スポンサーリンク



スポンサーリンク



« ホラアナゴの天ぷら | トップページ | オニヒゲのつみれ団子鍋 »

2017年5月13日 (土)

オニヒゲのナメロウ

ベニアコウの外道で釣れてしまったオニヒゲ。

そもそもオニヒゲ自体、普通知らない魚でしょう。
図鑑によると、タラ目ソコダラ科でトウジンのように尖った顔が特徴。
トウジンより一回り大きく、ウロコが刺々しい印象であった。
恐らく釣れたとしても、船長がオニヒゲと言ってくれることはないので、、
ソコダラを総称して怪獣とかバケモノとか、そんな言い方をするので、どうしても「美味しい魚」っていうイメージ持たずに、皆さん海鳥のエサにしてしまっているようです。
確かに同じソコダラのイバラヒゲの身は水っぽくて旨味は殆ど感じられませんでした。
肝は食べられるかどうかわからなかったので処分していました。
しかし、肝が食べられ、しかも美味であるという情報を「ぼうずコンニャクさんのHP」で知りました。
身はさておき、肝だけでも美味しければ価値あると思い、昨年持ち帰り調理。
ナイス、オニヒゲ!
スポンサ-リンク

・手順
丁寧にお腹を裂いて肝をとる。
肝はお酒に漬けておくと良いでしょう。
頭を落として3枚におろす。そしてバリバリ皮を剥ぐ。
ウロコが硬いので気をつけて!
昨年はどうせソコダラ、と思って雑に皮剥いでしまいました。身が多少ついていてもお構いなしって感じで。しかしながら、身の歩留まり悪いのでやっぱり丁寧に剥いだ方がいいかな!
最後に腹骨を削ぎ取る。
そして肝。
さっと茹でる。結構厚みあるので3分位茹でました。
茹でたら氷水で冷やし、水分とる。
身:肝:ネギ:生姜=4:4:2:1。塩一つまみ。味噌適量。
たたいてたたいて出来上がり!
Dsc_0112
身の割合増やしても良いかもしれないけど、なんせ歩留まり悪くて。贅沢なナメロウが出来上がりました。
Imgp0637
こんな魚です。南房の深海系はオレンジのタコベイトとケイムラのタコベイトが基本。
身自体はイバラヒゲと比べてかなりしっかりしています。
同じようなソコダラ類のトウジンよりもしっかりしています。
ただ、旨みはイマイチなので、肝をうまく使った料理にするといいかな。
また、尾の部分も筋っぽさ感じないので、小骨がない分、ナメロウなんかには向いていると思いました。
ベニアコウ狙うからにはベニアコウ釣りたいですが、、
比べる魚が高級すぎるだけで、普通に釣り物として本命レベルの魚ですね!
スポンサ-リンク

« ホラアナゴの天ぷら | トップページ | オニヒゲのつみれ団子鍋 »

レシピ オニヒゲ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホラアナゴの天ぷら | トップページ | オニヒゲのつみれ団子鍋 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。