スポンサーリンク



スポンサーリンク



« メバルとホンビノスのアクアパッツァ | トップページ | オニヒゲのナメロウ »

2017年5月12日 (金)

ホラアナゴの天ぷら

実はホラアナゴなのかイラアナゴなのかよくわからなかったけど、とりあえずホラアナゴとしておきます。専門の図鑑でも、両者の同定は難しいと書かれていた両者。当然食味も変わらないでしょう。

風貌は全身黒いアナゴみたいなんだけど、初めて見た時、「口裂け女」を連想してしまった程大きい口。食べられる物なら何でも食べてしまえ、といった進化を遂げたのだと思われます。
また、アブラボウズの胃の中からも良く見つかったりします。
貪欲に食べ、そして食べられてしまう。
改めて深海の過酷な環境を思い知らされました。
アコウやアブラボウズの特エサともなるらしいのだけど、意外とそう簡単に釣れない魚。
私は持ち帰って食べる派です!
スポンサ-リンク

・手順
捌くのだけど、ニョロニョロヌルヌル系のこの魚。難易度高。
私は60センチのベニヤ板を用意し、アイスピックで目打ちして捌く。
まず、これが料理の前提になります。
後はカンタン!
適当な大きさに切って衣をつけて揚げるだけ。
小骨も軟らかいので170度で普通にカラッと揚げれば出来上がり!
Dsc_0006 
天ぷらにすると意外とアナゴっぽい!皮がイイ感じに弾力あります。
Imgp0650
初めて釣れた時は食べられるとは思わず、海に放ちました。
Imgp0652
ここまで捌くことができれば後は問題なし!
ネット情報によると、蒲焼きにしたり煮たりしても美味しいらしい。
次回のベニアコウ釣りでもお持ち帰りしたいです。
スポンサ-リンク

« メバルとホンビノスのアクアパッツァ | トップページ | オニヒゲのナメロウ »

レシピ ホラアナゴ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メバルとホンビノスのアクアパッツァ | トップページ | オニヒゲのナメロウ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。