スポンサーリンク



スポンサーリンク



レシピ ワカサギ

2017年3月 2日 (木)

ワカサギのかき揚げ

ワカサギを釣ってくるとそのほとんどがから揚げになってしまうんだけど、かき揚げも食べたかったので20匹取っておいて作ってみた。

160匹釣れれば20匹位いいでしょう!(中禅寺湖にて

で、何と一緒にかき揚げにするかというと、
三つ葉です!
ハゼは断然ゴボウが美味しいと思うんだけど、ワカサギはこれ!
スポンサ-リンク

・手順
ワカサギ20匹で市販の三つ葉1束の半分。(1束全部使ってもいいかもね)
コツのいらない天ぷら粉、で作ります。
これを使うと、卵いらない、氷水いらない、クタッとならない。
あまり下手にやるとクタッてなるかもしれないけど、170度でたっぷり油で揚げればまず間違いないです。
素晴らしい粉ですね~。
オタマ使って形整えて。
ひっくり返して、一度出してまた揚げて。
美味しそうな色になってきたら出来上がり!
Dsc_1197 
から揚げも美味しいけど、私はこれも好き!
Dsc_0291
三つ葉の代わりにセリでかき揚げ。三つ葉、実はセリ科です。香りは違うんだけど、同じ方向性でワカサギにあいますね!
セリ科の美味しい野草だと、他に明日葉があるんだけど、、
そういえば、また初島行きたいな~。
明日葉摘みと、
ウツボ釣りに!
スポンサ-リンク

2017年3月 1日 (水)

ワカサギのから揚げ

最近、我が家でワカサギのから揚げが大人気なんです。

あまり揚げ物が得意でない妻も、これはビールと一緒に別腹で食べられるらしい。
子供たちに関しては、鶏肉のから揚げより美味しいと言い放った。
ワカサギはキュウリウオの仲間で、爽やかな「キュウリ」っぽい香りがするし、
骨はやわらかくて、揚げてしまえば殆どその存在はわからなくなってしまうので食べやすいし。
って言った所で、実際に食べてみないとわからないですよね。
是非釣ってください!
作り方はもちろん簡単。
から揚げですから。
スポンサ-リンク

・手順
ワカサギは下処理なし!
他の魚に比べて、格段に臭みや苦みは少ないです。
っていうより、ほとんどないどころか、爽やかなんです。
因みに似た魚の「クチボソ」は、から揚げにしてもハラワタ苦くて生臭いです。
ハヤ(ウグイ)もやや苦みあります。
ヤマベ(オイカワ)は上記2種より苦み少なく、そこそこ美味しいです。
念のため。
から揚げは自分のレシピでかまわないと思いますが、私はお決まりで塩コショウ少々に片栗粉100%。
そして、油は必ず新品を使う。
コクをつけるためにあえて継ぎ足し油、では、キュウリウオの爽やかな香りが台無しなんです。
温度は170度。
黄金色になった所で油から取り出し、出来上がり!
Dsc_0296
山中湖産のワカサギ。瞬殺でなくなりました。
Dsc_1205
中禅寺湖産。妻が作った唯一の「私が釣った魚」での料理!これももちろん瞬殺でした。
本当はマリネや南蛮漬け、照り焼きのタレにからめてご飯に乗せたり。
な~んて事を考えてたんだけど、、
全然たどり着けません。
スポンサ-リンク

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。