スポンサーリンク



スポンサーリンク



レシピ ウマズラハギ

2017年2月12日 (日)

ウマズラハギの肝和え丼

片貝沖でハナダイ釣りをしていて釣れてしまったウマズラハギ。

大大大歓迎です!
前前前世から僕は。
(ウソ)
見た目も名前も、まるで美味しそうな魚じゃないんだけど、
これが実に美味しい魚なんです。
特に肝ね。
ただし、新鮮じゃないと意味がありません。
ほぼほぼイコール、自分で釣ってくるしかありません。
スポンサ-リンク

・手順
釣れたらすぐにエラ切って桶で血抜き。
30分位して弱ってきたらすぐさまギンギンに冷えたクーラーボックスへ。
ここまで、絶対条件です。
帰宅後、皮を剥ぐ。
口落として、まわりに切れ目入れて口側からバリバリバリ!
(ユーチューブで「カワハギ捌く」とかで検索するとナイスなやつが見つかります)
皮を剥いだらお腹を丁寧に切って肝を取り出す。
洗ってお酒(日本酒or焼酎or料理酒etc)に漬けておく。
ついでに内臓取りのぞいてよく洗う。
残った身は、頭落としてヒラメみたいに5枚におろすとやりやすいかと思います。
(ユーチューブで「ヒラメ捌く」とかで検索するとグッドなやつが見つかります)
3枚卸しでももちろん可。やりやすい方で。
背骨から切り離された身は腹骨、中骨がないのでとりあえず水分とってラップして冷蔵庫へ。
フグの仲間は骨が少ない点がイイネ!
身を冷蔵庫にしまったら、肝に取りかかろう。
肝は沸騰したお湯に入れ3分位ボイル。
さっとでも良いけど、独特の臭みが気になるので私は3分。
3分経ったら取り出して氷水につけて冷やす。
冷えたらキッチンペーパー等で水分とる。
冷蔵庫から身を取り出す。
使用する身は半身。
37センチのウマズラハギ。
私と妻の2人なら十分な量でしょう。
因みに4人分位なら1匹まるまる使ってOK!
肝の分け前はその分少なくなっちゃうけど、それでも十分美味しく頂けるかと思います。
身は食べやすい大きさに切り分ける。
因みに私はざっくりぶつ切り派。
薄切りでももちろんOK!
好みで!
身は肝とよくあえる。
ちょっと醤油。
チューブ入りの生姜2センチ、柚子胡椒小さじ半分入れると香り的に素敵でした。
このままお酒のおつまみでもいいんだけど、
私は断然丼が好きです。
こればっかりはごはんと一緒が最高に合いますね!
Dsc_0101
大葉とネギも!
1匹だけど、本本本当に釣れてよかったです!!!
スポンサ-リンク

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。