スポンサーリンク



スポンサーリンク



« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月28日 (火)

トウジンの肝和えナメロウ

キンメ、アコウの外道、いや、ゲストでたまに釣れる魚、トウジン。

海鳥のエサにするにはもったいない魚です。
って思い始めたのは、実は最近なんです。
正直、身(白身)の歩留まりは非常に悪いです。
ですが、肝は身に比べてそこそこ良いです。
そしてイケます!
スポンサ-リンク

・手順
腹を裂いて肝を丁寧に取りだす。そして酒に漬けておく。
その他の内臓は処分しキレイに洗う。
そして頭を落として3枚におろす。
更に皮をバリバリ引く。
ウロコが硬いので注意が必要ですが、簡単に引けますよ。
ここで、恐らく思った以上に身の歩留まりが悪いと気づくはずです。
ある程度細かく切り刻んでおきましょう。
肝の処理はさっと湯通し。
冷水にて冷やし、水分よくとる。
そして両者まぜる。
ネギ2センチ、ショウガ1欠片、味噌小さじ1。
たたく、そしてまぜるの繰り返し。
フィーリング的に良いかな~、って思った所で出来上がり!
Cimg8444
トウジン。尖がった顔が特徴。似たような魚でトウジンより一回り大きくてより黒いオニヒゲという魚がいて、こちらはベニアコウのゲストでまじる事多いです。同じように身の歩留まり悪いけど肝美味い!
Cimg8466
繰り返しになりますが身の歩留まり悪いので、もう少し身が欲しけれは、本命のキンメやクロムツの身を足しても良いと思います。
Cimg8459
キンメとトウジンのコラボ丼。両者の美味しいところ取り!
Don't/judge/some/fish/by/appearances/!
スポンサ-リンク

2017年2月27日 (月)

キタノクロダラのかまぼこ

初めてのベニアコウ釣り。第1投目で釣れた1匹は得体のしれない、黒い大きな魚でした。

しっかり底がとれているか半信半疑であったので、この魚が釣れてとりあえず安心したのを今でもはっきり覚えています。

しかし、その残された正体不明の黒い魚。
おとなりの釣り座の方に聞いてみたところ「それはソコダラだ」との事。
間違ってはいないけど、、
ソコダラとは総称らしく、帰宅後、深海魚関連の本で調べた所、それは「キタノクロダラ」という魚でほぼ間違いない事がわかった。
食えるらしい!
スポンサ-リンク

・手順
4キロ弱の大きな魚だったので、とりあえず捌いて切り身にする。
大きい肝臓が入っていたけどスルー。
ちょっと雑になってしまったけど、なんとか切り身にしてみる。
そしてその一部分を使用。400g。
しっかり水分とって細切れにする。
粘りを出すために塩一つまみ。
それとともにすり鉢ですり潰す。
(この時フードプロセッサー持っていませんでした)
スリスリすり潰す。
疲れました。30分くらいかな。
そして卵1個分の卵白入れて更にスリスリ。
因みに卵の黄身は、後にお味噌汁にポトンしました。
多分、他の方が書かれたレシピよりかなり薄味です。
相当薄味です。
でも、それをそのまま板にのせて15分蒸し、
冷蔵庫で冷やしたら出来上がり!
Dsci2237
キタノクロダラ。こんな魚です。
P2210392
板は磁石板を作った残りを使いました。
P2210405
手作り感半端ない!
薄味だけど、その分山葵醤油があいました。
日本酒もあいました。
P2220398 
キタノクロダラのさつま揚げ、フライ、フィッシューバーガー。余った切り身でこんなのも作ってみた。
こちらはビールがあいました!
スポンサ-リンク

2017年2月26日 (日)

ベニアコウの煮つけ

どんなにベニアコウの鍋が美味しくても、どんなにベニアコウの雑炊が恋しくても、

食べ続ければ飽きてしまいます。
そこで一息。
定番でこの手の魚にうってつけのアレを作りましょう。
スポンサ-リンク

・手順
3キロベニアコウのカブト半割で、
お鍋かフライパンに醤油100cc、料理酒100cc、砂糖大さじ大盛で3。
いつも味みて適当に作るんだけど、大まかにはこんな感じです。
脂分多い魚なので濃い目の味付けがポイント。
因みにこの配合比率、キンメもアコウもアブラボウズも一緒。
私の深海系黄金比率なんです。
準備出来たら生姜一かけらとカブトの半割を入れて、アルミホイルかぶせる。
強火で沸騰させ、その後弱火で10分。
途中、3回位スプーンでタレをカブトにかけると良いかもしれません。
そうそう、ついでにゴボウやニンジン等を入れておくのも悪くないです。
お皿に乗っけて出来上がり!
Cimg6299
これだと上記配合のタレ×2+α必要かな。お腹の脂がのってる部分も使用。
Cimg6312
個人的には目の周りが好きです!
一見、食べる所は少なく見えますが、意外とそうではないですよ。
カニを食べるイメージでしゃぶりつくしてしまいました。
私も、そして妻も。
因みに、子供たちは食べやすいお腹の切り身をペロリ。
寿司、鍋、雑炊、煮つけ。
なんて贅沢な!
スポンサ-リンク

2017年2月25日 (土)

ベニアコウ寿司

「釣り人の特権」っていう慣用句、釣り番組を見ているとよく出てくるし、私も以前ブログで使った事があります。

あまりにもひとくくりにしすぎている気がして、多用しないようにしているんだけど、
ベニアコウ料理が頂ける幸せ、
これこそ「釣り人の特権」なのかもね!
スポンサ-リンク

・手順
酢飯を作る。
にぎる。
私はこの「にぎる」作業が苦手なので、トングみたいな専用の道具「握り寿司トン具」というものを通販で買いました。
そしてそれなりの握り寿司を作ることができました。
子供用にはサランラップで一口サイズのお寿司を作ってみる。
ヅケも半分ね!
因みに漬けダレは、
醤油とみりん1:1。大さじ3と大さじ3。それに砂糖小さじ1。
1回沸騰させてアルコール飛ばし、冷蔵庫で冷やす。
アルコール入っていない「みりんもどき」を使っても、砂糖溶かしたり味を馴染ませたりするために1回沸騰させた方がいいかと思います。
そして冷蔵庫で冷やし、漬けタレ完成。
ヅケ時間は10~15分。
あまり長いと硬くなってしまうので注意です。
よーくタレの水分取ってシャリに乗っけて出来上がり!
Cimg1053
お寿司用は皮を炙ってみた。こんなの、外で食べたらいくらするんだろう。
Cimg6273
子供用。ぺろりと平らげました。子供には特にヅケが高評価だったようです。
高価な道具をそろえ、
仕掛けを作り、
研究し、
ボウズ覚悟で釣行に赴き、
そしてようやく釣れた1匹。
ベニアコウ料理。
やっぱり「釣り人の特権」なんて一言では到底軽すぎるぜ!
大事に大事にいただきました。
スポンサ-リンク

2017年2月24日 (金)

ベニアコウの雑炊

雑炊とはその昔、余った冷や飯の再利用方法として作られたのが始まりなんだとか。お米から作る方法ももちろんあるけど、この「再利用」という言葉が貧乏性の私としてはなんだか好き。

もったいない。
残ったご飯を美味しく残さず食べたい。
雑炊。
素晴らしい「和食」だと思います。
スポンサ-リンク

・手順
ベニアコウの水炊き鍋を作る。
そして食す。
汁はもちろん残す。
一晩寝かす。
翌日。
ベニアコウの鍋は、とんこつラーメンとか二郎みたいに、表面に脂が1~2ミリ位できるのですが、一晩経って冷えてもその脂は固まらないのです。
遥か千尋の冷た~い海底に住んでいる証なのでしょうか。
残ったおつゆの量にもよりますが、家族4人ならそれ相当量給水しておつゆをのばす。
本当はそのまんまが良いんだけど、美味しいものはみんなで分け合いたいですよね。
そしてお味噌で味付け。
味見ながら調整です。
因みに麺つゆでも美味しいです。
ご飯は4人分(うち子供2人)でお茶碗3膳分。
雑炊にすればご飯膨らむし、お汁も残さず飲みほす前提なのでこの量でも多い位かもね。
お好みで。
グツグツと5分位。
ふたあけて卵を人数分ぽとん。
再度火をつけ、1回沸騰させたら出来上がり!
お椀によそったら、大人の分は細かくきざんだネギ入れましょう!
Cimg6291
究極の一杯!ちょい七味がいいかな!
ベニアコウの身はほとんど入っていないけど、
これが私の中で「最高のベニアコウ料理」です。
スポンサ-リンク

2017年2月23日 (木)

ベニアコウの水炊き鍋

とある魚料理の本に「ベニアコウの鍋にまさる鍋はない」と書かれていました。

私はまだ食べた事がない「アラ(クエ)鍋」も相当美味しいらしいんだけど、、
ベニアコウ鍋はマジで間違いなく相当スパッと美味いです!
ゆりめしの基本方針に反しますが、このベニアコウ料理だけは1つ1つ手を抜かずに作りました。
スポンサ-リンク

・手順
土鍋に日本酒半分以上。6割位。
お刺身作った時にでたアラ(背骨)を、さっと湯通しして鍋に入れる。
昆布だしの素小さじ2、梅昆布茶の素小さじ1、と言いたい所ですが、
しっかり乾燥昆布を入れる。20×10センチ位あれば十分だと思います。
醤油大さじ1。食欲そそるような色をつける程度に。
強火で沸騰させ、弱火でグツグツ30分。
アラを取り出す。
アラにはまだ身が少々ついていると思われるので、ポン酢少々かけてこれでビール1杯!
日本酒でもイイネ!
ふわふわといい気分になったら、お好みの具材とベニアコウの切り身を入れる。
とうふ、ネギ、シイタケ、白菜、エノキ等。
ふたして沸騰させ、弱火で5分。
出来上がり!
P1240408
ありきたりの言葉では表現が難しいですね。
ポン酢を準備して頂きましょう!
上等なものなら尚良いかもしれません。
その他、余計なものはいらないと思います。
これぞ、ベニアコウの1番美味しい食べ方、、
ではなくて、2番目に美味しい食べ方なんです。
持論ですが。
スポンサ-リンク

2017年2月22日 (水)

ベニアコウのお刺身

「幻の魚」とよく称される魚、ベニアコウ(オオサガ)。

幻。見れば見るほどセクシーな漢字ですよね。
(私だけかな)
意味を調べると、「実際にはないのにあるように見えるもの」「まもなく消えるはなかいもの」「その存在さえ疑わしいほど珍しいもの」「幻術をおこなう人」。
の魚。
そんな魚を釣ってしまったとあっては、大事に料理するしかないでしょう!
スポンサ-リンク

・手順
捌く。基本、アジ、タイ等と同じです。
ウロコ取り、内臓取り、頭落とし、3枚におろす。
ちょっと大きくなっただけです。
ちょっと高級になっただけです。
ウロコは普通にウロコ取り器でシャリシャリとっていいと思います。
内臓はきれいに取りましょう。
胃袋はもちろん、エラから何からすべて食べられるので、キレイに取りのぞいて鍋の材料に。
もしくは湯引きなどに。
ただし、老魚の肝臓は要注意です。
イシナギの肝臓みたいにビタミンAが多く含まれる場合があるので、食べた後、最大級の二日酔いの3倍位苦しむ事があります。
因みに私はその経験者。約7キロのベニアコウの肝臓を食べてこうなってしまいました。
くれぐれも自己責任でお願いします。
カブト、内臓とに分けたら、残った部分は3枚に卸す。
因みに、カブトは少々身がついてても気にしない。
後で「煮つけ」にするので!。
三枚におろした後、真ん中の骨の部分は「鍋」の出汁に。
捨てる所はありません!
(私はトラウマから肝臓だけは捨てる事にしています)
残った身の部分。
尻尾に近い所は生で食べるとやや筋っぽいので火を通す料理、鍋へ。
頭に近い部分は筋なく脂ノリノリなので刺身へ。
と言いたい所ですが、下の腹側は脂多すぎで(刺身にするには)薄くて、更に腹骨あるので煮つけへ。
上側を刺身に。
柵にしてラップで包んで冷蔵庫。
2日寝かせて出来上がり!
アコウは3~4日だけど、ベニアコウは2日寝かせれば十分食べ頃だと思います。
Cimg6233
こいつがベニアコウ!2.8キロだけど小型です。
Cimg1048
ベニアコウを刺身にするには頭側の更に上側がおススメ。
Cimg62681
皮を湯引きや炙りにしてもいいけど、あえて引いてみた。トロよりトロ、しかも上品な脂です。因みに左下にちらり見えるナメロウももちろんベニアコウで作ったもの。作り方はアジ等と一緒。最強のナメロウです!
因みにナメロウは上記刺身5枚分。
生姜1㎝サイコロ位みじん切り。
白ネギ2センチみじん切り。
塩1つまみ、味噌小さじ1。
たたいて、まぜて、たたいて、こねて。
刺身もナメロウも、
確かに美味しいです。
めちゃくちゃ美味しいです。
しかし、
一番おいしいベニアコウ料理は違うと思うんです。
スポンサ-リンク

2017年2月21日 (火)

フッコのアクアパッツア

セイゴ、フッコ、スズキ。

関東地方ではこんな感じで成長につれ名前が変わる魚なんだそうです。大きさは、大まかに~30センチ、~60センチ、それ以上で区別されるようですが、ネットで調べると微妙にバラバラ。まあ、上記数値は目安という事で。
また、シーバスなんて呼び名があるけど、これはルアーで釣ったセイゴ、フッコ、スズキの総称で釣り具メーカーのダイワさんがそう呼んだのが始まりなんだとか。
ん~、ちょっと整理してみたのですが、面倒な魚ですね~。
おかげでカテゴリー名がちょい長くなってしまいました。
(セイゴはカット)
スポンサ-リンク

・手順
私が釣った魚は35センチでエサ釣り。
フッコという事になります。
どう捌こうか迷ったけど、冷蔵庫に高級白ワインのデリカメゾンとトマトがあったのでアクアパッツァに決定。
アサリを買ってきて料理開始。
とりあえずウロコ取る。
この時、スズキ(セイゴ、フッコ)はエラがカミソリみたいに鋭いので注意。
不用意に処理しようとするとスパッていっちゃうらしいです。
ウロコ取ったらお腹裂いて内臓取り、良く洗う。
水気取って塩コショウし、お腹に細かく切ったニンニクを好みの量入れて冷蔵庫でしばらく放置。
30分から1時間位でいいかと思います。
因みに塩コショウは塩2つまみ位、コショウは適量で。
フライパンにオリーブオイル大さじ2。
油が熱くなったら細かく切ったニンニク入れて魚をのせる。
片面約3分。
ひっくり返したら、アサリとトマト入れて更に白ワイン100cc入れて蓋。
アサリは10個位かな。ミニトマトは5個位半割で。
沸々したら弱火で5分。
皿に乗っけてギャバンのパウダーパセリ振りかけて出来上がり!
Dsc_0096
シンプルなアクアパッツァができあがりました。白ワインによく合います。
ハナダイのアクアパッツァでも書きましたが、意外とありあわせの材料でそれらしものができてしまいます。
味も薄味にさえ作っておけば、後でどうにでもなります。
ポン酢党の私はちょいポン酢つけました。
フッコ、なかなか良い食材だという事がわかりました。
本命カレイ、裏本命でフッコ狙い。
スズキもウエルカム。
イイネ~!
スポンサ-リンク

2017年2月20日 (月)

カレイのから揚げ中華風あんかけ

カレイの黒い背側はヅケちらし寿司にしていただきました。

白い腹側は、、
必殺から揚げです。
しかも骨ごと!
から揚げ、から揚げ、から揚げ。
いくら簡単で美味しい料理だとしても、こればっかりじゃ芸がないので、
中華風あんをかけてみます。
ブログネタ的にもイイネ~。
スポンサ-リンク

・手順
カレイを捌いて残った腹側。
良く洗う。
このままでも良いかもしれないけど、ちょっと食べずらい感があるので、食べやすい大きさにぶつ切り。
水気とって片栗粉まぶして170度でじっくり揚げる。
きつね色、やや濃い目。
カレイは結構骨硬いので、見栄えが許せる限界の「こんがりきつね色」まで揚げましょう。
油を良く切って皿へ。
そして、温めたレトルト食品の中華丼の素をかけて出来上がり!
Dsc_0038
「中華丼用の素」のあんは自分で作るより、むしろ美味しかったりします。
これじゃ料理じゃない!?
中華丼の素、しっかり温めました。
そして、から揚げまではちゃんと作りました。
この組み合わせ、意外と美味しいんです。
から揚げにひと手間加えたいけどやっぱり面倒。
なんて時はおススメです。
カレイじゃなくても。
スポンサ-リンク

2017年2月19日 (日)

カレイのちらし寿司

カレイの美味しい部位はもちろん白子だけではありません。

30センチを超えるカレイなら、そのしまった白身はお刺身にだってできます。
2016~17シーズンの湾奥のカレイは絶不調。
ボウズ覚悟で望まないといけない、ダメダメな状況なんだそうです。
しかし、そんな事とはつゆ知らず。
いや、つゆ位はネット情報で知ってたかな。
とりあえず張り切って湾奥カレイデビューしてしまいました。
案の定、デビュー戦はアタらず釣れず。
しかし、最後の最後、仕掛け回収時に奇跡的に1匹ついていました。
しかも32センチとそこそこまずまずの型。
しっかり丁寧に捌いていただきましょう。
スポンサ-リンク

・手順
ウロコを落として頭落とす。
内臓取りのぞき、白子を大事にとって酒に漬ける。
残った身は黒い背側をヒラメみたいに観音開き風に捌く。
いわゆる5枚おろしなんだけど、白い腹側は32センチクラスだとなかなかムズイのでスルー。背側だけ丁寧に捌く。
2枚の身のうち、腹側は腹骨をすき取る。
そして包丁使って尻尾側から丁寧に皮を引く。
あくまで個人的な意見ですが、ヒラメ同様、皮を引く際は尻尾側からの方がやりやすいです。
因みに皮を引く際は、片刃の包丁、そして比較的角度がない刺身包丁が良いとされているみたいです。
どちらにしても、片刃が良くて、私はその中でも「外引き」という方法がやりやすいです。
外引き、ちょっと説明しずらいのでネットで検索してみてください。いろいろ出てきます。
さて、うまく皮が引けたらもうできたも同然。
食べやすい大きさに切りましょう。
そしてヅケダレに10分漬けましょう。
ついでに一緒にのっける他の刺身も漬けましょう。
(今回はアマエビ)
漬けダレは、
醤油とみりん1:1。大さじ3と大さじ3。それに砂糖小さじ1。
砂糖を入れないレシピをよく見ますが、私は甘目が好きなので小さじ1の砂糖を入れます。
そして1回沸騰させてアルコール飛ばし、冷蔵庫で冷やす。
アルコール入っていない「みりんもどき」を使っても、砂糖溶かしたり味を馴染ませたりするために1回沸騰させた方がいいかと思います。
すいません、順序逆ですね。
先にヅケダレ作ってから魚捌いた方が良いです。ヅケダレ冷やす時間考慮して。
なら、コピペで書き直せよ、って言われるかもしれませんが、、
面倒なので失礼。
ご飯は2合。
炊けたらすし太郎とかでちらし寿司のベースを作りましょう。
もちろん自分で1から作ってもOK。
そして、漬けた刺身を乗ってけ出来上がり!
Dsc_0042
カレイの他、一緒に漬けた甘えび、イクラのっけてみた。
このちらし寿司を見て、もはや何が主役と聞かれてカレイと答える人は皆無でしょう。
イクラ、いや甘えび?
カレイ?乗ってるの?
っていう1品です。
長男大好きイクラ、長女大好き甘えび。
因みに妻大好き酢飯。
真冬の真夜中に苦労して釣ったカレイ1匹。
私個人としては、普通にお刺身で食べたかったんだけど、、
家族が喜んでくれればそれでいいです。
Cimg54251 
以前ショウサイフグ釣りのゲストで釣れたマコガレイ。薄造り&おろしポン酢でいただきました。今回もこれでいきたかったんだけどね~。
スポンサ-リンク

2017年2月18日 (土)

カレイの白子ポン酢

千葉港でカレイを1匹釣ったらお腹から立派な白子が出てきました。

調べてみると、何やらこれが絶品なんだとか。
カレイの白子は年末から年明けまでの限定品。
シンプルに味わう事とします。
スポンサ-リンク

手順
因みに釣ったカレイはマコガレイという種類でした。
まずウロコをゴシゴシ落とす。
そしてそーっと丁寧に頭を落としつつはらわたを取り除き、白子を取り出す。
わずかに残っている臭みをとるために酒に漬ける。
適当な時間漬けたら(30分位)、沸騰したお湯にさっと。
新鮮なら、ゆがく程度でOKなんだそうです。
私は15秒。
取り出して氷水で冷やし、水気とって出来上がり!
Dsc_0045 
1匹で2人分。ポン酢でいただきました。
思ったよりしっかりした食感でした。
相当クリーミーです。
美味い、美味過ぎです!
そして絶対日本酒です。
おかげでこの後、2度目、3度目のミッドナイト釣行に行きました。
眠気に耐えながら、寒さに耐えながら。
白子が入ったカレイ釣りは過酷です。
しかしながら、こいつを釣りに行く価値、大いにありですね!
スポンサ-リンク

2017年2月17日 (金)

ハナダイのアクアパッツァ

我が家での魚料理は2日目以降、火を通す料理に完全移行。

ハナダイをお刺身にするにはちょっと手間がかかってしまうけど、火を通す料理となれば意外と簡単です。
ウロコ取りと内臓取りさえやっておけば、後は料理するだけ。
ただの塩焼きでも美味しいかもしれないけど、ここはイタリアンにいってみましょう。
スポンサ-リンク

・手順
ウロコ取って内臓取って水分をよくふき取ったハナダイをまな板におく。
ニンニク2欠片。適当な大きさに切って半分はお腹に。
そして塩コショウ。塩は片側2つまみ位、コショウは適量。
よく魚に刷り込むと良いと思います。
少し寝かせる。30分~1時間位で良いと思います。
フライパンにオリーブオイル。
油が温まったら、中火にして残りのニンニクとハナダイを入れる。
3分位。焦げ目がつく手前位でひっくり返し、アサリ10個位、ミニトマト5個位の半割り、その他入れたら美味しそうな野菜いれ、白ワイン100cc位いれる。
蓋して沸々したら弱火で5分。
出来上がり!
オリーブオイルがなければサラダオイルでもとりあえず代用可です。
ミニトマトじゃなくても、普通のトマトのダイスカットでもOKです。
私はこれ以外に芽キャベツ入れました。適当にピンときた野菜入れても良いと思います。
味付けは私流。初めに魚に付けた塩コショウ、それと貝から出た出汁、トマトの酸味で十分です。が、味が薄かったら後で調整してください。
白ワインが良いのですが、日本酒や料理酒でもそこそこのものができます。日本酒は意外と白ワインより美味しくできるかもしれませんが、こうなるともはやアクアパッツァと呼べなくなるかもしれません。焼酎だとイマイチかな(以前別の魚でやった)。トマトの酸味にあわない気がして。
芋焼酎で作ったのがまずかっただけかもしれませんが。
芋焼酎、独特のくさみがありますからね~。
Dsc_0118
こまごま書きましたが、意外とテキトーな味付け、材料でOKです。そこそこで良ければ。因みに妻は取り分けた皿にちょいポン酢たらしていました。
たまたま芽キャベツが半額で売っていました。
アサリも半額でした。
この2点が今回アクアパッツァをチョイスした理由です。
せっかくあったギャバンのパセリ、振りかけるのを忘れてしまいました。
白ワインはデリカメゾンの298円のものです。
それでも、意外と豪華そうな一皿に仕上がる所がこの料理の良い点かな。
スポンサ-リンク

2017年2月16日 (木)

ハナダイのから揚げ

ハナダイに限らず、お刺身系作ると必ずアラが出ます。

お吸い物を作れば一部消費できますが、、
こういう消費ももちろんアリです。
必殺から揚げ!
イイネ~!
スポンサ-リンク

・手順
お刺身や鯛めし、カルパッチョなんかを作って出たアラのうち、腹骨と中骨部分を選んでおく。
水気とって軽く塩コショウして片栗粉まぶす。
170度でじっくりきつね色になるまで揚げる。
出来上がり!
Dsc_0093
わかりずらいですが、手前やや左は肝和えで余ったウマズラの身。無駄にはせず、醤油ちょんってつけて美味しくいただきましょう。
魚のアラ。
我が家に猫がいれば、もう少し別の考え方ができたかもしれませんが、
残念ながらそうはいきませんね~。
猫飼う予定、今のところなし。
しかしながら、
アラのから揚げ、何気にお刺身と同等レベルのナイスな酒の肴です。
スポンサ-リンク

2017年2月15日 (水)

ハナダイのカルパッチョ風サラダ

シメサバと同じく、ハナダイでも作ってみます。

基本同じ。
でも、ちょっと材料が違うので、念のため1からのレシピ!
因みにカルパッチョとは、イタリアにカルパッチョさんという人がいて、生肉にオリーブオイルで作ったドレッシングをかけて作った料理を好んでいた、という事からつけられた名前なんだそうです。
それが日本に渡り、生肉が生魚にすりかわり、そして定着したんだとか。
意外と便利です、この料理のサラダ風バージョン。
野菜いっぱい食べられるし。
カルパッチョさんに感謝!
スポンサ-リンク

・手順
ハナダイでお刺身作る。
15枚位、この料理用にとっておく。
野菜は、サラダ用のミックスベジタブル1袋が半額で売ってたのでこれを主に使用。
ニンジン、赤キャベツ、タマネギ、レタスが細かくなって入ってた。便利~。
ただ、ちょっと物足りないのでタマネギを半分、薄切りにして水に30分漬けたものを混ぜる。
よく熟れたアボガド半分を薄切りにしたものを準備。
ミニトマトも4個半割にして準備。
アボガド、トマト以外の野菜はオリーブオイル大さじ1と寿司酢大さじ1とで和える。
ちょっと寝かせてから皿に盛ってアボガド並べ、さらにその上にハナダイ並べる。
トマトも適当な場所に配置しましょう。
最後にドレッシング。
透明系のお好みのものをかけると彩り的にいいのかなと。
今回は市販の黒コショウドレッシングなるものをかけてみた。
出来上がり!
Dsc_0099 
彩りが良いですね~。
アボガドは好みでなくても全然OKです。
タマネギも足さなくていいかもしれません。
が、私的には両者とも欠かせない、ナイスな脇役ではないのかなと思うのであります。
妻的にはトマトは欠かせないけど、アボガドはあれば可で無くてもアリなんだそうです。
魚によって、好みによって、気分によって。
色々楽しめそうです。
スポンサ-リンク

2017年2月14日 (火)

ハナダイの鯛めし

鯛めしはこだわればこだわるほど、本格的になって手間がかかると思うんです。

魚炙って土鍋使って。
味付けはシンプルにするかもしれないけど、シンプルな味付けこそ、それ以外の工程で繊細な作業が必要不可欠なんですよね。
私にはあまり馴染みのないヤツね。
こだわりのそれは面倒なので簡単にいきます。
必殺、麺つゆ使って!
スポンサ-リンク

・手順
30センチクラスのハナダイ1匹準備。
ウロコ取り器で丁寧にウロコを取る。
腹を裂いて内臓を取る。そして良く洗う。
3枚におろす。
腹骨を丁寧にすき取り、中骨は毛抜きで抜かず包丁で部分切りする。
お刺身は大き目が望ましいので丁寧に中骨処理するけど、鯛めしは後で形崩すので簡単な方法を選択です。
軽くお湯かけて臭みを取ってラップして冷蔵庫。
お刺身編でも書いた基本動作に近いです。
2倍濃縮そばつゆで4倍弱に薄めたつゆを作り、これでアラを結構な時間蓋して煮込む。
3倍濃縮なら5倍位かな。
結構な時間とは30分以上かな。1時間とか2時間でもいいのかなと個人的に思います。
フィーリングで。
そして冷ます。
お米は2合。洗ってよ~く水切っておく。
炊飯ジャー使って、お米にアラで出汁をとったそばつゆ入れる。
念のため、味みた方がいいかな。濃いと台無しなので。やや薄めに感じる位が良いです。
(つゆは余ったら捨てずに残しておきましょう)
もちろん2合の線まで。
細かく切った生姜一かけら分、と、下処理したハナダイの切り身を入れてスイッチON!
炊飯ジャーが炊き上がりを教えてくれたら出来上がり!
因みに残ったつゆ、そのままお刺身で残ったアラを入れたりして、更に水入れて人数分の量にして、そばつゆとみりんで味を調え、しっかり火にかければハナダイのお吸い物の出来上がり!
みりんは2人分で50cc位入れれば結構味が整うかと思います。
ネギとか入れると更に本物っぽくなるのは言うまでもありません。
Dsc_0119 
海苔や三つ葉なんか乗っけると更にいいかもね。
Dsc_0121
無駄なく。因みに麺つゆは個人的にヤマキが好みです。
簡単です。
もちろんマダイでもできると思います。
やった事ありませんが。
こだわりたい方にはもちろんおススメしません。
でも、こだわりが面倒、って思う方は試してみると面白いと思います。
なかなか美味しくできますよ!
まあ、こんな邪道な鯛めしもあるという事で。
スポンサ-リンク

2017年2月13日 (月)

ハナダイのお刺身とお寿司

「タイを釣ってくるね!」

って言って家を出ました。
ハナダイ釣りに。
確信犯です。
結婚したばっかりの頃妻に「ウソをついても絶対わかる自信がある」って言われたけど、、
してやったりです。
家族の平和のために、ウソはつき通し、墓場まで持っていく事にしましょう!
スポンサ-リンク

・手順
ウロコ取り器で丁寧にウロコを取る。
腹を裂いて内臓を取る。そして良く洗う。
3枚に卸す。
腹骨を丁寧にすき取り、中骨も毛抜きを使って丁寧に取る。
ここまで基本動作です。
再度よく洗って水気を取ってまな板に置く。
ここからショウタイム。
バーナーを準備して皮を炙る。
目安としては皮が微妙に焦げる位が良いかな。
炙ることで皮が軟らかくなり、更にほのかに香ばしくなるし、やや残っていた生臭さも完全に取りのぞいてくれます。
なんていったってタイ、いやハナダイは皮が美味しいのです。
もし、バーナーがなければ、沸騰したお湯をさっとかけてもいいでしょう。
皮が縮んで丸まってしまうので、飾り包丁を入れておいてもいいです。
氷水で1分位冷やし、取り出して水気とってラップに包んで冷蔵庫へ。
一晩寝かせると旨味が増して美味しくなるんだけど、私は1~2時間寝かせた程度の、旨味をやや犠牲にし、その代わりに歯ごたえがある方が好き。
食べやすい大きさに切って出来上がり!
Dsc_0098
1人分のおつまみならこの位で十分。皮を炙るひと手間で、色々なプラス要素が生まれると思うんです。もちろん、湯引きでも。
Dsc_0097
更に適当な大きさに切って、子供たち用には手毬サイズのお寿司に。酢飯はサランラップで丸めました。
30センチクラスのハナダイなら、食味はマダイとそう変わらないと思うんです。
ハナダイはマダイに比べてやや水っぽい、なんてネットに書いてありましたが、、
全然!
「嘘も突き通せば真実になる」
また美味しい白身のお刺身が食べたくなったら、
タイ釣りに行くと言ってハナダイ釣りです。
スポンサ-リンク

2017年2月12日 (日)

ウマズラハギの肝和え丼

片貝沖でハナダイ釣りをしていて釣れてしまったウマズラハギ。

大大大歓迎です!
前前前世から僕は。
(ウソ)
見た目も名前も、まるで美味しそうな魚じゃないんだけど、
これが実に美味しい魚なんです。
特に肝ね。
ただし、新鮮じゃないと意味がありません。
ほぼほぼイコール、自分で釣ってくるしかありません。
スポンサ-リンク

・手順
釣れたらすぐにエラ切って桶で血抜き。
30分位して弱ってきたらすぐさまギンギンに冷えたクーラーボックスへ。
ここまで、絶対条件です。
帰宅後、皮を剥ぐ。
口落として、まわりに切れ目入れて口側からバリバリバリ!
(ユーチューブで「カワハギ捌く」とかで検索するとナイスなやつが見つかります)
皮を剥いだらお腹を丁寧に切って肝を取り出す。
洗ってお酒(日本酒or焼酎or料理酒etc)に漬けておく。
ついでに内臓取りのぞいてよく洗う。
残った身は、頭落としてヒラメみたいに5枚におろすとやりやすいかと思います。
(ユーチューブで「ヒラメ捌く」とかで検索するとグッドなやつが見つかります)
3枚卸しでももちろん可。やりやすい方で。
背骨から切り離された身は腹骨、中骨がないのでとりあえず水分とってラップして冷蔵庫へ。
フグの仲間は骨が少ない点がイイネ!
身を冷蔵庫にしまったら、肝に取りかかろう。
肝は沸騰したお湯に入れ3分位ボイル。
さっとでも良いけど、独特の臭みが気になるので私は3分。
3分経ったら取り出して氷水につけて冷やす。
冷えたらキッチンペーパー等で水分とる。
冷蔵庫から身を取り出す。
使用する身は半身。
37センチのウマズラハギ。
私と妻の2人なら十分な量でしょう。
因みに4人分位なら1匹まるまる使ってOK!
肝の分け前はその分少なくなっちゃうけど、それでも十分美味しく頂けるかと思います。
身は食べやすい大きさに切り分ける。
因みに私はざっくりぶつ切り派。
薄切りでももちろんOK!
好みで!
身は肝とよくあえる。
ちょっと醤油。
チューブ入りの生姜2センチ、柚子胡椒小さじ半分入れると香り的に素敵でした。
このままお酒のおつまみでもいいんだけど、
私は断然丼が好きです。
こればっかりはごはんと一緒が最高に合いますね!
Dsc_0101
大葉とネギも!
1匹だけど、本本本当に釣れてよかったです!!!
スポンサ-リンク

2017年2月11日 (土)

イワシのてりやき丼

鴨川沖で豚サバを狙って釣りをしてたら釣れてしまった4匹のウルメイワシ。

お刺身にして食べたらなかなか美味しかったけど、この日は豚サバで作ったシメサバがあったので1匹のみ使用。
お刺身、意外としっかりした身で、捌いた直後ながら旨味もあって美味しかったです。
だけど、欠点は小骨が多い点。
小骨といっても、レベル的に超小骨。
私や妻には気にならない程度の小骨なんだけど、、
子供は贅沢です。
ダメなんだそうです。
骨がなければ、これでお寿司つくれば「美味しい!」って言ってくれそうなんだけど、、
かといって、全部きれいに取りのぞいていたら夜が明けてしまうので、、
スポンサ-リンク

・手順
イワシを背開きにして、背骨を取る。
内臓取って洗う。
因みにイメージはアジフライの下処理。
キッチンペーパー(なければティッシュ)で水分よくとり、ラップして冷蔵庫で寝かせる。
30分位でもいいし24時間でもいいです。
ただ、それ以上なら冷凍庫に入れたほうが無難です。
寝かせ終わったら、片栗粉まぶして170度の油でじっくり揚げる。
もちろん、きつね色になるまで。
油を切ったらフライパンにのせて市販のてりやきのタレをからませる。
チャーハン作るみたいにフライパンふって逆さにしたり表に戻したりしているうちにうまくタレがからみます。
まあ、面倒ならてりやきのタレを軽くかけたご飯にそのままのせて、また更にてりやきのタレをかけても良いけどね。
そして煎りゴマ2つまみほど。
出来上がり!
今回は子供達の食欲を掻き立てるためにビジュアル重視で作ってみました。
Dsc_0197
子供には大きすぎるイワシでした。じっくり揚げる事で子供でも小骨はほぼ気にならなくなった。
Dsc_0177
シメサバに隠れたけど、イワシの刺身も美味しかったです。
刺身1匹分。
照り焼き丼3人分。
3人=妻、長女、長男。
今度は自分の分も釣りたいと思いました。
スポンサ-リンク

2017年2月10日 (金)

サバの南蛮漬け

ゴマサバのから揚げから枝分かれした料理、また1つ。

今回は私の大好物料理の1つ、南蛮漬けです。
。。
南蛮漬け、アジ、鶏肉はもちろん、ハゼでも作ったけど、なかなかイケました。
イカは上記素材に比べてイマイチだと思ったけど、それでも美味しいと思いました。
ゴマサバはどうかな?
想像するに、まず外さない思うので作ってみる事にします。
もちろん、必殺麺つゆとポン酢使って!
スポンサ-リンク

・手順
ただし、味付けは無し、衣は片栗粉だけじゃなくて片栗粉と小麦粉1:1。
片栗粉100%にしてしまうと、漬けダレに漬けた時、衣がはがれやすいので。
南蛮漬けならサクサク感は関係ないので、この方が都合がいいのかなと。
南蛮漬けのタレを作る。
配合はポン酢、麺つゆ(2倍濃縮)、みりん、水を3:1:1:1。
味みて自分の好みに調整してください。
ただ、酸味をあまり弱くすると、その分保存性が悪くなると思うのでご参考まで。
(数値で示すとPH4.1以下が好ましいそうです)
タマネギの薄切りを準備。
量は私は当初半玉。イッパイ食べたいならそれ以上だけど、後で追加してもいいです。
辛めが好きなら鷹の爪も準備しましょう。
種まで全部入れると辛さ増します。
材料とタレをMIX!
ジップロックを使うと漬かりやすいし、タレの量も節約できます。
因みに、中型ゴマサバ2匹分でタレ400cc。
タッパーでやろうとするとこれ以上のタレが必要です。
ジップロック、イイネ~!
Dsc_0242
ある程度食べた所でタマネギ追加。2玉はいけるかな。あまり欲張るとタレが薄まるので注意。
2時間位で食べても美味しいけど、一晩以上寝かすとさらに味が染み、更にタマネギがしっとりしていいかもね。
低酸性、という事で1週間位は余裕で冷蔵庫に入れておけます。
予想通り、美味しい1品ができあがりました。
チキン南蛮みたいにタルタルたっぷりでもいいかもね!
スポンサ-リンク

2017年2月 9日 (木)

サバの黒酢あんかけ

釣った魚レシピ、サバ料理だけで結構な数になりました。

カテゴリー「レシピサバ」は終わりに近づいています。
前回に続いて今回もから揚げの延長料理。
そして、ゆりめしの基本方針にピッタリのレシピ(其の二)。
今回の料理、サバ部門では妻にシメサバ以来の星3つをいただきました。
スポンサ-リンク

・手順
サバのから揚げを作る。
ただし、生姜と醤油での味付けは無し。
サバは中型のゴマサバ2匹分。
ナス1本、ニンジン半分乱切り、インゲン豆は5本で半分に切っておく。
そして素揚げ。
温度は180度でナスとインゲン豆はさっと、ニンジンは1分位。
サバのから揚げと素揚げした野菜をフライパンへ。
クックドゥーの「豚肉の黒酢炒め」の素を入れる。
中火でタレを全体にからめながら火を通していく。
全体がタレに絡んで沸々してきたら出来上がり!
Dsc_0239
サバチリも美味しかったけど、野菜が多い点が妻的には良かったポイントらしい。サバの肉厚、この手の料理にむいてると思った。
Dsc_0331
パプリカとピーマンバージョン!パプリカ、イイネ~!
クックドゥーシリーズ使えば、シリーズ分だけ料理できそう。
麻婆サバ、回鍋サバ、棒棒サバ等々。
とりあえず2品作って、ほぼ想像した通りの味になる事がわかりました。
想像してみて美味しそうなものを、そのうちまた作ってみようと思います。
来年の豚サバ釣りの後が有力です。
スポンサ-リンク

2017年2月 8日 (水)

サバチリ

サバでから揚げ作ったら、ピーンと何かがひらめきました。

厳密にいうと、サバのから揚げそばつゆあんかけ。
味を変えるだけでまったく別の料理になるんだなぁ、ってプチびっくり。
あんかけ、奥が深いかもね。
試すのみ!
スポンサ-リンク

・手順
ただし、生姜と醤油での味付けは無し。
サバは中くらいのゴマサバ2匹分。
ネギの白い部分5センチをみじん切りにしておく。
サバのから揚げをフライパンへ。
そしてクックドゥーの「千焼蝦仁」(エビのチリソース炒めの素)を入れる。
更にみじん切りにしたネギ投入。
中火でタレを全体にからめながら火を通していく。
全体がタレに絡んで沸々してきたら出来上がり!
Dsc_0236
あんかけ、じゃないかもしれないチリソースはちょいピリ辛でした。本場は相当辛いと聞いた事ある。チリソース=トマトと唐辛子のソースだからねぇ。
瓶詰のチリソース買ってきて、しっかり本格的に作ろうかと思ったけど、、
(そもそも瓶詰のチリソースの時点で本格的じゃないが)
便利なものがスーパーで138円で売っているのを見つけてしまいました。
ブログ・ゆりめしの基本方針を考えると、、
妥協するわけにはいきません。
例え本格的なものが超美味しくても、そこそこ美味しいものならば楽な方が最優先です。
そこそこ、、
いやいや、かなり美味しいです!
スポンサ-リンク

2017年2月 7日 (火)

カルパッチョ風シメサバサラダ

2匹の豚サバでシメサバを作りました

そのままでいただき、棒寿司にしていただき。
そして最後はサラダでいただきます。
サラダにシメサバなんて合わないと思うかもしれませんが、
酸味の効いたシメサバはむしろベストマッチ!
なんて仮説をたてて料理を作ってみる。
まあ、大丈夫だと思うけど。
スポンサ-リンク

・手順
10枚ちょい、普通にシメサバで食べるより薄めに切る。
薄めに切るのがポイントです。
野菜は赤タマネギ半分の薄切り、ベビーリーフ一袋、レタス2枚乱切り。
赤タマネギの薄切りは水に30分位漬けて辛みを取っておくと食べやすいです。
それとよく熟れたアボガド半分を薄切りにしたものも準備。
ついでに赤がほしいのでミニトマトも5~6個。
赤タマネギ、ベビーリーフ、レタスはオリーブオイル大さじ1と寿司酢大さじ1とで和える。
ちょっと寝かせてから皿に盛ってアボガド並べ、さらにその上にシメサバ並べる。
トマトも適当な場所に配置しましょう。
最後にドレッシング。
透明系のお好みのものをかけると彩り的にいいのかなと。
因みに、シメサバの代わりに他のお刺身でも普通にイケるし、生ハムなんかでも美味しいんだけど、、
とりあえずここはシメサバで作ってみて!
Dsc_0182
スーパーで一切合切の野菜が入った200円位の袋に入ったやつでもOK!これ、夕方行くと結構半額になってる率高いかもね。
生魚とオリーブオイル。
なのでカルパッチョ風です。
サバ料理で唯一、ワインがあう料理かもね!
追伸:
Dsc_0248 
とある立食形式の飲み会ででたプレート。シメサバサラダ!フッフッフッ、私が作ったヤツの方が美味しいな!
スポンサ-リンク

2017年2月 6日 (月)

サバの一夜干し

鴨川沖の豚サバで作って食べてみたかった本命料理といえばシメサバなのですが、裏本命で一夜干しも狙っていました。

そして今回は「ピチットシート特大版」なんていう秘密兵器も釣行前に購入。
一夜干し、作る気満々です!
スポンサ-リンク

・手順
43センチと42センチの豚サバ(マサバの豚野郎)を3枚に卸す。
よく洗ってよく水気を取る。
キッチンペーパーがベストですが、ティッシュペーパーでもOKです。
そしてサバの切り身1枚に対して塩1つまみ、いや、2つまみふって身に刷り込む。
豚サバは1ふりでは失礼でした。
そしてピチットシート特大版(50×35㎝)にできるだけ空気入れないように挟む。
因みに値段は2枚入りで340円。
しっかり挟んだはずなんだけど、ピチットいかない。
なかなかうまくいかないので、あきらめてそのまま冷蔵庫で20時間放置したら、しっかりピチットなってた。
そしてしっかり水分すっていました。
もう、これだけで美味しそう。
素晴らしいですね、ピチットシート。
ピチットシートをはがして、グリルで中火で6分。
出来上がり!
残った一夜干しは、しっかりラップに包んで冷凍庫保存。
Dsc_0206
塩2つまみだと薄塩なので、お好みで醤油少々。大根おろしもね。
サバの一夜干しといえば、ノルウェイのサバがノーベル賞ものだと思ってたけど、やっぱり微妙に落選。
脂のノリは同等かそれ以上だと思うんだけど、肉厚、身のしまり、パリパリすぎる皮には劣ります。
シメサバより違いがわかりました。
サバの一夜干しは、鴨川の豚サバが最高だね!
ただし、まだ食べたことがない関サバ除く。
松輪サバも除く。
スポンサ-リンク

2017年2月 5日 (日)

サバのメンチカツとメンチカツ丼

サバの天ぷら、から揚げ。

ともに揚げ物にして美味しかったサバ(ゴマサバ)。

残念ながら私の腕をもってしても小骨は少々残ってしまったけど、弱火でじっくり揚げれば小骨は軟らかくなって気にならない。大人は。
そう、大人は。
改善策はただ1つ。
ミンチにしてしまえ!
スポンサ-リンク

・手順
サバ2匹分を3枚におろす。
腹骨を丁寧に取りのぞく。
フードプロセッサーでミンチにする。
フードプロセッサーにはサバと塩少々(一つまみ)、片栗粉大さじ1。
しっかりとまわしてミンチにしたら、タマネギ1/2を細かく切り、サラダオイルで軽く炒めて混ぜる。
タマネギはシャキシャキ感が残る程度に軽く炒めるのが良いかもね。
真ん中にとろけるチーズを入れておくと、食べた時にちょっと得した気分になりました。
好みの大きさに丸めて、小麦粉、とき卵、パン粉と順番にくっつけて170度でじっくり、180度でさっと。
しっかり2度揚げして出来上がり!
思った通り、骨は気になりません。
しっかり改善できました。
しかしながら、、
7個中2個余った。
(子供2人と妻1個ずつ、私2個)
相当ジューシーで腹もちが良い点(重い点)が欠点かもしれません。
あ、美味しいですよ!
余った2個は、、
もちろん生まれ変わってもらいます。
丼に!
そばつゆ大さじ1、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、砂糖大さじ2。
火にかけ、水で濃さを調整しましょう。
この時、やや濃い目が良いです。
この後入れるタマネギと溶き卵で薄まっちゃうので。
薄まっちゃう元の薄切りタマネギ(半分)と食べやすい大きさに切ったサバメンチ入れ煮詰める。5分位かな。
そして溶き卵流しこみ、半熟のままご飯に乗っけて出来上がり!
七味や海苔をかけると更にいいかもね!
Dsc_0214
小食の我が家族は1個でお腹いっぱいになるみたい。私も2個で十分でした。
Dsc_0225
1つしか作れませんでした。なので独り占めです。
丼にすると、更にジューシー!
意外とチーズが醤油ベースの味にあいました。
お腹イッパイになりました。
スポンサ-リンク

2017年2月 4日 (土)

サバのから揚げ

魚を目の前にして料理に困ったら、

高い確率でから揚げです。
から揚げはいい。
まずハズしません。
たとえ味付け忘れたとしても、
醤油、ポン酢、タルタルソース等々。
後付けで全然問題ありません。
から揚げ最高!
スポンサ-リンク

・手順
サバ3匹分位を3枚に卸して腹骨を丁寧に取りのぞく。
チューブ入り生姜と醤油適量。大さじ半分位かな。
少な目で薄味気味がいいです。
味は後からなんとでもなるので。
そしてよくもんで冷蔵庫で30分位寝かせる。
そして片栗粉をまぶして170度の油できつね色になるまで。
小骨は気にしなくていいです。
皮も気にしなくていです。
この際、健康なんて言葉も気にしなくていいです。
ビールでいっちゃいましょう。
因みにアンをかけたものも好き。
そばつゆと片栗粉。
内訳はそばつゆ150mlに対して片栗粉小さじ3か2.5位。
そばつゆはやや薄めに作った方がいいかと思います。
3倍濃縮なら4倍、とか。
具はニンジン、しめじ、それとウズラの卵なんてあると尚イイネ!
Dsc_0199
シンプルでももちろん美味しいけど、
Cimg8572
アンを作ってかけても美味しいです。
Dsc_0364
以前相模湾のキンメ船で釣ったゴマサバで作ったもの。下味つけず、タルタルたっぷりでも美味しいね!
これから先、度々登場すると思われるから揚げ。
しかしながら、ゴマサバほどから揚げに適した魚はいないんじゃないかな。
あと、豆アジもね。
みなさん、釣れたそばからポイポイリリースしてしまう、食用として人気がないゴマサバ。
こういう魚で美味しい料理を作ることこそ、何よりの醍醐味だと思うんです。
南蛮漬けもいいかも。
あ、これ今度やってみます。
決まり!
追伸:
Dsc_0327 
フリッターです。
クックパッド見ていたら「タコ焼き粉で作るフリッター」っていうレシピが載っていました。
調べてみると、フリッターとはラテン語で「揚げ物」っていう意味らしいのだけど、特にその中でもフワフワとした衣が特徴の揚げ物(から揚げ)なんだそうです。
早速試してみる。
因みにオリジナルはバナメイエビで作っていたのですが、こちらはサバ。
うん、うん、衣自体に味もついているし、なかなかいい感じでした。
スポンサ-リンク

2017年2月 3日 (金)

サバの天ぷら

以外と聞かない、というより(私は)今まで聞いた事ないサバの天ぷら。

やや脂のノリが悪いとされるゴマサバなんて最適なんじゃないかな、って思うんだけど。
キス、アナゴ、ワカサギ、ハゼ。
有名どころはこんなところか。
確かに上記の魚は天ぷらにすると最高に美味しい。
なのになぜ?
疑問は作って食して解消するしかないでしょう。
スポンサ-リンク

・手順
コツのいらない天ぷら粉、といった類の天ぷら粉で衣を作る。
分量は袋に書いてある通り。
小麦粉で作るといった高等技術、私の身近では母しか知りません。
母の偉大さ、妻が臨月で入院した年の大みそかに再認識しました。
なんで小麦粉と適当に入れた水であんなにカラッとした衣の天ぷらが揚げられるのか、
死ぬまで理解できそうにありません。
話しを戻して天ぷら作り。
そのまま衣をつけて揚げても良いけど、今回はシメサバに添えるために購入した大葉が余っていたので、一緒にくっつけて揚げる。
因みにサバは3枚に捌いて腹骨を包丁で丁寧に取りのぞいたもの。
片側3等分位が食べやすいでしょう。
油の温度は170度。ややきつね色になったら出来上がり!
妻は梅干を挟むと尚良かったかも、って言いながら梅干をのっけて食べていた。
挟んでものっけても、別にどっちでもいいじゃん。
Dsc_0216
フワフワで美味しかったです。そばやうどんと一緒でももちろんOKですね。
えっ、何で?
サバ天、シロギスやハゼに負けず劣らす美味しいじゃん!
ワカサギとアナゴには負けるけど。
(個人的な順位付けです)
疑問は解消しませんでした。
美味しいです、この1品。
スポンサ-リンク

2017年2月 2日 (木)

サバフレークサンドイッチ

サバの水煮で検索すると、缶詰が前提で結構色々なレシピがでてきます。

和はもちろん、洋もそこそこ多いのには驚きました。
なので、サバの水煮をたくさん作った後は是非クックパッドで検索してみてください。
って言ってしまうと、このブログの存在価値が問われかねないので1つだけ。
簡単で美味しかったやつのレシピを残します。
レシピといってしまうと怒られてしまうかもしれませんが、、
怒りたければ怒るがいいさっ。
スポンサ-リンク

・手順
一晩寝かす。
サバ1匹分、ではやや多いので、2/3か3/4匹分のサバのぶつ切りを取りだし、水分を切って骨を取り除く。
取り除いた骨はその場で食べてしまう。この時、できれば缶ビール片手が望ましい。
骨を取りのぞいた身はしっかりほぐし、たっぷりのマヨネーズで和える。大さじ2、もしくはそれ以上。
私は醤油ちょい入れるのが味がややしまる気がして好き。
粗挽きコショウがあればふってみてもいいかもね。
できあがったら、冷蔵庫に入れて味を馴染ませる。
食パン準備。
私は6枚切りのやや厚めが好み。
オーブンでうっすら焦げ目がつく位に焼く。
こうする事で、食べた時のおいしそうな音が演出できます。
もちろん、焼いたパンの香ばしさも楽しめます。
焼いたパンにはスライスした生のタマネギ。
そして、下ごしらえして更に冷蔵庫で寝かした特性サバフレーク。
私くらいのレベルになると、パンが盛り上がるくらい、作ったサバフレークを残さず全部挟むので、最後に食べやすい大きさに切って出来上がり!
全部を1度に残さず食べきれる、私の更に上のレベルを行く方であれば、、
そのまま切らなくても全然OKです。
Dsc_0213 
タマネギには赤タマネギ使用!
休日の朝限定の一品です。
コーヒーなんて邪道です。
迷わず2本目の缶ビールをプシュ!
最高に贅沢な休日を過ごしましょう。
スポンサ-リンク

2017年2月 1日 (水)

サバの水煮と味噌煮

確保した中小型マサバは11匹。これらの下処理、全てぶつ切り!

マサバの美味しい食べ方といえば、味噌煮でしょう。
そして水煮もまた美味い。
それも、私のとっておきアイテム・圧力鍋を使えば骨まで美味しく頂けます。
そう、サバの缶詰のように。
じゃあ、サバの缶詰買ってくればいいじゃん、
って思うかもしれませんが、、
そんな人生、味気ないじゃないですか。
スポンサ-リンク

・手順
下処理。因みに効率よく9匹まとめて。
大きめのボールを2つ用意し、ボール1にサバ9匹入れる。
頭落として(生ごみ)ぶつ切り→ボール2へ。
ぶつ切りから内臓取りのぞいてよく洗う→ボール1へ。
6匹分は3匹分ずつスーパーでもらってきた(持ってきた)透明ビニール袋へ入れて冷凍庫へ。
下処理、流れ作業でやれば効率的です。
残り5匹のうちの3匹分は熱湯をさっとかけて臭みのもと(血、ヌメリ等)を取り、圧力鍋へ。
(残り2匹分は別料理に)
生姜も細かく切って1欠片分入れておくと良いでしょう。
サバが浸るまで水入れ、塩小さじ1入れ、しっかり蓋する。そして強火にかける。
圧力がかかったら弱火で50分。
経験上、50分で缶詰と同じレベルの軟らかい骨になります。
50分経過。火を消し、余熱でしばらくほったらかし。多分1時間位。
(ほったらかし=与圧抜く作業)
はい、サバの水煮完成!
因みにこのまま食べるより、冷蔵庫で1日寝かせてから食べた方がはるかに美味しいです。ちょっと醤油たらしたりして。
しかし、ひと手間加えて味噌煮もまた美味い。
一晩寝かせる前にやっつけましょう。
1時間位ほったらかし(与圧抜き作業)て蓋を開けたら、砂糖大さじ山盛り3、味噌は「おたま」ですり切り1.5。
味をみながら、ややうすめ、やや甘目に調整すると美味しいと思います。
そしてここからコトコト蓋せず30分。
水分飛ばし、タレがドロドロになったら出来上がり!
焦げやすいので、この時あまり放置はしないように。
すぐに食べても美味しいけど、水煮みたいに一晩寝かすとまた一段と美味しくなります。
Dsc_0208
最初に入れる塩は少しにしておいて、後で醤油をたらして食べるのが好き。
Dsc_0191
やや、ではなくてかなり煮崩れしてしまったけど、この位のワイルド具合がまた美味しいんです。
これを作るために圧力鍋を買いました。
買って本当に良かったと思いました。
あと2回、この料理が楽しめる幸せにワンカップでカンパイ!
スポンサ-リンク

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。