スポンサーリンク



スポンサーリンク



« アカエイのヒレと肝の煮つけ | トップページ | シリヤケイカのお刺身 »

2017年3月16日 (木)

アカエイのエイヒレカツ

5キロオーバーのアカエイを釣ってきて、そのヒレの大部分を炙りとから揚げで食べたんだけど(一部分煮つけ)、最後のひとかけらはこれに決めていました。

ジューシーサクサクなカツに!
コラーゲン質な肉、コリコリ食感の軟骨。
旨味を閉じ込めて揚げる事で、そのパフォーマンスは最大限引き出される、って確信しています。
スポンサ-リンク

・手順
捌く。
冷凍保存していたので電子レンジで解凍。
小麦粉、溶き卵、パン粉とまぶしていき、冷蔵庫で寝かす。
30分位、かな。
(この間ゆっくりお風呂タイム)
そして170度でじっくり揚げる。
そして仕上げに180度で仕上げの2度揚げ。
キツネ色、位かな。
まな板でザクッザクッって切る。
キャベツがなかったので、レタスを添えたお皿にのっけて出来上がり!
Dsc_0132
1人分しかなかったので、妻が飲み会、そして子供たちがお泊りしている隙に!
Dsc_0133
ビールと一緒にジューシーにいただきました。とんかつソース、マヨネーズ、タルタルソース、カラシも準備!
ごはんよりお酒にあうカツでした。
予想通り、軟骨の食感が絶妙!
そして、コラーゲン質たっぷりっぽい肉汁もなかなかイイネ~!
ひさびさの1人での夕食。
そして久々の黒ラベルの500。
なんだかとても贅沢な晩ご飯でした。
※アカエイ料理はくれぐれも自己責任でお願いします。尻尾の付け根にある毒針には返しがあり、刺さると簡単にとれません。また、この針から出される毒は、現時点でまだ解毒剤が開発されていません。海外では死亡事故の報告もあります。
スポンサ-リンク

« アカエイのヒレと肝の煮つけ | トップページ | シリヤケイカのお刺身 »

レシピ アカエイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アカエイのヒレと肝の煮つけ | トップページ | シリヤケイカのお刺身 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック