スポンサーリンク



スポンサーリンク



レシピ ホンビノス

2017年4月16日 (日)

ホンビノスのトマトパスタ

ホンビノスは基本酒蒸しか炊き込みご飯にするんだけど、

たくさん獲れたので色々試してみようと思います。
まずはトマトパスタ。
大漁ってすばらしい!
スポンサ-リンク

・手順
ホンビノスを20個位、口が開くまで茹でる。
貝を取り出し、むき身にする。
(茹で汁はお味噌汁とかに使う)
トマト缶400g、ニンニク2個分のみじん切りをオリーブオイル大さじ3と一緒にフライパンで火を通す。
そしてコンソメ5gとホンビノスのゆで汁100mlも入れておく。
沸々してきたら、塩とコショウで味を調整。
むき身にしたホンビノスも投入!
ソース完成!
パスタは350g。(大人2人子供2人の家族4人分)
茹でたらフライパンでソースにからめる。
お皿にもって出来上がり!
Cimg7430
トマト味が強いけど、ホンビノスの風味も負けていませんでした!
トマトクリームでもカルボナーラでも、何でも応用可能ですね!
妻や子供たちには人気の1品でしたが、
大漁時限定で作る予定です。
スポンサ-リンク

2017年4月15日 (土)

ホンビノスの網焼き

我が家ではホンビノスといえば酒蒸しなのですが、友人O君家では網焼きが主流なのだそうです。

その網焼きでの消費率、昨年聞いた段階で9割以上なんだとか。
庭が広いO君邸、バーベキュー形式で焼くのだそうです。
そのO君邸に比べ我が家の庭はバーベキューどころではありません。
狭さに加え、蚊がすごくて。
しかもシマシマのやつ。
O君に習い、我が家もやってみます。
室内で。
スポンサ-リンク

・手順
まずは砂(泥)抜き。
しっかりぬけたらよく洗って新聞紙の上等で30分位干す。
カセットコンロと網を準備。
焼く!そして換気扇ガンガン!
ここからが腕の見せ所!(らしい)
貝がパカッて開く直前でひっくり返す!
名付けて貝封じ!(らしい)
こうする事によって、貝柱がくっつかないとの事。
実際、見事に貝柱がくっつくことを封じてくれた!
パカッと開いた貝は、醤油かポン酢少々、もしくはそのまま!
出来上がり!
Cimg5380 
因みにサルボウガイはなかなか開かないんだな~!
Cimg5381
少しポン酢が好きです。
家の中だと煙いし、鍋奉行ならぬ貝奉行の私は忙しいので、
やっぱり酒蒸しがいいな~!
あ、美味しいですよ。
スポンサ-リンク

2017年4月14日 (金)

ホンビノスとシリヤケイカのパエリヤ

家族で食べる料理、真っ先に考えるものは「ごはんもの」です。

お寿司、ちらし寿司、どんぶり物、炊き込みご飯。
ごはんものといえば「和」が主流なのですが、「洋」でもありますよね。
お米をあらわないヤツ!
今回はホットプレートで作りましょう!
スポンサ-リンク

・手順
市販のパエリヤの素(SBの炊飯器で作る2合用のタイプ)を使用!
炊飯器の場合は500と書いてあるけど、650mlの水で溶いておく。
(以前500でやったら硬めになってしまった。ホットプレートだと、水分逃げる割合多いのだと思います)
隠し味でケチャップ2センチ。
お米は2合。洗いたくなったけどぐっとこらえて洗わない。
ホットプレートを250℃にあわせ、サラダオイル(オリーブオイルがあれば尚可)大さじ2~3しき、細かく切った鶏ひき肉100gとパプリカ、ピーマン、シリヤケイカ1ハイ分入れ炒める。
パプリカは黄色と赤半分ずつにしました。ピーマンは1個。
ある程度炒めたら、お米を入れて透明になるまで炒める。
炒めたら、パエリヤの素で作ったスープ入れ、ホンビノス10個と8等分したトマトをのせてフタする。
ぐつぐつしたら140℃にあわせて5分。
その後保温で15分。
フタ開けて水分とばして出来上がり!
Dsc_0868
見た目でもう美味しそう!
ホットプレートで一切合切!
ごはん、野菜、そして魚介類。
味付けも市販のものを使ったので間違いないし!
写真にはありませんが、下側についた「おこげ」の香ばしさも良かったです。
スポンサ-リンク

2017年4月13日 (木)

ホンビノスの炊き込みご飯とお味噌汁

ホンビノスで酒蒸しを作ったら、余った汁はもちろん捨ててはいけません。タッパで冷凍保存が◎です。

そして、その汁を使って作りたい料理が炊き込みご飯。
良い出汁がでるんですよ!
スポンサ-リンク

・手順
10~15個使って酒蒸し作る。
酒蒸しにした貝はむき身にする。
この時でた汁を洗ったお米にそそぐ。
お米は2合分使用。
足りない分は水足してもいいんだけど、もし酒蒸しのあまりの汁があれば、これを足して2合分の水の量にする。
好みできざみ生姜足すと尚良いです。
忘れずにむき身も。
隠し味で麺つゆ小さじ1。
炊飯ジャーのスイッチオン!
炊けたら出来上がり!
ついでにお味噌汁。
4人分で貝は10個程度。
気をつけたいのは味噌の量。
普段使う量の7掛け位で十分です。
イイ感じに出汁が出ますよ!
Cimg7036
家族で美味しくいただきました。
Cimg7049
因みにこれ、サルボウガイ(小型アカガイ?)がたくさん獲れた年に作りました。ごはんがやや黒くなった。
ホンビノス、今年もまたたくさん食べたいです!
スポンサ-リンク

2017年4月12日 (水)

ホンビノスの酒蒸し

日本には色々な外来種生物が存在するけど、これほどウエルカムなものはないのではないだろうか。

情報によると、約20年前くらいに船のバラスト水に混じって北米から日本にやってきて定着したらしい。そして、他の日本固有の在来種とはうまく住みわけができているらしい。
何よりも、繁殖力があって、
美味しい!
そしてデカい!
我が家の初夏の食卓には欠かせない貝です。
スポンサ-リンク

・手順
まずは砂抜き。
砂地というより、ヘドロ多く含んだところにいる場合が多いので、砂よりもヘドロっぽいものの方がたくさん吐くかな。
一晩海水にブクブクで酸素送るようにしてやり、吐かせると良いと思います。
吐かせたら、よく洗い、少し新聞紙の上とかで干してやる。
干すことで、貝が旨味凝縮するみたいだし、何よりその後冷凍保存する際に都合が良いです。
必要分(家族4人で子供のこぶしサイズ20個位)残して冷凍保存。
冷凍保存すると、意外と出汁が濃厚になるんです。
そして必要分酒蒸し!
サラダオイル大さじ2、にんにく2個分(ニンニク苦手なら生姜でも)を薄切りを強火のフライパンへ。熱くなったらホンビノス貝投入!
そして日本酒200mlも入れてフタする。
数分で口があき、貝の旨味が流れ出し、泡だらけになる。
そこから中火で5分。
大きい貝なので、貝にしっかり火を通しましょう。
(貝が口開いてすぐに取り出すと、中心が半生なのです)
お皿に盛ってネギのみじん切り振りかけて出来上がり!
ポイントは、味付け一切なし。塩気が多い貝なので、元々の塩気で十分が味付きますよ。
Dsc_0568
食べごたえ満点!
Cimg5324
余談ですが、クラムチャウダーも美味かった。クラムチャウダー専用のルーで作りました。
余談ですが、この余った汁は捨ててはいけません。
これでごはん炊くと抜群に美味しいんです!
スポンサ-リンク

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。