スポンサーリンク



スポンサーリンク



« ベニアコウ寿司 | トップページ | キタノクロダラのかまぼこ »

2017年2月26日 (日)

ベニアコウの煮つけ

どんなにベニアコウの鍋が美味しくても、どんなにベニアコウの雑炊が恋しくても、

食べ続ければ飽きてしまいます。
そこで一息。
定番でこの手の魚にうってつけのアレを作りましょう。
スポンサ-リンク

・手順
3キロベニアコウのカブト半割で、
お鍋かフライパンに醤油100cc、料理酒100cc、砂糖大さじ大盛で3。
いつも味みて適当に作るんだけど、大まかにはこんな感じです。
脂分多い魚なので濃い目の味付けがポイント。
因みにこの配合比率、キンメもアコウもアブラボウズも一緒。
私の深海系黄金比率なんです。
準備出来たら生姜一かけらとカブトの半割を入れて、アルミホイルかぶせる。
強火で沸騰させ、その後弱火で10分。
途中、3回位スプーンでタレをカブトにかけると良いかもしれません。
そうそう、ついでにゴボウやニンジン等を入れておくのも悪くないです。
お皿に乗っけて出来上がり!
Cimg6299
これだと上記配合のタレ×2+α必要かな。お腹の脂がのってる部分も使用。
Cimg6312
個人的には目の周りが好きです!
一見、食べる所は少なく見えますが、意外とそうではないですよ。
カニを食べるイメージでしゃぶりつくしてしまいました。
私も、そして妻も。
因みに、子供たちは食べやすいお腹の切り身をペロリ。
寿司、鍋、雑炊、煮つけ。
なんて贅沢な!
スポンサ-リンク

« ベニアコウ寿司 | トップページ | キタノクロダラのかまぼこ »

レシピ ベニアコウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベニアコウ寿司 | トップページ | キタノクロダラのかまぼこ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック