スポンサーリンク



スポンサーリンク



レシピ ハナダイ

2017年2月17日 (金)

ハナダイのアクアパッツァ

我が家での魚料理は2日目以降、火を通す料理に完全移行。

ハナダイをお刺身にするにはちょっと手間がかかってしまうけど、火を通す料理となれば意外と簡単です。
ウロコ取りと内臓取りさえやっておけば、後は料理するだけ。
ただの塩焼きでも美味しいかもしれないけど、ここはイタリアンにいってみましょう。
スポンサ-リンク

・手順
ウロコ取って内臓取って水分をよくふき取ったハナダイをまな板におく。
ニンニク2欠片。適当な大きさに切って半分はお腹に。
そして塩コショウ。塩は片側2つまみ位、コショウは適量。
よく魚に刷り込むと良いと思います。
少し寝かせる。30分~1時間位で良いと思います。
フライパンにオリーブオイル。
油が温まったら、中火にして残りのニンニクとハナダイを入れる。
3分位。焦げ目がつく手前位でひっくり返し、アサリ10個位、ミニトマト5個位の半割り、その他入れたら美味しそうな野菜いれ、白ワイン100cc位いれる。
蓋して沸々したら弱火で5分。
出来上がり!
オリーブオイルがなければサラダオイルでもとりあえず代用可です。
ミニトマトじゃなくても、普通のトマトのダイスカットでもOKです。
私はこれ以外に芽キャベツ入れました。適当にピンときた野菜入れても良いと思います。
味付けは私流。初めに魚に付けた塩コショウ、それと貝から出た出汁、トマトの酸味で十分です。が、味が薄かったら後で調整してください。
白ワインが良いのですが、日本酒や料理酒でもそこそこのものができます。日本酒は意外と白ワインより美味しくできるかもしれませんが、こうなるともはやアクアパッツァと呼べなくなるかもしれません。焼酎だとイマイチかな(以前別の魚でやった)。トマトの酸味にあわない気がして。
芋焼酎で作ったのがまずかっただけかもしれませんが。
芋焼酎、独特のくさみがありますからね~。
Dsc_0118
こまごま書きましたが、意外とテキトーな味付け、材料でOKです。そこそこで良ければ。因みに妻は取り分けた皿にちょいポン酢たらしていました。
たまたま芽キャベツが半額で売っていました。
アサリも半額でした。
この2点が今回アクアパッツァをチョイスした理由です。
せっかくあったギャバンのパセリ、振りかけるのを忘れてしまいました。
白ワインはデリカメゾンの298円のものです。
それでも、意外と豪華そうな一皿に仕上がる所がこの料理の良い点かな。
スポンサ-リンク

2017年2月16日 (木)

ハナダイのから揚げ

ハナダイに限らず、お刺身系作ると必ずアラが出ます。

お吸い物を作れば一部消費できますが、、
こういう消費ももちろんアリです。
必殺から揚げ!
イイネ~!
スポンサ-リンク

・手順
お刺身や鯛めし、カルパッチョなんかを作って出たアラのうち、腹骨と中骨部分を選んでおく。
水気とって軽く塩コショウして片栗粉まぶす。
170度でじっくりきつね色になるまで揚げる。
出来上がり!
Dsc_0093
わかりずらいですが、手前やや左は肝和えで余ったウマズラの身。無駄にはせず、醤油ちょんってつけて美味しくいただきましょう。
魚のアラ。
我が家に猫がいれば、もう少し別の考え方ができたかもしれませんが、
残念ながらそうはいきませんね~。
猫飼う予定、今のところなし。
しかしながら、
アラのから揚げ、何気にお刺身と同等レベルのナイスな酒の肴です。
スポンサ-リンク

2017年2月15日 (水)

ハナダイのカルパッチョ風サラダ

シメサバと同じく、ハナダイでも作ってみます。

基本同じ。
でも、ちょっと材料が違うので、念のため1からのレシピ!
因みにカルパッチョとは、イタリアにカルパッチョさんという人がいて、生肉にオリーブオイルで作ったドレッシングをかけて作った料理を好んでいた、という事からつけられた名前なんだそうです。
それが日本に渡り、生肉が生魚にすりかわり、そして定着したんだとか。
意外と便利です、この料理のサラダ風バージョン。
野菜いっぱい食べられるし。
カルパッチョさんに感謝!
スポンサ-リンク

・手順
ハナダイでお刺身作る。
15枚位、この料理用にとっておく。
野菜は、サラダ用のミックスベジタブル1袋が半額で売ってたのでこれを主に使用。
ニンジン、赤キャベツ、タマネギ、レタスが細かくなって入ってた。便利~。
ただ、ちょっと物足りないのでタマネギを半分、薄切りにして水に30分漬けたものを混ぜる。
よく熟れたアボガド半分を薄切りにしたものを準備。
ミニトマトも4個半割にして準備。
アボガド、トマト以外の野菜はオリーブオイル大さじ1と寿司酢大さじ1とで和える。
ちょっと寝かせてから皿に盛ってアボガド並べ、さらにその上にハナダイ並べる。
トマトも適当な場所に配置しましょう。
最後にドレッシング。
透明系のお好みのものをかけると彩り的にいいのかなと。
今回は市販の黒コショウドレッシングなるものをかけてみた。
出来上がり!
Dsc_0099 
彩りが良いですね~。
アボガドは好みでなくても全然OKです。
タマネギも足さなくていいかもしれません。
が、私的には両者とも欠かせない、ナイスな脇役ではないのかなと思うのであります。
妻的にはトマトは欠かせないけど、アボガドはあれば可で無くてもアリなんだそうです。
魚によって、好みによって、気分によって。
色々楽しめそうです。
スポンサ-リンク

2017年2月14日 (火)

ハナダイの鯛めし

鯛めしはこだわればこだわるほど、本格的になって手間がかかると思うんです。

魚炙って土鍋使って。
味付けはシンプルにするかもしれないけど、シンプルな味付けこそ、それ以外の工程で繊細な作業が必要不可欠なんですよね。
私にはあまり馴染みのないヤツね。
こだわりのそれは面倒なので簡単にいきます。
必殺、麺つゆ使って!
スポンサ-リンク

・手順
30センチクラスのハナダイ1匹準備。
ウロコ取り器で丁寧にウロコを取る。
腹を裂いて内臓を取る。そして良く洗う。
3枚におろす。
腹骨を丁寧にすき取り、中骨は毛抜きで抜かず包丁で部分切りする。
お刺身は大き目が望ましいので丁寧に中骨処理するけど、鯛めしは後で形崩すので簡単な方法を選択です。
軽くお湯かけて臭みを取ってラップして冷蔵庫。
お刺身編でも書いた基本動作に近いです。
2倍濃縮そばつゆで4倍弱に薄めたつゆを作り、これでアラを結構な時間蓋して煮込む。
3倍濃縮なら5倍位かな。
結構な時間とは30分以上かな。1時間とか2時間でもいいのかなと個人的に思います。
フィーリングで。
そして冷ます。
お米は2合。洗ってよ~く水切っておく。
炊飯ジャー使って、お米にアラで出汁をとったそばつゆ入れる。
念のため、味みた方がいいかな。濃いと台無しなので。やや薄めに感じる位が良いです。
(つゆは余ったら捨てずに残しておきましょう)
もちろん2合の線まで。
細かく切った生姜一かけら分、と、下処理したハナダイの切り身を入れてスイッチON!
炊飯ジャーが炊き上がりを教えてくれたら出来上がり!
因みに残ったつゆ、そのままお刺身で残ったアラを入れたりして、更に水入れて人数分の量にして、そばつゆとみりんで味を調え、しっかり火にかければハナダイのお吸い物の出来上がり!
みりんは2人分で50cc位入れれば結構味が整うかと思います。
ネギとか入れると更に本物っぽくなるのは言うまでもありません。
Dsc_0119 
海苔や三つ葉なんか乗っけると更にいいかもね。
Dsc_0121
無駄なく。因みに麺つゆは個人的にヤマキが好みです。
簡単です。
もちろんマダイでもできると思います。
やった事ありませんが。
こだわりたい方にはもちろんおススメしません。
でも、こだわりが面倒、って思う方は試してみると面白いと思います。
なかなか美味しくできますよ!
まあ、こんな邪道な鯛めしもあるという事で。
スポンサ-リンク

2017年2月13日 (月)

ハナダイのお刺身とお寿司

「タイを釣ってくるね!」

って言って家を出ました。
ハナダイ釣りに。
確信犯です。
結婚したばっかりの頃妻に「ウソをついても絶対わかる自信がある」って言われたけど、、
してやったりです。
家族の平和のために、ウソはつき通し、墓場まで持っていく事にしましょう!
スポンサ-リンク

・手順
ウロコ取り器で丁寧にウロコを取る。
腹を裂いて内臓を取る。そして良く洗う。
3枚に卸す。
腹骨を丁寧にすき取り、中骨も毛抜きを使って丁寧に取る。
ここまで基本動作です。
再度よく洗って水気を取ってまな板に置く。
ここからショウタイム。
バーナーを準備して皮を炙る。
目安としては皮が微妙に焦げる位が良いかな。
炙ることで皮が軟らかくなり、更にほのかに香ばしくなるし、やや残っていた生臭さも完全に取りのぞいてくれます。
なんていったってタイ、いやハナダイは皮が美味しいのです。
もし、バーナーがなければ、沸騰したお湯をさっとかけてもいいでしょう。
皮が縮んで丸まってしまうので、飾り包丁を入れておいてもいいです。
氷水で1分位冷やし、取り出して水気とってラップに包んで冷蔵庫へ。
一晩寝かせると旨味が増して美味しくなるんだけど、私は1~2時間寝かせた程度の、旨味をやや犠牲にし、その代わりに歯ごたえがある方が好き。
食べやすい大きさに切って出来上がり!
Dsc_0098
1人分のおつまみならこの位で十分。皮を炙るひと手間で、色々なプラス要素が生まれると思うんです。もちろん、湯引きでも。
Dsc_0097
更に適当な大きさに切って、子供たち用には手毬サイズのお寿司に。酢飯はサランラップで丸めました。
30センチクラスのハナダイなら、食味はマダイとそう変わらないと思うんです。
ハナダイはマダイに比べてやや水っぽい、なんてネットに書いてありましたが、、
全然!
「嘘も突き通せば真実になる」
また美味しい白身のお刺身が食べたくなったら、
タイ釣りに行くと言ってハナダイ釣りです。
スポンサ-リンク

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。