が破綻してしまうので仕方なく解除してやる」

こんなような本音かどうかはわかりませんが、
とりあえずあまり油断はせず、
且つ、
少しずつ心の豊かさを取り戻していこうかなと。


さて、そんな「豊かさ」を探して買い物帰りにちょっと寄り道。
まだ緊急事態宣言は解除されていないので、「お買い物帰りの寄り道」程度に抑えておこうと思います。
今回の寄り道ポイントは、距離的には家からスーパーが「2」だとすると、「1+√3(ルート3)」。
グーグルアースで調べたら、家、スーパー、寄り道ポイントの3点が直角三角形っぽい感じでした。

つまらない前置きすいません。

Dsc_0785
とある河川敷のハチクの竹林。

この竹林は河川敷の一角にあって、ほぼ手入れはされていないのかな、って思うほど密集して竹が生えています。
そしてこの時期になると、ハチクのタケノコは勢力を拡大しようと、すぐ横の土手にも雑草に紛れて生えてきます。
しかしながら、結構早いサイクルにて市は草刈りの予算を組んでいるようで、雑草ものともタケノコを刈ってしまうのです。

「刈られる前に採ってしまおう」

という魂胆での寄り道。
本来ココはセリのポイントなのですが、
運よくハチクのタケノコも採れる事を知り、
今年からはこちらが主になりそう。

因みにハチク(淡竹)。
一般的に竹と言ったら真っ先に思い浮かべるモウソウチク(孟宗竹)よりもかなり細めで、タケノコは(関東では)5月中旬頃に生えてくるのが特徴。
多分、マイナーなタケノコなのだと思います。
私も「山菜ガイドブック」を買って読むまでは知りませんでした。

Dsc_07941
山菜ガイドブックにて。愛読書の1つです。

Dsc_0948
ありました。良いサイズだと思います。

Dsc_0946
遠くに2本。これは成長しすぎかな。草刈りついでに刈ってもらいましょう。

Dsc_0939
不揃いなもの10本ほど。

成長しすぎのもの、まだ土から出たばっかりのもの、20~30センチの丁度いいサイズのもの。
とりあえず本日は調査という事で、食べきれそうな分10本を持ち帰る事にしました。
因みにこのハチクのタケノコ、40センチ位までのものが食用の対象なのだそうです。

Dsc_0940
皮を取り除きました。

一番大きいやつ(手前)の根本部分はちょっと固そう^^;
しかしながら、それ以外のやつは良い感じかな。
モウソウチクほど香りは強くない感じ。爽やかな枝豆っぽい。
そして、灰汁もモウソウチクより少なく、人によっては灰汁抜きせずに料理する事もあるようです。

ま、かる~く米ぬか等使わず水のみで灰汁抜きやっときましょう。

Dsc_0953
普通のタケノコ(モウソウチク)と比べて簡単!ただ、タケノコ独特の香りは半分以下かな。

水から入れ火にかけ1時間。
そのまま放置し、あら熱とった所で水を替え冷蔵庫へ。
そして半日放置予定。

多分良い感じ^^

今晩が楽しみです。

続きを読む "タケノコ採り" »

その他のカテゴリー

つり アイゴ つり アイナメ つり アオダイ つり アカイサキ つり アカエイ つり アカムツ つり アコウダイ、メヌケ つり アジ つり アナゴなど つり アブラボウズ つり アマダイ つり アユ つり イカ、タコ つり イサキ つり イシダイ、イシガキダイ つり イシモチ つり イセエビ つり イナダ、ワラサなど つり イワシなど つり イワナ、ヤマメなど つり ウシノシタ つり ウツボ つり ウナギ つり ウメイロ つり オイカワ つり オキメバル つり オニカサゴ つり カサゴ つり カジカ つり カニ、エビ つり カレイ つり キンキ つり キンメダイ つり ギンポ つり クエ つり クロアナゴ つり クロムツ つり サバ つり ザリガニ つり シマアジ つり シロギス つり スッポン つり タイ、ハナダイ つり タナゴ、フナなど つり テナガエビ つり ハゼ つり ヒラメ つり フグ つり ブダイ つり ベニアコウ つり ホウボウ つり マグロ、カツオなど つり マス、ウグイ つり マダラ つり メジナ つり メダイ つり ワカサギ つり 引っ掛け つり 準備、対策等 つり 遠征 タケノコ 地元のお店 家族 山菜等 料理 潮干狩り 潮干狩り アカニシ貝 磯、干潟遊びなど etc

サイト内検索


  • カスタム検索

カテゴリー

スポンサーリンク