スポンサーリンク



スポンサーリンク



« ドンコのナメロウ | トップページ | メバルとホンビノスのアクアパッツァ »

2017年5月10日 (水)

メバルめし

沖メバルは予想以上に良い出汁が出ることがわかりました。特に兜。

まるまる1匹使って炊き込みご飯にしたら美味しいんじゃないかな、って思って作った1品です。
スポンサ-リンク

・手順
以前、ハナダイで邪道な麺つゆ使って作りましたが、今度はちょっと正攻法チックに。
丁寧にウロコとって内臓取って良く洗う。
そしてさっと湯通し。
お米2合分洗って、醤油大さじ3、生姜一かけら分のみじん切り、昆布だしの素小さじ1(~2)を入れ、2合の線の所まで水を足す。
下処理した沖メバル乗っけて炊飯器のフタしてスイッチオン!
身をほぐして骨等を取りのぞき、お茶碗によそって出来上がり!
Dsc_0648
ハナダイの鯛めしの要領で麺つゆで作ってもいいともいます。どちらにしてもカンタン!
Dsc_0655
大葉や海苔があると尚イイネ!
Dsc_0717
ホンビノスとパエリヤ!ご飯ものはこれも美味しいです。詳しくはこちらを参考にしてください。
沖メバルを釣りに行くときは、毎回五目釣りを意識しています。
特に私がよく行く北茨城沖は、小メヌケやタラ、マゾイやヤナギメバルなんていう魚も混じるので、アタるとドキドキわくわく!
ちょっと前には釣果HPでヨロイイタチウオなんて魚の写真も掲載してありました。
たくさん釣って、色々な魚種釣って、、
面白い魚種のレシピをアップしたいです。
スポンサ-リンク

« ドンコのナメロウ | トップページ | メバルとホンビノスのアクアパッツァ »

レシピ オキメバル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドンコのナメロウ | トップページ | メバルとホンビノスのアクアパッツァ »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。