スポンサーリンク



スポンサーリンク



レシピ トウジン

2017年2月28日 (火)

トウジンの肝和えナメロウ

キンメ、アコウの外道、いや、ゲストでたまに釣れる魚、トウジン。

海鳥のエサにするにはもったいない魚です。
って思い始めたのは、実は最近なんです。
正直、身(白身)の歩留まりは非常に悪いです。
ですが、肝は身に比べてそこそこ良いです。
そしてイケます!
スポンサ-リンク

・手順
腹を裂いて肝を丁寧に取りだす。そして酒に漬けておく。
その他の内臓は処分しキレイに洗う。
そして頭を落として3枚におろす。
更に皮をバリバリ引く。
ウロコが硬いので注意が必要ですが、簡単に引けますよ。
ここで、恐らく思った以上に身の歩留まりが悪いと気づくはずです。
ある程度細かく切り刻んでおきましょう。
肝の処理はさっと湯通し。
冷水にて冷やし、水分よくとる。
そして両者まぜる。
ネギ2センチ、ショウガ1欠片、味噌小さじ1。
たたく、そしてまぜるの繰り返し。
フィーリング的に良いかな~、って思った所で出来上がり!
Cimg8444
トウジン。尖がった顔が特徴。似たような魚でトウジンより一回り大きくてより黒いオニヒゲという魚がいて、こちらはベニアコウのゲストでまじる事多いです。同じように身の歩留まり悪いけど肝美味い!
Cimg8466
繰り返しになりますが身の歩留まり悪いので、もう少し身が欲しけれは、本命のキンメやクロムツの身を足しても良いと思います。
Cimg8459
キンメとトウジンのコラボ丼。両者の美味しいところ取り!
Don't/judge/some/fish/by/appearances/!
スポンサ-リンク

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。