スポンサーリンク



スポンサーリンク



レシピ イナワラ

2017年5月 6日 (土)

イナダ大根

ワラサでも作ったんだけど、イナダで作った時のものをレシピに残します。

ヒラメ釣りのゲストで釣れたイナダ。
改めまして、イナダとはブリの幼魚で35~60㎝のものです。
39㎝と45㎝の2匹が釣れたんだけど、このうちの45㎝のイナダを使って作ったイナダ大根が何だか美味しかった!
脂のノリはワラサに比べてイマイチと思ったんだけど、良い出汁がでて大根が大変身したのです。
カマから尾の部分まで。
半身ですがイナダのすべての部位を使いました。
スポンサ-リンク

・手順
イナダを3枚におろす。
背骨の部分は捨てず、熱湯かけて生臭さ対策しておく。
醤油大さじ3、砂糖大さじ2、みりん大さじ2、生姜スライス一かけら分と水ドボドボ(お味噌汁の器2杯分位)。
一応味みて調整。
湯通しした背骨と一緒に10分位煮る。
(釣らないとできない技です)
背骨取って、汁冷ましたら食べやすい大きさに切った中型の大根半分いれ火にかける。
沸騰したら、食べやすい大きさに切ったイナダの半身を入れる。
10分位煮て火を止め、そのまんま冷まして出来上がり!
一晩寝かして、もっと味をしみさせてもいいです。
Cimg6373
大根もっと入れても良かったかもね。
丁寧に作ったんだけど、盛り付けが雑でしたね。
煮汁はやや甘目に作ったのが正解でした。
なんだろう、背骨やらカマやらを入れたのが良かったのか、とても良い出汁がでました。
おかげで大根が美味いのなんの!
イナダの身も美味しかったけど、間違いなく大根が主役でした。
スポンサ-リンク

2017年5月 5日 (金)

ワラサのカマの塩焼き

ワラサが釣れて真っ先に作りたかった料理がカマの塩焼き。

お刺身よりも、そしてしゃぶしゃぶよりも!
ワラサの一番脂がのってる部位を無駄なく美味しくいただく、シンプルかつ究極の料理です。
スポンサ-リンク

・手順
3枚におろす。やや頭側に身が多く残るように。
しっかり丁寧に捌いてカマの部分を摘出。
キッチンペーパーで水分よくとり、よーく塩を振る。
ザルにのせて冷蔵庫で一晩(24時間)寝かせる。
いい感じに身がしまった所でグリル中火で10分。
出来上がり!
レモンあるとイイかもね!
Cimg4234
ワラサのこの部位は塩焼き以外に考えられない!
Cimg4239
予想通りの脂のノリでした。ご飯でもお酒でもイイネ!
しっかり捌くことができれば、後は超がつくほど簡単です。
簡単だけど、最高級の美味しさなんです。
特に胸ビレ付け根の部分!
いつか、ブリ釣って作ってみたいと思いました。
スポンサ-リンク

2017年5月 4日 (木)

ワラサのしゃぶしゃぶ

4.7キロのワラサが釣れたら、色々試すことができますね。

お刺身やお寿司も美味しかったけど、特に家族から好評だった一品はしゃぶしゃぶ!
スポンサ-リンク

・手順
捌く。(詳しくはお刺身とお寿司参)
切り身は厚くするのがおススメ!
良くも悪くも、釣ってきて自分で捌かないとできない芸当です。
一緒にしゃぶしゃぶする野菜は水菜、エノキとレタス。
意外とレタスのしゃぶしゃぶってイケますよ!
つけダレはポン酢だれとゴマだれを準備。こちらは市販のものを使いました。
青ネギや柚子胡椒足すと更にイイネ!
しゃーぶしゃーぶ。
出来上がり!
Cimg4177
家族からリクエストと釣行許可が出ているんだけど。
1㎝までは行かないけど、厚く切った身は食べごたえ十分です。
お店での薄い身は、それはそれで意味があるらしいのですが、そんなの、ただ切り身を多くとるだけのいいわけじゃん、って思えるほど美味かった!
今年こそ!
スポンサ-リンク

2017年5月 3日 (水)

ワラサのお刺身とお寿司

ワカシ、イナダ、ワラサ、ブリ。言わずと知れた出世魚です。わざわざここで書く必要ないくらい、ググると情報はたくさんでてきますよね。

ワカシ(35㎝以下)、イナダ(35~60㎝)、ワラサ(60~80㎝)、ブリ(80㎝以上)。
大まかに関東地方ではこんな感じ。
なかでも、釣りの対象としてはイナダやワラサが一般的みたい。
ちょっとマニアックなブリも泳がせとかで狙いたい所だけど、、
4人家族ならワラサレベルが丁度いいかもね!
スポンサ-リンク

・手順
3枚におろす。
基本、アジが捌ければ大丈夫です。ちょっと大きくなっただけ!
(って築地の専門家らしき人がテレビで言ってました)
ポイントは良く切れる出刃包丁、丁寧に時間かけて。
背骨に沿ってじっくりやれば、意外ときれいに捌けますよ。
3枚に捌いたら、尾の部分と頭側の部分に分けるようにぶつ切り。
尾の部分は筋肉質で筋があるので、火を通す料理がいいみたいです。
お刺身に使うのは頭側。
腹骨を丁寧に削ぎ取り、中骨のある部分を5ミリ位の厚さで切る。
(この中骨付きの切り身、捨てずにから揚げか何かにすると良いです)
残った頭側。
出刃包丁をうまく使って皮を剥ぐ。
出刃包丁使わなくても無理矢理エイヤー、でもOKです。が、この場合、皮に身がついてしまう場合があるので、そういう時はスプーンとかで削いでナメロウとかにするといいかと思います。
あとは食べやすい大きさに切って出来上がり!
Cimg4172
ワラサクラスになると、脂のノリが結構あります!
Cimg19321
お刺身、寿司、海苔巻き!
Cimg6359
ナメロウもイイネ!
Cimg6374
シメはナメロウ団子と身でお汁!
アジ釣りの傍ら、泳がせ釣りやってみたら奇跡的に釣れました。
まさか釣れるとは思わなかったので、とてもラッキーに思った記憶があります。
ワラサは家族にとても好評なのですが、専門で狙って釣れた事ないんです。
今年こそ!
スポンサ-リンク

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

サイト内検索


  • カスタム検索

リンク

最近のトラックバック

ランキングに登録しています。イイネだったらポチっとお願いします。