スポンサーリンク



スポンサーリンク



« ベニアコウの雑炊 | トップページ | ベニアコウの煮つけ »

2017年2月25日 (土)

ベニアコウ寿司

「釣り人の特権」っていう慣用句、釣り番組を見ているとよく出てくるし、私も以前ブログで使った事があります。

あまりにもひとくくりにしすぎている気がして、多用しないようにしているんだけど、
ベニアコウ料理が頂ける幸せ、
これこそ「釣り人の特権」なのかもね!
スポンサ-リンク

・手順
酢飯を作る。
にぎる。
私はこの「にぎる」作業が苦手なので、トングみたいな専用の道具「握り寿司トン具」というものを通販で買いました。
そしてそれなりの握り寿司を作ることができました。
子供用にはサランラップで一口サイズのお寿司を作ってみる。
ヅケも半分ね!
因みに漬けダレは、
醤油とみりん1:1。大さじ3と大さじ3。それに砂糖小さじ1。
1回沸騰させてアルコール飛ばし、冷蔵庫で冷やす。
アルコール入っていない「みりんもどき」を使っても、砂糖溶かしたり味を馴染ませたりするために1回沸騰させた方がいいかと思います。
そして冷蔵庫で冷やし、漬けタレ完成。
ヅケ時間は10~15分。
あまり長いと硬くなってしまうので注意です。
よーくタレの水分取ってシャリに乗っけて出来上がり!
Cimg1053
お寿司用は皮を炙ってみた。こんなの、外で食べたらいくらするんだろう。
Cimg6273
子供用。ぺろりと平らげました。子供には特にヅケが高評価だったようです。
高価な道具をそろえ、
仕掛けを作り、
研究し、
ボウズ覚悟で釣行に赴き、
そしてようやく釣れた1匹。
ベニアコウ料理。
やっぱり「釣り人の特権」なんて一言では到底軽すぎるぜ!
大事に大事にいただきました。
スポンサ-リンク

« ベニアコウの雑炊 | トップページ | ベニアコウの煮つけ »

レシピ ベニアコウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベニアコウの雑炊 | トップページ | ベニアコウの煮つけ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック